メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

パチンコで借金地獄へ

パチンコなどのギャンブルにのめり込むと、お金がどれだけあっても足りなくなります。

というも、パチンコの仕組みでは必ずパチンコ屋が儲かる仕組みになっています。

なので、熱くなってしまうほどパチンコ屋が儲かり、ハマった人はお金を無駄にしてしまうどころか、場合によっては軍資金としてキャッシングやカードローンを利用して借金をしてしまいます。

こうしてギャンブル依存症になってしまい、パチンコをやめられず借金地獄に落ちていく人が増えています。

このような場合、どうやって解決すれば良いのでしょうか。

今回は、パチンコが原因の借金地獄の脱出方法である「債務整理」について説明していきます。

パチンコで作った借金は債務整理で解決

パチンコで作った借金を解決できなくなったら、まずは債務整理ができるか確かめましょう。

債務整理とは、借金で苦しむ人の生活再建が目的の国が作った制度です。

債務整理をすることで借金の金額を減らせたり、過去に支払っていた借金に過払いがあれば、過払い金として一部が返金されます。

日本には借金に苦しむ人が300~400万人いるといわれており、そのほとんどが債務整理というものを知らずに返済し続けている状況です。

こういった借金で苦しむ人を救うための制度が債務整理なのです。

債務整理は借金の理由は問われません。

もちろんパチンコで作った借金も債務整理で減額することが可能です。

債務整理は、一般的に弁護士を通して行われます。

弁護士側もこの借金問題を解決するために乗り出しており、テレビCMなども行っています。

過払い金のCMを見たことある人も多いのではないでしょうか?

借金問題は、返せないと感じたら自分で解決しようと考えずまずは弁護士を頼ってください。

昔は相談するだけでお金が掛かりましたが、今では無料で相談を受けている弁護士が増えています。

もしいま、パチンコが原因で借金地獄になってしまい悩んでいる状況なら、ネットで弁護士を探してみましょう。

パチンコで作った借金を債務整理した体験談

借金地獄だった当時の私は28歳で働き盛り、それなのに中身は末期の「パチンコ依存症」の人間でした。

大学生の頃から麻雀やパチンコは好きだったので、休みの日は仲間で集まれれば麻雀をし、集まれないようであれば一人でパチンコ屋に行っていました。

新卒で入った会社で3年ほど立った頃、覚えることも一段落しており仕事にも慣れてきたので余裕ができてきたのか休みの日しか行かなくなっていたパチンコ屋に仕事終わりに寄るようになっていました。

仕事でうまくいかないときや、ストレスの貯まる仕事を終えた後はパチンコ屋で過ごしてストレス解消目的で通っていました。

そんなときに大当たりが出るとほんとにスカッとするんですよね。

他にもギャンブルはありますが、手軽に行けるパチンコにはしょっちゅう通っていました。

もう日常生活にパチンコが組み込まれていている状態でした。

もちろん、最初は自由に使えるお金の節度を守って安い1円パチンコで過ごしていましたが、友達の結婚式など出費突然の出費が重なってしまうときはクレジットカードのキャッシングを頼るようになりました。

普通はここでパチンコ屋に通う頻度を減らすんでしょうけど、私の場合勝てばいいと思って、パチンコの頻度は変えませんでした。

キャッシングをしていても、ボーナスがあるから大丈夫と思っていました。

そして出費が多いときは借金をするということが当たり前になっていきました。

それがいけなかったんです。

私の中で、お金が足りなければ借りれば良いという経験が当たり前になっていたのです。

それから、とうとうパチンコの軍資金としてキャッシングやカードローンを使うようになりました。

そこから地獄の始まりでした。

借金を返すために借金をする多重債務に

パチンコの軍資金と称してお金を借り始めてから、一回のパチンコで使う金額も増えました。

勝つときもあれば、負ける時もあります。

金額が大きくなたので、勝つときは50万以上勝ちました。

もちろん負けるときも同じような金額で負けます。

そんなときほど、負けて逃げたくないと思いさらに軍資金を借りるという悪循環に陥ってました。

気がつけば、カードローンも4社から借りており、クレジットカードのキャッシングも2社から借りているという多重債務者になっていました。

もうこうなると、毎月の返済は他社から借りて借金を返すという自転車操業状態になりました。

支払いが数日遅れると、督促電話が携帯にかかってきます。

お陰で借金生活を忘れる日はありませんでした。

少なくとも、まともな精神状態で毎日過ごすことはできなくなっていました。

職場の人から債務整理の事をしる

そんな私を救ったのは、「債務整理」でした。

毎日疲れた私のを見て心配してくれた会社の同僚が私に「借金していないか?」って聞いてきたのです。

なぜ知られた?っと思いました。

仕事上での付き合い程度の同僚だったので、接点がないから本当に驚きました。

ごまかしながらナゼそう思ったかを聞くと、その同僚も実は債務整理をしていて私の携帯が頻繁に鳴る様子を見てもしかしてと思ったそうです。

同じ経験をしている人がいて、どうやって解決したかを聞いたときに、借金を減らすことができる債務整理手続きのことを知ったのです。

同僚の話しを聞いて最初は弁護士に相談するなんてハードル高すぎると思いましたが、実際にそれで救われている人が目の前にいたので信用して私も弁護士に相談することにしました。

債務整理をすることで借金の負担が減りました

弁護士に相談した結果、私は任意整理という手続きをすることで借金の負担を減らせることがわかりました。

自己破産もあり得るのかなと思っていたので、自己破産以外に借金を減らせる方法があると知ったときは驚きました。

私の場合借り入れ社数が6社も合ったので交渉には半年掛かりました。

しかしその間、借金の返済は止まるらしいのでその間に貯金することで今後の返済に備えることができました。

そして任意整理が始まり、私の毎月の返済額は8万から4.5万まで減りました。

今はもう返済が終わってますが、あのとき同僚が声をかけてくれていなかったら恐らく夜逃げをしていたかもしれません。

債務整理を教えてくれた同僚には本当に感謝しております。

パチンコで借金地獄に陥ってるなら

この体験談のようにパチンコが原因で返さない借金を負ってしまっているなら、直ぐに債務整理の手続きを行いましょう。

債務整理なら、パチンコが理由の借金でも一攫千金を狙わずに、確実に解決することができます。

当サイトがおすすめするみつ葉司法書士事務所は、年間2,400件以上の相談を受ける業界でもトップクラスの借金問題の相談先です。

また、借金問題に理解がありギャンブルが理由の借金でも受付けてくれます。

さらに、みつ葉司法書士事務所は借金問題に慣れているため、相談者に本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれます。

なので安心して相談してみてください。

過払い金返還請求

周囲に知られることも、裁判を通すこともありません。

弁護士や司法書士の方が消費者金融のかたとやり取りをして手続きを進められます。

信用情報機関のブラックリストに載ることもないため、安心して過払い金請求をすることができます。

過払い金と認められれば、いままで返していた借金の一部が戻ってきます。

自己破産

全ての借金がチャラになる代わりに日常生活に諸々のデメリットが出てきます。

まず保証人を立てている借金の場合は保証人に全額の支払い義務が移ります。

そして自己破産をしたことが「官報」に掲載されますが、この官報は普通一般人は見ることはありません。

なので基本的に官報に載ることで誰かに自己破産したことが知られるということはありません。

しかし、官報は闇金業者がみており、金を借りないかという勧誘が来ることがあります。

債務整理をすると、最低でも5年間はお金を借りることができなくなるため、自己破産などの債務整理をした後にお金を貸しますという勧誘が来たら闇金だと思ってく気をつけてください。

個人再生

裁判所に間に入ってもらって「この人が3年くらいかけて毎月ちゃんと返済すれば返せるであろう金額」まで借金を減らしてもらって返済をする方法です。

こちらの特徴は、非常に手続きが困難であり費用・時間・手間が多くかかるが、自己破産のように資格の制限がない、という点です。

自己破産同様に「官報」にも記載されます。

10年以内は信用情報機関に載ってしまうので、新規の借り入れやキャッシュカードの作成などができなくなります。

ただし、自宅や車を手放さなくて済む場合が多く、借金を大幅に減らすことができます。

任意整理

裁判所を通さないで、弁護士と債権者通しで交渉して今後掛かる利息を0にして元金だけの返済で済ませる方法です。

任意整理は日本で行われている債務整理手続きの8割を占めると言われており、最も利用される手続きです。

任意整理の場合、裁判所を通さないため借金の理由は問われずに手続きできます。

また、過払い金がある場合、払いすぎた返済金が戻ってくる可能性があります。

パチンコやギャンブルの借金は「減らない」

パチンコなどのギャンブルも、小遣いの範囲内で節度をもって楽しんでいるなら問題ありません。

しかし、ギャンブルには依存性があり、度を超すと深刻な事態をもたらします。

よく聞く話が、子育てが落ち着いた専業主婦がパチンコにハマり、借金をしてまでのめり込んでしまい家族や両親に迷惑をかけてしまうことも多いです。

また、競馬や麻雀などが原因の場合も同じことが起こります。

ギャンブルが原因作った借金で結婚していた夫と離婚にまで発展するといったこともありえます。

このように度を超えたギャンブルにはまった状態は、借金地獄と言っても過言ではありません。

ギャンブルをするには少しのお金では楽しめないので多額のお金が必要です。

よほどの金持ちでなければ、一般人の給料では満足行くことはないでしょう。

大抵の場合、借金で負けたことで後に引けずに軍資金としてキャッシングに手を出す人が増えています。

パチンコをするために借金をしているため、パチンコを辞めない限り借金が減ることもありません。

パチンコやギャンブルの借金も債務整理で解決

パチンコなどのギャンブルの借金も債務整理手続きによって解決することが可能です。

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産などの手続きの種類がありますが、任意整理なら利息をカットして月々の分割払いにできますし、個人再生なら借金額を最大5分の1にまで減額できます。

自己破産は借金額を0にできますが、基本的にギャンブルがあると免責が認められない「免責不許可事由」に該当してしまいます。

実際には、初めての破産の場合であれば、たいてい裁判官の裁量で「裁量免責」が認められますので、ギャンブルが理由の借金があるからといって、自己破産を諦める必要はありません。

債務整理する場合は、弁護士や司法書士に相談依頼するのが一般的なので、インターネットのホームページを検索して、無料相談を実施している事務所を探して法律相談を受けましょう。

そこで弁護士としっかり話をして質問に回答してもらい、アドバイスを受けた上で適切な債務整理手続きをすすめてもらいましょう。

債務整理でブラック状態になることも利用する

債務整理をすると、ブラックリスト状態になって、その後の借入ができなくなります。

債務整理により、個人信用情報に事故情報が記録されて、金融機関などの融資の審査に通らなくなるからです。

ただ、ギャンブル依存症の人にとってはこのブラック状態もメリットと考えるべきです。

借金ができなければ、もうそれ以上借金を重ねることもできず、ギャンブル資金も無くなるのでパチンコを辞めるしかなくなるからです。

ただし、このとき「ブラックでもOK」の貸金業者や闇金などは絶対に利用してはいけません。

このような業者から借金をすると、もとの借金生活に逆戻りするどころか、さらに悪い事態に追い込まれてしまいます。

パチンコなどのギャンブルの借金を債務整理する際には、借金問題の解決とともにギャンブル依存症の治療もきちんと行うことが大切です。

パチンコやギャンブルが原因の借金がある場合にも債務整理で解決するのが有効です。

任意整理も個人再生も利用できますし、自己破産手続きでも裁量免責による免責が受けられますので利用することができます。

債務整理するとブラック状態になりますが、闇金などには絶対に手を出してはいけません。

しっかりとギャンブル依存症を治療しましょう。

パチンコが原因の借金問題に慣れている弁護士事務所

パチンコが理由の借金でも国の救済手段を受けることができます。

しかし、パチンコが理由だとどうしても後ろ暗く感じてなかなか相談できない人も多いかと思います。

ですが、実際に弁護士に借金相談をする人の借金の理由にはギャンブルやショッピングなどの浪費、出会い系・風俗など借金の理由は様々です。

相談する人の多くはこういった後ろめたいような理由で相談してくる人が多いのです。

今回紹介するみつ葉司法書士事務所は借金問題対応件数が2,400件以上あり、その中でギャンブルが理由の借金でも対応してくれる、借金問題に理解のある司法書士事務所です。

借金の救済手段の手続きを行うと、どうしても弁護士費用が掛かってしまいますが、みつ葉司法書士事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な対応をしてくれます。

さらに、手続きを開始する前の相談は無料で何度も受付けているので、自分で判断できなければ一度相談してみると良いでしょう。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル