メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

パチンコで借金地獄に落ちる理由

普通、借金をするときは、ほとんどの場合は理由があります。

この理由のひとつに、パチンコなどのギャンブルがあります。

一般的に、日本で行われるギャンブルは、パチンコや競輪・競馬・オートレースなどの賭博行為を指します。

競輪・競馬・オートレースは、娯楽である一方で、掛け金の一部が税金として使われています。

多くの人がハマっているギャンブルですが、ほとんどのギャンブルでは大半の方が負けるようにできています。

しかし、たまに勝つことでギャンブルに対する意欲が増し、借金をしてでもやりたくなるという、一種の中毒性があると言われています。

冷静に考えれば、その賭博業が成り立っているということは、勝って儲ける人よりも負けて損をする人のほうが多いはずです。

負けて損をする人がいるから、その業界にお金が入り、運営することができて従業員が給料をもらうことができるということです。

こんな表現をすると、ギャンブルそのものが悪いように見えるかもしれませんが、そんなことはありません。

ギャンブルは娯楽であり、あくまでも遊びだという捉え方が正しい認識です。

もちろん、ギャンブルにハマる人の全てが借金をしているということではありませんし、身の丈に合った楽しみ方をしている人もいるということは、そういう遊び方も可能だということです。

ギャンブルで借金をする人の心理

しかし、ギャンブルにハマって借金をしている人の多くは、そんなことは重々承知の上であることが多いのも特徴のひとつです。

そこが、いわゆる中毒性があると言われる原因なのです。

ギャンブルでは、たまたま勝ったときの快感が忘れられないということが、ハマる原因となっていると言えます。

勝ったときには脳内でアドレナリンが放出され、忘れられない快感となって植え付けられるのです。

すると、当然人はまた勝ちたいと思います。

しかし、先にも述べましたように。大半の方が負けるようにできているギャンブルでは、ひとりの人の勝敗を取っても勝つ割合よりも負ける割合が多くなるということです。

つまり、ギャンブル人生の勝敗を延べにすると、負けが多い確率が非常に高いのです。

しかし、負けが込むことで、心理的には「次こそは勝つ」「全部取り返す」という気持ちを強くさせ、のめり込む原因となることもあります。

もちろん、全員がそうだというわけではありません。

負けることで、こんなものだろうと固執せずにハマらない人もいますし、そもそも最初から、ギャンブルには興味がないという方も多くいます。

パチンコと借金地獄

結果的に、「負けを取り返したい」「また勝ちたい」「今度こそ!」と思う気持ちがパチンコから離れられなくさせ、深みにハマっていく原因となるのです。

しかし、借金してでもパチンコを続ける方は、どこかでストップさせなければ破綻してしまいます。

「いつか大勝ちして借金も返す!」など、それまでの負けを考えれば、あり得ないことだということぐらいは分かると思います。

パチンコは生活を脅かさない程度に楽しむから、娯楽として成り立っているのです。

生活費が残らず借金をして、生活を賭けて、借金地獄に落ちてもやり続けるのでは、娯楽でもなければ趣味でもありません。

いたずらに借金を膨らまし、最終的には破綻してしまう可能性が大きいということをしっかりと把握しましょう。

そもそも、パチンコを続けるために借金をするということ自体、正しいとは言えません。

娯楽のような、実体がないものにたいして返済を続けることほど、虚しいことはありません。

パチンコはあくまでも娯楽

パチンコで、お金儲けをしようと考えているのであれば、まずその考えを改めた方が良いでしょう。

パチンコは、あくまでも娯楽です。

趣味として楽しむことはできても、金儲けとして考えてはいけません。

何故なら、負けることのほうが多い仕組みで、1回で使うお金も多いため、言わばお金がかかる趣味という風に捉えると良いでしょう。

お金がかかる趣味のために借金をするのであれば、収入内で無理のない返済が可能でなければいけませんね。

パチンコで勝って借金を返すなど、間違ってもそんなものは返済計画ではありません。

まずはパチンコに対する間違った捉え方を改めましょう。

借金問題の解決を弁護士に頼む

借金の返済が困難なのであれば、弁護士に相談してください。

資産の状況や、借金の状況により解決方法は異なりますが、パチンコで作った借金は、弁護士に借金の整理(任意整理・自己破産・個人再生)を依頼すれば解決できます。

自己破産と個人再生による解決

自己破産をすれば借金の返済義務がなくなる

借金が多額で、とても返せなくても、人生をあきらめる必要はありません。

裁判書に自己破産を申立て、免責を受ければ、借金は全額返済義務がなくなり人生をやり直すことができます。

ギャンブルの借金は免責不許可事由にあたる

しかし、ここで一つ問題があります。

パチンコはギャンブルですから、パチンコの具体的な状況によっては、法律上、自己破産をしても免責不許可(破産をしても借金がなくならない)となる場合があり、借金問題の解決にならないことがあります。

ですから、あなたのパチンコの状況で自己破産による解決ができるかどうか、自己破産と免責について詳しい弁護士に相談する必要があります。

自己破産の経験豊富な弁護士であれば、自己破産をして免責が得られそうかどうか、見込みを判断できます。

それだけでなく、免責を得るためにこれから何をすればよいか、説明を受けられるはずです。

パチンコの借金を個人再生で解決

また、パチンコの借金が多額すぎて自己破産で免責が難しい場合でも、個人再生をするという手があります。

個人再生には免責不許可制度がありませんので、一定の支払い能力等の条件を満たせば、借金を大幅に減額することができます。

自己破産と個人再生の選択は経験豊富な弁護士へ

このように、パチンコの借金解決には、自己破産がよい場合もありますし、個人再生を選択すべき場合も多くあります。

ですから、パチンコによる借金問題は、自己破産だけでなく個人再生の経験も豊富な弁護士にご相談になって下さい。

経験豊富な弁護士は、あなたの状況を確認し、パチンコの状況やあなたの事情をうかがいながら、様々な解決方法の中で一番良い解決方法を教えてくれるでしょう。

ギャンブルが原因の借金に対応できる専門家

弁護士には、離婚・相続・詐欺被害・事故示談・労働問題など分野があり、借金問題の相談をするなら。債務整理が得意で解決実績が豊富な弁護士を選ぶ必要があります。

その中でも、ギャンブルが原因の債務整理は一般的な債務整理手続きよりも、交渉が難しいと言われているので、ベテランで実力のある弁護士を探す必要があります。

今回紹介するみつ葉司法書士事務所は、債務整理だけで年間2,400件以上の相談を受ける業界でもトップクラスの借金問題の相談先です。

また、借金問題に理解があり無料相談窓口を設けているため、わからないことがあれば無料で教えてくれます。

みつ葉司法書士事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な司法書士事務所なので安心して相談できます。

パチンコ依存症の主婦が消費者金融に手を出した体験談

ここでは、実際にパチンコが原因で借金地獄を味わった主婦の方の体験談を紹介します。

紹介する方は、現在債務整理の鉄月中で、もうすぐ返済できそうという状態の方なので、非常に参考になるかと思います。

もし、自分と似たような状況であれば、ぜひ読んでください。

借金をしたきっかけ

最初に、私にパチンコを教えたのは、主人でした。

主人は自分の小遣いの中で上手に遊んで、決して深入りすることのない人でした。

反対に、私はというと、元々ギャンブルをする習慣は全くありませんでしたが、パチンコにはどんどんハマっていってしまったのです。

私が住んでいる家は、主人の母と同居しながら生活しています。

子どもがなかなかできないのでいつできるかと小言を言われたり、料理や掃除の仕方まで文句を言われながらの生活です。

普段の生活からストレスが溜まる一方で、どこかで発散する場所が欲しくてパチンコに手を出していたのです。

昼間はパートの仕事をしていましたが、仕事が終わっても家に帰ることがとても憂鬱でした。

そんな中でパチンコは、私にとって本当に癒しになっていたのです。

大当たりするとスッキリとストレスが解消され、気持ちよく家に帰ることができました。

しかし、いくら注ぎ込んでも大当たりが来ないこともあります。

そうなると、たまったストレスは抜けずにイライラが募り、いつしか私はATMに駆け込んでいました。

貯金からお金を下すと、またパチンコ屋に戻ります。

どうしても大当たりが見たくなってしまうのです。

そうしているうちに、通帳のお金がとうとう底を尽きました。

主人に知られたらと思うと、どうしていいのか分からず、とにかく知られないように必死でした。

3日後、通帳をそのままにしておくわけにはいかないので、私は消費者金融からお金を借りたのです。

そして通帳に入金し、何食わぬ顔で生活をしていたのでした。

借金が増える日々

そうなると、通帳のお金をパチンコに注ぎこむわけにはいかなくなってしまいました。

しかし、日々の生活でストレスを解消するものはないので、CMなどもやっている大手の消費者金融に申し込みをしました。

私自身の収入があったので、難なく審査に通り、借り入れをすることができたのです。

私は、そのお金をパチンコに注ぎ込みました。

負けることが怖くなくなったのもこの頃です。

お金がなくなったら、また借り入れをすればいいと思っていました。

そうして、気が付いたら4社から200万円の借り入れをしていました。

感覚としてはお金を借りると言うよりも、使えるお金が増えていくという感じでした。

金銭感覚が麻痺していたのだと思います。

4社から200万円借りるのに、1年も掛かりませんでした。

主人に知られる

しかし、そんなこと生活が長く続けられるわけがありませんでした。

ある日、主人とお金の管理のことで口論となったのです。

通帳を見せろと言われて見せたのですが、一度は残高がゼロになっている通帳を見た主人は「何に使ったんだ」と私を責めました。

最初は黙っていましたが、主人が見たこともないほど怒っていたので、パチンコに注ぎ込んだことを話したのです。

主人は呆れていたようでした。

そして、「そのあと振り込まれている30万円は、どこから持ってきたお金なんだ」と聞かれました。

もう逃げらないと思った私は、全てを正直に話しました。

4社から200万円の借金があることを告げると、主人はしばらく言葉にならなかったようでした。

本当に申し訳ないことをしたと思いました。

正直、離婚も覚悟しましたが、主人は離婚という言葉を口にすることはありませんでした。

債務整理で借金を返済する

主人は呆れながらも、私に借金の返済をちゃんとするように話してくれました。

ただ、金額が大きいので返済まで、かなりの時間が掛かりそうでした。

そんなときに、CMで弁護士に相談すると借金が減るということを知ったので、主人と一緒に弁護士に相談しに行くことを決めました。

弁護士に相談した結果、任意整理という方法を使えば3割ほど借金が減ることがわかりました。

さらに、不通に返していれば私の収入では4年は返済に掛かりそうなところを、3年で返せることがわかったので、早速手続きを依頼しました。

弁護士に借金を減額してもらってからの借金の返済は順調で、私の給料は月給15万円くらいなので、そのうち6万円は返済に充てています。

それまでは、夫婦の収入の半分は生活費に充てて、残りは自由に使えるお金というルールで生活していましたが、借金を完済するまでは、私の給料は返済に充てろと主人が言ってくれたました。

返済開始してからすでに2年が経ち、残り1年くらいで完済できる予定なので、主人には本当に感謝しています。

今でも、主人に借金が知られたときのことを思い出すと、身が凍り付きます。

もう二度と、主人に言えないようなことはしたくないと思っています。

これから債務整理をされる方へのアドバイス

弁護士に債務整理の依頼をして、本当によかったと思っています。

返済は苦しいことも多いですが、着実に借金が減っているのを実感できてうれしいです。

弁護士事務所に相談に行ったときは、本当に恥ずかしくて情けなくて、自分でも辛い気持ちしかありませんでした。

今まで見ないようにしてきた、借金の額と向き合わなくてはならなくなり、自分がどれだけの借金をしていたのかをきちんと把握できたことはとても良かったと思います。

自分の収入の中での金銭感覚を、なくしていたのだと実感しました。

債務整理をするまでは、本当にゴールも見えないマラソンを続けているようなものでしたが、今はゴールの見えるマラソンをしているような気がします。

同じ辛さでも、後者のほうが希望の見える辛さです。

もし、弁護士事務所への相談を迷っている人がいたら、一度無料相談だけでも試してみることをおすすめします。

きっとなにか解決のヒントがもらえると思います。

パチンコの借金解決に慣れた弁護士

パチンコが理由の借金でも、債務整理手続きのひとつである任意整理を使えば、国からの救済手段を受けることができます。

しかし、いざに相談となると理由が後ろめたいと感じて、なかなか相談できない人も多いかと思います。

それでも安心してください。

実際に、弁護士に借金相談をする人の借金の理由は、ギャンブルやショッピングなどの浪費、出会い系・風俗など借金の理由は様々です。

相談する人の多くは、こういった後ろめたい理由で相談してくる人が多いのです。

当サイトが紹介するみつ葉司法書士事務所は、借金問題対応件数が2,400件以上あり、その中でギャンブルが理由の借金でも対応してくれる、借金問題に理解のある司法書士事務所です。

借金の救済手段の手続きを行うと、どうしても弁護士費用が掛かってしまいますが、みつ葉司法書士事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な対応をしてくれます。

さらに、手続きを開始する前の相談は無料で何度も受付けているので、自分で判断できなければ、一度相談してみると良いでしょう。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル