メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

日立キャピタル債権回収|滞納したときにすべきこと

日立キャピタル債権回収から借金をしている人で、もし数カ月以上、滞納してしまったらどんなことが起きてしまうのかを解説します。

借金を滞納してしまうと、遅延損害金の発生や、督促状、場合によっては訴訟問題にもなり、将来に不利益を受けることになるので、なるべく滞納は避けてください。

日立キャピタル債権回収の借金を、滞納しそうなことが事前にわかっている場合には、まずは滞納前に連絡を入れることが大切です。

一度でも滞納してしまうと、日立キャピタル債権回収からの信用が無くなり、いざ遅れるときや、減額交渉をする際に不利になります。

事前に連絡を入れたら、まずは次回支払期日に返済が間に合わないことを伝えて、返済方法について話し合いましょう。

たとえば、次回の給料日まで待ってもらったら返済ができるならその旨伝えて返済期日を定めて支払をします。

おおよそ、30日くらいまでなら、遅延しても返済を待ってもらえることが多いです。

この時、もしどうしても支払いが出来なかったり、既に裁判所から通知が届いている場合は、自分で対応せずに借金問題の専門家を頼りましょう。

借金問題を解決できる専門家は、弁護士・司法書士です。

弁護士・司法書士を頼ることで、請求されている借金を債務整理という借金救済のための法律を使って、大幅に減額することも可能です。

当サイトがおすすめする「みつ葉司法書士事務所」は、2012年3月に創業し6年目を迎える司法書士法人です。東京・福岡・大阪の3拠点で、経験豊富な債務整理専属チームがフルサポートしています。「みつ葉司法書士事務所」なら、借金に強い専門家選びに失敗することは無いでしょう。

365日24時間、全国で対応しているため、いつでも相談することができます。無料で相談を受付けていますので、安心して相談できる良心的な事務所です。
また、会社や家族に知られたくないという方にもサポートをしてくれます。
気になる費用ですが、"分割払い" ができるため、手元にお金がなくても気軽に相談ができます。みつ葉司法書士事務所は、本当に必要な手続きを見極めてくれる良心的な司法書士事務所です。 もし借金問題に苦しんでいるなら、一人で悩ますに、まずは相談してみてください。きっと、あなたの借金の状況に合った、最善の解決方法を提案してくれるでしょう。

日立キャピタル債権回収の取り立てはいつ来るか

借金返済を滞納すると、日立キャピタル債権回収から支払いの取り立てが来ます。

借金返済を滞納したら、電話やハガキ、封書などで督促が来るようになりますが、これらの督促は延滞後比較的すぐに来てしまいます。

支払予定日を過ぎたら、次の日には電話がかかってくる可能性がありますし、数日内には自宅宛に郵便による督促状が届くでしょう。

まずは、電話や郵便で督促が行われることが普通です。

これらの督促を放置していると、内容証明郵便によって一括請求書が送られてきます。

日立キャピタル債権回収から、自宅や勤務先などに訪問されることは通常ありません。

また、勤務先に電話をかけられることも普通はありません。

違法な取り立てについて

日立キャピタル債権回収のような、法務省から許可を得ている債権回収会社が借金の取り立てをする場合には、貸金業法という法律に従う必要があります。

貸金業法に違反すると、日立キャピタル債権回収は業務停止になってしまったり、刑事罰を受けることもあるので、貸金業法違反の行為をすることは通常ありません。

貸金業法では、貸金業法による取り立て方法について、厳しく規制しています。

その中で、正当な理由がないのに、債務者の自宅や勤務先に訪問したり、勤務先に電話することはできないと規定されています。

そのため、借金を滞納しても、日立キャピタル債権回収が自宅や勤務先に訪ねてくることはありません。

ただし、他の手段によっては債務者と連絡がつかないなど、正当な理由がある場合は、日立キャピタル債権回収の担当者が自宅や勤務先に訪ねたり、勤務先に電話をかけられたりすることもあります。

そのため、電話やハガキを無視し続けると、自宅や勤務先にも督促がくるので、無視しないようにしましょう。

電話による取り立て

借金返済を滞納すると、日立キャピタル債権回収から電話による督促が行われますが、その場合、どこに電話がかかってくるのでしょうか。

電話による督促が行われる場合、借金をしたときに登録している電話番号に対してかかってきます。

自宅を登録していれば自宅の電話にかかってきますし、携帯電話を登録していれば携帯電話宛てに督促の電話がかかります。

貸金業法の取り立て規制があるので、勤務先の電話にかかってくることはほとんどありません。

勤務先の電話にかかってくるのは、他の方法では債務者に連絡がつかないなど正当な理由がある場合だけなので、債務者が誠実に対応している限りは勤務先には電話はありません。

自宅と携帯電話の両方を登録している場合には、どちらにかかってくるのかはわかりません。

家族に借金を秘密にしている場合などでも、配慮して携帯電話にかけてくれたりするサービスはないので注意が必要です。

自宅宛に日立キャピタル債権回収から電話がかかってきたら、そのことによって家族に借金が知られてしまうことがあります。

自宅にかかってきた電話を家族がとることもありますし、自分が電話を取って話をしているところを家族に見られることもあります。

日立キャピタル債権回収が留守電に吹き込んで、それを家族が聞いてしまう可能性もあります。

このように、借金返済を滞納すると、借金を家族に隠し通すことが難しくなってしまうので注意が必要です。

内容証明郵便が届く

日立キャピタル債権回収からの電話による取り立てを無視していると、自宅宛にハガキや封書などで督促状が送られてきます。

これらが届いたら、すぐに連絡を入れて返済の話をすべきですが、それでも無視してしまう人がいます。

その結果、日立キャピタル債権回収から内容証明郵便によって借金残金の一括請求書が届いてしまいます。

借金返済をしている場合、当初の契約内容によって、完済まで分割払いをすることが普通ですが、借金を長期にわたって滞納すると、分割払いが認められなくなって、そのときの残金を全額一括払いしなければならなくなってしまいます。

このことを、期限の利益喪失と言います。だいたい借金返済を2ヶ月分くらい滞納したら、期限の利益がなくなって借金残金の一括払いをされてしまうことが多いです。

そのため、借金を2ヶ月くらい滞納したら、内容証明郵便で一括請求されてしまうおそれがあります。

このときには、借金残金だけではなく遅延損害金も加算されるので、支払額がかなり膨らんでしまうこともあります。

家族に知られる可能性

内容証明郵便は、通常のポスト投函型の郵便ではなく、簡易書留のような手渡しのタイプの郵便になりますので、家族が内容証明郵便を受け取ったら、何事かと思って不審に感じ、家族に借金が知られてしまうおそれが高いです。

また、日立キャピタル債権回収から内容証明郵便が届く場合、家族が見たら、すぐに借金関係の通知書であるとわかります。

家族に借金を秘密にしているからと言って、配慮して差出人名を記載しないようにしてくれたりするサービスはないので注意が必要です。

このことからも、借金を滞納すると、家族に借金が知られてしまう可能性が高くなることがわかります。

訪問による取り立て

借金を滞納した場合、自宅や勤務先に訪問されて直接取り立てを受けることはほとんどありませんが、中にはそのようなケースもあります。

ただし、それは、訪問以外の方法では全く債務者に連絡を取ることができないなどの特殊なケースに限られるので、通常はそのような心配は要りません。

また、日立キャピタル債権回収から借金の支払督促が行われる場合、脅迫的な言動をされることはありません。

貸金業法では、貸金業者が取り立てをする際の電話の回数や時間帯などについても厳しく制限しています。

そのため、日立キャピタル債権回収から電話での督促を受けるとしても、嫌がらせのように一日中電話がかかり続けるというおそれもありませんし、深夜や早朝に電話がかかってくることもありません。

滞納している場合の対処法

返済ができないなら債務整理

返済を待ってもらっても、支払いが苦しい場合には、日立キャピタル債権回収に相談をしてもどうしようもないので、債務整理をすることを考えましょう。

債務整理とは、借金を整理するための法的な手続のことで、

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

3種類の手続きがあります。

ケースに応じた適切な手続きを選択したら、たいていの借金問題は解決することが可能です。

債務整理の効果

債務整理の効果を紹介すると、たとえば任意整理では借金返済額を減額してもらえて月々の返済額も減るので、完済まで遅延することなく返済を続けていけるようになります。

個人再生では、借金返済額を大きく減額してもらえるので返済が非常に楽になります。

自己破産をすると、借金返済義務が完全になくなるので、その後の借金の遅延の心配はなくなります。

債務整理をする場合には、債務者が自分で手続きするのは難しいので、弁護士・司法書士に依頼することが重要です。

弁護士・司法書士に債務整理を依頼したら、その後の遅延損害金の発生も抑えられますし、督促も止まるので精神的にも非常に楽になります。

自宅宛に督促が来ないので、家族に借金が知られる危険性も低くなります。

日立キャピタル債権回収からの借金が返済出来ない場合には、任意整理が向いていることが多いです。

任意整理がおすすめの手続き

借金を軽減して返済する方法はいくつかありますが、その中でも任意整理は裁判所を通さない私的な方法です。

任意整理は、私的和解とも呼ばれており日立キャピタル債権回収と交渉して支払い可能な返済額にしてもらえます。

手続きを行うなら、必ず弁護士・司法書士に依頼しましょう。

法律のプロでないと日立キャピタル債権回収に都合がいい和解契約になってしまう可能性があります。

私的な和解の場合は法的な制限がないので、当事者同士が納得すれば成立します。

うまく和解するにはやはり法律のプロの目が必要なのです。

複数の利用がある場合は、すべての利用を任意整理の対象にします。

すぐに支払い完了となるような場合を除いて、返済継続可能な債務があっても一本にまとめて交渉しましょう。

任意整理するときに確認すること

最初にチェックするのは融資やキャッシングといった金融商品の実質年率です。

昔から利用していると、年20%を超える金利で借り入れしている場合があります。

この場合は過払い金が戻る可能性があるので、最初にチェックしてもらいましょう。

ただし、貸金業法の対象たなる融資商品だけなので、ショッピング利用では過払い金は発生しません。

任意整理によって和解する場合は和解契約日以降の将来発生する利息や手数料はカットされることが多いですが、日立キャピタル債権回収でも「将来利息」のカットに関しては認めるケースが多いです。

任意整理で和解をすすめる場合は、ある程度減額を交渉することができます。

減額率20%で交渉が成立すれば、和解水準は本来支払う金額の80%となります。

この和解水準は一律に決められているわけではなく、債務者の返済能力が大きく影響します。また、弁護士・司法書士の交渉能力も大きいでしょう。

対象となる金額が決まったらどれくらいの返済期間で支払えるかを検討・交渉します。

返済期間については3~5年、つまり分割回数では36回~60回が標準です。

反対に返済可能な金額から最長の支払回数で計算して、和解の対象金額を割り出して交渉するという方法もあります。

毎月2万円の支払いが限度であれば、2 × 60=120万円で交渉するのです。

和解契約してから返済を滞納すると法的な手続きが行われることになるので、確実に支払うことができる返済方法で交渉しましょう。

任意整理手続きの基本的な流れ

任意整理の流れとしては次のようになります。

  1. 弁護士・司法書士への相談と任意整理の依頼
  2. 弁護士・司法書士が受任後、債権回収会社へ通知を発送
  3. 債権回収会社は債務のすべてについて法律で決められた上限利息で引き直した計算書を作成し、弁護士・司法書士に送付
  4. 計算書をもとに和解交渉を開始
  5. 交渉成立後合意書(和解書)を作成
  6. 合意書に基づいて支払いを開始

全体の流れが完了するまで、およそ2か月はかかります。

もちろん債務金額や件数などで違いがあります。

任意整理の大きなメリットとしては、弁護士・司法書士からの通知を日立キャピタル債権回収が受け取った時点で、債務者本人への督促行為ができなくなります。

交渉先は代理人である弁護士・司法書士だけになるからです。その後督促電話や督促状の送付が全くなくなるので、督促を受けるストレスから解放されます。

弁護士・司法書士の受任解除などがあるとまた督促が開始されるので注意しましょう。

交渉は全て弁護士・司法書士が行う

日立キャピタル債権回収との交渉はすべて弁護士・司法書士が行いますが、途中経過の状況などは定期的に確認しましょう。

また和解成立までは返済する必要もなくなりますが、予定されている返済金額は積み立てておきましょう。

返済が免除されている期間は交渉成立までの間だけです。和解成立後も余裕をもって支払える準備をしておくことが必要です。

交渉が成立して支払いが開始になっても基本的にはすべて弁護士・司法書士経由で行います。

つまり支払いも弁護士・司法書士が行うので、債務者は弁護士・司法書士に毎月お金を支払うことになります。

弁護士・司法書士の無料相談を受けてみる

任意整理などの債務整理をしたい場合、まずは弁護士・司法書士に借金の無料相談をするところからはじめましょう。

今はたくさんの弁護士・司法書士事務所がインターネット上にホームページを持っていて、借金の無料相談サービスを行っている事務所もとても多いです。

自宅や勤務先の近くの司法書士事務所を探して、一度無料相談を利用して弁護士・司法書士の話を聞いてみると良いでしょう。

無料相談の場合、相談だけなら何度でも無料ですし、無料相談したからと言って必ずしも任意整理などの依頼をしなければならないわけでもありません。

債務整理をするなら

債務整理手続きを依頼する弁護士・司法書士の仕事は、離婚・相続・詐欺被害・事故示談・労働問題など分野があります。

医者に専門分野があるように、借金問題の相談をするなら債務整理が得意で、かつ解決実績が豊富な弁護士・司法書士を選ぶ必要があります。

また、借金問題を専門に扱っている弁護士・司法書士の中にも当たり外れがあり、当たりの弁護士・司法書士は特に強い交渉力を持っています。

当サイトがおすすめする「みつ葉司法書士事務所」は、2012年3月に創業し6年目を迎える司法書士法人です。東京・福岡・大阪の3拠点で、経験豊富な債務整理専属チームがフルサポートしています。「みつ葉司法書士事務所」なら、借金に強い専門家選びに失敗することは無いでしょう。

365日24時間、全国で対応しているため、いつでも相談することができます。無料で相談を受付けていますので、安心して相談できる良心的な事務所です。
また、会社や家族に知られたくないという方にもサポートをしてくれます。
気になる費用ですが、"分割払い" ができるため、手元にお金がなくても気軽に相談ができます。みつ葉司法書士事務所は、本当に必要な手続きを見極めてくれる良心的な司法書士事務所です。 もし借金問題に苦しんでいるなら、一人で悩ますに、まずは相談してみてください。きっと、あなたの借金の状況に合った、最善の解決方法を提案してくれるでしょう。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル