メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

パチンコの借金地獄を抜け出す方法と実例

パチンコ依存症になってしまい借金地獄になる人は多く、今ではパチンコ依存症はギャンブル依存症という病気の1種類として扱われています。

当たり前ですが、病気だからといって借金が免除されるわけではありません。

パチンコ依存症を解消した後に、借りたお金は返していかなければいけないため、パチンコ依存症から抜け出したとしても借金地獄はまだ続くのです。

そんな人が、借金地獄から救われるためにはどうすればいいのかを、対処法を踏まえて説明していきます。

パチンコ依存症と借金地獄

パチンコ依存症の人は、本人も危ない状態だと気づかずにどんどん借金をしてしまいます。

収入の多い人なら、そんなに借金をしなくても済むのではないかと思われがちですが、実はパチンコ依存症になってしまったら、どんなに高収入の人でも関係ないのです。

依存症の人の特徴は、持っているお金がなくなるまで、とにかくどんどんパチンコに費やします。

多少のお金持ちの場合、それなりにすごい掛け金でどんどんパチンコをしていき、結局どちらもお金がなくなるまで続けるようになります。

そして、気がついたときには周りの人から借金をするようになり、それと同時に銀行やカードローン会社などからも借金をしていきます。

その後、自力では返せなくなり、別の会社から借りて他の会社の借金を返すようになります。

いわゆる多重債務という状態になり、借金地獄が始まります。

借金はパチンコをやめられない理由になる

借金地獄になってしまうと、ますますパチンコはやめられません。

大勝ちさえすれば、という思いに取り憑かれてしまうのです。

間違えてはいけないのは、この感覚になってもパチンコ依存症になっていないと思い込むことです。

パチンコから離れられなくなっている人は「必ず大金を当てる」、「大儲けをしてすべての借金を返す」、「家族や回りの人も幸せにしてやれるのだ」という気持でパチンコがやめられないのです。

それが、借金地獄になる原因だということには気付かないか、気付かないようにしてしまっています。

やめる理由を自分で作る

パチンコ依存症で借金がある方は、治療と同時にプロの借金専門の司法書士事務所に相談しましょう。

自己破産の可能性も考えられますが、借金から解放されて1からやり直すこともできるのだということを知ってください。

本当に借金地獄から解放されると分かれば、パチンコ依存症から立ち直ろうという気持になる人は多いはずです。

借金はパチンコをやめられない理由の1つであって、それが本人のとても大きな心の苦しみになっています。

そのため、借金地獄から救われることが分かれば、治療をする決心をする人も多いのです。

借金地獄から脱出するときにはパチンコ依存症も

借金地獄からプロに頼んで脱出することはできますが、そのときに並行してパチンコ依存症をしっかり治療することができなければ、また同じように借金地獄になってしまいます。

例えば、自己破産ができた人は、人生をやり直すチャンスができます。

しかし、そこでまたパチンコをしてしまうことで2度のチャンスはまずありません。

このように、きちんと借金を整理してもらうときには、一生パチンコから一切手を引く覚悟がなければなりません。

それを守れないなら借金地獄から救われても意味がなくなってしまいます。

借金問題に強いプロへ相談するなら

借金問題のプロである弁護士には、離婚・相続・詐欺被害・事故示談・労働問題など分野があり、借金問題の相談をするなら債務整理が得意で解決実績が豊富な弁護士を選ぶ必要があります。

今回紹介するみつ葉司法書士事務所は、債務整理だけで年間2,400件以上の相談を受ける業界でもトップクラスの借金問題の相談先です。

また、借金問題に理解があり無料相談窓口を設けているため、わからないことがあれば無料で教えてくれます。

みつ葉司法書士事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な司法書士事務所なので安心して相談できます。

どうしても返済できないそんなときは

今まで散々手を尽くしてみたけど、借金額があまりにも大きく、おまとめローンもできなかった、頼れる人もおらずもうどうにもできないという人の対処法を教えます。

この状況ならは、債務整理を考えるのもひとつの方法です。

債務整理には何種類かあり、いずれも今の借金の額を法的に整理し返済を軽くするというものです。

ただし、債務整理をいきなり行うことは考えず、まずは自分でできることをやってからにしましょう。

これはあくまでも、夜逃げや自殺すら考えるほどに追い詰められてしまった場合の最後の手段です。

借金が膨らみ過ぎたからといって、命を落とすようなことは考えてはいけません。

法的な手段で解決していきましょう。

それでも返済が苦しい場合は、以下の紹介する方法を弁護士に依頼してください。

個人再生

個人再生とは、裁判所を通じて、借金の額を減らしてもらうよう手配する制度です。

原則的に、現在の借金からおよそ1/5にまでは借金を減額することができるようになります。

この圧縮率は、任意整理や特定調停など他の債務整理方法と比べても大きなもので、自宅やマイカーなどの財産を残すことも可能です。

しかし、その認可はかなり難しいので弁護士の助けなしに進めることはまずできないでしょう。

また、客観的に見て「減額しても支払いができないのではないか」と裁判所が判断した場合は利用できません。

そのためには、安定した収入確保が必須になります。

また、数年間はお金を借りることができなくなるというデメリットも忘れてはいけません。

任意整理

任意整理とは、弁護士や司法書士などの法律家が債権者との間に入り、毎月の支払額を減額してもらえるように交渉をするというものです。

交渉中はすべての返済がストップしますので、もし催促の電話がかかってきていて困っているという状態ならば、その重圧から解放されます。そして減額交渉が成立すると、無理のない分割払いで残金を支払っていくことになります。

これは法律家にすべてを任せるので、手続きとしては面倒な準備が必要ないということがメリットとして挙げられます。

また、交渉終了後の分割予定には金利が含まれませんので、純粋に元本だけを返済していくことになるのです。

さらに、払い過ぎている利息があれば、過払い金として戻ってくることもあります。

しかし、この任意整理には5年間という時間制限があるので、減額分はすべて5年以内に返済完了をしなくてはいけません。

また、返済後5年間は借金ができなくなり、ローンなどの審査にも通らなくなるのがデメリットです。なお、返済期日の遅れが続くと、残額を一括請求されることもあります。

特定調停

特定調停とは、任意整理と同様、裁判所を仲介して減額する方法です。

任意整理と似ていますが、調停委員による交渉ですので、常に合意が得られる保証はありません。

また、調停が成立しても、その後に支払不能に陥った場合は、口座差押えのリスクもあります。

自己破産

自己破産は、最後の一手と言われる方法で、すべての財産を放棄するかわりに、すべての債務をゼロにしてしまうという方法です。

裁判所に破産手続きを行い、裁判所がその申請を認めた場合、20万円以下の預貯金を残して返済を解消できます。

しかし、デメリットも非常に大きいものです。

向こう5~10年は借金やローンができなくなり、半年近く一部の職業に付けなくなることもあります。

そして、家族がいる場合、隠しておける確率はほぼゼロです。つまり、まず知られると思ってください。

また、自己破産は、パチンコや投資などで作ってしまった借金、また交際費として豪遊してしまった場合などは適用されません。

どうにもならない場合の借金というと、数千万から億単位のものになってくるでしょうが、数百万程度の場合は、自己破産は選ばないほうが賢明です。

パチンコで借金地獄に落ちたら抜け出せないのか

パチンコで作ってしまった借金は、理由が後ろめたいため債務整理もできず減らせないのかという不安もかるかも知れません。

しかし、プロに任せるといろいろな方法で借金を減らすことはできます。

ここでは実例で説明していきます。

パチンコの借金でも減らせるのか

パチンコの借金でもいろいろな手段によって正当に減らすことができます。

特に、パチンコでの借金をしている人は、どこも相手にしてくれないため悪質業者から借金をしている場合もあります。

その場合は、悪質業者からの取り立てなども、借金専門のプロの人ならきちんと法律に基づいてかたをつけてくれます。

そして、過払い金が必ず出てくるので、その分も返さなくていいようにしてくれます。

このように、いろいろな方法で借金を減らすことができるので、ここではどのぐらい減らすことができるか、実例を見ていきましょう。

任意整理で解決した例

相談前に借金が280万円あり、毎月の支払は12万円、金利は13%~15%ということでした。

そして、任意整理をした結果、借金は180万円、毎月の支払は4万円、金利0%で解決されました。

これなら頑張って返すこともできるのではないでしょうか。

個人再生で解決した例

相談前の借金は670万円、毎月の支払は4万円、金利13%~15%となっていました。

個人再生で解決した結果、借金は140万円、毎月の支払4万円、金利0%となりました。合計530万円の減額となっています。

自己破産で解決した例

相談前の借金は2600万円、毎月の支払額は63万円、金利13%~15%となっています。

しかし、これはもうどうにもならない金額なので自己破産を認めてもらうことができ、結局返済は0円となったのです。

もちろん、自己破産となればそれなりのデメリットもあり覚悟が必要ですが、それでもこのような結果になって1からやり直すこともできるのです。

自己破産の場合、破産法ではパチンコが理由の借金は自己破産できないと書かれています。

しかし、管財人がしっかりしていれば多くの場合認められるとのことなので、弁護士などの見解によって、ここに記した幾つかの方法で借金を減らすことができるのです。

突然相談に行きにくいときには

今は良心的な借金専門事務所では名前や住所を記入しなくても無料の診断が行われています。

幾つかのことを記入するだけで、自分が誰かということも特定されないかたちで無料診断してもらえるので、安心して行えます。

その上で、プロの力がどれだけ凄いか納得すると良いのではないでしょうか。

借金のことは専門家でなければ分からないことがいっぱいあります。

知らずに損している場合や、法律を上手に利用することで救われる方法がいくつもあるのです。

合法的にきちんと減らしてもらえるなら、人生をやり直すこともできます。

もし、自分が借金をしていないけど、周りにパチンコ依存症で借金地獄に苦しんでいる人がいたらこの情報を教えてあげましょう。

もう心配することはないので、きちんと治療をするきっかけにしてもらいたいものです。

無料で手軽に相談できる優良な相談先

みつ葉司法書士事務所は債務整理に強いと評判の司法書士事務所で、その評判の理由に無料で相談を受付ているという理由があります。

実績の根拠としても対応件数が2,400件以上あり、代表弁護士の島田先生は弁護士歴25年のベテランで交渉力がある弁護士です。

あなたの借金の状況に応じてどの債務整理手続きをした方がいいのか無料で教えてくれます。

実際に手続きをするとしても、借金問題の相談する人がお金を持っていないことは十分理解しているため、一番安く借金を解決する方法を教えてくれるでしょう。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル