メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

パチンコの借金地獄から抜けられない人へ

「パチンコで負け続けて借金をしてしまった」

このような理由で、生活費や貯金をパチンコで使い込んでしまいキャッシングに手を出してしまう人が増えています。

最近では、主婦でもパチンコにハマる人が増えているらしく、子どもたちが学校や保育園に行った後、一人の時間を持て余してパチンコに行ってしまう人がいるようです。

そして、ギャンブル依存である「パチンコ依存症」になってしまい借金をしてしまう主婦が急増しているのです。

自分のお小遣いの範囲で遊ぶのなら、それほど悪いことではありませんが、借金をしたとなれば話は別です。

主婦の収入源は、旦那の収入源に頼っていることも多く、パートに出ている主婦でもあまり多く収入を得ているわけではないため、借金のほとんどが家族に内緒であることが多いのです。

借金が身近になってきている

今の時代、だれでも簡単にクレジットカードを持つことができます。

クレジットカードはショッピングだけではなくキャッシングもできますので、10万~30万程度のキャッシグであればATM感覚で借金をすることができます。

カードで買物をする感覚で、負けた分を取り戻そうとしたり、給食費や生活費を使い込んでしまって慌てて借金をしたりと、計画性のない借金をすることが多いのです。

  • 「パチンコに勝ったら返せる」
  • 「ここで1回大当たりすれば大丈夫」
  • 「もう少ししたら絶対に当たる」

こんな根拠のない大当たりを期待して借金をしてしまうのです。

どんな借金であれ、パチンコなどのギャンブルで返済できるほど甘くはありません。油断していると簡単に借金地獄に落ちてしまいます。

パチンコで負けても借金をせずに、自分でコントロールできる予算の範囲で行うべきです。

しかし、それでも借金をしてしまったのであれば、しっかりした返済計画を立てる様にしましょう。

借金は1ヵ月で返済できるだけの金額にすること

借金は、次の給料日に必ず返せるぐらいの金額にしましょう。

返済方法は分割払いもできますが、長い年月をかけるとそれだけ利息が大きくなってしまいます。

1~2ヵ月は生活が苦しくても、短期間で返せるだけの借金に留めておくことが大切です。

パチンコ依存症を克服すること

「パチンコで勝てば良い」と言う考えは捨てましょう。

ギャンブルは、基本的に賭ける側が負ける仕組みになっています。例え大勝することがあっても、それは奇跡だと考えてください。

借金は、パチンコで勝って返済するのではなく、パチンコをやめた分でしっかり返済することを考えましょう。

依存症と名前のつくモノにはいろいろあります。

「アルコール依存症」「恋愛依存症」「買い物依存症」など種類はかなり多くあります。

その中でも、最近問題になっているのが「ギャンブル依存症」です。

ギャンブル依存症と聞くと、カジノに行ったり競馬や競艇にハマる男性のイメージがありますが、実は気軽に始めることができる「パチンコ」の依存症になってしまう人が急増しているのです。

パチンコ依存症の特徴

  • 毎日パチンコに行かないとイライラしてしまう
  • 負けても明日また勝つさとあまり気にしない
  • 負けても勝つまでお金をつぎ込んでしまう
  • 勝つまで時間ギリギリまで粘ることが多い

先ほど説明したとおり、パチンコは勝ちばかりではなく、負けることの方が多くなっている仕組みで運営されてます。

そのため、長い目で見たときにパチンコに行くたびにお金を使っていては、いつか無くなるのは時間の問題です。

最近は、50万程度であれば無収入でも即日融資をしてくれるカードローンが多くあります。

10万ぐらいの借金をしても、パチンコに勝てばすぐに返せると思うので、あまり気にせずに借りてしまう人が多いのが問題なのです。

パチンコ依存症になっている人が、負けるたびに借金をしていた場合、借金はどんどん膨れ上がり、借金地獄に落ちる人が増える一方です。

さらに、勝ったとしても、勝ったお金を軍資金にして使ったり、我慢していた買い物やちょっと外食などをすることであっと言う間に使い切ってしまい、ほとんど返済に回すことをしません。

クレジットカードの借金は金利が高く、月々の返済額が少額の場合、ほとんどが利息分であり元金が減りません。

そのことを知らないために、全然減らない借金に焦り、また違うカードローンで借金をして返済をするという、自転車操業的な借金を繰り返すことになるのです。

もし、今パチンコの借金で100万円を超えているなら、それは「パチンコ依存症」であることを自覚してください。

パチンコ依存症の借金返済方法

自分が「パチンコ依存症」であることを自覚したのであれば、まずはパチンコをやめる努力をしてください。

いきなりやめることは難しいかもしれませんので、パチンコ屋に行く頻度を減らしたり、1回に使う金額を決めて、それ以上負けたら素直に帰ることを守っていきましょう。

もし、パチンコで負けても絶対に借金には手を出さず、勝つことがあったら、その勝った分をすべて返済に回すことを約束してください。

パチンコ依存症は病気です。

早い内に治さないと、同じ生活費で暮らしているご家族に知られてしまいます。

借金が知られてしまう前にまずはパチンコ依存症から抜け出すことを考えてください。

パチンコ依存症から抜け出すことができたら、今まで借金をした分を返済するように計画を立てましょう。

減らない借金で借金地獄になる理由

毎月少しずつ返済しているはずなのに、借金はなかなか減らないのは利息が大きいからです。

元金返済よりも利息が大きいので、全然借金が減っていかないのです。

借金の金額にもよりますが、まずは「債務整理」をすることを考えてください。

どうしても返済できないときには債務整理

借金の金額が大きくなって返済ができないと悩んでいるなら、弁護士に相談して債務整理をすることを考えて下さい。

ギャンブルで作った借金でもしっかりとした手続きを踏めば、債務整理ができます。

債務整理をすることで、利息を無くしたり過払い金を返還してもらうなど、借金の負担が大幅に軽くなります。

債務整理をしても家族に知られることはほとんどありません。

弁護士に依頼すれば、短期間で債務整理の手続きを取ってくれますし、返済計画も立ててくれます。

自分は何もしなくても全ての手続きをしてくれて、さらに債権者からの督促や取り立てが止まると言う利点もあります。

パチンコの借金地獄の解決方法の相談先

パチンコが理由の借金でも国の救済手段を受けることができます。

しかし、パチンコが理由だとどうしても後ろ暗く感じてなかなか相談できない人も多いかと思います。

実際に弁護士に借金相談をする人の借金の理由にはギャンブルやショッピングなどの浪費、出会い系・風俗など借金の理由は様々です。

相談する人の多くはこういった後ろめたいような理由で相談してくる人が多いのです。

今回紹介するみつ葉司法書士事務所は借金問題対応件数が2,400件以上あり、その中でギャンブルが理由の借金でも対応してくれる、借金問題に理解のある司法書士事務所です。

借金の救済手段の手続きを行うと、どうしても弁護士費用が掛かってしまいますが、みつ葉司法書士事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な対応をしてくれます。

手続きを開始する前の相談は無料で何度も受付けているので、自分で判断できなければ一度相談してみるとよいでしょう。

債務整理をするひとはどんな人なのか

「債務整理」をすると言うと、ギャンブルで借金を抱えて取り立てに追われている人のようなイメージがあります。

しかし、実際に債務整理をするひとはギャンブル以外でもさまざまな理由で借金がある人も多いのです。

債務整理をする人でよく聞く借金の理由は

  • クレジットやカードローンなど消費者金融で借金をして返済ができなくなった人
  • 住宅ローンや車のローンなどの支払いができなくなった人
  • ローンや借金の保証人になってしまった人
  • 会社が倒産したりリストラされたりした人
  • 奨学金の返済ができなくなってしまった人

この他にも、突発的な理由をあげると震災や天災などで生活ができなくなってしまった場合もあります。

これらの人が返済できなくなった理由は、生活ができないほどの出費があったときに、クレジットカードの返済ができなくなってしまったり、ローンなどの返済も滞ってしまうからです。

他にも、病気になってしまって仕事ができなくなってしまったりと、さまざまな理由で借金の返済ができなくなり、債務整理をしなければいけなくなる人がいるのです。

債務整理はした方がいいのか

債務整理には以下の方法があります。

任意整理

クレジットやカードローンなど複数の金融機関に借金があるような人におススメの債務整理の方法です。

借金の一部だけを見直したり、利息分を0円にするなど話し合いによって返済金額が決まります。

比較的簡単に決着がつく方法と言えます。

個人再生

自動車ローンや住宅のローンがあり、返済ができないことで手放すことができない人が取る方法です。

裁判所を通じて、ブラックリストや官報には載りますが、ある程度の資産は残せるので、任意整理の次の方法として利用されます。

自己破産

借金の金額が大きく、資産を残すより全てなかったことにした方が良い場合に取る方法です。

資産などは無くなってしまうことが多いのですが、一度借金を0円にして生活を再生するにはおすすめの方法です。

他にも長期間借金を支払っていることによって、利息を多く払ってしまった場合など

「過払い金返還請求」などをすることも可能です。

この場合は、借金をしている期間・金額・利率などを計算することによって、どのくらい返ってくるか計算することができます。

自力で借金が返済できるラインとは

「無理をすれば返せるかもしれない」と言う人と、「絶対にこれ以上返済ができない」と言う人がいるでしょう。

こういった人は、本当に返済できそうなのか厳密に返済計画を立てる必要があります。

債務整理をしてしまうと、デメリットもあるのでやらずに済むのならそれに越したことはありません。

債務整理のデメリットを簡単に紹介すると、債務整理をした後の5年間はクレジットカードやローンを利用することはできません。

たかがカードと思うかもしれませんが、本当にお金を借りる必要があるときに全く借りれないと言うのは、実は生活に困る可能性もあるのです。

他に、奨学金が借りれないとかローンが組めないなど、今以上の借金が必要になったときに、どうすることもできなくなってしまうという危機に陥るのです。

なので、少額の借金なのに払えないから債務整理をした方が良いとは言えません。

債務整理をするかしないかの目安とされているのが「年収の3分の1まで」借金をしているかどうかです。

年収が300万の場合、100万以上借金があるようであれば債務整理をした方が良いと言えるでしょう。

これが50万程度の借金であれば、返済金額を見直したり、低金利の銀行などで借り換えをしたりして、債務整理をせずに返済する方法を考えた方が良いと言えます。

しかし、年収の3分の1以上の借金がある場合は借金の返済自体が苦しく、生活ができなくなる可能性が大きくなります。

借金を繰り返して、借金地獄に陥る前に債務整理をした方が良いでしょう。

自分は債務整理をした方がよいのか

債務整理について、詳しく調べてみるとわかりますが内容が複雑だったり、難しい言葉で書かれていることが多いため、自分では最右整理をしたほうが良いのかどうかは判断できないと思います。

そんなときは、無料で相談できる司法書士事務所で自分の借金について話をしてみることをおすすめします。

最近では、借金問題で悩む人はお金を持っていないと弁護士側もわかっているため、相談は無料で受付けているところがほとんどです。

何度相談しても、無料で受けてくれるところも多く、フリーダイヤルで話せるところも多いので判断はプロに任せることができます。

基本的には、法律のことは専門家に任せるというスタンスで問題ありません。

相談の中で、あなたに合った債務整理の方法を教えてくれるでしょう。

借金地獄から抜けるために債務整理をするなら

パチンコなどのギャンブルが理由の借金でも、債務整理なら国の救済手段を受けることができます。

しかし、借金問題の手続きは複雑で、かつ専門知識がないとどの手続きをするべきか判断できないことが多いです。

例えば、借金の金額が多すぎて自己破産しか無いと思った人が、実は任意整理で助かるということはよくあります。

実際、借金救済の手続きの8割は任意整理が行われていると言われています。

今回紹介するみつ葉司法書士事務所は、借金問題対応件数が2,400件以上あり、その中でどの手続きを選ぶべきか助言してくれます。

借金の救済手段の手続きを行うと、どうしても弁護士費用が掛かってしまいますが、みつ葉司法書士事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な司法書士事務所です。

さらに、手続きを開始する前の相談は無料で何度も受付けているので、自分で判断できなければ一度相談してみるとよいでしょう。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル