メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

パチンコの借金地獄からやり直す方法

パチンコが原因でギャンブル依存症になってしまい借金地獄になる人は多く、今ではパチンコ依存症はギャンブル依存症という病気の1種類として扱われています。

当たり前ですが、病気だからといって借金が免除されるわけではありません。

ギャンブル依存症を解消した後に、借りたお金は返していかなければいけないため、ギャンブル依存症から抜け出したとしても借金地獄はまだ続くのです。

そんな人が、借金地獄から救われるためにはどうすればいいのかを、対処法を踏まえて説明していきます。

ギャンブル依存症という病気

いつもパチンコで勝った時のことを考えている、だんだんパチンコに使うお金が増えている、もしこんな状態だとしたらも要注意です。

こういった状態の人は、ギャンブル依存症の疑いがあります。

ギャンブル依存症は、体に異変がないために病気とは思われませんが、周囲にいる人々に大きな影響をもたらし、精神的なダメージを負わせる可能性が高い、立派な病気といえます。

ギャンブル依存症とは、ギャンブルによって経済的・社会的・精神的な不都合が生ずるにもかかわらず、止めることができない状態のことを指し、病的賭博と診断される世界保健機関(WHO)も認めている病気の一つです。

アメリカの医学会で、その診断基準になる設問が公開されているとともに、自助グループなどから診断につなげる設問項目が作られており、ギャンブル依存症に伴う様々な問題が検討されています。

気がつかないままギャンブル依存症に

依存しやすいものには、アルコール・薬物・ニコチン・ショッピングなどがあります。

その中でも、ギャンブルは賭け事をしている行為に対する依存性が強いもので、本人には自覚しにくい病気だそうです。

ギャンブルに触れる機会は、友人に誘われたりと気軽な場合が多く、依存症となるきっかけは精神的に弱っているときに、落ち込んでいる気持ちの部分の穴埋めをしようとしてしまうことが多いです。

そのため、本人はギャンブルに対して、意志が弱くてなかなか止められない、という程度の意識で捉えていることが多く、また周囲の人も、あいつは意志が弱くてだめだ、というような目で見ているにとどまることが多いです。

ですが、次第に一度の勝ちでは満足できず、より利幅の大きい勝ちを求め、負ければその負けを取り戻そうと躍起になる。

そのようにして、だんだんと進行していきます。

次はきっと勝つ、そういう思いで続けるのですが、ギャンブルは継続することで確実に負ける仕組みになっているので、だんだんとマイナスのスパイラルにはまってくのです。

そのために、お金が足りなくなると借りてまでギャンブルを続けようとし、借金地獄へと発展してしまいます。

パチンコ依存症と借金地獄

パチンコ依存症の人は、本人も危ない状態だと気づかずに、どんどん借金をしてしまいます。

収入の多い人なら、そんなに借金をしなくても済むのではないかと思われがちですが、実はパチンコ依存症になってしまったら、どんなに高収入の人でも関係ないのです。

依存症の人の特徴は、持っているお金がなくなるまで、とにかくどんどんパチンコに費やします。

多少のお金持ちの場合、それなりにすごい掛け金でどんどんパチンコをしていき、結局どちらもお金がなくなるまで続けるようになります。

そして、気がついたときには周りの人から借金をするようになり、それと同時に銀行やカードローン会社などからも借金をしていきます。

その後、自力では返せなくなり、別の会社から借りて他の会社の借金を返すようになります。

いわゆる多重債務という状態になり、借金地獄が始まります。

借金はパチンコをやめられない理由になる

借金地獄になってしまうと、ますますパチンコはやめられません。

大勝ちさえすれば、という思いに取り憑かれてしまうのです。

間違えてはいけないのは、この感覚になってもパチンコ依存症になっていないと思い込むことです。

パチンコから離れられなくなっている人は「必ず大金を当てる」、「大儲けをしてすべての借金を返す」、「家族や回りの人も幸せにしてやれるのだ」という気持でパチンコがやめられないのです。

それが、借金地獄になる原因だということには気付かないか、気付かないようにしてしまっています。

エスカレートすると借金を抱える

少し古いデータですが、2009年の厚生労働省の統計によると日本人は男性の9.6%、女性の1.6%、全体の平均では5.6%がギャンブル依存症なのだそうです。

アメリカでは1%にもなりませんし、ギャンブル人口の多そうなマカオでさえ2%になりません。日本人はギャンブル依存症の率の高い国といえそうです。

ギャンブル依存症の人が借金問題を抱える率は非常に高く、むしろ借金問題を抱えていないギャンブル依存症患者はいないといわれます。

そのくらいギャンブル依存症と借金問題は密接で、病気であるという認識が薄いこともあり、正しい対処がされないことが多いようです。

一番良くない、悪循環を引き起こすのが「肩代わり」をしてしまうことです。

借金で苦しむことなく返済が終わってしまうと、またすぐ借り入れをしてギャンブルにつぎ込む、ということになりかねません。

そして、たどり着く手段が債務整理です。

ギャンブルと債務整理

債務整理には様々な方法があり、収入や暮らしぶり、いくらずつ返済していけるかなどによりその整理方法を決めていきます。

もし、今後返済が難しいのであれば「自己破産」を選択せざるを得ないでしょう。

この方法は借金の整理法として代名詞的なイメージのもので、借りているお金に「免責」を受け、返さなくてもよいとする借金整理方法です。

以前は、まだギャンブル依存症が病気に類するという意識が薄く、「浪費又は賭博その他の射幸行為をしたことによって著しく財産を減少させ、又は過大な債務を負担したこと」とする破産法の中の免責不許可事由にあたると考えられるケースも多く見受けられました。

しかし、近年ではギャンブル依存症は精神疾患であるという認識が広まってきたため、免責が認められる方向に転じてきている傾向もあります。

債務整理をすると、一定期間、借金をすることができなくなります。

一般的な貸金業者のほかに、闇金など違法業者に手を出すかどうかという心配も出てきますが、お金を借りられなくなったことで強制的にギャンブルと手を切らせるようにしていくことも一つの手段でしょう。

借金地獄から抜ける債務整理の方法

パチンコなどのギャンブルが理由の借金でも、債務整理なら国の救済手段を受けることができます。

しかし、借金問題の手続きは複雑で、かつ専門知識がないとどの手続きをするべきか判断できないことが多いです。

例えば、借金の金額が多すぎて自己破産しか無いと思った人が、実は任意整理で助かるということはよくあります。

実際、借金救済の手続きの8割は任意整理が行われていると言われています。

今回紹介するみつ葉司法書士事務所は、借金問題対応件数が2,400件以上あり、その中でどの手続きを選ぶべきか助言してくれます。

借金の救済手段の手続きを行うと、どうしても弁護士費用が掛かってしまいますが、みつ葉司法書士事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な司法書士事務所です。

手続きを開始する前の相談は無料で何度も受付けているので、自分で判断できなければ一度相談してみるとよいでしょう。

ギャンブル依存症は悪化しないように

現在、ギャンブルを楽しみとしてやっている人は、決して「儲けるもの」と捉えず、レクリエーションなどの一環としてとらえるようにしてください。

掛けるお金は、娯楽費として払ってよい金額にとどめるようにします。

そして、ストレス発散方法をギャンブルの他にも見つけましょう。

ギャンブルが頭から離れなくなったら「依存症かも?」と疑って、他者に相談したり、病院などしかるべき専門家に相談したりしてもよいと思います。

よく、ギャンブル依存症は完治しないといわれます。単にギャンブルを止めただけでは根源が取り除きにくく、時間が経つと再発してしまう厄介な一面もあるからです。

いかに、自分をコントロールして気持ちを抑えていくのかが治療法だと専門医は言っています。

ギャンブルでは、「悔しさ」が次にまたやる気持ちをかき立てます。

しかし、普通の努力で成果が出る甘いものでもありません。心底、ちょっと楽しむだけでお金を捨ててもよいと思えるなら別ですが、そうでない人はやるべきではありません。

もっと別の身のあるものに、お金も時間も有効的に使いましょう。

ギャンブルなどで人生をつまらないものにしないでください。

やめる理由を自分で作る

ギャンブル依存症で借金がある方は、治療と同時にプロの借金専門の司法書士事務所に相談しましょう。

自己破産の可能性も考えられますが、借金から解放されて1からやり直すこともできるのだということを知ってください。

本当に借金地獄から解放されると分かれば、パチンコ依存症から立ち直ろうという気持になる人は多いはずです。

借金はパチンコをやめられない理由の1つであって、それが本人のとても大きな心の苦しみになっています。

そのため、借金地獄から救われることが分かれば、治療をする決心をする人も多いのです。

借金地獄から脱出するときにはパチンコ依存症も

借金地獄からプロに頼んで脱出することはできますが、そのときに並行してギャンブル依存症をしっかり治療することができなければ、また同じように借金地獄になってしまいます。

例えば、自己破産ができた人は、人生をやり直すチャンスができます。

しかし、そこでまたパチンコをしてしまうことで2度のチャンスはまずありません。

このように、きちんと借金を整理してもらうときには、一生パチンコから一切手を引く覚悟がなければなりません。

それを守れないなら借金地獄から救われても意味がなくなってしまいます。

パチンコ依存症の人が借金サイクルから抜けだすには

パチンコ依存症の人が、最終的な決断として、闇金の利用を考えることも少なくありません。

違法な闇金業者は、1週間単位で利息が増える高金利で一度手を出してしまうと、完済することが難しくなります。

その場の生活費はしのげても、返済に当てるお金はとても用意できません。

多重債務になって返済する額が多いのにの関わらず、闇金にも支払わなければなりません。

違法業者は利息で稼ぐものなので、完済できないように困ったら手を貸すよと親身になったりします。

決して巧妙な話術に引っかからずにギャンブル依存症を脱出して、まずは多重債務の1社でもいいので完済しましょう。

闇金は人生を確実に破滅に導きます。

しっかりとした消費者金融だと思って、契約しても実は闇金だったという事もあるので、契約前に業者名は調べるようにしましょう。

しかし、この最悪の状況から脱出する方法として「債務整理」があります。

債務整理は法的な手段により借金の全て、もしくは借金の一部を整理するというものです。

この債務整理には「任意整理」「個人再生」自己破産」などの種類があり、それぞれ内容が異なります。

任意整理

貸金業者と交渉をして債務額全体を減らしたり、毎月の返済額を減らすことで現在の支払いよりも負担を軽くできる手続きです。

債務整理の中で一番利用されるもので、裁判所を通さず金融機関と直接やりとりし、費用もあまりかからないので一番利用されています。

弁護士に間に入ってもらい、3〜5年かけて毎月返済できる金額に借金を減らしてもらい、借金を返済していく方法です。

ここで気をつけていただけきたいのは、利息をカットし、返済は数年かけて行わないといけないので、返済の目処がない場合はあまり意味がありません。

自己破産などの債務整理と違い、持っている「資産」は保有でき比較的デメリットのないものです。

和解交渉は裁判所を通すのではなく、利息制限法内の利率で計算しなおした負債額について、貸金業者と利息のカットや分割回数についてを交渉し、今後の返済計画を話し合いで決定します。

個人再生

個人再生は、借金を減額して、その金額を3年間で支払うことができれば、残りは免除される手続きです。

債務整理の中でも借金減額効果が大きい方法ですが、自己破産と大きく異なるのがマイホームを処分する必要がないという点です。

個人再生をするためには裁判所に申し立てをするのですが、借金の原因がギャンブルだろうが浪費だろうが、個人再生の可否に影響を与えることはありません。

自己破産

裁判所を通じて財産を生産して借金の支払い義務を免除してもらう方法です。

借金を帳消しにしてくれるという、債務整理の中では最も借金から復活の効果の大きな自己破産ですが、全ての借金を帳消しにしてくれるわけではありません。

対象とならない借金(免責不許可事由)もあり、そのうちの一つにギャンブルや浪費による借金があります。

ただし、ギャンブルや浪費による借金を自己破産に含めるか含めないかは、裁判官の裁量によって決まります。

裁量によって免責されれば、自己破産でも帳消しにすることができます。

債務整理を検討するのであれば、弁護士や司法書士に自分は債務整理が適しているのかということを相談しましょう。

自分の状況に合った債務整理の選び方

パチンコなどのギャンブルが理由の借金でも、任意整理なら国の救済手段を受けることができます。

しかし、借金問題の手続きは複雑で、かつ専門知識がないとどの手続きをするべきか判断できないことが多いです。

例えば借金の金額が多すぎて、自己破産しか無いと思った人が実は任意整理で助かるということはよくあります。

実際、借金救済の手続きの8割は任意整理が行われていると言われています。

今回紹介するみつ葉司法書士事務所は借金問題対応件数が2,400件以上あり、その中でどの手続きを選ぶべきか助言してくれます。

借金の救済手段の手続きを行うと、どうしても弁護士費用が掛かってしまいますが、みつ葉司法書士事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な司法書士事務所です。

さらに、手続きを開始する前の相談は無料で何度も受付けているので、自分で判断できなければ一度相談してみると良いでしょう。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル