メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

リボ払いの借金地獄から抜け出すためには

いつまでたっても支払いが終わらない、リボ払いの借金地獄でお悩みではないでしょうか。

今のまま支払いを続けていても、リボ払い地獄は終わらないでしょう。

リボ払いは、毎月の支払額を一定にすることができたり、通常のクレジットカードのサービスよりもお得な特典やサービスがついているため、便利なサービスです。

しかし、利息が高いことに加えて借金の金額を把握しにくいことからも、高額な借金や多重債権といった最悪なケースに陥ることもあるそうです。

そのため、宣伝文句だけで申し込んでしまうのは危険です。

リボ払いで借金が増えやすいことはわかっているという人でも、気が付かないうちに自動でリボ払いになっていることもあるので注意が必要です。

自分のクレジットカードの支払い設定については、必ず確認しておきましょう。

また、毎月の支払である程度は支払っていると思っていたけれど、上限金額まで届いたことで気が付いたという人もいるので油断できません。

もし、このような状態に陥ってしまった場合には、一刻も早く返済してしまうのが一番です。

リボ払い地獄から抜け出すには、債務整理をするか過払い金請求などで確実に返済できる方法を行いましょう。

借金地獄にリボ払いが多いのはなぜか

リボ払いは、毎月の支払額が最低5000円からなどと少なくて済むこともあり、便利なサービスなので、ついリボ払いで買い物してしまう人が多いです。

クレジットの支払方法には、一括払い・分割払い・リボ払いとありますが、実はリボ払いが1番返済地獄になりやすいものでもあるのです。

当たり前ですが、一括払いは支払日に残高不足で引き落としができないということがなければ、借金が残ることはありません。

分割払いは、回数を決めて支払えていれば、すぐに終わりが見えています。

ところが、リボ払いは毎月の使い方と設定金額によって、長期間支払わなければいけなくなり、借金が膨らみやすい支払い方法でもあります。

リボの設定金額を見直す

リボ払いは、支払う設定金額を超えた買物をしていると、借金がどんどん増えていってしまいます。

例えば、毎月リボ払い3万円分の買い物をして、支払う設定金額が1万円だとします。

残った2万円は借金(未返済額)となり、積み重なっていってしまうのです。

これを半年間続けることで、返済が終わっているのは6万円分だけになり、借金として残るのは12万円にもなってしまいます。

リボ払いの支払設定額を低くしすぎていることで、借金が積み重なってしまうのです。

もちろん、毎月の利用額よりも設定金額が高い人だと、ほとんど借金にはなりません。

設定金額が低く、借金として残っている状態になりますと、利息がかかってしまいます。

クレジットカードの利息は、年15%ぐらいのところがほとんどになっているため、未返済額が増えていけばいくほど金利がどんどん増えてしまうのです。

リボ払いが借金地獄の入口になる

リボ払いの悪い点でもあるのですが、毎月決められた金額だけ支払うことで、借金をしている意識が低いことも多くあります。

未返済額がどんどん増えていき、毎月の返済額が低いことで、元金の返済ではなく金利だけの返済になってしまう人もいます。

未返済額が残っているまま、買い物を続ける人は多く、借金の繰り返しになってしまっているのです。

実際、借金地獄になってしまっている人は、リボ払いが入口になってしまった人が多くいます。

借金を減らす4つの選択

リボ払いでできてしまった借金を減らす方法はいくつかあります。

今回は今すぐできる方法から、本当に借金が厳しいときの最終手段までを紹介していきます。

設定金額を5000円上げる

設定金額を5000円でもいいので高くすることで、状況は変わります。

設定金額を5000円でもいいのであげることで、未返済額の金額が減り、長い目で見た場合に金利として払う金額が少なくなります。

可能な限りの繰り上げ返済

一括で返済できる金額であれば、リボ払いの未返済額を一括返済するにはこしたことはありません。

しかし、すでに金額が大きくなってしまっている場合、設定額だけではなく余っているお金を全て繰り上げ返済に充てましょう。

低金利のカードローンに変える

クレジットカードのリボ払いは、金利が年15%ぐらいと高いのですが、カードローンですと金利が年3%ぐらいのところもあります。

カードローンや消費者金融に乗り換えてクレジットカードのリボを完済し、カードローンなどの低金利のところに返済していくという方法です。

ただしこの方法は、使い方を間違えると、更なる借金地獄になってしまうこともありますので、限度額いっぱいまで使ってしまうといった人などは注意が必要ななこともあります。

債務整理を行う

注意していても、クレジットカードなどのリボ払いを利用して借金地獄に陥ってしまうことがあります。

この場合には、どのような方法で借金問題を解決することが可能なのでしょうか。

リボ払いで借金地獄に陥ってしまったら、債務整理によって解決する方法が有効です。

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産の手続きの種類がありますが、自分の状況に応じた適切な手続きを執れば、大抵の借金問題は解決できます。

リボ払いの借金も債務整理の対象になります。

ただし、ショッピングのリボ払いの場合には、過払い金請求の対象になることは通常はありません。

また、債務整理手続きを利用すると個人信用情報に事故情報が記録されてブラックリスト状態になり、ローン審査に通らなくなって自分名義でクレジットカードを発行することもできなくなるので注意が必要です。

リボ払いの借金地獄を債務整理で解決したら、しばらくの間クレジットカードの利用はできなくなることを覚悟しましょう。

債務整理手続きでおすすめの司法書士事務所

借金問題の手続きは複雑で、かつ専門知識がないとどの手続きをするべきか、判断できないことが多いです。

例えば、自己破産しか無いと思った人が任意整理を行うことはよくあります。

実際、債務整理手続きの8割は任意整理が行われていると言われています。

今回紹介するみつ葉司法書士事務所は、借金問題対応件数が2,400件以上あり、その中でどの手続きを選ぶべきか助言してくれます。

債務整理手続きを行うと、どうしても弁護士費用が掛かってしまいますが、みつ葉司法書士事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な司法書士事務所です。

さらに、手続きを開始する前の相談は無料で何度も受付けているので、自分で判断できなければ一度相談してみると良いでしょう。

債務整理について

説明で出てきた債務整理ですが、債務整理にはいくつか種類があります。

ここでは、債務整理の種類ごとの特徴を説明していきます。

過払い金返還請求

周囲に知られることも、裁判所を通すこともありません。

過払い金返還請求は、弁護士や司法書士が消費者金融とやり取りをして手続きを進められます。

信用情報機関のブラックリストに載ることもないため、安心して手続きを進めることができます。

過払い金と認められれば、いままで返していた借金の一部が戻ってきます。

自己破産

全ての借金をチャラにする代わりに、日常生活にデメリットが出てきます。

保証人を立てている借金の場合は、保証人に全額の支払い義務が移ります。

自己破産をしたことが「官報」に掲載されます。

官報とは、法律・政令等の制定・改正の情報や、破産・相続等の裁判内容が掲載される国が発行している新聞のようなものです。

ただし、この官報を一般人は見ることはほぼありません。

そのため、官報に載ることで誰かに自己破産したことが知られるということはほとんどありません。

しかし、官報は闇金業者が見ており、金を借りないかという勧誘が来ることがあります。

債務整理をすると、最低でも5年間はお金を借りることができなくなるため、自己破産などの債務整理をした後にお金を貸しますという勧誘が来たら、それは闇金だと思ってください。

個人再生

裁判所を通して「返済能力から計算して、3年かけて毎月返済すれば返せるであろう金額」まで借金を減らしてもらう方法です。

特徴は、非常に手続きが困難であり費用・時間・手間かかるが、自己破産のように資格の制限がないという点です。

個人再生は、自己破産と同様に「官報」にも記載されます。

また、10年間は信用情報機関にブラックリストと載ってしまうので、新規の借り入れやクレジットカードの作成ができなくなります。

ただし、自宅や車を手放さなくて済む場合が多く、借金を大幅に減らすことができます。

任意整理

裁判所を通さないで、弁護士と債権者で交渉を行い、今後掛かる利息を0円にして元金だけの返済で済ませる方法です。

任意整理は、日本で行われている債務整理手続きの8割を占めると言われており、最も利用される手続きです。

任意整理の場合、裁判所を通さないため借金の理由を問われずに進められます。

また、過払い金がある場合、払いすぎた返済金が戻ってくる可能性があります。

債務整理を考える

一括返済もできないし、毎月の設定金額も高くすることがきつい、金額が大きくなりすぎてしまって返済が辛いといった場合には、債務整理を行うことをおすすめします。

例えば、任意整理をすることで将来の利息を免除し、元金のみの返済で済むこともあるのです。

こういった借金相談は、司法書士事務所のホームページにある、問い合わせコーナーより可能となっています。

相談に伺えば、自分がどの債務整理の方法を行えば良いのか分かります。

債務整理には種類があるので、様々な借金状況にも柔軟に対応でき、どんな借金返済問題でも解決できます。

ただし、債務整理後にキャッシングの審査をする場合は、個人信用情報機関に収納されているデータに債務整理を行った履歴が載ってしまいます。

以前に債務整理で金融機関ともめたことのある方は、少なくとも返済後5年間は新たな借り入れができなくなります。

過払い金とは、クレジット会社や消費者金融、その他デパートのカード発行者などの貸金業者が、利息制限法の上限枠を超過して回収し続けていた利息のことです。

過払い金請求を依頼するときにテレビなどが取り上げている司法書士事務所に依頼されることが多いですが、依頼するときに重要になるのは、今日までに何件の債務整理に携わって、その借金解決をしてきたのかということです。

借金問題の解決実績が豊富の司法書士事務所は、債務整理の良いところ悪いところやコストなど、借金問題で苦しんでいる人に、解決するための方法をご案内していきたいと考えているところが多いです。

借金返済の余力がない状態であるとか、金融業者からの取り立てが激しくて、自己破産しか手がないと思っているなら、早急に司法書士事務所に出向いた方が賢明です。

借金問題解決について

どう頑張っても返済ができない場合は、借金に苦悩して人生そのものを見限る前に自己破産という選択をし、リスタートした方がいいと思います。

過払い金返還請求手続きを進めることで、返済額が減ったり、現金を返還させられるかもしれません。

過払い金が実際に返るのか、できるだけ早くチェックしてみることをおすすめします。

クレジットカードであったりキャッシング等の返済に窮したり、返済がまったくできなくなった際に実施する債務整理は、信用情報には事故情報という形で登録されるとのことです。

一応債務整理手続きにより全額返済し終わったと言っても、債務整理をしたという結果は信用情報に記載されますので、5年が過ぎなければキャッシング、またはローンで物を買うことはできません。

任意整理を行う

リボ払いで作った借金解決には、任意整理がよく利用されます。

任意整理とは借金問題を解決するための方法の1つで、司法書士や弁護士に依頼して手続きを行います。

任意整理をすれば、金利が全てカットされ借金の総額が減額されます。

消費者金融やクレジットカードの多くの金融業者は、利息制限法の上限金利である15~20%の高金利でお金を貸し付けています。

例えば実質年利20%だと、100万円の借り入れに対し1年間で20万円の利息が発生することになります。

簡単に言えば、この20万円が任意整理でカットできるのです。

また利息制限法に基づいて残高が再計算され、毎月の支払額を収入を考慮した金額に抑え返済期間も最大5年に延長することができます。

そのため、任意整理をした後は生活を圧迫しない程度に、無理なく返済していくことが可能になります。

そして何よりも、任意整理の一番大きな特徴は、誰にも知られずに行うことができることです。

任意整理は裁判所を通さずプロの司法書士や弁護士に手続きを一任するので、債務整理をしたからといって家族や友人に知られることは決してありません。

相談するときに、誰にも知られずに借金を整理したいと伝えれば、直接家に電話をしてくることもありませんし、手続き関係の書類などを送ってくることもありません。

債務整理の中でも、任意整理は裁判所が関与しないので比較的簡単に行うことができ、費用もそれほどかかりません。

大体1社3万円~5万円が相場になっています。

また、任意整理は正社員だけでなくアルバイトやパートの方も可能ですので、借金問題で困っている方は一度相談してみることをおすすめします。

早めの相談が解決への近道

借金問題で一番気を付けなければならないことは、誰にも言えず一人で問題を抱え込んでしまい前にも後ろにも動けなくなってしまうことです。

すでに借金を延滞している人は、督促の電話や督促状に悩まされているのではないでしょうか。

任意整理を正式に依頼すれば、早くて即日、遅くても3日以内に督促が止まります。

その後は依頼した弁護士が全てやってくれるので、あなたは何も心配することはありません。

ここでご紹介する弁護士は、借金問題の解決の実績があり評価も高い弁護士です。

債務整理のプロである弁護士は、借金返済で悩んでいるあなたの相談に親身に乗ってくれるだけでなく的確なアドバイスもしてくれます。

分からないことがあれば何でも相談してください。

24時間365日全国無料で電話やメールで相談を受け付けているので、借金のことで悩んでいる方はぜひ一度相談してみてください。
もし電話が苦手ならメールでも相談できます。

何回相談しても無料なので、債務整理のことで分からない事や疑問があれば、納得するまで何度でも相談して解決方法を探ってください。

借金問題の解決方法は早く行動することです。

任意整理の期間は弁護士の交渉力による

任意整理の交渉は、依頼した弁護士の実力に比例して返済金額の減額や、手続完了までの期間が短くすることができます。

そのため、借金問題を得意とする弁護士に依頼することが重要になります。

みつ葉司法書士事務所は、当サイトが実際に聞いた評判を元におすすめできる事務所です。

ベテランで解決実績が豊富な弁護士が担当してくれるので、あなたの抱えている借金問題も解決してくれるでしょう。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル