メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

パチンコで借金地獄|借金地獄から脱出するための方法とは

借金地獄に落ちてしまう一番の理由は、金銭感覚の麻痺です。

パチンコは1時間で1万円負けることもありますが、勝つときは5万、6万とお金が入ります。

努力せず、運任せで大金を手に入れる経験をすれば、一気に金銭感覚が狂っていきます。

普段の生活では100円や200円を大切にしていても、パチンコやパチスロの場合は金銭感覚が狂ってしまい、1万円や2万円も惜しくなくなります。

お金を突っ込んでも、最終的には勝てばいいと開き直り、結局勝てずにお金が減っていくことになり、最終的に借金地獄に落ちてしまいます。

このサイクルが、パチンコの持つ恐さと言われています。

パチンコが理由だと、どうしても後ろ暗く感じて、なかなか人に相談できないと思います。

実際に借金相談をする人の理由には、パチンコや浪費、出会い系・風俗など借金の理由は様々です。

今回紹介するみつ葉司法書士事務所は、借金問題対応件数が2,400件以上あり、その中でパチンコが理由の借金でも対応してくれる、借金問題に理解のある司法書士事務所です。

借金の救済手段の手続きを行うと、どうしても弁護士費用が掛かってしまいますが、みつ葉司法書士事務所は、本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれます。

さらに、手続きを開始する前の相談は、無料で何度も受付ているので、自分で判断できなければ、一度相談してみると良いでしょう。

パチンコで勝っても借金返済に回さない

パチンコで10万以上大勝ちした経験がある方も多いと思いますが、そのお金を貯金したり、積極的に借金返済に充てたり、有意義に使えるケースは少ないです。

10万あれば10万パチンコを打ちますし、20万あれば20万突っ込む、それがパチンコにハマってしまった人の心理ではないでしょうか。

負けたときは元を取るため、借金してでもパチンコを打ち続けます。

その日がダメなら翌日、翌日がダメなら翌々日、限界までパチンコ屋に通いながら、パチンコ中心の生活を送ることになります。

結果、勝っても負けても借金地獄に落ちていくのです。

パチンコに限らず、競馬も競輪も競艇も、マージャンもオンラインカジノにも共通していますが、ギャンブルでお金を得ても、そのお金で借金の元金を減らそうとは思わないものです。

カードローンで借金地獄に落ちる人の例ですが、お金ができてもリボ払いを解除せず払い続ける、一括返済・繰上返済を考えることなく、延々とリボで払い続ける、その結果、いつまで経っても元金が減らない人がいます。

この例と同じように、パチンコで借金地獄に落ちてしまう人も、手持ちに余裕があっても借金の返済に当てることは殆どありません。

勝ち続けることは難しい

パチンコで勝ち続ければ良いですが、決してそのようなことはありません。

元パチプロの人からの話ですが、パチンコで生活することは極めて難しいそうです。

研究に研究を重ねて、最初は勝ち続けても、どこかで負けてしまい、なんとか負けないように新台導入の店を狙って打ったり、勝ちを見極めるための研究をしても、いずれ負けに転じるそうです。

プロでさえそうなのですから、素人は尚更パチンコで勝ち続けることは難しいです。

たとえ運良く勝ち続けても、そのような客はパチンコ店にマークされます。

勝ち続ける客がいた場合、入店禁止になることがあるそうです。

いずれにしても、パチンコは勝っても負けても借金地獄になる可能性が高いですし、パチンコ依存症・ギャンブル中毒への道を進むことになりかねません。

パチンコの借金地獄を解決

パチンコで勝てるのは20人に1人と言われていますが、実際はもっと勝率は低いかと思われます。

パチプロでも、勝ち続けるのは難しいと言われており、パチンコ店長で店長をしていた人も難しいだろうと言っています。

パチンコ店もビジネスですから、利益を追求しています。

決して、出玉を提供するために、営業しているわけではないのです。

パチンコ借金地獄で気をつけること

パチンコで借金地獄に陥ると、怪しげな攻略法などに騙されてしまうこともあります。

パチンコの雑誌を見ると、よく「パチンコ必勝法」などといった広告を見たことがあるかと思います。

パチンコ依存症の人は、こういった怪しげな情報に釣られ、数万円や数十万円などのお金を騙し取られてしまうのです。

また、借金が返せなくなって、違法な闇金融から借りてしまう方もいます。

法外な利息を、違法な取り立てで回収しようとする闇金融は、一度でも借りてしまうと抜け出せなくなってしまいます。

はじめはパチンコの借金地獄だった方が、気が付けば闇金の借金地獄になってしまった、といったケースも少なくありません。

そうならないために、安全な借金解決を進めるべきです。

借金の理由がパチンコで借金を重ねてしまった場合だと、身の回りの人には相談がしづらいのでかと思うので、無料相談ができるインターネット上のサービスを利用してみると良いでしょう。

相談だけでも無料で受けている司法書士事務所も多いため、実際にパチンコによる借金整理の依頼をするか、話をしてみてから決めれば良いでしょう。

借金地獄がきつい方へ

返しても返してもなくならない借金、もし毎月返済に追われる生活をしているなら、それはまさに借金地獄に陥っていると言えます。

借金で悩んでいる人の数は、現在日本には大勢います。

借金地獄に陥って悩んでいる人の中には、解決方法が分からず自殺や夜逃げをする人も多く、正しい解決法を取っている人は意外と少ないのです。

借金地獄に落ちる理由

借金地獄に落ちる理由にギャンブルがありますが、それ以上に生活の貧困が原因の借金が多いそうです。

自己破産者の破産理由を見ても「生活が苦しくて破産しました」「給料が足りない分を借金して多重債務に陥りました」などの理由が多いです。

多重債務に関して、今は総量規制がありますので、昔のように過度な借金によって破産せざるえなくなる状況にはなりにくいです。

複数の消費者金融(サラ金)で借金を重ねて、借金を返すために借り続けて自転車操業状態、そのようなシチュエーションにはなりにくいのですが、中には闇金を利用して多重債務状態の人もいるでしょう。

総量規制と言っても、全ての状況で所得証明を提出する必要はありません。

同じ貸金業者で50万円以内、複数の貸金業者を合計して100万以内であれば「所得証明は必ずしも必要ない」と聞いたことがあります。

銀行のカードローンや住宅ローン、自動車ローン、クレジットカードのショッピング枠は総量規制の対象外です。

そのため、気付けば借金地獄に落ちていることもあるでしょう。

最初の借入れで罪悪感が消える

生活費が足りなくてクレジットカードでキャッシングしてみた、借入れ前は罪悪感があったけれども簡単に借り入れできた、コンビニATMで限度額まで自由に借りることができる、そのような状況から金銭感覚が麻痺することもあります。

最初はすぐに返せると思ったけれども、簡単に5万円が手に入る、10万が借入れできる、それが続けば借金を預金と誤解するかもしれません。

月収5万円~10万円の債務者もいれば、10万円~15万円の債務者もいます。

逆に月収20万以上で自己破産する債務者は少ないそうです。

債務者のシチュエーションは様々ですので、中には「本当にどうしようもない状況」もあります。

旦那さんがギャンブルに狂っていて、家のお金を全て持っていく。父親の借金グセがひどくて、稼いだお金のほとんどを持って行かれる、そのような状況も実際にありますし、簡単に縁を切れるものではないでしょう。

結果的に生活苦、借金に落ちることもありますが、それでも希望は捨てないでください。

家族と一緒に弁護士に相談したり、連帯保証人として借金を背負った場合は、本人と一緒に司法書士事務所に相談するなど、必ず解決策はあるはずです。

借金を背負うと、現実から目を背けるようになります。

さらに、精神的にも追い詰められることもあり、返済日を考えると胃が痛くなったり、不眠症になったりと、そのうち体調にまで影響してきます。

お金の悩みは重いですし、請求書が届いて現実に引き戻されると、中身を良く見ないで(今月の返済額だけ確認して)捨てたりします。

しかし、借金滞納すればそうもいきません。

取り立ての電話が掛かってきますし、それを無視すれば裁判所から支払督促や訴状が届くこともあります。

しかし、逃げないで真正面から向き合って、現実的な解決方法を考えましょう。

借金の取り立ては、弁護士や司法書士に相談すればすぐストップします。

借金地獄から脱出するための債務整理

借金地獄を解決するには、債務整理という方法があります。

債務整理とは、弁護士や司法書士に相談して借金の負担を軽くする、もしくは無くす方法です。

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産、過払い金返還請求といった種類があります。

これらの手続きは、その人の借金総額や収入などに合わせて方針が決まります。

弁護士が最適な方法を提案し、手続きを進めてくれます。

また、弁護士に相談すれば誰にも知られずに借金問題を解決することも可能です。

これまで一人で悩んでいた借金の悩みも、必ず解決する方法があるのです。

どんなに大きな額の借金でも、債務整理をすれば減らしたりなくすことができます。

借金は必ず返済しなければいけない

返済が困難になる前に、返済が無理になるような借り入れを増やさないことです。

借金地獄に陥る原因の一つに、借金を返済するための新たな借り入れをすることが挙げられます。

誰でも、初めて借金するときには、借金地獄になることなど想定していないでしょう。

借金地獄に陥る人のほとんどが「気付いたときには借金地獄になっていた」と言います。

そしてほとんどの方が、誰にも相談できずに一人で悩んでいるようです。

借金のことですから、親しい人ほど相談しにくいかもしれません。

また、場合によっては家族にも内緒にしているということがあるようです。

そうなると借金地獄にあって一人で悩み、一人で悩むことになってしまいます。

しかし、実際のところ借金問題を一人で悩んでいても、解決法など見つからないでしょう。

借金地獄を解決し脱出するためには、返済に足りるような収入を得るか、借金を減額する以外方法はありません。

決して、どうにか誤魔化すことや、魔法のように借金を消してしまったり、上手く逃げる方法などないということです。

借金問題の専門家に相談

最近は、借金に関する相談無料の司法書士事務所が増えています。

そのため、相談だけならお金もかかりません。

債務整理を視野に入れて、弁護士か司法書士に相談をしましょう。

その上で、どのような措置を執るかを決めると良いです。

債務整理の種類

債務整理には4種類あります。

任意整理

減額したい借り入れを選択して、利息の減額をしてもらうことができます。

利息を減額してもらった上で、多くは3年間で完済することになります。

例外で、5年間が認められる場合もあります。

裁判所の介入がないため、債権者と債務者の交渉となります。

直接交渉するより、弁護士に代理人になってもらって交渉することをおすすめします。

特定調停

内容はほとんど任意整理と同様です。

ただし、裁判所の介入があり、調停委員が間に入って債権者と交渉するため、弁護士に依頼する必要がありません。

個人再生

借金そのものの減額をしてもらうことができます。

減額できる金額は借金の額に応じて異なりますが、大幅に減額になるため、返済はかなり楽になるでしょう。

自己破産

借金をゼロにすることができます。

最低限生活費に必要なものと、換価処分の対象にならないものに関しては、没収されることはありません。

一定の職に就くことはできませんし、ある程度の規制はありますが、自己破産したことは人に知られることはありませんし、生活していくことにほとんど支障はないでしょう。

借金地獄からの解放されるには

弁護士や司法書士に相談をして、いずれかの債務整理の申請を行うことを正式に依頼したら、債権者には受託通知が送られます。

これは、債務整理を受託したという通知で、債権者は受託通知を受け取った時点で取り立てや督促を行うことができなくなります。

また、いずれかの債務整理が認可されるまでは返済の必要もなくなるため、正式に依頼をした時点で借金地獄から解放されることになります。

自己破産であれば、認可された時点で借金がゼロになるので以降の返済は一切必要なくなります。

任意整理や特定調停、個人再生に関しては、認可された時点で月々一定額の返済を申し渡されますが、減額されているため無理のない返済となるでしょう。

多重債務で借金地獄になる前に

多重債務という言葉を聞いたことがある人も多いと思います。

多重債務とは、消費者金融やクレジットカード会社など複数の賃金業者から借金をしている状態を言います。

借金地獄に陥る人によくあるケースは、一つ目に借り入れたところの借金を返済しようとして他の業者から借り入れをし、それも返済に悩むようになったためさらに他の業者から借り入れをする、ということを繰り返してどんどん返済額が大きくなってしまうケースです。

最初は1社で借りたものが2社になり、3社、4社と増えていって最終的に自分の手に負えなくなってしまうのです。

最初は一時しのぎで借りてすぐに返せばいいと思っていた借金も、意外と簡単に借りられてしまうことにだんだん感覚が麻痺してしまい、気が付けばかなり大きい額を借り入れしてしまっていたという人は少なくありません。

そうなると毎月利息の返済だけでも精一杯で、返済期日に間に合わないので他の業者で借りて急場をしのごうとしてしまいます。そうなると2社分の返済に追われることになります。

そして、また他の業者で借りて借金が増えていき、いわゆる自転車操業となって泥沼化していきます。

そして最終的にどこもお金を貸してくれなくなり、自転車操業もできなくなってしまうのです。

手元には多額の借金が残り、自分の給料ではとても払えない額にまで膨れ上がります。

そして返済日に間に合わず滞納してしまい、督促のハガキや電話が来て取り立てにあう地獄の日々が始まってしまうのです。

債務整理に強い弁護士へ相談

弁護士には、離婚・相続・詐欺被害・事故示談・労働問題など分野があります。

借金問題の相談をするなら債務整理が得意で解決実績が豊富な弁護士を選ぶ必要があります。

特に、パチンコなどのギャンブルが理由の借金の場合、理由が浪費や一時の快楽のための借金なので、債権者との交渉は弁護士の実力が鍵となります。

今回紹介するみつ葉司法書士事務所は、債務整理だけで年間2万件以上の相談を受ける業界でもトップクラスの借金問題の相談先です。

また、借金問題に理解があり、無料相談窓口を設けているため、わからないことがあれば無料で教えてくれます。

みつ葉司法書士事務所は、本当に必要な手続きを見極めてくれます。

そのやり取りの中で、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な司法書士事務所なので、安心して相談できます。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル