借金から抜け出した体験談|ニッテレ債権回収から借金解決

ニッテレ債権回収について

借金には幾つか種類があります。

銀行カードローンや消費者金融、住宅ローンや自動車ローンなど、借金のイメージはこういったよく聞くものが多いです。

しかし、実は借金はもっと身近なところにあり、例えば携帯電話の分割払いや料金の未納、奨学金の返済、光熱費の支払い遅れなど、普段利用しているもので、定額料金が発生しているものも、借金の対象になるのです。

こういった料金を滞納して、支払いを無視しているとニッテレ債権回収という債権回収会社から連絡が来るようになります。

もとの債権者が、元々取り立てなどの業務をメインでは行っていない会社が多いため、いつまで立っても料金を支払ってくれずに滞納が続く人には、ニッテレ債権回収のよう取り立てが専門の業者に委任するようになります。

ニッテレ債権回収の取り立て方法

債権回収という名前を聞くと、恐ろしい恐喝まがいな取り立てを行ってくるのかと勘違いする人もいると思います。

しかし、現在では貸金業法で取り立てに規制があるため、強引な取り立ては行われることはなく、電話やハガキによる取り立てが行われます。

債権回収会社は、この方法で取り立てを行ってきますが、取り立てを行って連絡が取れない場合は、訴訟を起こして回収してようとしてきます。

ニッテレ債権回収は裁判所に訴える

ニッテレ債権回収のような債権回収会社は、どうやれば一番効率よく借金を回収できるかを知っています。

その方法は、裁判所を味方にすることです。

裁判所に訴えることで、強制的に差し押さえを行うことができます。

差し押さえることできる財産が無ければ、次は給料を差し押さえに来ます。

普通の消費者金融や、光熱費などライフラインを供給する企業ではこういったことは行いませんが、ニッテレ債権回収のような債権回収会社は、毎日のように裁判所に赴いて手続きをしているので、こういったことに慣れています。

そのため、裁判になる前に借金を返さなくてはいけないのです。

借金の体験談は参考情報が多い

これまで、借金を放置すると危険だということを解説してきました。

しかし、危険だとは分かっていても、返済できないものはできないと思います。

借金返済を毎月続けていても、残高はなかなか減らず完済までの道は遠いので、憂鬱になって疲れてしまうことがあります。

また、借金を返済していると、いろいろな疑問がわいてきます。

例えば、この利息は高すぎるのでは無いかとか、もっと賢く早く返済するポイントがあるのではないかとか、債務整理した方が良いのかなど、数え上げればきりがありません。

借金問題について誰か身近に詳しい人でもいて、相談できればそれにこしたことはないですが、実際にそのような人が周りにいることは少ないでしょう。

そもそも、借金があることを旦那さんや奥さんなどの家族を始めとして、周囲に打ち明けていない人もいます。

そこで、どうしても借金問題については自分一人で抱え込みがちになってしまうのです。

こんなとき、再度前向きな気持ちになる方法はないでしょうか。

実は、このようなときこそ、他人の借金の返済体験談を読むことをおすすめします。

特に、今はネットが普及したおかげで、簡単に手軽に他人の借金返済の体験談に接することができます。

検索してみればわかると思いますが、ネット上には膨大な量の質問や回答が出ていますし、体験談の内容も多種多様に存在します。

そこで、借金の体験談だけでなくどうやって返済したかの解決方法もセットで紹介して行こうと思います。

借金の体験談その1

20代女性の借金体験談です。

買い物をし過ぎてお金がなくなり、奨学金の返済ができなくなかったと言う話で、よくある話でもあります。

是非参考にしてほしいと思います。

20代OLの借金体験談

私は学生時代に奨学金を借りていました。

社会人になって、毎月返済を続けていましたが、ある時にショッピングで買い物をして、クレジットカード払いで20万円ほどの買い物をしてしまいました。

リボ払いならなんとかなると思ってカモノをしていましたが、そのとき奨学金返済のことが頭から抜けていました。

そして、返済日になってその月に返済するお金がないことに気が付きました。

何度か、返済日についての連絡がありましたが、買い物の返済分があったため、長期間返済ができそうにないとうことはわかっていました。

もちろん、急に収入が増えるなんてことはありません。

返せないことが分かっていたので、連絡を無視する毎日が続きました。

そうしたら、ある日ニッテレ債権回収に債権譲渡を行ったという通知が来たのです。

インターネットでニッテレ債権回収という会社を調べると、近いうちに裁判になる可能性が高いということがわかりました。

弁護士に相談して任意整理で減額

こうなってしまったら手遅れなんだろと思いますが、藁にもすがる思いインターネットで借金の返済方法を調べていました。

そこで、任意整理という法的に借金を減額する手続きがあることを知り、弁護士に相談することに決めました。

相談してみたところ、奨学金を任意整理すると、両親に債権が移るだけということがわかりました。

そこで、任意整理はショッピングローンを対象にして、そっちの返済の負担を軽くして、奨学金返済を再開させるほうが現実的という話をしてくれました。

その結果、毎月のショッピングローンの返済額が減額され、返済期間も延ばしてくれました。

結果として、奨学金返済も再開することができ、裁判になることをふせぐことができました。

また、今回の反省も踏まえ、クレジットカードを持つことはやめました。

借金の体験談その2

30代の主婦の借金返済体験談です。

旦那の事業が上手く行かずに、料金を滞納してしまいニッテレ債権回収から取り立てが来た人の体験談です。

DCMXで滞納

旦那が個人事業主ですが、もともと借金があって銀行はもちろんお金を貸してくれるところはなかなかありません。

あるとき、旦那のビジネスがうまくいかず、生活も回らなくなりました。

そんな状態でしたので、ドコモのDCMXの後払いでごまかしながら毎日をすごしていました。

普通の会社員であれば、もっと融通が利くのですが、旦那は個人事業主なので銀行からお金を借りるときの審査には通りません。

そんな状態で過ごしていましたが、徐々に支払いを滞納するようになりました。

そして、滞納が続いた結果、ニッテレ債権回収という会社から連絡が来るようになりました。

連絡の内容を聞いた所、このまま借金を滞納したままでいると、法的措置を行うということでした。

両親にお金を借りる

両親からお金を借りることにしました。

結果的に無計画となってしまったことに対して、こっぴどく怒られましたが、返済分については、なんとかなりました。

個人事業主という立場で働きやすさや夢を見るのはいいですが、現実的なことを考えさせられるきっかけとなりました。

借金問題に強い専門家へ相談する

1つ目の体験談で登場した、弁護士に借金の相談をするという方法は、国の借金救済制度を利用した方法です。

この方法は弁護士などの法律の専門家を頼らなかればできない手続きです。

ですが、相談する相手が弁護士であれば誰でもいいというわけではありません。

弁護士にも得意分野があり、刑事事件や交通事故示談、労務問題が得意というように扱う分野の種類があり、それぞれの問題を得意とする弁護士が多く、そのなかでも借金問題に強い弁護士に依頼しなければいけません。

当サイトがおすすめするサルート法律事務所は債務整理に強い法律事務所で、年間の相談件数が2万件以上もあります。

例えば、緊急で今すぐ借金問題を解決しないとまずいと言って相談してくる方もなどにも対応できます。

サルート法律事務所の代表弁護士である水野先生は弁護士歴40年のベテランで、こういった相談に慣れており、借金問題をきれいに片付けることで評判の弁護士です。

受付後の、手続きも丁寧かつ迅速で難しい相手でも驚くほどあっさりと交渉してくれます。

このように実力ある水野先生なら豊富な交渉経験があるため難しい債務整理の交渉でも素早くまとめてくれます。

さらにサルート法律事務所の相談窓口では相談後、取立を即日で止めてくれるので、厳しい取立をとめたいという方は、今すぐにでも相談するといいでしょう

弁護士法人サルート法律事務所

任意整理

任意整理とは、裁判所を通さず、弁護士が貸金業者(お金の貸し手)と交渉し、最低限の返済に済ませる手続きです。

具体的には、金利部分をゼロにしてもらうための手続きです。

金利部分をゼロにするということは、消費者金融で借りていた場合は、トータルの20%程度は減ることになります。

こちらの手続きは、長年借金の返済をしてきたのだけれども、金利分しか支払ってこなくて元本が全く減っていない、もうこれ以上は経済的に返済が厳しい!といった方にも向いています。

というのも、任意整理の良いところは、過去に支払った金利分も返済金額とみなし、元金から指し引いてくれるのです。

ですので、これまで払った金利分も加味してくれるため、トータルの借金額が半分以上減るといったことも考えられます。

最終手段は他の債務整理手続き

もしも上記の手段で解決できないようであれば、債務整理も検討する必要があるでしょう。

債務整理には、3つの手続きがあります。

先ほど「任意整理」について述べましたので、残りの「個人再生」「自己破産」について解説します。

個人再生

個人再生は、任意整理よりも借金の減額幅が大きく、自己破産のように財産を処分する必要がありません。

なお、ギャンブルによって抱えてしまった借金でも適用がされます。個人再生では、5,000万円以下の借金(住宅ローンを除く)が対象となり、80%以上の減額はされるでしょう。

ただし所有する財産があれば、その評価額などによって、実際の返済額が変動する可能性があります

自己破産

多額の借金を抱え、将来にわたっても返済が不可能である場合、裁判所に自己破産の申請をすることが可能です。

裁判所によって、自己破産が認められた場合には、全ての借金の返済が不要となる手続き、これが「自己破産」です。

自己破産は、借金をゼロにすることができるのが最大のメリットであり、とても良い方法だと思えるかもしれません。

しかし、当然ながらメリットがある一方で、大きなデメリットも存在します。

例えば、持ち家を処分するなどの大きなデメリットなどが挙げられます。自己破産は借金の背負った人の最終手段であると言われています。

借金は一人で返そうと思わず助けてくれる専門家を頼ろう

ここまで述べてきた方法によって、自分でなんとか解決へ持っていける場合もあれば、限界もあります。

債務整理などの、法的手続きをすることでしか解決の糸口を掴めないようであれば、弁護士などの専門家への相談で債務の整理をしましょう。

その中でも「自己破産」で借金をクリアにして再出発をする方法もあれば「任意整理」や「個人再生」などの軽傷で済む場合もあります。

どんな借金でも、解決方法は必ずあります。自分の人生と照らし合わせ、何を選ぶのが最適かを考えて行動に移しましょう。借金で一度は傾いた人生も、リスタートは十分に可能であります。

借金をする人に理解のある専門家

借金問題の手続きは複雑で、かつ専門知識がないとどの手続きをするべきか、判断できないことが多いです。

例えば自己破産しか無いと思った人が任意整理を行うことはよくあります。

実際、債務整理手続きの8割は任意整理が行われていると言われています。

今回紹介するサルート法律事務所は借金問題対応件数が2万件以上あり、その中でどの手続きを選ぶべきか助言してくれます。

債務整理手続きを行うと、どうしても弁護士費用が掛かってしまいますが、サルート弁護士事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な法律事務所です。

さらに、手続きを開始する前の相談は無料で何度も受付けているので、自分で判断できなければ一度相談してみると良いでしょう。

弁護士法人サルート法律事務所

このページの先頭へ