メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

リボ払いで借金地獄に落ちる可能性があるって本当?

知らぬ間にできたリボ払いの借金地獄から抜け出すなら、借金の専門家を頼リマ症。

特に、リボ払いの借金が膨れ上がっていた人は弁護士に相談することをおすすめします。

ただし、相談相手は必ず借金問題に強い弁護士を選んでください。

今回紹介するみつ葉司法書士事務所は、借金の相談だけで年間2,400件以上の相談を受ける業界でもトップクラスの借金問題の相談先です。

また、借金問題に理解があり無料相談窓口を設けているため、わからないことがあれば無料で教えてくれます。

みつ葉司法書士事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な司法書士事務所なので安心して相談できます。

リボ払いって借金地獄に落ちる可能性があるって本当?

一見便利なリボ払いですが、私のように借金地獄におちいる可能性をはらんでいます。

それは何が原因なのか見ていきましょう。

毎月の支払額を少なくしてしまうと、支払残高がなかなか減りません。

そして支払残高が減らないということは、買い物のたびに支払残高が増えていくということになります。

そうすると気付くと毎月毎月支払残高がふくれているのです。

ルーズな人は、毎月支払残高を確認しなかったりするので、しばらくして支払残高を照会したときに、その金額に衝撃を受けたりします。

行っても10万円くらいかなと思っていたのに、気づかぬうちに30万円近くまで膨れあがるというのはよく聞く話です。

これだけなら借金地獄とまでは行きませんでしたが、焦って生活を切り詰める人が多いです。

カードの支払いが日常になっていると、普段の現金の買い物と同じような感覚になり、何をどれくらい買って、今月はいくら使ったのかという感覚が曖昧になってしまいます。

ここからはサイト管理人が実際に体験したリボ払いで作った借金の返済体験をもとに説明していきます。

リボ払いのみしか使えないカードがある

契約したカードがリボ払いしかできないカードだったのです。

そんなものがこの世にあるのかと思いましたが、実際に存在します。

なかなか支払残高が減らないときに、なぜこうなったのかを把握するために、調べていたときに気付きました。

そもそも私はリボ払いされているということにすら気付いていませんでした。

詳しくは分からないけど、毎月必要な分だけ引き落とされているんだろうとざっくり思っているだけでした。

しかし毎月、給料日前になってキャッシングしようとすると、限度額オーバーで1万円しか借りられないことが繰り返されて、なぜこんなことになったのかを調べたところで、実はリボ払いというものだったと初めて知ったのでテレビCMでリボ払いという言葉は聞いていたものの、何のことかは分かりませんでした。

自分の支払いはどうなっているんだろうと、ネットで自分のカードを調べたときに始めてリボ払いされていると言うことに気付いたのです。

そして自分で毎月の支払額も決められるということもその時初めて知りました。

かつ、そのときの毎月の支払額は初期設定の10,000円になっていたことも初めて確認したのです。

毎月10,000円しか返済していないのですから、限度額いっぱいまで借りていれば、10,000円しか新しく借り入れできないのは当たり前です。

ここでリボ払いの怖さに気付き、リボ払いを解除したいと思い電話で問い合わせをしたときに、

「そのカードはリボ払いしかできないカードです」

と言われ、びっくりしたのを覚えています。

リボ払いが危険な3つの理由

リボ払いでの膨れ上がる借金から、リボ払いは危険だと学習しました。

リボ払いがなぜ危険かをおさらいすると、
1.毎月の支払額が少ないと支払残高がなかなか減らない
2.初期状態だと毎月の支払額が10,000円に設定されているので、支払額を毎月の買い物額が上回ってしまい支払残高がどんどん増える
3.支払残高が減らない状態を長く放置すると、手数料がかさみ、万単位で損をする

といったところです。

では、そうならないようにどのような対策を取るべきなのかをご説明します。

毎月の支払額を上げる

リボ払いの根本的な危険性は、毎月の支払額が少額になってしまうことにあります。

極論、毎月の支払額を50万円にしていれば、毎月それ以下の買い物をしていれば、全て一括払いになるのと同じ訳ですから。

リボ払いにしようと思った月や、最初からリボ払いに設定したときには、いくらなら借金地獄にならない適正な支払額かを念入りに計算した方がいいと思います。

考え方のコツは、限りなく一括払いに近いくらいの金額に設定することです。

そうすれば支払残高はなかなか繰り越しにならずに済みます。

とは言え、それではリボ払いの意味はないので、楽な支払額でかつ一括払いにできるだけ近く寄せた金額が、適正な支払額になると思います。

過去の経験から考えますと、30,000円が適正支払額ではないかと思います。10,000円では絶対に少ないです。

スマホの支払い、ネット回線、プロバイダ、そこに加えて光熱費もカード払いにしておくと、それだけで15,000円ほどいってしまいます。

つまり、支払額を10,000円に設定しているなら、絶対に支払残高は増えていくことになります。

加えてそのほかの買い物をしていたなら、増額していくスピードはかなり早くなります。

これに気付いて、原因を考えたところ、支払額が10,000円に設定していることが間違いだと思います。

ですから、支払額10,000円の設定は絶対にあり得ない設定なのです。

しかし、カード会社の初期設定では10,000円に設定していることが多いので気をつけましょう。

もしくは、よく考えずに自分で10,000円かなと記入、もしくは入力してしまっていることもありますので、再度確認してみてください。

設定が50,000円だと、おそらくたいていの人が毎月ほぼ一括払いと同じ意味になると思います。

収入や、毎月の固定費をどれだけカード払いにしているかにもよるので、設定額は個人によると思います。

リボ払いの落とし穴は金利にある

さて、リボ払いの危険性のひとつに手数料の高さを上げました。

これは具体的にはどういうことか見ていきましょう。

リボ払いの手数料は毎月支払残高に応じてかかってきます。

したがって支払残高が減らなければ、ずっと手数料を払い続けることになります。

リボ払いは危険だと思った理由のひとつに、毎月の手数料の高さが挙げられます。

というのも手数料だけで2,000円以上も取られるのです

では具体的に手数料とはどれくらいかかってくるのでしょうか。

実質年率

リボ払いの手数料は金利で計算されます。

支払残高に金利をかけたものが手数料になり、金利を実質年率と言っている会社もあります。

金利や手数料などをトータルすると、実質的に年率これくらいに相当しますという意味です。

では、実際その実質年率はどれくらいなのでしょうか。

例えば、楽天カードではショッピング枠の実質年率は15.00%で、キャッシング枠の実質年率だと18.00%になります。

損してるか手数料を計算

では実際にその実質年率で計算すると、どのような結果になるのでしょうか。

いくら使って、どれくらいの期間でどれくらい支払っていくと、どれくらいの手数料を払うことになるのか、これがわからないからリボ払いで損をしてしまうのです。

計算で手数料を見える化すれば、リボ払いの怖さがわかると思います。

私が陥った、30万円の支払残高を、毎月の支払額を10,000円にして3年計画で返済していくとするとどうなるか、計算してみます。

すると、このときの手数料の総額は57,416円にもなり、たったの30万でも結構な金額になります。

しかも完済までに要する期間は2年半もかかり、毎月の手数料は最大で3,694円になり、そこからゆるく減っていきます。

しかもこれは、他にカードで買い物をしないという前提の話で、さらにリボ払いで何かを買えば、さらに積みあがる可能性もあります。

支払額を10,000円にしておいたら、半永久的に支払残高は減らずに、半永久的に手数料を払い続けることになるのです。

では、支払額を30,000円にして再度計算してみます。

手数料の総額は19,919円、完済までの期間は10ヶ月、月々の最高手数料は3,439円となりました。

この計算も、これ以上買い物をしないという条件でのことですから、実際は40万か50万で計算したときの数字が現実的な数字なのかもしれません。

現実的な返済スケジュールでリボ払いの手数料はどうなるか

次はもう一度現実的な支払いの計算を見てみましょう。

おさらいをすると、30万円の支払残高があるときに毎月の支払い額を10,000円に設定すると、完済までに要する日数は2年半で、支払手数料の総額は57,416円でした。

毎月の支払額を30,000円に設定すると、完済までの期間は10ヶ月、手数料の総額は19,919円となります。

しかしこれらはあくまで、それ以上カードで買い物をしなかった場合の話です。

大抵は今後もカードで買い物をしていくはずです。

ですから、カードの支払いが毎月2万円あったとすると、最初のケース返済額が10,000円では永遠に完済できません。

ふたつめのケースでも返済期間は長引くでしょう。

毎月カードの支払いが2万円ずつ増えていくとすると、支払期間は10ヶ月ですから、だいたいざっくりと15万円くらい上乗せした45万円の支払残高の計算と同じくらいになるのではないでしょうか。

支払残高30万円を毎月支払額30,000円で設定し、毎月さらに20,000円ずつ買い物を続けたとすると、その計算は支払残高45万円くらいでスタートするのと同じくらいとして再度計算してみます。

支払残高45万円を支払額30,000円のリボ払いで計算すると、完済までの期間は15ヶ月、手数料の総額は43,982円になります。

ただこれは、45万円からスタートしたという計算で、実際は30万円からスタートし毎月2万円を足していくわけですから、ここまでの高い月々の手数料にはなりません。

しかしこの計算は本当にあっているのでしょうか。

30,000円返して20,000円使っているわけですから、実質は10,000円しか返済していないことになります。

実はひとつめのケース、支払額を10,000円に設定しているのと同じことになります。

ということは、支払残高30万円のときに毎月20,000円買い物を続け、支払額を30,000円に設定していると、完済までに要する日数は2年半で、支払手数料の総額は57,416円となるのです。

これが現実的な返済スケジュールではないでしょうか。

ところがそうなると、これだけの時間がかかり、これだけの手数料を支払うことになるのです。

実際に起こりそうな返済スケジュールですが、この時間と手数料は受け入れられるでしょうか。

受け入れられると答える人は少ないと思います。

ではちなみに2万円の買い物を続ける場合で支払額を40,000円として計算してみましょう。

差し引き20,000円を返済するという意味になります。

計算すると、完済までの期間15ヶ月、手数料の総額は29,318円となります。

これを知って許容できるでしょうか。

そもそも毎月の支払額40,000円としている段階で、ほぼ一括払いに近いくらいの返済額になっているでしょうから、あまりリボ払いの意味はなくなってきています。

実際にあったリボ払いによる手数料を計算してみた

私はショッピングのリボ払いだけでなく、クレジットカードのキャッシングのリボ払いでも失敗しています。

支払残高がなかなか減らないで苦労した覚えがあります。

加えてルーズな性格なので、利率や利息についてまったく無頓着でたいしたことないだろうと思っていました。

毎月給料が入ってくる身だと、少々利息が付こうが支払えるという自信があるので、利息がどれくらいか調べようという気にもならないのです。

本当に給料に自信があるのなら、そもそもキャッシングなんかしていないはずなので、この自信は矛盾がある自信だと今となっては思います。

それを例にとって、支払いスケジュールと利息の関係を見てみましょう。

支払いスケジュールと利息の関係

私は限度額10万円のキャッシングで、支払残高10万円めいっぱいの状態から毎月10,000円返済し、かつまた10,000円を借り入れるという自転車操業状態を2年間続けていました。

この方法でいったいどれくらい手数料を支払っていたのでしょうか。

1年間はまったく支払残高を減らさないで、1年たってから1万円ずつ返済していきました。

手数料の総額は2年後にどうなっているかを計算してみました。

最初の1年で、実質年率15.00%ですから15,000円手数料を取られることになります。

次の1年で毎月1万円ずつ返済していくと、手数料の総額は6,636円で、返済期間は10ヶ月になります。

私は最初の1年は自転車操業のまま放置して、1年してから返済していきましたので、私が支払った手数料の総額は、21,636円となります。

しかし、ここでひとつ注意しなければいけないのは、支払残高は10万円から始まったわけではないという点です。

10万円になるまで少しずつ借り入れを増やしていったということですから、そこまでにも手数料は発生していたはずです。

つまり、その前段階の手数料まで含めると、私はそのキャッシングで25,000円ほどの手数料を払っていたことになるのです。

こうして知らず知らずのうちにリボ払いで借金地獄に陥ってしまうのです。

リボ払い借金地獄から抜け出すための脱出方法

万が一借金地獄に陥った場合は、その程度に応じて2つの解決方法があります。

借金の借り換えを行なう

リボ払いの場合、支払い残高に対して一定の利息がかかりますが、この利息が比較的高いため、例えば100万円程度の残高があると、毎月1万円程度の利息が発生してしまいます(クレジットカード会社によって多少異なります)。

この利息を圧縮するために、金利の安いネット銀行のカードローンで別途キャッシングを行ない、それによってリボ払いの支払い残高を一括返済することで、毎月発生する「利息」を半分以下に抑える事ができます。

ただし、これはあくまで債務残高が100万円以下で、本人にそれ以外の借金がないような場合です。

もしも、借金額が大きかったり、自分自身の収入で返済ができなかったりするような状況であれば、次の方法になります。

弁護士に相談して任意整理を行う

任意整理とは簡単に言うと、弁護士があなたに代わって借入先のクレジットカード会社と交渉し、借金残高の減額、支払い期間の延長、利息のカットなどを行なう借金減額ができる法的な手続きです。

自己破産とは違い、官報などに掲載されて一般に公表されることもないので、その点は心配ありません。

交渉が上手くいけば、クレジットカード会社の合意の上、借金が大幅に減る可能性があります。これにより借金地獄から抜け出すことができます。

任意整の手続きでおすすめの司法書士事務所

借金問題の手続きは複雑で、かつ専門知識がないとどの手続きをするべきか、判断できないことが多いです。

例えば自己破産しか無いと思った人が任意整理を行うことはよくあります。

実際、債務整理手続きの8割は任意整理が行われていると言われています。

今回紹介するみつ葉司法書士事務所は借金問題対応件数が2,400件以上あり、その中でどの手続きを選ぶべきか助言してくれます。

債務整理手続きを行うと、どうしても弁護士費用が掛かってしまいますが、みつ葉司法書士事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な司法書士事務所です。

さらに、手続きを開始する前の相談は無料で何度も受付けているので、自分で判断できなければ一度相談してみると良いでしょう。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル