メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

パチンコは借金地獄になりやすい

パチンコで借金地獄に落ちる理由として、負けたときは分かりますが、勝ったときはなぜと思うかもしれません。

借金地獄に落ちてしまう一番の理由は、金銭感覚の麻痺です。

パチンコは1時間で1万円負けることもありますが、勝つときは5万、6万とお金が入ります。

努力せず、運任せで大金を手に入れる経験をすれば、一気に金銭感覚が狂っていきます。

普段の生活では100円や200円を大切にしていても、パチンコやパチスロの場合は金銭感覚が狂ってしまい、1万円や2万円も惜しくなくなります。

お金を突っ込んでも、最終的には勝てばいいと開き直り、結局勝てずにお金が減っていくことになり、最終的に借金地獄に落ちてしまいます。

このサイクルが、パチンコの持つ恐さと言われています。

パチンコは他のギャンブルと違い、身近に店舗がある分、パチンコ中毒・依存症に陥りやすいと言われています。

すでにあなたも、パチンコ依存症になっているかもしれません。

パチンコで勝っても借金返済に回さない

パチンコで10万以上大勝ちした経験がある方も多いと思いますが、そのお金を貯金したり、積極的に借金返済に充てたり、有意義に使えるケースは少ないです。

10万あれば10万パチンコを打ちますし、20万あれば20万突っ込む、それがパチンコにハマってしまった人の心理ではないでしょうか。

負けたときは元を取るため、借金してでもパチンコを打ち続けます。

その日がダメなら翌日、翌日がダメなら翌々日、限界までパチンコ屋に通いながら、パチンコ中心の生活を送ることになります。

結果、勝っても負けても借金地獄に落ちていくのです。

パチンコに限らず、競馬も競輪も競艇も、マージャンもオンラインカジノにも共通していますが、ギャンブルでお金を得ても、そのお金で借金の元金を減らそうとは思わないものです。

カードローンで借金地獄に落ちる人の例ですが、お金ができてもリボ払いを解除せず払い続ける、一括返済・繰上返済を考えることなく、延々とリボで払い続ける、その結果、いつまで経っても元金が減らない人がいます。

この例と同じように、パチンコで借金地獄に落ちてしまう人も、手持ちに余裕があっても借金の返済に当てることは殆どありません。

勝ち続けることは難しい

パチンコで勝ち続ければ良いですが、決してそのようなことはありません。

元パチプロの人からの話ですが、パチンコで生活することは極めて難しいそうです。

研究に研究を重ねて、最初は勝ち続けても、どこかで負けてしまい、なんとか負けないように新台導入の店を狙って打ったり、勝ちを見極めるための研究をしても、いずれ負けに転じるそうです。

プロでさえそうなのですから、素人は尚更パチンコで勝ち続けることは難しいです。

たとえ運良く勝ち続けても、そのような客はパチンコ店にマークされます。

勝ち続ける客がいた場合、入店禁止になることがあるそうです。

いずれにしても、パチンコは勝っても負けても借金地獄になる可能性が高いですし、パチンコ依存症・ギャンブル中毒への道を進むことになりかねません。

ギャンブルの借金は抜け出しにくい

男性ならキャバクラや風俗、女性ならホスト通いが原因の借金については、債務整理することで止めやすいと言われています。

弁護士事務所を訪れる債務者も、任意整理や個人再生、自己破産することで、今までの生活を反省し、収入の範囲内(無借金)で生活しやすいと言われています。

しかし、パチンコやスロットのようなギャンブルの借金はなかなか根深いようです。

裁量免責が認められて自己破産の手続きが進んでも、その途中で競馬場に通う債務者がいたり、パチンコ店から電話をかけてくる債務者もいると聞きます。

ギャンブルは、圧倒的に中毒性が高く、なかなか抜け出せないという特徴があります。

本気でパチンコ漬けの生活から抜け出したい、パチンコが原因の借金を整理したいと思われるなら、強い反省に加え、生活態度を改める必要があります。

弁護士や司法書士に債務整理相談を行うのはもちろん、その際に真摯に反省して「本気で人生をやり直す」と決意することです。

どうしてもパチンコが気になるなら、周囲にパチンコ屋がない地域へ引越したり、カウンセリングを受けることも考えてください。

パチンコ依存症は多重債務が多い

ギャンブルの中でも、パチンコ、スロットは常習性が強いです。

常習性が強ければ依存症になりやすいですし、依存症になれば軍資金を得るため、借金を重ねることになります。

その結果、借金に借金を重ねることで、簡単に多重債務状態に陥ります。

総量規制と多重債務

今は総量規制の関係で、昔のように、簡単に消費者金融から借金できる時代ではありません。

総量規制の法律によって、武富士などの大手消費者金融や、中小の消費者金融が倒産しました。

しかし、借金を重ねる抜け道はあり、あなたの仕事や年収によっては、複数の貸金業者から借金を重ねられます。

何よりパチンコやスロットには、際限なくお金を使うことができます。

勝っても負けても、歯止めが効かずにどんどんお金を突っ込めるのです。

負けた場合は負けを取り戻すために、勝った場合はさらに勝つためにパチンコにのめり込んでいきます。

その結果、パチンコをするお金が足りなくなり、借金を重ねてしまい多重債務に陥ってしまいます。

依存症になりやすい理由

パチンコ依存症の人の多くは、パチンコ以外の時間もパチンコのことを考えています。

昼間のパチンコ屋を見てみると、スーツ姿のサラリーマンが仕事中にパチンコに行ったり、専業主婦が日々通っている姿を見たことがある人も多いかと思います。

そんな人は一日中パチンコで時間を潰せてしまうので、パチンコ屋も施設を充実させます。

パチンコ屋の近くに消費者金融のATMがあったり、今は店内にATMが設置されていることもあります。

地方のパチンコ屋では、1階がパチンコとスロット、2階がパブやスナック、3階に消費者金融の無人ATMというフロア構成で作られており、巧妙な仕組みが組まれています。

パチンコで負けた後、消費者金融で借入れたり、勝ったときのお金をパブやスナックで使う人がいるという証拠です。

全ては娯楽で形成されているため、この一連の流れを楽しむためにパチンコにのめり込み、パチンコ依存症になってしまうのです。

パチンコの借金を解決

パチンコで勝てるのは20人に1人と言われていますが、実際はもっと勝率は低いかと思われます。

パチプロでも、勝ち続けるのは難しいと言われており、パチンコ店長で店長をしていた人も難しいだろうと言っています。

パチンコ店もビジネスですから、利益を追求しています。

決して、出玉を提供するために、営業しているわけではないのです。

パチンコは多重債務になりやすい

パチンコにハマる気持ちは良く分かります。

しかし、借金を重ねて多重債務になるまで打ち続けるのは間違っています。

周囲から「パチンコをやめろ」と言われても、素直に聞き入れないのがパチンコにハマった人の特徴です。

こういった人は、パチンコを止めたくても止められず「これでやめよう、最後にしよう」と思っても、次の瞬間にはパチンコのことを考えていたりします。

中には、仕事が手に付かなくなり、家事や育児を放棄する方もいます。

車中に幼い子供を残したままパチンコを打ち続けて、熱射病で子供が亡くなったというニュースも毎年のように聞いたことがあるかと思います。

パチンコで負けて、乱暴な運転を行った結果、事故を起こした方もいます。

大負けすれば機嫌が悪くなりますし、家族に八つ当たりする方も多いのではないでしょうか。

あなたの周囲に泣いている人間がいるなら、その人のためにパチンコ漬けの生活を見直してみることを強くおすすめします。

おまとめローンはあまり効果がない

多重債務の借金は、おまとめローンで一本化しても大きな減額効果は得られません。

おまとめローンの利点は、金利の低い銀行系のローンに借り換えることで元の金利よりも安くなり、借金返済を楽にできるという特徴がありました。

しかし、現在では利息制限法に基づいた金利で運営されているため、金利も上限は20%までとなっており、昔よりも大幅な利息の減額は見込めません。

金利が29.2%の時代なら、おまとめローンで利息が大幅に減っていましたが、今は利息制限法に基づいた金利なので、利息が一気に減ることは期待できません。

根本的な借金解決には、債務整理という国の借金救済手段を行う必要があります。

債務整理には、任意整理・個人再生・自己破産といった種類があり、あなたに合った借金の整理方法がきっと見つかるはずです。

そのためにも、弁護士や司法書士に相談してみてください。

適切な借金整理方法を教えてもらえます。

借金問題に慣れている弁護士事務所

パチンコが理由の借金でも、国の救済手段を受けることができます。

しかし、パチンコが理由だと、どうしても後ろ暗く感じて、なかなか相談できない人も多いと思います。

実際に借金相談をする人の理由には、ギャンブルやショッピングなどの浪費、出会い系・風俗など借金の理由は様々です。

相談する人の多くは、後ろめたい理由で相談してくる人が多いです。

今回紹介するみつ葉司法書士事務所は、借金問題対応件数が2,400件以上あり、その中でギャンブルが理由の借金でも対応してくれる、借金問題に理解のある司法書士事務所です。

借金の救済手段の手続きを行うと、どうしても弁護士費用が掛かってしまいますが、みつ葉司法書士事務所は、本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれます。

さらに、手続きを開始する前の相談は、無料で何度も受付ているので、自分で判断できなければ、一度相談してみると良いでしょう。

パチンコ借金地獄で気をつけること

パチンコで借金地獄に陥ると、怪しげな攻略法などに騙されてしまうこともあります。

パチンコの雑誌を見ると、よく「パチンコ必勝法」などといった広告を見たことがあるかと思います。

パチンコ依存症の人は、こういった怪しげな情報に釣られ、数万円や数十万円などのお金を騙し取られてしまうのです。

また、借金が返せなくなって、違法な闇金融から借りてしまう方もいます。

法外な利息を、違法な取り立てで回収しようとする闇金融は、一度でも借りてしまうと抜け出せなくなってしまいます。

はじめはパチンコの借金地獄だった方が、気が付けば闇金の借金地獄になってしまった、といったケースも少なくありません。

そうならないために、安全な借金解決を進めるべきです。

借金の理由がパチンコで借金を重ねてしまった場合だと、身の回りの人には相談がしづらいのでかと思うので、無料相談ができるインターネット上のサービスを利用してみると良いでしょう。

相談だけでも無料で受けている司法書士事務所も多いため、実際にパチンコによる借金整理の依頼をするか、話をしてみてから決めれば良いでしょう。

パチンコによる借金地獄を債務整理する

パチンコなどによるギャンブルの借金は、基本的に自己破産が認められません。

自己破産が認められないとなると、パチンコの借金地獄はどうすればいいのかと頭を抱えてしまいますが、解決方法は他にもあります。

パチンコやパチスロによる借金でも、認められている方法はいくつかあるので、借金の状況によって手続きを変える必要があります。

ここでは、パチンコが借金の理由だったときに、各種債務整理の手続きをおこなうとどうなるのかを解説していきます。

任意整理

任意整理は、貸金業者と債務者同士で行う手続きのため、借金の理由は問われません。

貸金業者からすれば、貸したお金が返ってくればそれでいいわけで、貸したお金を何に使おうが一切関係ありません。

よって、ギャンブルや浪費が原因の借金の多くは任意整理が行われることが多いです。

個人再生

個人再生も、借金の理由は問われません。

個人再生は、債務整理の中でも元本を減額できる手続きで、マイホームを処分する必要がないという点で自己破産と異なります。

この手続きは、貸金業者側が損することになるため、交渉が長引いたり、交渉が失敗する可能性もあるので、任意整理手続きができない場合に行われることが多いです。

自己破産

借金を帳消しにしてくれるという、債務整理の中では最も借金から復活の効果の大きな自己破産ですが、全ての借金を帳消しにしてくれるわけではありません。

対象とならない借金(免責不許可事由)もあり、そのうちの一つにパチンコなどのギャンブルや浪費による借金があります。

ただし、ギャンブルや浪費による借金を自己破産に含めるか含めないかは、裁判官の裁量によって決まるのです。

裁量によって免責されれば、自己破産でも帳消しにすることができます。

ギャンブルや浪費による借金があまりに多い場合には、自己破産による免責は困難になります。

無理に自己破産をするのではなく、個人再生を選択して借金を減らし、残った金額を返済する場合もあります。

債務整理に強い弁護士へ相談するなら

弁護士には、離婚・相続・詐欺被害・事故示談・労働問題など分野があります。

借金問題の相談をするなら債務整理が得意で解決実績が豊富な弁護士を選ぶ必要があります。

特に、パチンコなどのギャンブルが理由の借金の場合、理由が浪費や一時の快楽のための借金なので、債権者との交渉は弁護士の実力が鍵となります。

今回紹介するみつ葉司法書士事務所は、債務整理だけで年間2万件以上の相談を受ける業界でもトップクラスの借金問題の相談先です。

また、借金問題に理解があり、無料相談窓口を設けているため、わからないことがあれば無料で教えてくれます。

みつ葉司法書士事務所は、本当に必要な手続きを見極めてくれます。

そのやり取りの中で、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な司法書士事務所なので、安心して相談できます。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル