メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

パチンコの借金地獄について

パチンコ・パチスロが借金の原因だという方は驚くほどたくさんいます。

いわゆる、ギャンブルによる借金ですが、ギャンブルといえばパチンコ以外にも数多くあります。

例えば、競馬や競輪なども代表的なギャンブルのひとつです。

しかし、借金の原因となっている割合はパチンコ・パチスロの方が圧倒的に多いといわれています。

競馬や競輪の場合は、一回の勝負毎に自分の掛金を決めるので、自分自身で今回のレースが外れたらこれくらい損してしまう、という覚悟しやすいのですが、パチンコ・パチスロの場合は千円単位で少しづつ減っていきます。

これが曲者で、運がよければ千円の投資だけで大当たりを引き、大勝ちをしてしまうことがある反面、何万円も投資した挙句全くリターンがなく終わることもあります。

一回の大当たりを引けば、それが十数万円になる可能性があり、それがいつ起こるのかは全くわかりません。

最初は3千円、4千円程度でやめようと思ってても、もしかしたら次の千円で大当たりが来るかも知れない、と思って続けてしまいます。

誰だって、最初から勝てるかもわからないものに、何万円も使い込む気はありません。

しかし、パチンコにハマっていく中で1万円、2万円と注ぎ込む、それでも次に当たりが来るかもという期待が抜けず、最終的にお金がなくなるまでチャンスを期待してしまようになります。

手持ちがなくなると、消費者金融のATMからお金を借りて、その日の負けを取り戻すために、さらに続けてしまうというわけです。

これは、パチンコをやる人の意志が極端に弱い、節度がないと言っただけの理由では到底収まりきれません。

今の機種は、もしかしたら次に大当たりが来て逆転できるかもしれないと、期待させる演出が本当に上手くできています。

また、大当たりしたときの音楽や映像はとても気持ちが良く、その快感は特殊なものです。人間心理として、なかなか途中で辞めることができないように、うまく作られているのです。

そして、パチンコ店の周りにはATMが多く見受けられます。

財布がカラになっただけで終わればいいのですが、近くのATMからお金を借りるようになり、最初は1万円程度から始まるのですが、次の千円、次の千円と続けていくうちにいつの間にか借り入れが増え、カードの限度額めいっぱいになってしまいます。

そして限度額に行ってしまったから、別のATMで新しいカードを作る、といった流れです。

なんども言いますが、これはパチンコにハマる人だけが悪いとは言えない問題です。

ちょっとずつお金が減っていくゲームシステムと、銀行から自分のお金を引き出す感覚でお金が借りられる消費者金融やクレジットカードのキャッシングという制度が噛み合ってしまうことが原因です。

冷静な判断力をなくしてしまい、散財してしまうというのはそれなりに必然の性質があり、個人だけを責めることはできません。

パチンコ原因の借金でも自己破産できるか

パチンコ・パチスロを始め、ギャンブルが原因で借金をした場合、原則的には自己破産手続で免責を受けることができないとされています。

いろいろな本やサイト、個人間の情報交換でもそのような認識が一般的です。

しかし、現実的問題として多かれ少なかれ長年の借り入れと返済を続けていく中でギャンブル、とくにパチンコやパチスロをやったことがある人はとても多くいます。

また人それぞれ、パチンコなどにつぎ込んだ金額や、どれだけの期間のめり込んでいたのかなどの違いがあるので、ギャンブルをしていたという理由だけで自己破産ができないとなると、相当数の人たちがなすすべなくなってしまうことになります。

そこで現在の破産制度では、ギャンブルが原因で借金をした方に対しても、ある一定の制限や条件を付けた上で自己破産を認めることができるよう、調査型管財制度と、一部免責制度という運用方法を設けて、経済的再生の道筋を残してくれているのです。

調査型管財

調査型管財とは、本来ならギャンブルによる借入の場合は免責が受けられないものの、破産手続きに管財人をつけてその人の調査をします。

現在は何ら問題のない生活をしているのであれば、特別に自己破産を認めようとするものです。

管財事件はもともと自己破産する方が一定の財産を持っている場合に行われる手続きですが、もし財産がほとんどないとしても、とりあえず身辺や生活の調査ためにに管財人をつけて、現在はなんら問題がないということが明らかになればギャンブルによる借入の方でも破産が認められる場合があるのです。

その代わり同時廃止手続きになる場合と比べ管財人費用(20万円~50万円)がかかります。

一部免責

通常、自己破産手続で最終的に免責が認められると、税金などの例外を除いて全ての借金を支払う必要がなくなります。

これに対し、ギャンブルで使った分を考慮して、一部の借金については破産手続き後も支払わなければならないとする扱いを受けることがあります。これを一部免責と言います。

ギャンブルの程度にもよりますが、そのときに決められた金額だけは支払う代わりに自己破産を認めてもらえる場合があるのです。

ギャンブルが原因でも自己破産は可能

上記のとおり、たとえギャンブルが原因だとしても、利用頻度や金額などの違いから調査型管財や一部免責制度の対象となり、最終的に自己破産が認められる可能性が十分にあるのです。

また、十分に反省の色が見えていてギャンブルの頻度自体も大きいものでなければ、そもそも管財人すら付かずに同時廃止手続となる場合もあるのです。

したがって、もしパチンコ・パチスロをやったことがあっても、すぐに自己破産ができないと考えるべきではありません。

それでも自己破産ができない場合

もし、自己破産の免責が下りない場合は、まだ個人再生の手続きがのこされています。

上で説明したような取り扱いをもってしても、ギャンブルの依存度に余りある場合は、自己破産ができないケースもあるでしょう。

そのような場合は、個人再生の手続きをおすすめします。

まったく関係ない、とまでは言えませんが、個人再生であればギャンブルによる借金であっても自己破産に比べ圧倒的に、減額が認められる可能性が高くなります。

借金がゼロになるわけではありませんが、話し合いでは絶対に不可能な額まで減額することができるのです。

自己破産ができない、と言って諦めている方がいらったら、ぜひ個人再生を検討してみてください。

パチンコ・パチスロの中毒性について

今のパチンコ・パチスロはとても工夫されています。

大当たりする前に様々な演出を行い、打ち手に期待や落胆を繰り返させ、いざ大当たりした際には派手な映像やかっこ良い音楽で、あたった嬉しさを倍増させます。

一度大勝ちを経験すると、その興奮が忘れられずついつい何度も繰り返すうちに負けが込んでしまい、ついには借金をしてしまうというスパイラルに陥ります。

この状態はパチンコ依存症と言われており、多くの人たちが辞めたいと思いながらも、お店に足を運んでしまう原因となっています。

一般的に、ギャンブルというのは運の要素で勝ち負けが決まるものであり、ある程度の差はあるものの、どちらが勝つか負けるかわからない、といった公平的な要素があります。

しかしパチンコ、パチスロについては、多少の勝ち負けはあるものの、継続して続ければほぼ損をする仕組みになっており、依存状態に陥ってしまうとどんどんとお金を使ってしまうことになります。

これは一種の催眠状態、洗脳状態に近いもので、自分の意思ではどうにもならなくなっている場合もあります。

非常に中毒性が高い遊びであって、とてもしっかりとしている方でも陥ってしまうことがあります。

問題なのは、おそらく今のパチンコパチスロは、あえて中毒性を誘発するようにできているであろうと思われることです。

音や映像などの演出はあきらかに打ち手に期待と興奮をいだけせるものであり、次は当たるかも知れない、その次も、とどんどんのめり込んで行くようにできているのです。

これは、果たして、本人の自己責任と言えるレベルのことなのか疑問です。

自己責任と言い切れるのか

このように、パチンコ、パチスロには人間心理に基づいた中毒性が組み込まれているので、果たして賭博という枠組みになるのであろうか、と疑問を抱くことがあります。

競馬や競艇で、1回のレースに100万円かけたという場合であれば、その時点で負けることも覚悟しているわけですから、自己責任の度合いは大きいでしょう。

しかし、パチンコ、パチスロは1000円からの投資でスタートします。

やっていくうちにジワジワとやめられなくなり、いつのまにか数万円、数十万円となっていくのですから、麻薬と同じようなものではないでしょうか。

債権者によって異なる債務整理方法

パチンコで生活費を使ってしまい、生活費の補てんのためにクレジットカードを利用している場合、債務整理は方法は異なることがあります。

本来は生活費に回すはずのお金を使ってしまって、生活費が無くなったためにクレジットカードのショッピング枠を使って、食品や生活雑貨を購入する場合があります。

そのような場合には、通常の債務整理と同様、クレジットカード会社に対して債務整理を行なうことになります。

サラ金からお金を借りてパチンコを行なっていた場合

サラ金業者からお金を借りてパチンコを行なっていた場合で、サラ金への返済が行なえない場合には、通常の債務整理と同様、サラ金業者に対して債務整理を行なうことになります。

各種手続きとパチンコが原因の借金

任意整理

任意整理の場合には、膨大に膨らんだ債務を分割で支払う和解を結ぶことになります。

クレジットカードの場合には、後からリボなどの契約をとることもできますが、高い利息のかかる後からリボとは異なり任意整理の場合には、将来利息のかからないように和解を結びますので、早く債務が無くなることになります。

個人再生

個人再生の場合には、数百万円、数千万円に膨らんだ借金を大幅に減額したうえで、減額した金額を3年間の分割で支払うことによって、借金を無くすることになります。

個人再生の場合には、自己破産における免責不許可事由のような制度はありませんので、パチンコが原因でできた借金の場合には利用しやすい制度となっています。

自己破産

自己破産は裁判所を通して全ての債務を免除してもらえます。

返済が不可能になった場合に、弁護士を通して裁判所に、破産申し立て書を提出します。

その後、免責許可を貰って今までの借金を全てリセットしてしまうのですが、所有している家などの財産は換金されることとなります。

個人再生とは違って借金が無くなる代わりに財産は一切残りません。

ですが、家族が連帯保証人になっていない場合ですと、迷惑も欠けることもなく、ローンを組む際にも一切影響はありません。

デメリットとしては、自己破産を行うと政府が発行する官報という機関誌に名前が載ってしまいますが、一般人はほとんど見ないので大丈夫でしょう。

自己破産は残された最後の手段となりますので、できることなら任意整理、もしくは個人再生を行うのが良いでしょう。

パチンコの借金を相談するなら弁護士に

パチンコの借金を何とかしたいときに頼れるのが弁護士です。

これまでに数多くの方たちを借金地獄から救い出してくれているプロなんです。

パチンコでできたサラ金の借金と言うことで、かなり負い目があるかもしれません。

ですが相談しないと、いつまでたっても借金は減らないし無くなることもないのが事実です。

そこで勇気を持って弁護士の先生に借金返済の相談をしてみてはどうでしょうか。

そしてパチンコの借金を減らし、人生を取り戻していきましょう。

以下の弁護士事務所でしたら借金返済の相談を24時間受け付けているので安心です。

借金地獄から抜ける債務整理の方法

パチンコなどのギャンブルが理由の借金でも、債務整理なら国の救済手段を受けることができます。

しかし、借金問題の手続きは複雑で、かつ専門知識がないとどの手続きをするべきか判断できないことが多いです。

例えば、借金の金額が多すぎて自己破産しか無いと思った人が、実は任意整理で助かるということはよくあります。

実際、借金救済の手続きの8割は任意整理が行われていると言われています。

今回紹介するみつ葉司法書士事務所は、借金問題対応件数が2,400件以上あり、その中でどの手続きを選ぶべきか助言してくれます。

借金の救済手段の手続きを行うと、どうしても弁護士費用が掛かってしまいますが、みつ葉司法書士事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な司法書士事務所です。

手続きを開始する前の相談は無料で何度も受付けているので、自分で判断できなければ一度相談してみるとよいでしょう。

パチンコの借金でも後ろめたさを感じなくて良い

冒頭で述べたように、自己破産の手続き上は、パチンコパチスロも賭博とみなされてしまいます。原則は破産が認められず、認められたとしても管財事件として扱われ、手続き費用が高くなってしまいます。

しかし、通常のギャンブルよりもずっと依存性が高く、お金をつぎ込んでいる最中は冷静な判断力を奪われているわけで、まともな精神状態とは言えない状況化に置かれているのであれば、100%本人の責任とまでは言い切れません。

パチンコ・パチスロが原因の借金は、通常のギャンブルとは一線を画して認識されてしかるべきとも思っています。

当事務所にご相談に来られる方でパチンコ・パチスロが原因という人は少なくありません。

そして、債務整理をすること自体に後ろめたさを感じていらっしゃる方も、やはりいらっしゃいます。

しかし、今まで述べたように、パチンコ・パチスロにはまっている状態というのは施錠な判断力を失ってしまっている状態であり、またそれは人為的に作られたものです。

もちろん自己責任がゼロとまでは言い切れませんが、ある種の被害者でもあるわけですから、あまり自分を責めないで良いのではないでしょうか。

パチンコ・パチスロで作った借金だからと言って、遠慮して債務整理を自粛する必要はないのです。

任意整理や個人再生なら手続きできる

自己破産は難しい場合が多いですが、任意整理や個人再生なら、借金の原因がパチンコ・パチスロでも特に問題になりません。

自己破産ができなからといって、全ての手続きが否定されるわけでは決してなく、色々と方法はありますので、希望を捨てずに、是非債務整理を検討してみてください。

任意整理や個人再生をするなら

パチンコが理由の借金でも、債務整理手続きである任意整理や個人再生を使えば、国からの救済手段を受けることができます。

しかし、いざに相談となると理由が後ろめたいと感じて、なかなか相談できない人も多いかと思います。

それでも安心してください。

実際に、弁護士に借金相談をする人の借金の理由は、ギャンブルやショッピングなどの浪費、出会い系・風俗など借金の理由は様々です。

相談する人の多くは、こういった後ろめたい理由で相談してくる人が多いのです。

当サイトが紹介するみつ葉司法書士事務所は、借金問題対応件数が2,400件以上あり、その中でギャンブルが理由の借金でも対応してくれる、借金問題に理解のある司法書士事務所です。

借金の救済手段の手続きを行うと、どうしても弁護士費用が掛かってしまいますが、みつ葉司法書士事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な対応をしてくれます。

さらに、手続きを開始する前の相談は無料で何度も受付けているので、自分で判断できなければ、一度相談してみると良いでしょう。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル