メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

リボ払いで借金地獄になってしまったら

クレジットカードの支払い設定をリボ払いにしたこと原因で、借金地獄に陥ってしまった人が増えていると聞きます。

今回は、なぜそのような人が増えたのか、リボ払いの仕組みについて解説し、誤った使い方をしたときのリスクと対処法について紹介します。

リボ払いで借入をするリスク

金利が高い

買い物するときには気づきませんが、リボ払いで借入を行ったときの金利手数料は約15~18%で設定されていて、消費者金融から借りる金利と変わりません。

同様に利用できる、分割払いの金利手数料12~15%で、リボ払いの金利手数料のほうが割高に設定されていることが多いです。

何も知らないで、分割払いと同じ感覚でリボ払いを申し込むと、最終的に割高で支払わなければいけなくなります。

支払い残額がわかりにくい

リボ払いの恐ろしいところは、今残っている借金の額がわかりにくいところにあります。

通常の分割払いであれば、購入した分の支払月の引き落とし金額はわかります。

しかし、リボ払いの場合は毎月決まった金額を支払う仕組みになっているため、自分の支払い残高がいくら残っているか、わかりにくい仕組みになっています。

しかも、利用すれば利用するほど、リボ払いで支払う期間が伸びていき、金利を支払っていく期間も伸びていくため、最終的に高い金利を長期間返していくことになってしまいます。

借入金額によっては、期間が長いと借りた総額の1.5倍の支払いをしなくてはいけなくなっていたという話もあります。

リボ払いの借金地獄の解決方法

リボ払いの仕組みをあまり理解せず、誤った使い方をしてしまい借金地獄に落ちてしまった人たちの数は、年々増加しています。

実は、そういった人たちを救済するための制度が国によって用意されており、多くの人達がその制度を利用して借金地獄から解放されています。

その制度というのが債務整理という手続きです。

債務整理とは

債務整理とは、借金で生活が困窮している人たちを救済する制度で、複数のところから借りている借金に対して、弁護士が債権者と交渉し、返済可能な金額まで減額したり、利息を無くして返済の負担を減らすことで、円滑な返済を目指していくためのものです。

債務整理には、手続きの種類が4つあり、借金問題でよく耳にする「自己破産」も債務整理の方法の一つです。

「自己破産」は、大きな借金をしてしまった人のための最終手段として使われる方法ですが、早めに弁護士や司法書士に相談すれば、他の3つの債務整理の方法を使って、自己破産よりも良い条件で借金を整理できます。

弁護士に相談する際の参考にしてください。

リボ払いの借金地獄体験談

ここで、実際にリボ払いで借金地獄に落ちてしまった人の体験談を紹介します。

特に、自分がお金にだらしない正確だと自覚がある人はよく読んでく、自分だったどうなっていただろうかと思いながら読んでみてください。

リボ払いの使い方を誤ると、どのようなことになるのかを確認しながら読むことをおすすめします。

借金地獄のきっかけ

私はショッピングのリボ払いがきっかけで、そのままキャッシング枠にも手をだし、気がついたら1年間の間だけで200万円まで借金を増やしました。

リボ払いで金銭感覚が麻痺して、借金を預金と勘違いするようになったのです。

借りた当ときは「毎月定額なら借りれるだけ借りよう」と思っていました。

今から振り返れば愚の骨頂ですが、当ときはそのことにも気づきませんでした。

社会に出たばかりの20代で、お金の恐さも知りませんでした。

それでも自らを律することができれば、借金は増えなかったと思います。

しかし、子供の頃から、貰ったお小遣いを全て使い切っていた私のようなタイプは、社会に出て給料を貰っても貯金ができませんでしたし、たとえ借金をしていても手元にお金が入れば、残さず浪費していたのです。

分割払いや一括払いで、クレジットカードを利用していれば状況は違っていたと思いますが、リボ払いは定額だから大丈夫と思っていました。

色々な人の借金返済ブログ、借金地獄を見ても、リボ払いがきっかけで多重債務、借金まみれになった方が多い印象を受けます。

リボ払いは結果的に金利や手数料負担が大きくなりますし、何より気づかない内に大きな借金を抱えてしまうのは調べていて間違いありませんでした。

今の状況をなんとかしなければと思い、ネットで検索していたときに自分が借金地獄に落ちていたことに気が付きました。

借金することに抵抗はあった

私も元々は借金に抵抗がありました。しかし最初の請求書が届き、予想よりも支払い額が安く、これならまだ借りれると思ったのです。

それでも限度額が低かった頃は、強制的に多額の借金にはなりませんでしたが、カードローンを利用し続けていると限度額が上がっていきます。

50万、100万と限度額がアップし、すぐに借金額を増やし、それでも金銭感覚は麻痺したまま2枚目のクレジットカードを作りました。

そのクレジットカードの借入れも定額返済だったので、自分が借金地獄に落ちた実感がありませんでした。むしろ、自分は賢い借金をしているとさえ思っていました。

そして、借りたお金を遊興費に使っていました。

買いたいものは衝動買いしていましたし、毎日のように飲み歩いていました。

私の周りにもFXで借金地獄に落ちた人間がいますし、パチンコ借金地獄、課金破産、ローン地獄、買い物依存症など、お金の誘惑は強烈です。

お金を使うのは楽しいし、ストレス解消にもなり、自己重要感を満たしてくれます。

しかし、気軽に満たされる欲望は、必ずと言ってよいほど罠があります。

リボルビング払いで月々の返済が安いと喜んでいても、やがて利息が膨らんで、返済額も上がっていきます。

限界が来て債務整理

私は2枚のクレジットカードで借金200万を超えて、首が回らなくなりました。

借金問題を抱えて悩みに悩み、結局返済が滞って債務整理したのです。

借金地獄から脱出するには、法律の専門家の力を借りるしかありません。

少なくとも私はそうするしかありませんでした。

月々の返済額が5万円を超え、どんどん生活が圧迫され、最終的に仕事を失って返済できなくなったのです。

その後、督促の電話が掛かってくるようになり、誰か助けてと叫びたくなりましたし、人生最大のピンチだと思っていました。

現実逃避を続けても、やがて現実が猛烈なスピードで追いかけてきますし、必ず現実に捕まります。そして借金問題を解決するために、真正面から向き合う必要が出てくるのです。

私は弁護士の無料相談窓口を利用して、任意整理をお願いしました。

相談してすぐに取り立ての電話がストップしましたし、利息カットで月々の返済額も抑えてもらいました。

その分返済期間は5年になりましたが、それまで利息だけで消えていた返済額が、毎月元本に充当されているので、確実に前に進んでいる実感がありました。

正直、任意整理をする前はいつになったら借金が終わるのかもよくわかっていない状態だったので、任意整理をして返済が終わる時期がわかったことで、ホッとしたことを覚えています。

あなたも借金地獄に落ちているなら、まずは借金の減額方法と、借金の本当の返済額を知るようにしてください。

長年返済を続けている場合は、過払い金が発生していることもあるので、一度話を聞いてみることをおすすめします。

リボ払いで借金地獄になってしまう流れ

体験談を読むとわかると思いますが、リボ払いは誤った使い方をしてしまうと、1年もあれば金利が積み重なるので簡単に多額の借金を抱えてしまいます。

さらに、クレジットカード会社側も高い金利が請求できるため、自分たちが儲かるので様々なキャンペーンを打ち出してしてリボ払いをすすめてきます。

リボ払いの仕組みを理解して、上手に使うことができれば問題ないのですが、実際は難しいものなのです。

ここでは、リボ払いで借金地獄になってしまう流れを説明して、どうなるとリボ払いで借金地獄に落ちてしまうかを解説していきます。

リボ払いを借金だと認識していない

まず、リボ払いで借金をしてしまう理由は、リボ払いを借金だと思ってないことです。

リボ払いは支払方法の一つで分割払いの感覚になってしまい、借金ということの認識をしている人はほとんどいません。

先ほど紹介しましたが、リボ払いの年利は約15~18%、これに対して一般的な消費者金融の年利は8〜18%です。

見て分かる通り、リボ払いは消費者金融から借金をするのと全く変わらないのです。

むしろ、年利の下限が高いのでもっと性質の悪いものかもしれません。

気づかないうちに借金が増える

リボ払いは、仕組みを理解して支払金額を把握しながら使わないと、毎月借金の金額を増やしていくことになります。

リボ払いは、支払う金額が一定ですが、残高が増えれば増えるほど年利に乗っかる利息が増えてきます。

支払金額が一定なので、なかなか気づけないのですが、リボ払いを習慣的に使っていると気がついたときには大変なことになってしまいます。

知らないうちに利息が増える

先ほども説明しましたが、リボ払いによってできた借金にも利息が発生します。

そのためリボ払いを活用すればするほど、支払う利息が増えて借金を増やしていくことになります。

例えば、借金が100万円を超えると、年利で18万利息を支払います。

月額に直すと、毎月1.5万円余計に支払わなければいけなくなるのです。

気がつけば、利息の支払いだけで返済金のほとんどのお金が無くなり、いつ支払いが終わるのか分からない借金地獄になってしまうのです。

リボ払いによる借金地獄から抜け出す3つの方法

万が一リボ払いによる借金地獄におちいってしまった場合に、そこから抜け出す3つの方法をお話していきます。

支払える金額はすべて支払う

リボ払いによって借金を背負ってしまった場合、数十万円くらいであれば、すぐにでも今払えるだけのお金を返済することが重要になります。

そして、毎月の収支を計算して、リボ払いの支払金額を可能な限り引上げることで、借金の返済が始まります。

クレジットカードを2度と使わなくて済むのであれば、使わないことがベストですが、無理な場合は、最低限の食費のみに使うなど、クレジットカードを使わないという意思を持つことも返済するためには必要になってきます。

借金の借り換えを検討する

すぐには返せないが、毎月コツコツ返していけば返済できる金額であれば、金利の低い銀行のカードローンなどを使って、借金の借り換えをすることが、もっとも堅実な方法となります。

基本的に百万円前後くらいであれば、借り換えによって金利を落とすことで、自力で借金の返済ができるという人も少なくないはずです。

仮に借金が80万円で年利12%だと、1か月の利息は最大で5,260円程になります。がんばって3万円ずつ返済していけば、2年9か月で完済できます。

債務整理を検討する

借金の総額が数百万となり、返せそうにない金額の場合は、債務整理が最も有効な手段となります。

膨れ上がった借金を全額返済するには、相当な年月が必要となります。

例えば、200万円を年利8%で借りた場合、毎月3万円の返済では11年7か月も掛かってしまいます。

そのため、債務整理を行って年利を無くして支払っていく方法が、もっとも現実的に借金を減らしていく方法となります。

リボ払いで借金地獄にならないための3つのコツ

リボ払いによる借金地獄にならないコツは次の3つになります。

リボ払いの設定金額を利用金額より高くする

リボ払いで借金地獄になってしまう一番の原因は、毎月の利用額よりも支払額が少ないことにあります。

そのため、毎月の平均的な利用金額よりもリボ払いの設定金額を高く設定することによって、借金が常に増えていくということはありません。

限度額を必要最低限にする

リボ払いによって借金が増える場合、クレジットカードの限度額以上に借金が増えることはありません。

そのため、限度額を必要最低限に設定しておけば、最悪でも限度額までしか借金は膨らみません。

クレジットカードの限度額は、利用実績が良いと自動的に上げがるものがほとんどになります。

限度額は、定期的にチェックしておくことがポイントになります。

リボ払いを利用しない

そもそもの話になってしまいますが、リボ払いの仕組みがよくわからないうちは、一切利用しないことが、最も確実な対策となります。

リボ払いは確かに便利なサービスですが、高額な買い物の際は分割払いを利用すればいいので、心配な場合は使わないことが一番と言えます。

リボ払いの借金地獄から抜けるなら弁護士へ

当サイトがおすすめするみつ葉司法書士事務所は、債務整理に強い司法書士事務所で、年間の相談件数が2,400件以上もあります。

その中には、今すぐ借金問題を解決しないとまずいと言って悩み抜いた末に相談してくる方も多くいます。

みつ葉司法書士事務所の代表弁護士である島田先生は、弁護士歴25年のベテランで、こういった相談に慣れており借金問題をきれいに片付けることで評判の弁護士です。

無料の相談を受付けた後の手続きも、丁寧かつ迅速で難しい交渉でも驚くほどあっさりとまとめてくれます。

このように、実力ある島田先生なら豊富な交渉経験があるため、難しい債務整理の交渉でも素早くまとめてくれます。

さらにみつ葉司法書士事務所の相談窓口では相談後、取立を即日で止めてくれるので「厳しい取立をどうにかしたい!」という方は、今すぐにでも相談するといいでしょう

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル