メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

パチンコの借金地獄から抜け出すための債務整理

パチンコで作った借金で、毎日が苦しいと感じるようであれば「債務整理」で借金を減額して、負担を軽くすることをおすすめします。

債務整理は、合法的に借金を減額、もしくは免責してくれるもので、いまの苦しい状況を改善することができます。

ただし、債務整理を行う条件として、負担を軽くした後に、必ず返済する意思と根拠を確認されます。

そのため、根本的に完済できる可能性が無いと判断された場合は、債務整理手続きの中でも最終手段である、自己破産をするしかありません。

借金の返済状況によっては、自己破産もあり得ることは覚悟してください。

自己破産は、債務者の最後の手段であり、借金が免責(借金が0円になること)されたとしても、大きなリスクを負うことになります。

例えば、下記2点のようなことが起こります。

  • 20万円以上の財産は、差し押さえの対象になってしまう
  • 自己破産をしてから7年間は、新たなローンを組むことが不可能になってしまう

このように、デメリットもありますが、自己破産は合法的に借金を0円にすることができるため、借金苦で困っている状況には、非常に有効な方法です。

また、一定期間とはいえ「強制的に借金ができない状態」になるので、お金に対する考えや、生活態度を改める良い機会になります。

パチンコが癖になってしまっている人は、借金をしてでもパチンコに行きたくなりますが、現実的に借り入れができない状態になれば、借金地獄から抜け出すことができます。

債務整理の手続きを行うなら、弁護士や司法書士などの専門家に依頼してください。

手続きの手順は、それほど難しいものではないので、個人でもできますが、問題は債権者との話し合いです。

債務整理を行うには、債権者の同意が無ければ成立しません。

そのため、債権者に返済ができないことを、認めてもらう必要があります。

当然ながら、債権者側は「1円でも多く返済して欲しい」と考えているので、素人では和解が成立しない可能性が高くなってしまいます。

さらに、債権者側は個人の債務整理の申し出に応じる義務はなく、無視することも許されています。

しかし、弁護士に依頼すると、弁護士が債権者側に介入通知書という書類を送ることができます。

介入通知書を受け取った場合、債権者側は無視をすると法的な罰則を受けるため、弁護士が介入することで、確実に交渉が可能となります。

少なくとも、個人がにわか知識で対応するよりは、遥かに高い確率で交渉を成功させることが期待できます。

そのため、多少のコストは掛かっても、弁護士に依頼した方が良いでしょう。

弁護士費用に関しては、分割払いで対応してもらえることが一般的です。

そのため、収入が少なくても心配することはなく、払える金額に合わせて手続きができます。

パチンコ依存症で借金をする人

暇さえあればパチンコのことを考えてしまう、軍資金が無ければ借りてくればいい、そんな状況の人は、すでにパチンコ依存症かもしれません。

依存症を起こしてしまう原因は、パチンコは勝ったときの興奮で、大きな快感を得ることができるため、麻薬に近い感覚を得てしまうことが原因と言われています。

麻薬と同じくらいの興奮を覚えるとすれば、パチンコ依存症がいかに危険なのかを理解できるかと思います。

パチンコ依存症は、麻薬と違い外見では判断ができません。

しかし、脳はその興奮を覚えているため、麻薬より恐ろしいかもしれません。

手に入れることにリスクがある麻薬と違い、パチンコ屋はどこにでもあり、いつでも立ち寄ることができてしまいます。

パチンコ屋は、人の通りが多い街に必ずと言っていいほどあります。

その結果、パチンコ依存症の人は、常に「依存物」を目に見せられながら過ごしています。

これらのことから、依存症から抜け出すのは、かなり難しい問題ということが分かります。

パチンコ依存症の果てに待っているもの

パチンコ依存症の人は、そのまま生活していくと、高確率で借金をしてしまいます。

賭け事では、常に勝ち続けるということは難しく、必ずどこかで負けてしまいます。

特に、パチンコ依存症の人は、負けが続いて現金が無くなってしまっても、パチンコをしたい衝動に襲われてしまいます。

依存性により我慢ができないため、手持ちが空っぽになってしまったら、借金を選んでしまいます。

しかし、借金をしても勝てるようにはならないため、徐々に借金は膨れていきます。

次第に、借金の返済もできなくなり、取り立てに追われる借金地獄に落ちてしまうのです。

クレジットカードの現金化

パチンコ依存症の人の借金は、クレジットカードのキャッシングから始まります。

ただし、一般的なクレジットカードを利用するので、借りれる金額は限られています。

次に、消費者金融のカードローンを組んで、借りては返すという自転車操業を繰り返していきます。

しかし、今ではある程度年収がないと、カードローンは組めない世の中に変わっています。

そのため、クレジットカードのキャッシング枠とは違う、ショッピング枠を有効に活用するために、クレジットカードの現金化に手を染めてしまいます。

クレジットカードの現金化とは、100円ショプで変えるようなものを、わざと高値で購入し、購入した金額と原価の差額を手に入れる、というやり方です。

他にも、新幹線のチケットをクレジットカードで購入し、金券ショップで換金するといった方法を取る人もいます。

これに対して、クレジットカード会社側も、現金化の恐れのある商品を購入前にストップする、という対応を進めています。

クレジットカードの現金化は、還元率がかなり悪く、10万円分現金化しても6万ぐらいにしかなりません。

保険の解約と闇金

パチンコ依存症の人の借金は、世間全体がお金を貸さなくなっても、様々な方法を取ろうとします。

その結果、自ら破滅へと転落していきます。

世の中全体が、簡単にはお金を貸さなくなっているので、持っている金融資産を現金化するしかありません。

金融資産の例として、保険が該当します。

自分の保険を解約して、解約時の返戻金を軍資金にしてしまいます。

さらに、この返戻金を使い切った後は、子どもの学資保険を解約して軍資金に充てるのです。

大抵は、親である本人が契約者なので、解約自体は自由にできるでしょう。

こうして破滅の道は、徐々に色濃くなっていきます。

中には、パチンコへの衝動を我慢しきれず、闇金に手を出してしまう人もいます。

闇金の利息は、異常に高いことで知られていると思います。

幸い、闇金から借りたとしても、弁護士に相談すると元金を返還せずに済むことがあります。

パチンコ依存症の借金は、早めに弁護士に相談することが重要となり、またそのことが依存症の解決にもつながっていきます。

パチンコ依存症は予防できる

パチンコ依存症は、パチンコをやり過ぎてしまうことが原因で発症してしまいます。

どのような依存症でも同じですが、一度依存症になってしまうと、克服することは非常に大変です。

最も大切なのは、依存症にならないように予防することです。

以下に、パチンコ依存症にならないための予防法を記します。

パチンコ依存症の予防法

パチンコをやらないこと

これに勝る予防法は無いでしょう。

家族や知人がパチンコで大損し、大変な苦労をした人がいる場合、その人達の話を聞いてみるのも良いでしょう。

そうすることで、パチンコがいかにリスクが高いか、体感的に理解できると思います。

懸念するのは、全くパチンコをやらず、パチンコに対する免疫が無いときに、何らかのキッカケでパチンコに手を出し、はまってしまうケースです。

場合によっては、早めにパチンコを体験して「損しかしない」ということを、理解しておくことが重要かもしれません。

早めに負けを経験する

早めにパチンコで、負けを体験するという方向で考えた場合、少額で金額を決めてパチンコをする、ということも1つの手段です。

損をして、お金を投入しても無意味で、パチンコは結局は「儲からない」ということを、認識することが重要です。

パチンコ以外の楽しみを探す

パチンコ依存症になってしまうと、パチンコのこと以外は考えられなくなってしまいます。

人間の脳は、同時に二つの感情をコントロールすることは、難しいと言われています。

つまり、パチンコ以外のことを考えれば、パチンコ依存症に陥る危険を低くできます。

パチンコ依存症の治療法

パチンコ依存症になってしまったら、どうすればよいかわからない人も多いかと思います。

まずは、本人がパチンコ依存症であることを認識してもらう必要があります。

それは、パチンコ依存症でありながら、自覚できていない人が非常に多いためです。

パチンコ依存症から抜け出すには、大変な努力が必要です。

本人が、パチンコ依存症であることを強く認識しなければ、あらゆる努力も無駄になってしまいます。

しかし、パチンコ依存症であることを、本人が頑なに否定する場合もあります。

そのようなときは、過度な干渉を避け、パチンコを止めよう・治療しようという方向に、少しずつ誘導していきましょう。

このときに、決してやってはいけないことは、パチンコ依存症の人が作った借金を、別の人間が肩代わりすることは、問題解決を先送りするだけなので、絶対してはいけません。

パチンコを絶つことができたとしても、パチンコ依存症に陥った人は、何かのキッカケでパチンコをやってしまうと、簡単に再発してしまいます

少しぐらいならと思うかもしれませんが、パチンコ依存症になる人は、適度にパチンコを楽しむことは不可能だと考えてください。

つまり、パチンコ依存症から脱するには、パチンコを止めるしかありません。

パチンコの借金を解決する4つの債務整理方法

パチンコによる借金があり、高額な借金で悩んでいる方は、法律を利用して借金問題を解決する「債務整理」を考えてください。

パチンコで作られた借金であっても、債務整理なら借金地獄から抜け出すことができます。

これから、その方法について、簡単に説明していきます。

過払い金請求

過去(2010年の改正貸金業法施行前)に、払い過ぎていた利息の返還請求ができる制度です。

ただし、誰でも過払い金の請求ができるわけではありません。

当時、高い金利でお金を貸していた消費者金融、カード会社から借り入れを行っていた人が対象となります。

任意整理

裁判所を通さずに、債務者と債権者が法律に基づいて話し合い、和解を進めていく方法です。

この、任意整理を弁護士に依頼することで、本人の代わりに交渉・借金減額の手続きを全て行ってもらえます。

個人再生

住宅ローンを除く、借金の総額が5,000万円以下の債務者が、借金の20%(最低100万円)を3年で分割返済をすると、残りの80%は免除されるという制度です。

借金に悩まされている、個人の再生を図るという観点から、個人再生と言われています。

また、個人再生の手続きは借金を減らすだけでなく、住宅を守ることができるという特徴があります。

自己破産

所有している持ち家や、車等の財産を処分しても、返済の目処が立たないことを裁判所に認めてもらい、借金をゼロにしてもらう制度で、借金返済が困難なときに利用する最終手段です。

ただし、ギャンブルが原因で作った借金は、自己破産をしても免責にならない可能性があるので要注意です。

もしも、自己破産を行うのであれば、依存症治療に取り組んでいる、人生をやり直そうとしている意思表示を、しっかりと示さないといけません。

借金地獄から抜けるために債務整理をするなら

パチンコなど、ギャンブルが理由の借金でも、債務整理なら国の救済手段を受けることができます。

しかし、借金問題の手続きは複雑で、専門知識がないとどの手続きをするべきか、判断できないことが多いです。

例えば、借金の金額が多すぎて自己破産しか無いと思った人が、実は任意整理で助かるということはよくあります。

実際、債務整理の手続きの約8割は、任意整理だと言われています。

今回紹介するみつ葉司法書士事務所は、借金問題対応件数が2,400件以上あり、その中でどの手続きを選ぶべきか助言してくれます。

借金の救済手段の手続きを行うと、どうしても弁護士費用が掛かってしまいますが、みつ葉司法書士事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる、良心的な司法書士事務所です。

さらに、手続きを開始する前の相談は無料なので、自分で判断できなければ、一度相談してみてください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル