メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

エムユーフロンティア債権回収|取り立てを受けたら迅速に対応!

エムユーフロンティア債権回収会社とは、三菱UFJフィナンシャルグループの債権回収会社です。

三菱UFJフィナンシャルグループのローンなどを利用していて、支払日に貼ることが出来ないで滞納状態になってしまい、そのまま放置して長期間滞納してしまうと、債権がエムユーフロンティア債権回収に移ります。

今、エムユーフロンティア債権回収から連絡が来ているということは、過去に支払いを放置してしまった債権の取り立てを受けているということです。

エムユーフロンティア債権回収から取り立てを受けるほど放置された借金の殆どは、滞納していた期間の金利が上乗せされているため、元々借りていた金額を大きく上回る金額で請求されているはずです。

そもそも、滞納してしまうと、遅延損害金という違約金を払う義務が生まれてしまいます。

この遅延損害金は、もとの借金に対して20%の金利で請求されてしまうため、エムユーフロンティア債権回収から取り立ての通知が来る頃には借金は2倍以上に膨らんでいることが多いです。

普通に考えれば、2倍以上に膨れてしまった借金を返すのは困難なことです。

また、金利の理屈も、契約上取り立てられている金利の理由もわかりますが、納得できずになんとか金利分はなんとかしてもらえないかと思う人も多いです。

実際に債権回収会社からの取り立ての金額が多すぎて、まともに返済できない人もいます。

そんなときは、まず弁護士・司法書士に相談して下さい。

弁護士・司法書士に相談することで、エムユーフロンティア債権回収からの取り立てられている借金の負担を減らせる可能性があります。

借金問題で弁護士・司法書士に相談するというのは、どうしても抵抗があるかもしれません。

しかし、借金問題で弁護士・司法書士に相談している人は、年間で200〜300万人はいると言われているのはご存知でしょうか。

借金問題は、人前で話す内容ではないため、身の回りで弁護士・司法書士に相談したことがあるという人はいないかと思います。

それでも、少なくとも100人に1人は借金問題で弁護士・司法書士に相談しているという計算になります。

私達が知らないだけで、実は多くの人が借金問題で弁護士・司法書士に助けを求めています。

当サイトがおすすめする「みつ葉司法書士事務所」は、2012年3月に創業し6年目を迎える司法書士法人です。東京・福岡・大阪の3拠点で、経験豊富な債務整理専属チームがフルサポートしています。「みつ葉司法書士事務所」なら、借金に強い専門家選びに失敗することは無いでしょう。

365日24時間、全国で対応しているため、いつでも相談することができます。無料で相談を受付けていますので、安心して相談できる良心的な事務所です。
また、会社や家族に知られたくないという方にもサポートをしてくれます。
気になる費用ですが、"分割払い" ができるため、手元にお金がなくても気軽に相談ができます。みつ葉司法書士事務所は、本当に必要な手続きを見極めてくれる良心的な司法書士事務所です。 もし借金問題に苦しんでいるなら、一人で悩ますに、まずは相談してみてください。きっと、あなたの借金の状況に合った、最善の解決方法を提案してくれるでしょう。

【みつ葉司法書士事務所】債務整理問合せ

長期の滞納は債権回収会社が出てくる

私達一般人は、債権回収会社という名前に関わることはほぼ無いと言っても良いでしょう。

しかし、滞納が慢性的に続くと、債権回収会社と関わる可能性があります。

債権回収会社とは、貸金業を営む企業が回収し切ることができない債権や、定額で支払う光熱費や奨学金返済、住宅ローンや自動車ローンなどで滞納した人から取り立てを行うことを専業にした業者です。

ローンや、定額で支払う料金を長期間滞納した場合、最初はサービスを利用した会社から、契約したときに登録した住所や電話番号に連絡がきます。

しかし、滞納した期間が長期になると、債権回収会社から直接連絡がくるようになります。

これは、借金が取り立て不可とみなされて、取り立ての専門家の債権回収会社に借金が譲渡されたということです。

このとき、連絡がくる会社は国に認められたサービサーと言われる債権回収会社から連絡が来ます。

債権回収会社は、回収した分の借金がそのまま利益になるので、さまざまな手法を駆使して借金の回収を試みます。

もちろん、取り立てを行うときは、自分たちが不利になるような違法な取り立てはしません。

仮に、時効が成立するような長期間借金を放置していた場合、その借金が債権回収会社に譲渡されている可能性があります。

直接借金をした相手ではなくても、借金を時効にする場合は、債権回収会社と関わる可能性があります。

滞納を続けるとブラックリストに載る

延滞・滞納が長期間続くと、個人信用情報機関にブラックリストとして登録されてしまいます。

ブラックリストに登録されてしまうと、住宅ローンや自動車ローン、クレジットカードの入会審査にも通らなくなります。

更には今回のように、エムユーフロンティア債権回収という取り立て専門の業者から連絡が来るようになります。

エムユーフロンティア債権回収を相手に滞納を続けてしまうと、最終的には民事訴訟を起こされて、裁判になり差し押さえの判決が下ります。

そのような事態ならないためにも、督促の流れや、返済が遅れた場合の支払い方法を解説します。

エムユーフロンティア債権回収からの督促状が来る

督促状とは、料金の未払いや借金の返済を催促するための手紙のことです。

公共料金や税金、ローンや借金などの支払いが滞り、督促状が自宅に届いたことのある方も少なくないかと思います。

今回は、支払いを放置したときに連絡が来る、エムユーフロンティア債権回収の督促状を放置すると、最終的にどのような事態に陥ってしまうかと、督促状が届いたらどのような対応をすべきかを紹介します。

督促状と催告書の違い

督促状と似たものに、催告書というものがあります。

同じく、未払い金を催促する書類としては変わりませんが、催告書のほうのが取り立ての迫り方が厳しくなります。

もう一点、督促状と催告書には大きな違いがあり、催告書は内容証明郵便で送られてくることが多くなっています。

内容証明郵便とは、誰が誰宛に、どのような内容で、いつ出したのかということを郵便局が公的に証明してくれます。

内容証明郵便には2つの効果があり、一つ目は催告書を受け取った人物が、受け取っていないと白を切っても、この内容証明郵便によって確実に届いていると証明することができます。

もう一点が、内容証明郵便には時効を止める効果があるということです。

借金や税金の請求には、時効があります。

つまり、このまま債務者が支払いに応じないと突き通して、時効が成立してしまえば、債権者が請求できなくなってしまいます。

そのような事態を防ぐために、内容証明郵便を送ることにより、時効までの残り日数がまたゼロからカウントされるようになります。

催告書と法的手段

催告書には、督促状よりも請求をきつめに迫る内容で書かれていることが多く、文面には法的処置を取ると書かれている場合もあります。

こうなると、差し押さえなどがいつ行われてもおかしくないような状態になります。

滞納時の返済方法

料金支払いが遅れた場合、入金が遅れたことを借りたサービスのカスタマーセンターに連絡しましょう。

滞納した料金を支払う意思があることを伝えると、口座振替先として振り込む銀行口座の口座番号を教えてくれます。

口座振替

銀行の口座振替でクレジットカード料金を返済する方法です。

利用規約には、遅延した場合は遅延損害金を求めると記載されています。

遅延損害金が加算される場合もあるため、銀行口座に振り込む場合は、必ず振込金額を聞くようにしましょう。

再引き落とし

サービスのカスタマーセンターに連絡をすると、再引き落としの日を教えてくれます。

再引き落としの場合は振り込みを行う必要はなく、再引き落とし日までに引き落とし口座に残高がある状態にしておきましょう。

エムユーフロンティア債権回収で滞納した場合

滞納金が支払えない場合の対処方法を解説します。

支払いきれないと事前にわかっている場合、放置して滞納するのではなく、カスタマーセンターに電話して相談してください。

たとえば、サービスの公式ホームページには次の記載があります。

「万一、支払期日までにお支払いが難しい場合は事前に連絡してください」

これはカスタマーセンターに事前に相談してくれれば、柔軟に対応するということです。

他のクレジットカード会社でも同様に対応してくれます。

カード会社に連絡するときは絶対に嘘はつかず、なぜ支払いができないのか、いつ支払いができるのかを正確に伝えましょう。

場合によっては、一旦クレジットカードの利用を停止し、返済計画を伝える必要があります。

支払う意思さえ確認できれば、エムユーフロンティア側は返済の意思ありと判断してくれます。

怒られるのが怖いからと言って、支払いを無視するとエムユーフロンティア債権回収からの印象が悪くなるため、電話でエムユーフロンティア債権回収に相談するのが一番の解決方法です。

延滞の遅延損害金

料金返済に延滞があった場合、遅延損害金が発生します。

遅延損害金は、延滞金額と延滞期間に応じて利息が発生して請求され、ショッピングローンの延滞とキャッシングの延滞で利率が異なります。

遅延損害金に消費税はかからない

遅延損害金は利息に相当し、利息は消費税の課税対象外のため、遅延損害金に利息は発生しません。

そのため、通常で請求される遅延損害金と延滞金額を足したものが、返済しなければいけない金額になります。

エムユーフロンティア債権回収からの電話連絡

督促の電話連絡は自宅の固定電話、契約者の携帯電話、勤務先の電話番号にかかってくる可能性があります。

親や兄弟や配偶者への電話

督促が続いても親や兄弟、配偶者へ電話連絡は基本的に行われません。

本人以外の人が電話に出た場合「ご本人様にお電話です」と伝えます。

ローンは個人の信用力を調査した上で貸しているため、保証人(連帯保証人)は必要なく、延滞が続いても家族に支払い義務がないからです。

勤務先への電話

延滞が続くと、勤務先の電話番号に電話がかかってくる場合があります。

勤務先への電話はプライバシー保護のため、第三者に電話の内容を伝えることはありません。

住所が変わっている場合は、引越し先を調査して電話する

契約者の電話番号に何度かけても繋がらない場合、住民票を調査して引越し先の電話番号に電話連絡を行い、督促状も引越し先に郵送されます。

督促状は転送不要郵便で届く

督促状は、転送不要郵便で届くため、引越し後クレジットカード会社に住所変更の連絡をしていない場合は以前の住所に届いた後に転送されません。

督促が続くと、カード会社は契約者の引越し先を調査して正しい住所に郵送することがありますが、基本的には住所を変更した時点でカード会社に住所変更の連絡を行う必要があります。

元々実家に住んでいて一人暮らしを始めたという方は、住所変更を行っていないと督促状が実家に届き、家族の方に開封される可能性があるため、家族にクレジットカードの延滞を知られたくない場合は、引越しときにカード会社への連絡を確実に行いましょう。

滞納は信用情報に影響を与える

滞納を繰り返すと、新規でクレジットカードを作れなくなります。

カードの入会審査では、金融機関との取引情報を管理している個人信用情報機関を参照したうえで申込者の信用力を調査しているため、延滞が発生した履歴が残った情報があると審査に通過できないからです。

取引情報は、短期間の延滞と見なされるため、審査に影響はほとんどありません。

個人信用情報機関のCICでは、3ヶ月以上延滞した場合のみ記載すると定めていますので、1回目や2回目の督促では延滞記録は残りません。

ただし、自宅にカード会社の担当者が訪問する状態になると個人信用情報機関に記録に残り、新規でクレジットカードを作ることは難しくなります。

一度記録された滞納情報は、最低でも5年間記録が残ります。

また、クレジットカードと同様に住宅ローンや自動車ローンの審査にも通らなくなります。

住宅ローンや自動車ローンは、クレジットカードより審査基準が厳しく、クレジットカード会社と同じように、個人信用情報機関の情報を元に信用力を調査しているからです。

滞納しないための対策

クレジットカード料金の返済を延滞しないための対策として、銀行口座が残高不足にならないようにする必要があります。

ここでは、残高不足を防ぐための対策を紹介します。

引き落とし日を変更する

クレジットカード会社によっては支払日を選べます。

銀行口座残高が足りず、引き落としがされないことを防ぐため、給料日後の支払日に変更することで、引き落とし口座の残高不足を事前に防げます。

引き落とし口座を変更する

給料の振込先とクレジットカード料金の引き落とし口座を分けている場合、給料の振込先口座を引き落とし口座として指定することで、残高不足となる可能性が低くなります。

借金問題の専門家に相談する

借金が多くなりすぎてしまった方は、一人で悩んでしまうよりも専門家の相談をしたほうが良いです。

借金に関する専門家といえば、弁護士・司法書士が挙げられます。

最近では、司法書士事務所のサービスが良くなっており、無料で相談を受けている司法書士事務所も増えています。

かつては、弁護士・司法書士に相談をするだけでお金をとられる司法書士事務所がほとんどでした。

そのため、普段から弁護士・司法書士に関わる人はほとんどおらず、弁護士・司法書士の名前はテレビで見るぐらいの存在で、身近に感じることはなかったと思います。

しかし、実は借金で問題抱えたときは弁護士・司法書士に相談することで、借金の負担を減らしたり、借金を無効にすることができます。

しかも、司法書士事務所側も借金に苦しんでいてお金に困っていることをわかっているため、相談料は無料のところが多いです。

ただし、今すぐにでも解決したいという場合は、即対応できる司法書士事務所は限られています。

もし、すぐにでも解決したいと思うなら、24時間相談を受けている司法書士事務所に相談してみてください。

どうしても支払えなければ弁護士・司法書士に

滞納してしまった分がどうしても支払えないなら、まずは弁護士・司法書士に相談することをおすすめします。

当サイトがおすすめする「みつ葉司法書士事務所」は、2012年3月に創業し6年目を迎える司法書士法人です。東京・福岡・大阪の3拠点で、経験豊富な債務整理専属チームがフルサポートしています。「みつ葉司法書士事務所」なら、借金に強い専門家選びに失敗することは無いでしょう。

365日24時間、全国で対応しているため、いつでも相談することができます。無料で相談を受付けていますので、安心して相談できる良心的な事務所です。
また、会社や家族に知られたくないという方にもサポートをしてくれます。
気になる費用ですが、"分割払い" ができるため、手元にお金がなくても気軽に相談ができます。みつ葉司法書士事務所は、本当に必要な手続きを見極めてくれる良心的な司法書士事務所です。 もし借金問題に苦しんでいるなら、一人で悩ますに、まずは相談してみてください。きっと、あなたの借金の状況に合った、最善の解決方法を提案してくれるでしょう。

【みつ葉司法書士事務所】債務整理問合せ

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル