パチンコの借金地獄の危険|抜けた人の体験談

借金地獄に陥る理由は人それぞれ

借金地獄を味わった人達の理由は人それぞれです。

例えばパチンコのような娯楽や浪費が原因の借金の場合もありますし、身内の不幸などで止む得ないような借金、事業を失敗して作ってしまった借金など、借金をしてしまう原因は色々なところにあります。

何にしても借りたお金を返すなら、責任を持って今後のことを考える必要があります。

借金地獄になる原因は、借り入れ額が増えすぎて月々の返済が追いつかなくなることがほとんどの原因です。

そして、こういった原因の殆どが、借金をした人の考え方や行動に原因がある場合が多いです。

借金をする際には、消費者金融会社や銀行などを利用する方法が一般的です。

もちろん、借金をする場合、基本的に利息は高く設定されています。

収入が追いつかなくなることが原因で残高が増えすぎる傾向が強いです。

多額の借金を負ってしまい、その理由がパチンコのような浪費によるものだったとしても、解決するためにはさまざまな方法があります。

ただし、まったくの素人が一から個人で解決しようとするのは、法的手続きなどを含め難しい場面も出てきます。

借金を抱えてしまったら、ひとりで悩まずに、早めに専門家に相談することをおすすめします。

パチンコなど、賭け事が理由の借金でも、弁護士に相談すれば国の救済手段を受けることができます。

しかし、借金問題の手続きは複雑で、かつ専門知識がないと、どの手続きをするべきか判断できないことが多いです。

例えば、借金の金額が多すぎて、自己破産しか無いと思った人が、別の方法で助かるということはよくあります。

実際、借金救済の手続きの8割は、任意整理と呼ばれる手続きだと言われています。

今回紹介するサルート法律事務所は、借金問題対応件数が2万件以上あり、その中でどの手続きを選ぶべきか助言してくれます。

借金の救済手段の手続きを行うと、どうしても弁護士費用が掛かってしまいますが、サルート弁護士事務所は、本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる、良心的な法律事務所です。

さらに、手続きを開始する前の相談、は無料で何度も受付けているので、自分で判断できなければ、一度相談してみると良いでしょう。

弁護士法人サルート法律事務所

借金は癖になる

簡単にお金を手に入れる方法を知ると、金銭感覚を麻痺して癖になりやすく、自分自身で責任を持って考えることを怠りやすいことが特徴です。

借りた金額に利息などがかかるために安易に使わないように心がけ、目的別のローンを探すと金利が安くなるため臨機応変に考えると今後の生活に役立ちます。

借金苦になる人間の特徴はお金に対する意識が弱い場合が多く、金銭感覚を麻痺してお金を使いすぎる傾向が強いです。

借入をするときは今後の生活に役立てるように目的を決め、責任を持って今後の返済計画を立てて滞納をせずに使うように心がける必要があります。

ここでは、借金地獄に陥ってしまった人たちの体験談を紹介して、体験者たちが借金地獄を抜け出した方法に関して解説していきます。

甘い考えが起こした借金地獄体験談

20代男性の借金地獄の体験談

私は作った借入により、返済に追われる日々を送ってきました。

最初はほんのでき心、理由はパチンコで遊ぶお金欲しさでした。始めの1社目の借金は緊張していたことを今でも覚えています。

誰かに見られるんじゃないか、親や会社に知られたりしないだろうか、そんな事もいざ現金を引き出せば忘れてしまいます。

支払い日も融通がきくし、月々の借金返済額は5000円「なんだこんなものか、余裕じゃん」といつでも返せる気持ちでいました。悲劇はそこからだったのです。

遊ぶために借りたお金なんてあっと言う間に無くなってしまいました。

そこで思ったとこは、また借りればいいやと言う甘い考えでした。2件3件と次々に借りていき、気づいたときには借金苦になっていました。

月々の返済額も5000円が1万、1万が2万と増えていき最終的には5万円くらいになっていたはずです。

その頃にはもう他社で借り入れができない状態なっており、そんなに稼ぎもないのに給料を支払いに充てる日々、でもなかなか元金は減らずただただ後悔をしていました。借金苦ですので、もちろん遊びにも行けません。

法律事務所に相談

返済のために働く日々が苦痛になり、法律事務所へ行き債務整理をしました。

月の支払額を減らしてもらい完済するためです。

今でも返済は続いていますが、ようやく終わりが見えてきたところです。

若気の至りと言えば聞こえは良いですが、正直支払いに追われているときは生きた心地がしませんでした。

今後、無事に完済できれば借金は無くなりますが、もう借入はしないでしょう。

自分の収入から身の丈に合った生活をしていきたいと思います。

パチンコ借金地獄は繰り返される

パチンコなどの賭け事が原因の借金問題は、多重債務に陥る人が多く簡単には解決できない複雑な問題です。

この借金地獄に陥る原因は、ひとそれぞれです。

  • 事業の失敗
  • 住宅ローンの返済がきつい
  • 浪費
  • 賭け事
  • 生活費の不足
  • 保証人になってしまった

この借金地獄を解決するために、債務整理という方法があります。

債務整理は「生活再建」を目的としていて、原因を聞いたうえで、どのように改善していくかを一緒に考えていく手続きです。

中には、今の借金の返済額を減らし家計を見直すことで、比較的短時間で生活再建に向かうケースもあります。

パチンコは多重債務が多い

賭け事の中でも、パチンコは常習性が強いという特徴があります。

常習性が強ければ癖になりやすいですし、癖になれば軍資金を得るため、借金を重ねることになります。

その結果、借金に借金を重ねることで簡単に多重債務状態になり、借金地獄に落ちてしまいます。

総量規制と多重債務

今は総量規制の関係で、昔のように簡単に消費者金融から借金できる時代ではありません。

総量規制の法律によって、武富士などの大手消費者金融や、中小の消費者金融が倒産しました。

しかし、借金を重ねる抜け道はあり、あなたの仕事や年収によっては複数の貸金業者から借金を重ねられます。

何よりパチンコには、際限なくお金を使うことができます。

勝っても負けても、歯止めが効かずにどんどんお金を突っ込めるのです。

負けた場合は負けを取り戻すために、勝った場合はさらに勝つためにパチンコにのめり込んでいきます。

その結果、パチンコをするお金が足りなくなり、借金を重ねてしまい多重債務に陥ってしまいます。

パチンコに行かない工夫

パチンコが癖になっている場合、単に債務整理をするだけでは解決しないことも多いです。

お金の問題が解決したとしても、再度賭け事に走ってしまうと元も子もありません。

特にパチンコは、どこにでもあるため立ち寄りやすく、ゲーム感覚でお金を大量につぎ込んでしまう賭け事です。

瞬間的に儲けたお金もパチンコに賭けてしまう人が多くいます。

自分のパチンコ癖の克服に良いとされるのは、自身はお金を持たないことと、他に時間を充てることです。

家族などにお金を管理してもらい、自分の自由になるお金は最低限の食費などとすることで、パチンコ店などに行きたいと思っても行くことができないように自分を縛ってしまうことでしょう。

もちろん、借金もできないように身分証も管理してもらいましょう。

パチンコが理由でも債務整理可能

債務整理は、返済しきれない借金を整理し返済の義務をなくしたり、減らしたりすることができます。

こう聞くと、借金を返さなくていいのかと思うかもしれません。

実は、債務を整理するためにはさまざまな条件があり、一概にすべての債務が免責(返済の義務をなくすこと)できるわけではありません。

たとえば、債務整理の方法のひとつに「自己破産」があります。

簡単に言うと、今ある借金をすべて処分するということです。

ただし、そのためには裁判所に認めてもらわなくてはいけません。

裁判所はすべての債務を免責するわけではなく、却下されることがあります。

この「免責」が裁判所から下りなくては、最悪の場合、破産するだけで債務をなくすことはできません。

この免責不許可理由にはいくつかありますが、その中のひとつに「浪費や賭け事のために借金をしたり、著しく財産を減らしたり、または過大な債務を負担した場合」というものがあるのです。

もし、生活保護を受けているのであれば、市役所を通じて相談するのがいいでしょう。

パチンコの借金は自己破産できない

上記で説明したとおり、一般的には、浪費や賭け事で作った借金に対しては「免責不許可事由」ということで「返さなくていいという許可は与えられない」という判断を裁判所が行うことになります。

しかし、自己破産が初めてで、自己破産を前提とした賭博行為ではなく、裁判官に反省していることが伝われば、自己破産が認められることがあります。

1回目は、やり直すチャンスを与えようという配慮ですので、当然2回目はありません。

2回目の自己破産の原因がパチンコの借金だった場合は、反省をしていないということで、自己破産を認められなくなる可能性がとても高くなります。

自己破産が認められない場合は、個人再生もしくは任意整理で借金の返済を行うことになります。

定期的な収入がない方は自己破産

このように、自己破産は賭け事が理由の借金は、免責の理由として認められないと明記されています。

ただし、実際の判断としては、借金の程度や状況なども勘案されるので、一概にすべて認められないというわけではないようです。

この判断は、素人では難しいこともあるので、経験豊富なプロに任せるのがよいでしょう。

自己破産は、定期的な収入のない無職や主婦でも申請手続きを行い、裁判所の許可が下りれば可能です。

ただし、弁護士などのプロに依頼すると、最低でも10万円~の費用がかかります。

個人で申請することも可能ですが、印紙代などでやはり数万円はかかってしまいます。

パチンコによる借金返済の注意点

パチンコが原因の借金は、自己破産の手続きができないことを説明しました。

借金の原因が問われない、任意整理をおすすめしましたが、任意整理は安定した収入がないと、そもそも返済ができないので注意が必要です。

任意整理による借金脱出方法は、借金の金額を減らすことはできますが、借金を帳消しにすることはできません。

そのため、ある程度の収入がないと返済できる根拠にならないため、任意整理の交渉もできなくなります。

任意整理なら手続きできる

借金返済で行き詰ってしまった場合、任意整理を検討している人も多いかと思います。

任意整理は、債務整理の中でも頻繁に行われている手続きですが、任意整理を行う前に、まずはしっかりと特徴を理解してから、手続きを行ってください。

債務整理の中でも、任意整理はデメリットが少ないという特徴を持っています。

そのため、債務整理の中でも一番選知られる手続きとなっており、パチンコで借金地獄に落ちた人を、最も救い出していると言われています。

そんな任意整理は、どのように手続きを行って、どれくらいの費用がかかり、どんなメリットデメリットがあるのかをここで説明していきます。

任意整理を行ったほうがいいか決める前に、どれくらいの借金があるかなど、現在の借金の状況は知っておいてください。

任意整理は、一番頻繁に行われている手続きですが、借金の金額によっては、別の手続きの方が良いこともあります。

そういった意味では、いきなり任意整理の手続きを行うのではなく、手続きの前にある程度は自分の状況と任意整理について、理解しておくことをおすすめします。

手続きを弁護士に任せる場合でも、任意整理の手続きについて知っておくと、相談もスムーズに行うことができるので、まったく知識がない状態よりも、特徴を知っている方が有利です。

任意整理に必要な費用

任意整理を行う場合、費用はどれくらい掛かるのか気になると思います。

費用については、借金状況によって変わるため、一概に判断することはできませんが、一般的な相場は10~20万で収まります。

借入れ金額や、過払い金の状況、借入先の件数、減額できた金額などによって、費用は違ってきます。

それでも、ある程度相場について知っておかないと、弁護士を選ぶ際に不安になると思うので、先ほど紹介した相場は頭に入れておきましょう。

なお、この相場を下回る法律事務所も、ネットで見つけることができますが、安いところには相応の理由があります。

事務所によっては、手続きの工程を省いていることもあるため、注意が必要です。

パチンコの借金を債務整理

一度ハマるとなかなか抜けられない、それが賭け事というものです。

パチスロ・競馬・競輪・競艇など、そのせいで多額の借金を負ってしまうケースも少なくありません。

借金を返済しきれないとき、解決するためにはいろいろな方法があります。

これらをまとめて「債務整理」と呼びます。

債務整理には大きく分けて「自己破産」「個人再生」「任意整理」「特別調停」の4つがあります。

これらはそれぞれ方法が異なります。また、中には賭け事が理由だと却下されるケースもあるので、要注意です。

パチンコの借金について、ほとんどの弁護士は債務整理すすめてきますが、いきなり債務整理と言われてもわからないかと思います。

そんな人のために、債務整理の基本について紹介します。

パチンコの借金は賭け事が理由の借金になので、無制限にあらゆる債務整理が認められているわけではありません。

ここでは、パチンコの借金を債務整理するために知っておくべきポイントについて紹介します。

自分に合った手続きを選ぶ

パチンコの借金は状況に応じた債務整理を行うことになります。

全ての人に当てはまる解決方法はありませんので、最終的にどの債務整理を選ぶかは弁護士と相談して決めることになります。

どの債務整理を行うかが決まれば、あとは弁護士に任せておけば問題ありません。

もちろん、手続きなどは必要になりますが、債務整理の作業そのものはすべて弁護士が行ってくれます。

パチンコの借金地獄から抜ける

パチンコなど、賭け事が理由の借金でも、債務整理なら国の救済手段を受けることができます。

しかし、借金問題の手続きは複雑で、かつ専門知識がないとどの手続きをするべきか判断できないことが多いです。

例えば、借金の金額が多すぎて自己破産しか無いと思った人が、実は任意整理で助かるということはよくあります。

実際、借金救済の手続きの8割は任意整理が行われていると言われています。

今回紹介するサルート法律事務所は、借金問題対応件数が2万件以上あり、その中でどの手続きを選ぶべきか助言してくれます。

借金の救済手段の手続きを行うと、どうしても弁護士費用が掛かってしまいますが、サルート弁護士事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な法律事務所です。

さらに、手続きを開始する前の相談は無料で何度も受付けているので、自分で判断できなければ一度相談してみると良いでしょう。

弁護士法人サルート法律事務所

このページの先頭へ