メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

パチンコで借金地獄に落ちるときはどんなときか

パチンコなどのギャンブルが原因の借金は、基本的に自己破産の許可は下りません。

自己破産の許可が下りなければ、パチンコの借金地獄になってしまい、返す当てもない人はどうすればいいのかと悩むと思いますが、実は解決方法は他にもあります。

パチンコやパチスロのような、ギャンブルが理由の借金でも、認められている任意整理や、個人再生を利用すれば、パチンコの借金地獄が解決できるようになります。

この方法なら、自己破産と違い、家族や知人にも知られないまま借金を片付けることができます。

借金地獄に陥る理由

パチンコは、大当たりを引けば数十万のお金を稼げてしまうことから、簡単に依存症になってしまいます。

パチンコの他にも、麻雀・パチスロ・競馬・オートレースなども同様で、大きく勝ってしまったことの経験が、依存症を誘発してしまいます。

依存症になる理由は、勝ったときの高揚感がたまらず、またやれば勝てるときが来る、という思い込みから誘発するのです。

人間の記憶は都合が良くできており、パチンコで勝ったときは鮮明に記憶していても、負けたときのことを1日経てば忘れてしまいます。

依存症になると、例え負けても次は勝つ、という気持ちが強くなってしまい、パチンコにのめり込みやすくなります。

そして、気がついたときには借金に手を出し、自分の返済能力を超えた多額の借金を短期間で作ってしまいます。

しかも、負け越した分が借金だとすれば、もう後戻りができないことも多いです。

依存症は、自分のお金だけでなく、一緒に生活している家族へも悪影響を及ぼすことが多く、ギャンブルはあくまでストレス発散や遊び程度に考えるべきものです。

依存症患者に多くある、ギャンブルで稼ごうという考えは持たないほうが身のためです。

パチンコの借金で気をつけること

パチンコで借金地獄に陥ると、怪しげな攻略法などに騙されてしまう可能性が上がります。

コンビニに売っているような、パチンコに関連する雑誌でよく見かける、絶対勝つ方法などといった広告を見てしまい、数万円や数十万円などのお金を騙し取られてしまう人が多いです。

また、借金が返せなくなって、違法な闇金融から借りてしまう方もいます。

法外な利息を、違法な取り立てで回収しようとする闇金融は、一度でも借りてしまうと抜け出せなくなってしまいます。

はじめは、パチンコの借金地獄だった方が、気が付けば闇金融の借金地獄になってしまったといったケースもよく聞く話です。

借金地獄を断ち切る

借金地獄から本気で抜けだしたいと思っているなら、パチンコを止めるしかありません。

パチンコの還元率は80%前後と言われることもあれば、60%以下だという意見もあります。

それでも、他のギャンブルよりは高く、宝くじの約45%に比べたら高い方ではあります。

しかし、パチンコはいくら還元率が高くても必ず勝つわけではありません。

宝くじとは違ってリアルタイムでゲームが動きますし、派手なゲーム演出による高揚感もあります。

そのせいで、はまりやすく大金をつぎ込みやすいのです。

場合によっては、ずっと負け続ける可能性も多いにあります。

返済をするには、しっかりとした支払い計画を立てる必要があるので、湯水のようにお金を使ってしまうパチンコを絶つ決意をしないと借金地獄から抜け出せないです。

決してパチンコで一発当てて、そのお金で借入金の返済をしようとは思わないことです。

パチンコで作った借金を片付ける

パチンコにはまってしまって借金を繰り返し、気が付けば借金地獄に陥ってしまっている方は少なくありません。

総量規制によって、消費者金融からの借り入れには制限が設けられましたが、それでもパチンコによる借金に苦しんでいる方は多いのです。

借金は、膨れ上がると返済がどうにも進まず、日々支払いに追われてストレスも溜まってしまうものです。

パチンコやパチスロで作った、ギャンブルによる借金は、自己破産による免責にならない場合が多いため、借金地獄から抜け出す手立ては無いと、諦めている方もいるのではないでしょうか。

しかし、パチンコによる借金でも、正しい手順で整理をして生活レベルを立て直すことができます。

それが、これから紹介する債務整理という方法です。

任意整理で借金を整理する

任意整理は利息を全てカットをし、現在の債務を引き直し計算を行い、無理のない返済計画の下で支払いを続けていく債務整理となります。

借りている業者との直接交渉となるので、素人が行うとどうしもうまくいかない部分も多く、やはり信頼のできる司法書士事務所に依頼をするのが一般的です。

任意整理による借金の整理は、パチンコなどのギャンブルや浪費による債務でも問題ありません。

自己破産のように、支払いそのものが免除されるわけではありませんが、支払う意思とお金はあっても、今の返済金額ではとても払っていけない方のための手続きとなります。

パチンコにハマって借金を繰り返してしまい、借金地獄となってしまった方は、任意整理による返済計画の立て直しを考えてみると良いでしょう。

利息負担が無くなる

パチンコでも何でも、借金をした際の支払いで大きな負担となるのが、高い金利からくる利息の負担です。

毎月の支払いをしても利息ばかりが取られてしまい、なかなか元金が減らずに返済が終わらない状況に陥っている方も多いことでしょう。

特に、借金地獄とも言えるような状態となってしまっている方は、毎月の利息の払いだけで相当な金額になっています。

任意整理を行うと、負担となる利息が発生しなくなり、更に払いすぎている利息があれば元金分に充当され、余った分は過払い金として戻ってきます。

過払いが無いとしても、債権者である消費者金融や信販会社、金融機関と借金の減額交渉をするため、今よりも返済金額が減る可能性があります。

個人再生で借金を減額する

個人再生は、借金に苦しんでいる方のためにある債務整理法です。

なので、現在借金に苦しんでいるなら、一度この個人再生ができるかどうか確かめてみるべきです。

個人再生は、パチンコや投資などが理由でできた借金でも減額できます。

自己破産の場合、投資などでできた借金、言い換えると自業自得的な借金の免責は認められない場合があります。

しかし、個人再生の場合はそういうこともないので、ギャンブルでできた借金であろうが、投資でできた借金であろうが減額してもらうことができます。

自己破産で借金を0円にする

破産法によると、浪費やギャンブルによる借金原因の場合、免責許可は下りません。

しかし、破産法には裁量免責というものがあります。

実際に行われる自己破産の例を見ると、実はギャンブルが理由で破産できる場合もあり、裁量免責がとても多いのが現実のようです。

もちろん、すべてのケースでギャンブルや浪費などが原因で、借金に裁量免責を認めてしまっては、破産法の意味がなくなり、債権者側に貸したお金を諦めさせるような不利な法律になってしまいます。

そこで、借金全体のどのぐらいの比率でギャンブルや浪費に使われたのかを厳密に調べ、仕事のストレスが原因でギャンブル依存症になったとすれば、それが裁量免責の理由になることもあります。

浪費やギャンブルをしていた期間が短い方が、免責に有利とも言われています。

また、少額であれば裁量免責が認めらやすいようです。

そして、債務状況や資産状況を調査する破産管財人の協力が、免責許可を受けやすくする条件となっています。

つまり、弁護士などのプロの手が入ることが重要で、弁護士費用を考えても管財人になってもらった方が得だということになりそうです。

結局、ギャンブルのための借金で自己破産の申し出の許可を受けたい場合は、弁護士などのプロに依頼することが一番近道と言われています。

交渉が必要な債務整理はプロに依頼

債権者との交渉によって借金の減額、毎月の返済金額の縮小を図る債務整理の手続きは、素人が進めても債権者に相手にされず、自分が弁護士のような立場じゃない限り上手くいきません。

専門知識が必要な借金問題は、プロに依頼をすべきなので、まずは任意整理を得意とする司法書士事務所に相談をするところから始めましょう。

インターネットが普及した現在では、ネット上で相談が無料で24時間行える便利なサービスも登場しています。

パチンコの借金地獄から抜け出すためにはどうするべきか、実際に債務整理の依頼をするかは決めてはいないとしても、話だけを聞いてみたい方も無料で相談ができます。

まずは、無料の相談ができる司法書士事務所で話だけ聞いてみて、パチンコによる借金地獄から抜け出したいと考えるなら、依頼をしてみると良いでしょう。

話を聞いた結果、借金は何とか自分で返していくと判断をするなら、無理に依頼をする必要はありません。

相談と依頼は必ずしも結びつきませんので、相談だけでももちろん構いません。

債務整理に強い弁護士へ相談するなら

弁護士には、離婚・相続・詐欺被害・事故示談・労働問題など分野があります。

借金問題の相談をするなら債務整理が得意で解決実績が豊富な弁護士を選ぶ必要があります。

特に、パチンコなどのギャンブルが理由の借金の場合、理由が浪費や一時の快楽のための借金なので、債権者との交渉は弁護士の実力が鍵となります。

今回紹介するみつ葉司法書士事務所は、債務整理だけで年間2万件以上の相談を受ける業界でもトップクラスの借金問題の相談先です。

また、借金問題に理解があり無料相談窓口を設けているため、わからないことがあれば無料で教えてくれます。

みつ葉司法書士事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な司法書士事務所なので安心して相談できます。

パチンコが理由で債務整理をした人の体験談

ここで、実際にパチンコを理由に債務整理をした人の体験談を紹介します。

この記事を見ている、殆どの人はパチンコなどの何かしらのギャンブルで借金を抱えているかと思います。

共通する悩みや、追い詰められてしまう心情などをどうやって解決したか、参考になる点があると思われるので参考までに紹介していきます。

パチンコのきっかけ暇つぶし

パチンコをはじめたきっかけは、休日の暇な時間をどうやって潰すか考えたときに出てきた暇つぶし方法でした。

いつも遊ぶ友人と、なにか暇潰せるものがないかと探していたときに目に映ったパチンコ屋がきっかけでした。

最初に2万程度勝ち、お金も稼げるし暇つぶしになると思い通うようになりました。

通うようになって半年ぐらいで、トータルでは少し負けていたと思いますが、負け分は暇つぶし料だと思って気にしていませんでした。

あくまで、遊びの延長のだったので、借金をすることはありませんでした。

しかし、ある時友人が目の前で大勝ちしてしまい、自分も勢いに乗ろうと思ったときに財布にお金が入ってなかったので、近くのATMでキャッシングを利用してしまいました。

その場の勢いというか、テンションが上っていたんだと思います。

どうにかお金を用意できないかと考えて、クレジットカードのキャッシングに手を出してしまったのです。

給料日に返せるし、ボーナスだってもうすぐ出るから余裕で返せるだろうと、大した根拠にならない自信もありました。

その自信から、多少のためらいは合ったものの、キャッシングを利用してしまったのでした。

この日は運が良く、借りたお金でパチンコを再開したら、大当たりが来て、負けていた分を取り返し4万ほどプラスになって帰ってきました。

上機嫌になった私は、その日は借りたお金を返す前に友人と祝勝会と称して、普段行かないような高いお店に飲みに行きました。

今から振返ると、なぜ勝ったあのときにすぐお金を返さなかったのかと思います。

借金が当たり前になる

あの時、一度おいしい思いを味わってしまったため、パチンコをやっていて手元のお金が無くなったら、キャッシングを利用すりようになりました。

段々と、借金をすることに抵抗がなくなっていたのです。

正直、借金をしているという自覚はあったのに、借りるたびに慣れてしまい躊躇していた時の気持ちが薄れていました。

もちろん、パチンコで一気に返済できることはありません。

運よく返済できたこともあれば、負けて返済できないこともあり、給料日まで焦る日々もありました。

回数としては、負ける回数の方が圧倒的に多かったと思います。

それでも、勝てば10万円以上儲けることもできたという過去の経験が頭から離れず、借金をやめることはありませんでした。

負ける回数の方が多ければ、当然借金は増えますし、借金の金利は高いものが多いです。

どうしても返済日に間に合わない場合は、他の業者からお金を借りて返済するということもしました。

そのときから、消費者金融にも手を出しました。

このように多重債務者になっていき、気がつけば借金総額が250万円を超えてしまいました。

借金額が200万円を超えた当たりから、どうやって返済していこうかというめどが立たず、そのことばかり考えて、仕事が身に入らない日も続きました。

その結果、自分の業績が上がるはずもなく職場では怒られ、そのストレスを解消するためにパチンコをするという負のスパイラルにはまっていました。

現実逃避として、パチンコをやっている最中は何とも思わないのですが、パチンコから家に帰るとまた借金を増やしてしまった自分に嫌気ばかりが募りました。

そして、もうこのままだと駄目だと思い、ネットで解決策を調べてみたところ債務整理という救済措置があることが分かりました。

弁護士に債務整理を依頼する

僕が債務整理のことを知ったときは、最初に自己破産を思い浮かべました。

実際に、債務整理の手続きの1つで自己破産はあるので、それしかないのだろうかと不安になりました。

なぜなら、自己破産をすれば借金は無くなるけど、社会的にダメ人間と認定されるものだと思っていたので、正直抵抗がありました。

しかし、良く調べてみると債務整理にはいくつか種類があって、自己破産以外にも解決策があったのです。

さらに、自己破産と違い、他の債務整理方法は日常生活に影響は出ないとのことでした。

また、任意整理の場合なら家族や職場に知られずにこっそりとできることがわかりました。

デメリットとしては、消費者金融からお金が借りられなくなったり、クレジットカードが使えなくなったりするくらいでした。

正直、クレジットカードが使えないのは不便だと思いましたが、パチンコにはまって借金まみれになっていたので、自戒の意味をこめてクレジットカードは諦めようと思いました。

最初は弁護士費用がもったいなかったので、債務整理について勉強はして自分一人でやろうと思いましたが、よく分からないことも多く、さらに、個人でやっても債権者側は相手にしてくれないことのほうが多いと聞いたので、最終的に弁護士に相談しました。

仕事をしながら債務整理を自分でやるのは正直不可能だったんじゃないかと思います。

弁護士に相談したところ、私のようにパチンコで借金相談に来る人は多いらしく、親身に相談に乗ってくれてました。

そして、僕に借金の状況と今の収入を確認して、一番安くできて最適な債務整理方法を選んでくれました。

債務整理の種類としては、任意整理というのをすることになりました。

僕は250万円の借金を5年かけて(毎月約5万円)返済することになりました。

正直、そこまで給料が高いわけではないので返済するのは大変でしたが、もう2度と借金をしないためにも節約生活を送って返済をしました。

借金の返済について自分一人で考えていた頃は、返済する方法が見つからずどうしようもありませんでした。

しかし、債務整理を行ったことで借金返済のゴールが見えたので以前と比べるとだいぶ希望が持てるようになりました。

弁護士に借金返済のことで相談して、本当に良かったと思っています。

自分一人で債務整理をする方法もあるみたいですが、おそらく自分一人だったら最後までやれなかったと思います。

無駄な苦労をするよりも、弁護士に相談をする方が早いですし確実です。

また、相談をすることで気持ちも軽くなるので心を落ち着けた状態で日常生活を送ることができるようになります。

僕の場合、借金で苦しかったころは上司に怒られてばかりでしたが、今ではミスも少なくなり怒られることもほとんどなくなりました。

僕と同じように借金で苦しんでいるのであれば、とりあえず無料相談でもいいのでやった方がいいと思います。

体験談のようにパチンコが原因の借金地獄から抜けるなら

パチンコなどのギャンブルが理由の借金でも、債務整理手続きのなかでも任意整理なら国の救済手段を受けることができます。

しかし、借金問題の手続きは複雑で、かつ専門知識がないとどの手続きをするべきか判断できないことが多いです。

例えば、借金の金額が多すぎて、債務整理の中でも自己破産しか無いと思った人が、実は任意整理で助かるということはよくあります。

実際、借金救済の手続きの8割は任意整理が行われていると言われています。

今回紹介するみつ葉司法書士事務所は借金問題対応件数が2,400件以上あり、その中でどの手続きを選ぶべきか助言してくれます。

借金の救済手段の手続きを行うと、どうしても弁護士費用が掛かってしまいますが、みつ葉司法書士事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な司法書士事務所です。

さらに、手続きを開始する前の相談は無料で何度も受付けているので、自分で判断できなければ一度相談してみると良いでしょう。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル