メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

パチンコで借金地獄になって抜け出そうと思うなら

パチンコで作った借金の解決方法はやみくもに返済せずに、返済計画をもとに返していくことが望ましといわれています。

返済計画を作ることで、いつ返済が終わるのかが明確にわかるため返済の意識を保つことができます。

この返済計画を作る際には、自分がこれからどうしたいのかということをイメージすることが大切です。

お金を返済するというだけでは、日常生活に変化がなくなり苦痛という人が多いとおもいます。

何故なら、借金を返済しても自分のところには何も入ってこないからです。

借金を返済していく中でこれでは、なかなかモチベーションを維持するのは難しく、万が一崩れてしまったら借金地獄に落ちてしまいます。

そのため、返済のコツとして返済した後にどういうことをしたいのか、という自分へのご褒美を設定するといいでしょう。

それでも自分で返済する目途が立たないというのであれば、借金の相談窓口を利用するのがいいでしょう。

借金地獄の原因

パチンコで借金地獄に落ちてしまうきっかけは、意外と身近に潜んでいます。

クレジットカードのキャッシング機能や、消費者金融のカードローンなどを、ふとした金欠のタイミングで利用してしまうことが原因になると言われています。

何がいけないかというと、一度でも身内以外からお金を借りる、という経験いけないのです。

生活苦や、突然の出費など事情はあるかと思いますが、赤の他人からお金を借りることは、身内から借りることよりも、後ろめたさがありません。

そのため、一度でも借りてしまうと、簡単に借りれることを知ってしまい、借金に対する心の中のハードルがなくなってしまうのです。

この経験が、パチンコで多額の借金を作ってしまう原因となります。

もちろん、数万円の借入が、いきなり数百万円の借金になることはありませんが、借入のハードルが低くなるほど、パチンコでお金を借りてしまうようになり、多額の借金を背負うことなります。

もし、パチンコで借金をするようになったら、かなりの確率で借金地獄に落ちてしまうと思ってください。

借金で多額の借金を背負ってしまう人でも、最初はお金を借りることに抵抗があるため、パチンコ代としてお金を借りることがあっても、最初は給料日にすぐ返済します。

しかし、お金を借りることに慣れが生じてしまうと、パチンコ目的で借金をするようになります。

最初は、給料で返せる範囲で借りますが、何回か勝つことで自信が付き、勝ったお金で返そうと思うようになります。

このような状態になると、借金地獄へ転落してしまいます。

そのため、パチンコのために数万円でもお金を借り始めたら、今後多額の借金を抱えると考えてください。

借金地獄を抜け出すなら家族を頼る

借金返済のコツは、家族や友人などの信頼のおける人に相談をすることです。

家族に迷惑をかけたくないので相談できないという人がいますが、そのようなことを考えること自体が借金地獄から抜け出せない原因の1つです。

既に、自分の返済能力を超えた借金をした時点で、家族に迷惑をかけているので、そのようなことを心配している場合ではありません。

つまらない見栄を張っているような場合でないことを考えれば、すぐにでも相談をしましょう。

自分は何もできないのでどうにかして欲しい、という相談では誰も相手にしませんが、これから自分はどういうことをするのかという前向きな姿勢を見せれば、相談に乗ってくれるでしょう。

自分が反省していることを示し、これからの自分がどうするのかということを見せれば、いろいろな対策を考えてくれるでしょう。

一番最悪な相談は、心配はさせたくないので相談をしなかったけれども、自分ではもうどうにもならないので、あとは何とかしてくださいという態度で相談してくることです。

こうなっては、誰も助けることなどできません。

何しろ自分で何をするのかということが無いわけですから、今後同じことをすることを自白しているようなものです。

まずは、自分が変わることを示して相談をするようにします。

パチンコの借金がどうしても返せないときは

借金の理由はどうであれ、返せないと感じた場合はすぐに何らかの対策を講じることが必要です。

もし、借金を負った理由がパチンコならば、多くの人が自分一人の力では状況を解決できないということを、知っておく必要があります。

借金の理由・種類などにもよりますが、どうにもならないと感じる様になれば、債務整理などの法的手段に頼ることも必要です。

まずは、ご自分の今の状態をしっかりと把握するためにも、借金をどれくらい減らすことができるのかを調べてみましょう。

債務整理・自己破産などの方法をとることで、合法的に借金を処理することができるため、大きく状況を改善できる可能性があります。

当然ながらリスクもありますが、それを踏まえても解決策としては非常に有効です。

まず、パチンコで借金をした方は、借金が相当に膨れ上がってしまう傾向があります。

ギャンブルで常に勝つ人はおらず、95%以上の人たちはトータルすると負けていると言われています。

パチンコ依存症になると、負けた分を勝って回収しようと考えるので、何度も追加融資を受けるようになります。

さらには、借金返済するお金も惜しくなって、大勝して一気に返済しようなどと考えるようになります。

こうした思考パターンに陥ってしまったら、自力で借金返済をするのは困難と考えていいでしょう。

パチンコなどのギャンブル依存症は、精神疾患の一種としても認められているので、医療機関で治療するべき管轄なのです。

そこで治療をする前に、借金の問題を解決していくことが大切です。

自力返済は無理でしょうから、選択肢としては債務整理になるでしょう。

ギャンブルが原因の借金の解決方法

数年前までは、ギャンブルで作った借金には自己破産が適用されないケースが多々ありましたが、最近は事情が変わってきています。

免責がおりるケースが増えてきているので、パチンコの借金も債務整理で0円にできる可能性があります。

ただし、自己破産を選択すると家を失うことになるということには注意してください。

持ち家の方は、家を守るためには個人再生、任意整理といった方法も検討しましょう。

個人再生だと、借金の理由に関係なく手続きが可能で、最大で5分の1程度まで借金を減らせます。

例えば、500万円の借金があるなら、100万円くらいまで減らせるのです。

借金の利息をカットすれば支払えるという方には、任意整理という方法もおすすめです。

任意整理は費用を安く抑えられるので、手持ちのお金が10万円もあれば行えるでしょう。

いずれにしても、借金を放置しておいて、得をすることは何もありません。

カードローンやキャッシングを利用しているなら

ギャンブル資金の調達としては、カードローンやキャッシングを利用する方がほとんどでしょう。

借入先は消費者金融を利用する方が多く、実質年率15%超で借入しているはずです。

100万円も借りてしまうと、利息だけでも相当な負担になってしまいます。

借金を放置すると遅延損害金も発生し、いつの間にか膨れ上がっていきます。

20.0%の延滞金が加算されるので、借金が2倍になるのは思いのほか早いです。

放置しても状況は悪化するだけなので、パチンコの借金返済に困ったら弁護士に相談しましょう。

債務整理の実績が多い弁護士を選んで、具体的な方法を詰めていきましょう。

弁護士費用は分割に応じてくれるのが普通であり、手持ち金がゼロでも解決は可能です。

借金が膨れ上がる理由

パチンコで借金をしたようなケースでは、借金がかなりの額になっているということがよくあります。

パチンコで借金を作ってしまうケースでよくあるのが、借金をしているうちに総額がいくらになっているかわからなくなるということはよくあります。

お金を貸す金融機関は少額でも簡単に貸してくれます。

これは、少額でも十分に利益が出るからです。

貸金業者からしてみると少額でも借りる人は、また借りてくれる可能性が高いので、ある程度まとまった額まで借りてくれるということを期待しています。

そして、多くのケースが気が付いたら借入額が増えていってしまうのです。

パチンコで借金をする人は何度もパチンコをしますから、一度でも利用をした人は、次も来る可能性は高いと考えられています。

そして、それが積み重なって、知らない間に大きな借金となっているのです。

この状態では、自分はどうしたらいいか分からなくなります。

対処法を知っていたら、最初からやっているはずです。

パチンコでできた借金はどうするべきか

自分では、パチンコで作ってしまった借金の対策がとれないため、このような状況になっているわけです。

こうなっては、恐らくいくら悩んでも解決策は出ないので、専門家に相談をするのが一番です。

今は、どこの弁護士事務所でも、借金の相談は無料でしてくれます。

相談してみて、場合によっては借金が減るというようなことがあるかもしれませんし、返済を減額できたりするかもしれません。

そうすれば、自分が何をすればいいのかということが明確になるので、パチンコに行っていられなくなります。

依存症というのでなければ、他にやるべきことがあれば、それをやるようになります。これが専門家に相談することの大きなメリットです。

専門家ですから、その言葉には信用というものがあります。ですから素直にアドバイスを聞くということもできるでしょう。

経験に裏打ちされたアドバイスですから、後はそれを信じて行動するようにすれぱいいだけです。

パチンコで借金地獄に陥ってるなら

パチンコが原因で返さない借金を負ってしまっているなら、直ぐに債務整理の手続きを行いましょう。

債務整理なら、パチンコが理由の借金でも一攫千金を狙わずに、確実に解決することができます。

当サイトがおすすめするみつ葉司法書士事務所は、年間2,400件以上の相談を受ける業界でもトップクラスの借金問題の相談先です。

また、借金問題に理解がありギャンブルが理由の借金でも受付けてくれます。

さらに、みつ葉司法書士事務所は借金問題に慣れているため、相談者に本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれます。

なので、安心して相談してみてください。

債務整理について

何度か説明で出てきた債務整理ですが、債務整理にはいくつか種類があります。

ここでは、債務整理の種類ごとの特徴を説明していきます。

過払い金返還請求

周囲に知られることも、裁判所を通すこともありません。

過払い金返還請求は、弁護士や司法書士が消費者金融とやり取りをして手続きを進められます。

信用情報機関のブラックリストに載ることもないため、安心して手続きを進めることができます。

過払い金と認められれば、いままで返していた借金の一部が戻ってきます。

自己破産

全ての借金をチャラにする代わりに、日常生活にデメリットが出てきます。

保証人を立てている借金の場合は、保証人に全額の支払い義務が移ります。

自己破産をしたことが「官報」に掲載されます。

官報とは、法律・政令等の制定・改正の情報や、破産・相続等の裁判内容が掲載される国が発行している新聞のようなものです。

ただし、この官報を一般人は見ることはほぼありません。

そのため、官報に載ることで誰かに自己破産したことが知られるということはほとんどありません。

しかし、官報は闇金業者が見ており、金を借りないかという勧誘が来ることがあります。

債務整理をすると、最低でも5年間はお金を借りることができなくなるため、自己破産などの債務整理をした後にお金を貸しますという勧誘が来たら、それは闇金だと思ってください。

個人再生

裁判所を通して「返済能力から計算して、3年かけて毎月返済すれば返せるであろう金額」まで借金を減らしてもらう方法です。

特徴は、非常に手続きが困難であり費用・時間・手間かかるが、自己破産のように資格の制限がないという点です。

個人再生は、自己破産と同様に「官報」にも記載されます。

また、10年間は信用情報機関にブラックリストと載ってしまうので、新規の借り入れやクレジットカードの作成ができなくなります。

ただし、自宅や車を手放さなくて済む場合が多く、借金を大幅に減らすことができます。

任意整理

裁判所を通さないで、弁護士と債権者で交渉を行い、今後掛かる利息を0円にして元金だけの返済で済ませる方法です。

任意整理は、日本で行われている債務整理手続きの8割を占めると言われており、最も利用される手続きです。

任意整理の場合、裁判所を通さないため借金の理由を問われずに進められます。

また、過払い金がある場合、払いすぎた返済金が戻ってくる可能性があります。

パチンコやギャンブルの借金も債務整理で解決

パチンコなどのギャンブルの借金も、債務整理手続きによって解決することが可能です。

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産などの手続きの種類がありますが、任意整理なら利息をカットして月々の分割払いにできます。

個人再生なら、借金額を最大5分の1まで減額できます。

自己破産は、借金額を0円にできますが、基本的にギャンブルがあると免責が認められない「免責不許可事由」に該当します。

しかし、初めての破産であれば、裁判官の裁量で「裁量免責」が認められますので、ギャンブルが理由の借金があるからといって、自己破産を諦める必要はありません。

債務整理する場合は、弁護士に相談依頼するのが一般的なので、インターネットのホームページを検索して、無料相談を実施している事務所を探して、法律相談を受けましょう。

そこで、弁護士としっかり話をして質問に回答してもらい、アドバイスを受けた上で適切な債務整理手続きをすすめてもらいましょう。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル