メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

病気で借金を抱えたらどうしたらいいのか?

もともと個人事業を営んでいたりサラリーマンとして働いていて、問題なくローン返済ができていた人であっても病気をして突然仕事ができなくなることがあります。

最近では、サラリーマンのうつ病により仕事を失ってしまい、そのまま生活するために借金をする増えています。

このように病気が原因で失業した場合、県民共済や保険会社から保険金をもらえる場合もありますが、保険に入っていなければこのような手当もありません。

結局は、失業と同時にお金がなくなり、支払いを滞納すると保証会社や信用保証協会が借金の代位弁済をして、借金残金の一括返済請求をしてくることもあります。

病気で働けなくなって収入が無くなったために、生活費が足りなくなって消費者金融から借金してしまうことも多いですが、これらの借金は高利息なので、さらに借金返済が苦しくなってしまいます。

このように、病気をすると、今まで借金癖などなくても突然借金生活に陥ってしまうという状況が多発しがちです。

どうしても借金を返せない状況になってしまったら、まずは借金問題の専門家に相談してみて下さい。

こういった時の、国の救済制度の利用の仕方を教えてくれます。

病気で借金状態になったらどうしたらいいのか

病気やケガをして働けなくなり、収入が減ったり無くなったりすると、とたんに生活が苦しくなります。

傷病手当金をもらっても充分ではなく、元々借金癖などなくても、消費者金融会社やクレジット会社などの借金に頼らざるを得なくなることもあります。

このように病気などが原因でできてしまった借金問題も債務整理で解決できるのでしょうか。

病気で借金を抱えたら自己破産して生活保護を申請しよう

病気で働けなくなったことが原因で借金ができてしまった場合も債務整理は可能です。

弁護士事務所や司法書士事務所に相談してアドバイスをもらい、適切な手続きを依頼して進めてもらえば、たいていの借金問題は解決できます。

ただ、病気が原因の借金の場合、手続き後支払い義務が残る任意整理や個人再生は厳しいことが多いです。

特に個人再生は、一定の支払い能力が求められ、裁判所によって厳しく審査されますので、病気で働けず無収入となっている(またはほとんど収入がない)状態では難しいでしょう。

このような状態であれば、自己破産手続きがおすすめです。

自己破産をすれば、借金支払い義務を完全に0にしてもらうことができます。

また、手続き申請と同時に、生活保護の申請もしましょう。

自己破産後は借金返済義務が無くなるので、生活保護を受給しながら生活していけば生活を維持することができます。

借金を相続した場合には相続放棄

自分が病気にかからなくても家族や父母などが借金していることがあります

こういったケースは家族が病気で死亡すると、借金を相続してしまうことがあります。

また、死亡した親が他人の借金の保証人になっていることもあります。

親が死亡すると、死亡保険金などが入ることもあり、その保険金で相続した借金を全額返済できれば良いですが、そのようなケースばかりではありません。

親や夫などから借金を相続したくない場合には、借金を相続しないために「相続放棄」という手続きを執りましょう。

相続放棄は家庭裁判所で手続きすることができます。

夫が死亡した場合の遺族年金は、相続放棄したとしても問題なく受給できますので、相続放棄後の生活を心配する必要もありません。

弁護士に借金の相談をするなら

借金問題の手続きは複雑で、かつ専門知識がないとどの手続きをするべきか、判断できないことが多いです。

今回のように病気が原因、家族が病気になってしまい返済できなくなるといったことなど様々なケースが考えられます。

こういった場合で弁護士に相談する人の多くは自己破産しか無いと思うことが多いそうです。

しかし、他にも方法があり、任意整理という自己破産よりもリスクが少ない法的手段で借金を減額することができます。

実際、借金返済の法的手続きの8割は任意整理が行われていると言われています。

今回紹介するみつ葉司法書士事務所は借金問題対応件数が2,400件以上あり、その中でどの手続きを選ぶべきか助言してくれます。

債務整理手続きを行うと、どうしても弁護士費用が掛かってしまいますが、みつ葉司法書士事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な司法書士事務所です。

さらに、手続きを開始する前の相談は無料で何度も受付けているので、自分で判断できなければ一度相談してみると良いでしょう。

病気が原因で借金をしてしまった場合

主に病気の治療費や入院費など、自己負担限度額を超えてしまい、治療費の確保のために消費者金融から借入するケースが発生します。

病気や怪我で働けなくなるのは考えられますが、実際にお金を借りているわけですから、容赦なく延滞金が発生してしまうこともあります。

また、若い人は両親が難病などを患った際に介護をすることになりますが、介護費用のせいで渋々借金を背負う破目になります。

ましてや少子高齢化の影響で、介護の問題が深刻化している日本の現状では、介護施設への入居費を出すことは難しいです。

美容整形外科は患者の要望で容貌を変える手術を受けるので、万が一のことを除いた場合は大半は保険適用外です。

容姿で悩んでいるあなたがもし受けたいのであれば、ある程度まとまったお金を用意しておきましょう。

他にも、先進医療でがん治療を受けた場合、選定療法を利用した場合など、これらの治療法も保険適用外になってしまい、全額自己負担になってしまいます。

このように、止むを得ない事情で借金をしているということがあります。

ましてや、生命保険をかけていなかった場合には、ケガや病気で入院を余儀なくされた場合に、多額の医療費で金銭的に困窮してしまい、上記の事態に発展してしまいます。

既にある借金の返済中に病気を患ってしまった場合

ここからは病気で借金を作ってしまった人とは違う話です。

債権者側は事情を知っても取り立ては容赦ないですので督促状や電話を繰り返します。

場合によっては一括請求を含めた内容証明郵便がポストに入っている場合があります。

病気が原因で差押えを喰らったり、裁判になってしまった場合は不幸としかいいようがありません。

もっとも、借金の内容次第では、自業自得というほかにならないこともありますが。

共通する解決方法

どの借金にも共通していますが、そのまま滞納していくと後々まずいことになり兼ねませんので、まずは法律相談所に連絡をとり、債務整理を行って借金を減らしていきましょう。

ただし、いきなり自己破産をするよりも、まずは任意整理を行って借金を確実に返済できるように軽減させましょう。

詳しくは書きませんが、医療費の限度額以上を払い戻ししてくれる制度、病気や怪我で休まざるを得なくなった場合の制度など、医療費に関する制度を設けられています。

有効活用すれば、医療費で悩む心配はありませんが審査が通らなければ利用することができません。

いずれにしろ、下手に素人のあなた一人で解決しようとすると返って大変なことになりますので、まず借金に関しては弁護士や司法書士とご相談ください。

事故や病気で入院を余儀なくされる場合があります。

生活習慣次第で発症する確率が変わる、不慮の事故で大けがを負った場合には多額の医療費が必要になってきます。

こうならないよう、事前に保険に加入しておく、医療費にまつわる制度を利用するなど、ある程度の対策を取っておきましょう。

病気になっても借金の返済を待ってはくれない

借金の返済ができない状態が続くとストレスが溜まり、精神的にまいってきます。

また、借金が多額で返済ばかりにお金を回していると、食費にお金が回せずに栄養不足に陥ることがあります。

ちょっとした風邪でも病院に行かず放置していると、もっとひどい体調不良になるケースもあるのです。

借金があって返済がつらくて、そのストレスから体調不良になり会社を休んでそのまま辞めてしまう人もいます。

しかし、それで無職になっても借金は返済する義務があります。

つまり、病気になっても返済義務はあるので「病気だから返済ができません」という理由は通じないのです。

放置すると裁判になることも

勘違いをしてはいけないのは、病気になって無職になったから、借金を返済しなくても大丈夫だろうと勝手に解釈してしまうことです。

例え、病院に行って診断書を書いてもらっても返済義務はなくなりません。

実際、重病でも生死に関わる手術中でも借金の返済義務は継続中です。

問題なのは、あなたが病気をしていて、払えないからと放置してしまうことです。

確かに病気だとなかなか返済できない状態になります。

銀行に行こうとしても歩くのもきついでしょう。

こんな状態のときに金融業者と話すのも嫌でしょう。

しかし、そのまま金融業者の連絡を無視していると、いずれ裁判になることもあります。

そして差し押さえが開始されることがあるかもしれません。

無理をして支払いをすることはない

しかし、病気をして無職になり、入院もしくは自宅療養をしているのに、無理に借金を払うことは厳しいです。

お金も足りないはずですが、まだ手元のお金があっても病気になった状態で仕事もできず、いつまでお金が持つかも分かりません。

そんなときに、自分の病気よりも借金の返済を優先してしまうと、病院代や食費も払えなくなります。

また、フラフラになって銀行に行く途中で倒れることだって考えられます。

そんなときに、道路で倒れて事故になったらどうしますか?もっと大変な重症になるかも知れません。

病気になり、その影響で無職になり療養しているのなら、身体を治すことを優先するべきです。

ただし、弁護士に相談してから療養生活に入りましょう。

その方が安心して借金問題を任せて、自分の身体を良くすることに専念できます。

対処法

借金の返済ができないと判断した時点で、すぐに金融機関や貸金業者などの債権者に連絡をしましょう。

その際、「いつなら返済できるか」を具体的な期日で示すことを求められます。

返済する当てがある場合には、その期日を指定しましょう。

しかし収入が途絶えて「もう返済はできない」という場合には、病床で自分で何とかしようを思っても限界があるでしょう。

借金の返済に充てる財産もない場合には、債務整理を視野に入れて弁護士や司法書士などの専門家に相談をしてください。

債務整理には、任意整理、民事再生、自己破産がありますが、専門家によく相談をして方法を選択すると良いでしょう。

多少の財産があり、尚且つすぐに復職できる見込みがある場合には、借金を減額できる任意整理や民事再生をすると良いですね。

しかし復職の目途が立たない場合には、自己破産も考えたほうが良いでしょう。

自己破産をすると財産の没収をされてしまいますが、借金が全てゼロになり、返済の必要が一切なくなります。

「自己破産をしたら人生終わりだ」などと考える方もいるようですが、そんなことはありません。

自己破産は国が定めた債務整理の中でも最も重度の借金苦に陥っている債務者を救済する制度です。

これは人生を終わりにするための措置ではありません。

借金の返済が困難になった方を救済するための措置であることを忘れないでください。

必要な状況では、必ず救われます。

専門家によく相談をして、ご自身に合った方法を選択してください。

いずれにしても病気になったことで借金の返済を免れることはありません。

どの方法を選択するにしても、早めの対応が望ましいでしょう。

病気で弁護士に会うのが難しい場合

そもそも病気で外に出られない人も多いと思います。

しかも病気になっている状態でいきなり弁護士の事務所に借金の相談となると人によってはハードルが高いでしょう。

病気が原因で相談することができない場合は、電話相談可メール相談を利用するのが良いです。

昔の司法書士事務所は必ず連絡をとって面談日を予約し、相談しなければいけませんでした。

しかし、今の司法書士事務所はだいぶサービスが良くなり、なかなかお時間が取れない方や人目が気になる方のために、電話相談やメール相談のサービスを用意しているところもあります。

しかも、この相談は無料で受付ているところが多いです。

病気が原因でもし相談ができないという理由があるなら、まずはこういったサービスを利用してあなたの病気と借金に寄り添ってくれる弁護士が見つけると良いでしょう。

病気が原因の借金を解決した実績のある弁護士

病気が原因の借金だと、相談者はまず病院にいるのでなかなか弁護士と連絡を取ることができません。

そうなると、司法書士事務所側も動けないため対応してくれない場合が多々あります。

今回紹介するみつ葉司法書士事務所は借金問題対応件数が2,400件以上あり、相談者が病気で動けないような時の解決実績もあります。

病気で収入がない場合、どうしても滞納しがちで交渉の難易度がありますが、代表弁護士の島田先生は弁護士歴40年のベテランで難しい借金問題でも解決したことのある実力は弁護士です。

過去の経験の中には似たような例も多いため安心して相談してみると良いです。

さらに、手続きを開始する前の相談は無料で何度も受付けているので、まずはネットから無料相談を行ってみましょう。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル