メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

パチンコで借金地獄になる人の解決策

パチンコやスロットなど、ギャンブルが原因で借金を抱えてしまい、借金地獄に陥ってしまう方は多いです。

もしこの記事を見ている方も、もしかしたら同じ状況なのではないでしょうか。

1つ質問ですが、パチンコなどのギャンブルで作った借金を、国が救済してくれるという手段は知っていますか?

その手段が、債務整理という方法です。

債務整理にはいくつが種類があり、有名なものだと自己破産と任意整理という手続きがあります。

自己破産だとギャンブルが原因の借金は手続きできませんが、任意整理なら可能です。

パチンコやスロットなどで借金を抱えてしまった方でも、任意整理の場合は借金を作った理由が問われることはありませんので、どのような原因で借金を作ったとしても任意整理は可能です。

任意整理ならパチンコの借金も片付く

自己破産よりもデメリットが小さい任意整理は、パチンコや競馬などのギャンブルによる借金であっても手続きが可能です。

自己破産のように、裁判所を介する手続きではないため、家族や会社には内緒のまま整理を進められるようになっています。

ただ、自己破産と異なる点として、借金は無くなるわけではなくあくまで支払いは続けていくという点です。

最低限の返済能力を有している方で、今後の支払いも継続ができるとされれば、無理のない範囲での返済プランを練り直し、パチンコで作ってしまった借金を順調に支払っていきます。

今後も返済するなら、任意整理は意味が無いと感じる方もいるかもしれません。

債務整理手続きの一つである任意整理には、非常に大きなメリットがあります。それは、今後の利息が発生しない点です。

利息が無ければ返済も楽になる

パチンコでも何でも、借金をした際の支払いで大きな負担となるのが、高い金利からくる利息の負担です。

毎月の支払いをしても、利息ばかりが取られてしまい、なかなか元金が減らずに返済が終わらない状況に陥っている方も多いことでしょう。

特に、借金地獄とも言えるような状態となってしまっている方は、毎月の利息の払いだけで相当な金額になっています。

任意整理を行うと、負担となる利息が発生しなくなり、更に払いすぎている利息があれば元金分に充当され、余った分は過払い金として戻ってきます。

過払いが無いとしても、債権者である消費者金融や信販会社、金融機関と借金の減額交渉をするため、今よりも返済金額が減る可能性があります。

交渉が必要な任意整理はプロに依頼

債権者との交渉によって借金の減額、毎月の返済金額の縮小を図る任意整理は、素人が進めてもうまくはいきません。

やはり、借金問題に強いプロに依頼をすべきですので、まずは任意整理を得意とする司法書士事務所に相談をするところから始めましょう。

インターネットが普及した現在では、ネット上で相談が無料で24時間行える便利なサービスも登場しています。

パチンコの借金地獄から抜け出すためにはどうするべきか、実際に債務整理の依頼をするかは決めてはいないとしても、話だけを聞いてみたい方も無料で相談ができます。

まずは、無料の相談ができる司法書士事務所で話だけ聞いてみて、パチンコによる借金地獄から抜け出したいと考えるなら、依頼をしてみると良いでしょう。

話を聞いた結果、借金は何とか自分で返していくと判断をするなら、無理に依頼をする必要はありません。

相談と依頼は、必ずしも結びつきませんので、相談だけでももちろん構わないのです。

借金地獄から抜けるために任意整理の手続きをするなら

パチンコなどのギャンブルが理由の借金でも、任意整理なら国の救済手段を受けることができます。

しかし、借金問題の手続きは複雑で、かつ専門知識がないとどの手続きをするべきか判断できないことが多いです。

例えば、借金の金額が多すぎて自己破産しか無いと思った人が、実は任意整理で助かるということはよくあります。

実際、借金救済の手続きの8割は、任意整理が行われていると言われています。

今回紹介するみつ葉司法書士事務所は、借金問題対応件数が2,400件以上あり、その中でどの手続きを選ぶべきか助言してくれます。

借金の救済手段の手続きを行うと、どうしても弁護士費用が掛かってしまいますが、みつ葉司法書士事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な司法書士事務所です。

さらに、手続きを開始する前の相談は無料で何度も受付けているので、自分で判断できなければ一度相談してみると良いでしょう。

債務整理は専門家に相談しよう

債務整理は債務者個人の借金状況に合わせ、より最適な方法が取れるようになっていますので、まずは債務整理を専門とする司法書士事務所に相談をするのが借金問題解決の近道でしょう。

そもそも、借金問題はあまり人には相談できない性質があり、どうしても一人で悩みがちになります。

そして、そうした弱みに漬け込んでくるのが怪しげな金融業者であり、闇金です。

絶対に関わってはいけませんし、借金問題は司法書士事務所に相談するということを肝に銘じておきましょう。

自己破産も債務整理の中の一つである

債務整理の中でも自己破産というのは一般の人でも知られていることです。

しかし、自己破産に対する世間一般のイメージは、あまり良くないのも事実です。

これらの中には大きな誤解もありますが、借金が返済不能の結果として免責されるというのも事実です。

自宅や、一定の財産的価値のあるものは売却をしなければなりませんが、それでも借金が免責されるメリットは計り知れないものがあります。

自分で進めるよりも専門家への相談を

債務整理手続きは、高度な知識を必要とする個人再生や自己破産を除けば、自分一人で手続きを進めることも可能です。

ただ、債権者との交渉が必要となるものもあり、どうしても手間や時間がかかります。

時間をかけた挙句に債権者からの合意が得られなければそれまでなので、一人で悩むよりも専門家に相談すると良いでしょう。

任意整理は官報に掲載がされない

債務整理にはいくつかの方法があります。

借金問題を解決するための法的な枠組みとして、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4つです。

中でも多くの場合は任意整理によって解決されています。

任意整理は債権者との交渉となる

任意整理は債権者と債務者が残債務について話し合いをし、減額や返済計画を立て直すのです。

任意整理は裁判所が関知しないこともあり、自由に当事者同士で条件を決めることができるの柔軟性が高いです。

他にも任意整理を行っても、官報には掲載されないというメリットもあります。

通常は、債務整理をすれば政府発行の官報に氏名住所が掲載されるのですが、任意整理の場合は掲載されないのです。

もっとも、官報に掲載されたからといって職場に知られてしまったり、近所や友人知人に知られるということはまずありませんが、悪徳業者等の勧誘ターゲットにされる可能性はあります。

返済ができるなら任意整理が良い

任意整理は、上記で説明した通りデメリットが少ないため、債務者にとっても利用価値が非常に高いと言えます。

ただし、他の債務整理と同じように、クレジットカードの使用や新規作成は数年間制限されてしまいます。

これは、信用機関の信用情報に掲載されるためです。

ただし。掲載期間がすぎれば新規発行は可能になりますので、心配はいりません。

任意整理のメリット・デメリット

借金を減額する手段として利用される債務整理の中で、最も一般的に利用されているのが任意整理です。

任意整理は、他の債務整理の手段と異なり、一切裁判所を介すことなく行うことができるため、手続きが比較的楽であるとされており、利用する方が多く見られます。

以下では、そんな債務整理の任意整理のメリット・デメリットについてご紹介していきます。

任意整理のメリット

まず、任意整理のメリットとしては、債務を減額することできるという点にあります。

特に、個人で消費者金融などを利用されて債務に苦しんでいるという方などは、任意整理を通じて過払い金の返還請求などができるケースが多く、想像以上に債務が大きく減額できることも珍しくありません。

また、任意整理はあくまで弁護士や司法書士と債権者との交渉によるものですので、債務の返済方法などについても有利なものへと変更できる場合もあります。

任意整理のデメリット

一方のデメリットとしては、裁判所を介する債務整理と異なり、減額できる額が必ずしも希望に届かないというケースもあるという点が挙げられます。

また、近年では債権者が任意整理に応じないという場合も少なからず見られていることから、別の手段に変えざる負えないといったことになってしまうこともあります。

デメリットは軽減できる

債権者との交渉となりますので、交渉力の無い素人や、借金問題に対して強くない弁護士では借金の減額が期待できません。

しかし、任意整理などの交渉力の強い実績のある弁護士に任意整理を依頼すれば、債務者が有利になる条件での減額も期待できるのです。

パチンコで借金地獄に陥った人の体験談

今回は、初めて行ったパチンコで大勝ちをしてしまい、パチンコにはまり多額の借金を抱えてしまった方の体験談を紹介します。

パチンコで借金を作ってしまう方は非常に多いです。

そして、パチンコなどギャンブルで作ってしまった自分に原因のある借金は、債務整理の対象外とよく言われますが実際には違います。

パチンコの借金は債務整理で減らすことができます。

このケースでは、債務整理をする事でパチンコで作った借金を減らす事に成功した良い例と言えるでしょう。

参考にしてみてください。

パチンコにはまり借金地獄に

当時、私は20歳でフリーターをやっていて、真面目に働いていました。

もちろん、パチンコなどのギャンブルは全く手を出しておらず、借金なんて一度もしたことはありませんでした。

まさか、そんな私がパチンコに狂ったようにハマって、多額の借金をして債務整理をするなんてことは想像もできなかったです。

ある日、仕事が早上がりになってしまって、普段終わり時間が合わない先輩と一緒になり、その場の会話で2人で遊ぶことになったのです。

私はてっきり2人でご飯でも食べるのかなと思っていたのですが、先輩が僕を連れて行ったのはパチンコ屋でした。

先輩「お前、パチンコやった事ある?」

私「まったくないです!」

先輩「教えてやるから一緒にやろうぜ!」

私は先輩からの誘いを断ることもせずに、すすめられるがままパチンコをやることになりました。

先輩が台を選び、私にこの台で遊ぶように指示を出してくれました。

そして、基本的なやり方を先輩は私にしっかり教えてくれて、その通り打っているとなんと、急に当たり始めたのです。

その光景は私にとっては衝撃的でした。

パチンコの玉がドンドンと穴に吸い込まれるように入っていき、台はピカピカと激しい音と光を放ち、たくさんのパチンコ玉を吐き出してきたのです。

人生で始めてパチンコをやった日に、7万円くらいの大勝ちをしてしまったのです。

今思えば、その初めてパチンコをやった日に儲けてしまったがよくなかったと思います。

よくあるビギナーズラックだということにも気づかず、パチンコが面白いものだと実感してしまったのですから。

その日を境に、私は1人でもパチンコ屋に出向くようになりました。

パチンコを始めた初日は大勝したものの、初心者がそんな毎回勝てるほどギャンブルは甘くはありませんでした。

あれだけ大型店舗を建てているのですから、お客が負けるのは当然です。

気がついた頃には、どんどんお金が減っていったのです。

しかし、毎日負けるというわけではなく、大勝ちといかなくても勝つ日もあったので、なかなか辞めようとは思えませんでした。

その頃の私は、毎日パチンコ屋に行くようになっていたので、やはりお金はマイナスになっていきました。

それでもパチンコを打ちたいと、仕事中もパチンコの事を考えてしまうくらいハマってしまっていたのです。

そしてついに、私はやってはいけない事をしてしまうのです。

消費者金融に手を出す

ある日財布にお金が無くなったときにパチンコをするため、消費者金融から借金をしたのです。

私はフリーターでも、働いているので審査自体は簡単に通り、お金を借りることができたのです。

最初は10万ほど借りていたのですが、徐々に借り入れ枠が大きくなり、気付くと50万ほど借りていました。

しかし、50万もパチンコで簡単に溶かしてしまい、さらに違う消費者金融から借金をして、最終的には150万くらいの負債を抱えていました。

もちろん、フリーターで収入の少ない私には返せるはずもないお金なので、借金も最後の方は全然返済できず、催促の電話も掛かってきていました。

当時の私には、この状況をどうしたらよいのかわからなくなっていました。

そんなときに、職場の社長さんが親身になって相談に乗ってくれて「債務整理という方法があるから、してみてはどうだろう?」と教えてくれたのです。

その社長さんの助けを借りながら、債務整理の相談に行って話し合い、無理ない金額を少しずつ返すということになりました。

今ではその借金も完済して、パチンコも一切やっていません。

あの時社長さんが相談に乗ってくれて、債務整理をして本当に良かったです。

パチンコで作った借金は債務整理で解決することができる

今回の体験談と同じように、債務整理をする理由がパチンコという方は非常に多いです。

不思議なもので、パチンコは何故かビギナーズラックというものがあります。

そして、ビギナーズラックがきっかけで、パチンコにはまる人も非常に多いです。

パチンコやスロットなど、ギャンブルで作ってしまった借金は債務整理では減らすことができないと思っている方もいますが、現状では減らすことができます。

任意整理や過払い金請求は、そもそも借金の理由は関係ありませんし、ギャンブルなど自分に原因がある借金は免除しないと言われている自己破産や個人再生も手続き可能です。

今回の体験談では、150万円というまだ何とかなる金額で相談を行っていたのが、非常に大きかったといえるでしょう。

これが、もし20才フリーターという立場で300万円、400万円という借金ができていたら自己破産しかなかったかもしれません。

また、闇金など絶対に借りてはいけない借金にまで手を出してしまっていた可能性も考えられます。

借金は、早期の段階で解決することが非常に大切です。

借金から目をそらして放置していても、利息は増え続けますし良いことは一つもありません。

まずは、専門家に現状を伝え、いち早い解決を目指しましょう。

債務整理に強い弁護士へ相談するなら

弁護士には、離婚・相続・詐欺被害・事故示談・労働問題など分野があり、借金問題の相談をするなら債務整理が得意で解決実績が豊富な弁護士を選ぶ必要があります。

今回紹介するみつ葉司法書士事務所は、債務整理だけで年間2,400件以上の相談を受ける業界でもトップクラスの借金問題の相談先です。

また、借金問題に理解があり無料相談窓口を設けているため、わからないことがあれば無料で教えてくれます。

みつ葉司法書士事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な司法書士事務所なので安心して相談できます。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル