メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

リボ払いで借金地獄へ転落してしまう理由

リボ払いで借金地獄に落ちる理由は、リボ払いがとても便利すぎて支払いの感覚を失わせるからと言われています。

さらに、支払いが手軽すぎて、金利のことを忘れてしまうことも理由の一つです。

あまり知られてはいませんが、リボ払いに掛かる金利手数料は消費者金融のカードローンと同等の金利で設定されており、言ってしまえば消費者金融から借金をするのと同じ状態です。

リボ払いは毎月決まったお金、例えば5万円一律で払い続けるというサービスです。

毎月定額で支払えるため、支払いの計画を立てやすく、その月だけ考えれば生活が金銭的に圧迫されないと思い込んでしまいます。

先ほど説明したように、リボ払いは消費者金融のカードローンと同レベルの金利が15~18%で付与されます。

しかし、リボ払い利用者の多くは買い物の金額だけ把握していて、実際に支払うことになる正確な返済額を掴んでいるとはいえません。

また、設定した支払金額が利息元本を下回ると、気付かないうちに借金がどんどん膨らみます。

支払調整を常に気をつけないと、いつの間にか借金地獄に陥ってしまうのです。

リボ払いで借金地獄に落ちる人が増えている

最近では、リボ払いで借金地獄に落ちる人が増えてきていると言われています。

その理由は、クレジットカード会社やローン会社が自分たちの利益のために、積極的にリボ払いを案内しているからです。

確かにリボ払いは、定額支払いで自動的に支払額を振り分けられるので非常に便利なサービスです。

最近は全自動リボ払いといった、何を買っても自動計算で定額のリボ払いに設定されるというサービスもあります。

しかし、先ほど説明したように、リボ払いはカードローンなどの低金利の融資とは違い、高い金利を設定されているため、他の支払い方法とくらべて最も危険な支払い方法なのです。

リボ払いで定額で支払っていればいずれ完済できるという思い込みが、金銭感覚の崩壊を招きます。

リボ払いの恐ろしさ

リボ払いはどんなに買い物をしても月々の支払い額が一定なので、出費を抑えてお財布の負担を減らすことができます。

しかし、買い物をした金額が増えているのに支払い額が増えないのは、それだけ借入額が増えて行くことに繋がります。

また、前回の買い物の支払い残高があるうちに新たにショッピングリボを利用することを繰り返すと、次々と借金が累積されていきます。

それでも月々の支払額は変わらないので借金は一向に減らず、ずるずると返済期間が長引いてしまいます。

返済期間が長くなれば、それだけ支払う利息もかさんでいくため、徐々に支払い不能に近づいて気が付いたら借金地獄に落ちていた、ということにもなりかねないのです。

リボ払いで借金地獄に落ちるまでの例

例えば、リボ払いで月々5万円の支払いコースで設定した場合、毎月の利用額が5万円以下なら何の支障もありません。

しかし、最近ではマイルなどポイントが貯まるクレジットカードが増えたため、公共料金や携帯電話代などをクレジットカード払いに設定している人が多くいます。

そのため、日常生活の中であまりクレジットカードを提示して買い物をしていなくても、5万円以上の金額をカードによって支払っているケースが多々あります。

しかし、毎月5万円のコースに設定しているので、請求金額自体が増えるわけではないので本人は全く気がつきません。

例えば、毎月8万円をクレジットカードで消費し続けた場合、毎月3万円ずつが持ち越しになっているため、単純計算すると1年で36万円もの借金残高が発生してしまうのです。

そして、リボ払いの怖いところは、5万円という上限金額を設定したことすら本人が忘れてしまい、これを数年続けたあげくにやっとことの重大さに気がつくというケースが多いということです。

つまり、本人は借金をしているつもりがないのに、知らず知らずのうちに借金地獄ができ上がってしまうところが、リボ払いの怖いところなのです。

借金地獄にならないために

リボ払いを利用するときには、必ず返済計画を立てるのが大事です。

そして毎月、借金の残高を把握しておきましょう。

リボ払いの一定額払いは楽で便利ですが、追加で買い物をしたら月々の支払いを増額します。

そして余裕のあるときには、随時追加返済をしましょう。

そうしなければ、借金はあっという間に雪だるま式に膨れ上がってしまいます。

もしそのような管理に自信がないというなら、リボ払いは一切使用せず分割払いで買い物をするようにしましょう。

支払い回数を設定しておけば返済終わりがはっきりと分かるので、借金を把握しやすいです。

また、金額が少ない買い物であれば、手数料が掛からないボーナス一括払いや2回払いを利用するのもいいでしょう。

以上のことに気を付けることで、リボ払いで借金地獄に落ちることを防ぐことができます。

リボ払いによる借金地獄からどう抜け出すのか

当たり前のことですが、リボ払い設定、リボ払いサービスをすぐに解除して、今あるお金のうちから買い物をするという方法に切り替えることです。

なぜなら、リボ払いで崩れてしまった金銭感覚を取り戻す必要があるからです。

そもそも、買い物はお金が溜まってから行う、という子供のころの親から言われたしつけを思い出してください。

カードなんて使わなければ、今あるお金で購入できるものしか買い物をしなければ、生活が破たんすることはありません。

リボ払いによる借金地獄は、世の中が便利になったから生じる新たな問題です。

借金の返済の分だけ、今は買い物ができなくなっています。

このことを認めて、使えるお金の範囲の中で生活することで、子供のころ確かに身に付けていた金銭感覚を取り戻しましょう。

リボ払いの借金地獄から抜け出す方法

万が一このような状況に陥った場合は、その程度に応じて2つの解決方法があります。

借金の借り換えを行なう

リボ払いの場合、支払い残高に対して一定の利息がかかります。

この利息が比較的高いため、例えば100万円程度の残高があると、毎月1万円程度の利息が発生してしまいます(クレジットカード会社によって多少異なります)。

この利息を圧縮するために、金利の安いネット銀行のカードローンで別途キャッシングを行ないます。

それによってリボ払いの支払い残高を一括返済することで、毎月発生する利息を半分以下に抑えることができます。

ただし、これはあくまで借金残高が100万円以下で、本人にそれ以外の借金がないような場合です。

もしも、借金額が大きかったり、自分自身の収入で返済ができなかったりするような状況であれば、次の方法になります。

弁護士に相談して債務整理を行なう

債務整理とは、弁護士があなたに代わって借入先のクレジットカード会社と交渉し、借金残高の減額、支払い期間の延長、利息のカットなどを行なう方法です。

後ほど説明しますが、債務整理にはいくつか種類があります。

その中で、裁判所を通さないで債権者と直接交渉を行うという手続きが上手くいけば、クレジットカード会社の合意の上、借金が大幅に減る可能性があります。

これにより、借金地獄から抜け出すことができます。

弁護士相談でリボ払いの借金地獄脱出

当サイトがおすすめするみつ葉司法書士事務所は、債務整理に強い司法書士事務所で、年間の相談件数が2,400件以上もあります。

その中には、今すぐ借金問題を解決しないとまずいと言って悩み抜いた末に相談してくる方も多くいます。

みつ葉司法書士事務所の代表弁護士である島田先生は、弁護士歴25年のベテランで、こういった相談に慣れており借金問題をきれいに片付けることで評判の弁護士です。

無料の相談を受付けた後の手続きも、丁寧かつ迅速で難しい交渉でも驚くほどあっさりとまとめてくれます。

このように、実力ある島田先生なら豊富な交渉経験があるため、難しい債務整理の交渉でも素早くまとめてくれます。

さらにみつ葉司法書士事務所の相談窓口では相談後、取立を即日で止めてくれるので、厳しい取立をどうにかしたいという方は、すぐにでも相談するといいでしょう

債務整理の種類と解決方法

債務整理には、いくつか種類があります。

ここでは、それぞれの具体的な内容について見ていきましょう。

任意整理

任意整理を行うと、すでに返済した分を含むすべての借金を減額することが可能です。

利息制限法の上限金利で、借金を再計算してくれるからです。

これまでに利息制限法の上限を超えた金利でローンを組んでいた方は特に、借金を大幅に減らすことができるでしょう。

その他にも、以降の返済にかかる金利をなくすように債権者と交渉できたり、未払いとなっていた利息や、これからかかる予定だった利息(将来利息)を支払う必要がなくなったりもします。

また、闇金などからの督促も、直ちに止めることが可能です。

任意整理後の借金を3〜5年程度で返済できる方や、継続して収入を得られる見込みがある方は、ぜひ利用してみてください。

個人再生

任意整理と自己破産の中間的位置付けにあるのが、個人再生です。

個人再生は、任意整理に比べて大幅に借金を減らすことができます。

具体的には、借金は5分の1程度まで減額され、これを原則3年間で返済していく形になります。

また、自己破産とは違って住宅などの財産を手放したり、保険外交員をはじめとした一部職業に就けなくなったりすることもありません。

自己破産

働き口がないなどの理由で収入を得られない方や、減額などの措置を受けても借金を返済できる見込みがない方には、自己破産をおすすめします。

自己破産すると一切の借金が免除されます。

その分、20万円以上の価値を持つ財産はすべて処分されます。

良くも悪くも、すべてを一度リセットして、経済的に再出発することになるのです。

なお、自己破産するとしばらくは新たな借金やローンを組むことはできませんし、職業制限も受けることになります。

これらの注意点を認識し、自己破産後の暮らしについてよく考えた上で選択しましょう。

過払い金

過払い金とは、債権者に対して必要以上に支払ったお金のことで、これは払ってしまったあとに返還請求をすることができます。

借入期間が5年以上と長期にわたっている方や、金利が18%を超えているローンを組んでいる方などはこのケースに該当する可能性があります。

債務整理の注意点

信用情報に傷が付いてしまう

債務整理を行うと、信用情報に傷が付いてしまいます。

過去に債務整理を行ったという記録が残り、信用情報機関にブラックリストとして登録されてしまうのです。

このことを、信用情報機関に金融事故情報が登録されたと言います。

その結果、一定期間新たな借り入れができなかったり、クレジットカードの申し込みができなくなったりします。

一般的には、これをブラックリストに載ったと言っていますが、実際はブラックな人をリストアップしているわけではありません。

個人信用情報機関とは、加盟している金融機関が顧客との取引情報や取引履歴を登録し、その情報を加盟している他の金融機関でも照会できるようにしている機関のことです。

そのため、決して悪い情報だけが登録されているわけではありません。

また、支払いが遅れたり、引き落としができなかったりといった場合も、その情報が記録されます。

なお、これらの情報は取引の終了から5年程度で消滅します。

個人信用情報機関には以下のような種類があります。

  • 全国銀行協会(KSC)
  • 株式会社シーアイシー(CIC)
  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)

金融機関によって加盟している機関が異なります。

また、個人信用情報機関に登録されているデータは、一般の人でも開示請求が可能です。

ただし、開示される情報は自分自身の情報のみに限定されます。

たとえ家族であっても、信用情報を見ることはできませんのでご注意ください。

心配な人は、一度自分の信用情報を見てみると、自分の情報がどのように金融機関に対してみられているのかがよくわかります。

なお、開示には所定の手数料がかかります。

また、機関によってはスマホでも開示請求が可能です。

銀行の口座が凍結されてしまう

自分が口座を開設している銀行が債権者の場合に限りますが、債務整理をすることで口座が凍結されます。

つまり、自分の口座からの引き落としが一切使えなくなってしまいます。

預金を引き出すことができなくなってしまいますので、債務整理の前に別の銀行の口座に移動しておく必要があります。

また、給与の振込先などにその口座を指定している場合は、次の月の給料を引き落とすことができなくなるため、あらかじめ変更しておきましょう。

闇金から借りてしまったときの対処法

闇金とは貸金業者登録を行っていない違法業者のことです。

債務整理を経験して他から借入ができない人などをターゲットにして、法律を無視した高い金利でお金を貸しています。

取り立ても厳しく、嫌がらせの電話を毎日かけてきたり、家や職場などに恐喝しにやってきたりすることが常套手段となっています。

そんな恐ろしい闇金からお金を借りてしまったときは、闇金問題の解決を専門としている、もしくは解決実績が豊富な弁護士に相談しましょう。

早ければその日のうちに、督促を止めてくれることもあります。

先に述べたように、闇金は存在自体が違法です。

すなわち、闇金から借りたお金は一切返済する必要がありませんし、場合によってはすでに支払った分を取り返すこともできます。

債務整理手続きでおすすめの司法書士事務所

借金問題の手続きは複雑で、専門知識がないとどの手続きをするべきか判断できないことが多いです。

例えば、自己破産しか無いと思った人が任意整理を行うことはよくあります。

実際、債務整理手続きの8割は任意整理が行われていると言われています。

今回紹介するみつ葉司法書士事務所は、借金問題対応件数が2,400件以上あり、その中でどの手続きを選ぶべきか助言してくれます。

債務整理手続きを行うと、どうしても弁護士費用が掛かってしまいますが、みつ葉司法書士事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な司法書士事務所です。

さらに、手続きを開始する前の相談は無料で何度も受付けているので、自分で判断できなければ一度相談してみると良いでしょう。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル