日本債権回収からの電話の意味|取り立てを受けた人の体験談

日本債権回収の電話督促

オリコからの借金を滞納していると、日本債権回収会社からの電話による督促が来ます。

聞いたことのない会社からの取り立てなので、詐欺を疑うかもしれません。しかし、日本債権回収は国から許可を得て営業している会社であり、詐欺ではありません。

督促を受けているにも関わらず、返済も債務整理などをせずに放置していると、日本債権回収から遅延損害金も含めた全額を一括で支払うことを求める裁判を起こされてしまいます。

この場合、分割で返済できると主張しても応じてもらえず、その時点で自己破産しか選択肢がなくなってしまいます。

自己破産以外の方法が取れなくなる前に、督促の電話がきた時点で少しでも早く専門家に相談すべきです。

一人で抱え込んで手遅れになる前に、借金問題を専門にする弁護士に借金の悩みを聞いてもらいましょう。

借金問題に強い法律事務所なら、借金返済ができない場合も丁寧に対応してくれます。

問題が大きくなる前に弁護士に相談

日本債権回収から電話で督促が来たということは、すでに支払いの督促状も自宅に届いているはずです。

そこに支払うべき金額が記載されているので、支払い可能かどうかを確認してください。

自分の毎月の収入はわかっているはずなので、請求されている金額を返せるかもわかるはずです。

そもそも督促状が届いた時点で、支払いが遅れているので、遅れた分の積み重なった借金を返すのは難しいかと思います。

しかし、このまま放置していても一括請求がきてしまうだけです。

借金を返済できないのであれば、弁護士に相談して、債務整理をすることをおすすめします。

債務整理をすることで、当分は借金やローンができなくなりますが、裁判になって差し押さえになるよりは良いと思います。

場合によっては、自己破産しかできないこともあり、車などの資産があれば没収されますが、借金の取り立てからは解放されます。

ギャンブルや浪費が原因の借金であっても、1回目であれば自己破産の免責が認められるはずです。

債権回収会社からの取り立てを受けて、給料の差押えといった事態になると、職場にも迷惑が掛かり、そのまま勤め続けることも難しくなります。

問題が大きくなる前に、弁護士に相談して問題を解決していきましょう。

滞納したまま踏み倒しはできない

知らない企業からの督促なので、放置しておけば踏み倒せるのではと思う人も多くいると思います。

しかし、こうした考え方は現実的ではありません。

なぜなら、日本債権回収は取り立てのプロフェッショナル集団です。

取り立てに必要な法律の知識や実務経験、ノウハウを豊富に蓄積しており、取り立てを行うことも法務省から認められています。

こうしたプロを相手に、一般人である私たちが踏み倒しを行うことは不可能です。

また、滞納した状態で取り立てを放置していると、ほぼ確実に裁判に訴えられて財産や給料を差し押さえられます。

日本債権回収の取り立ての方法は、決して暴力的なものではありません。

冷静に淡々と裁判に訴え、財産の強制差押執行で、滞納金を回収します。

実際に裁判となれば、あなたは被告となります。

裁判所に出廷して、弁論台に立ち自身の主張を法に基づいて行わなければいけません。

ただし、基本的に滞納している側が悪いので、この裁判で勝つことは無いと考えてください。

そのため、裁判で勝てないなら、和解の道を探るしかありません。

日本債権回収と交渉するなら

債務整理手続きを依頼する弁護士には、人によって交渉力に差があります。

医者に専門分野があるように、弁護士にも専門分野があります。

そのため、借金問題の相談をするなら債務整理の実績が豊富な弁護士を選ぶことが重要です。

また、借金問題を専門に扱っている弁護士の中でも若い弁護士は経験不足で交渉力がないことが多いです。

逆に、ベテラン弁護士ほど高い交渉力を持っています。

今回紹介するサルート法律事務所は、債務整理だけで年間20,000件以上の相談を受ける、業界でもトップクラスの借金問題の相談先で、交渉力については文句なしの実力を持っています。

また、代表弁護士の水野先生は弁護士歴40年のベテランで、借金問題が得意な弁護士です。

過去の経験をもとに、必ず解決策を教えてくれるでしょう。

弁護士法人サルート法律事務所

債務整理の体験談

ここで、債権回収会社を相手に債務整理をした人の体験談を紹介します。

借金の原因

私は土木関係の仕事をしていました。

ある時交通事故を起こしてしまい、示談金と車の修理代などでお金が足りなくなってしまい借金をしてしまいました。

毎月少しずつ返済していましたが、プライベートの遊びで骨折してしまい、入院することになってしまいました。

入院費は保険に入っていたためなんとかなりましたが、入院中に返済分を支払うことができませんでした。

借金をしている身だったので、貯金も無く滞納するしかありませんでした。

退院するまで3ヶ月掛かりました。

職場に復帰して、何とか返済していかなければと思い懸命に働こうと意気込みましたが、そのとき既にまともに返済できる金額ではありませんでした。

結局取り立ての連絡が来ても、支払う目途が立たないため放置するようになり。滞納することが当たり前になってしまいます。

そして、滞納を1年以上放置した頃に、日本債権回収という会社から取り立てがきたのです。

取り立てで送られてきた督促状を見ると、記載されていた金額は、借りていた金額の2倍にまで膨れ上がっていました。

この金額を見たとき、唖然としたのを覚えています。

対処法を探す

もともと借りていた金額が多かったので、2倍にまで膨れてしまった借金を見て焦りました。

どんなに頑張っても、返済できるとは思えませんでした。

何度も現実逃避をしていましたが、借金は減りません。

そこで、何とか解決できないか、あらゆる方法を探しました。

そんな時に、ネットで弁護士に相談することで借金を減らすことができるということを知りました。

弁護士に相談なんて、普通に生活していたらあり得ないことです。

テレビドラマで、事件が起きた時に出てくるというイメージしかなかったので相談するのに躊躇しましたが、もう後がない状況だったので思い切って相談しました。

個人再生を行う

弁護士から提案された手続きは、任意整理という利息分を無くして返済していく方法でした。

しかし、弁護士と相談していく中で、借金の金額が私の返済能力を大きく超えていたため、個人再生か自己破産をするしかありませんでした。

私の場合、仕事で車が必要になるので、自己破産をしてしまうと通勤ができなくなるという事情があったので、個人再生という手続きを行って、現実的に返せる金額まで減額することになりました。

何度か裁判所に行き、事情を債権者や裁判官に説明しました。

そして、手続きが進む毎に必要書類の提出を行うなどで5カ月ほど経ったぐらいで、借金は当初の5分の1まで減額することができました。

その後、3年かけて借金を完済することができました。

今では返済のプレッシャーに追われることなくしっかりと生活できています。

私のように、自分の返済能力を超えた借金を請求されても、解決することができました。

もう無理だと追い詰められていなくても、今借金を抱えているのならば弁護士に相談してみて下さい。

滞納していつ債権回収が出てくるのか

この体験談のように長期滞納をすると債権回収会社が出てきます。

何日の遅延・延滞から債権回収会社が出てくるのか気になると思いますが、明確な基準はありません。

そのため傾向からの説明しかできませんが、1年以上滞納するともともと借りていた債権者側も、取り立てに掛かる手間を考慮してあきらめる傾向があるようです。

長期滞納する人は連絡が取れなくなっている人が大半なので、回収をあきらめて債権回収会社に取り立ての権利を売り払います。

その結果、債権回収会社から取り立てが始まります。

また、ごく稀ですが、滞納してから3ヶ月で債権回収会社が出てきたというケースもあります。

そのため、滞納が3カ月以上続いたら債権回収会社から取り立てを受ける可能性があると思ってください。

借金を減らせる債務整理とは

国が借金返済を助けるために作った制度で債務整理というものがあります。

この制度は、借金が返せなくなったときに減額、もしくは返済を免除することができる制度です。

恐らく一度は聞いたことがある「自己破産」も債務整理手続きの一部で、本当に返済が難しい場合に適用されるものです。

債務整理手続きにはいくつか種類がありますが、自己破産以外は返済する意思があることが大前提です。

基本的に債務整理は借金から逃げるためのものではなく、返済の負担を軽くして確実に返済していくというものなので債務整理を行うことは後ろめたいことはありません。

債務整理を行うには

次に債務整理は行うための方法について紹介します。

債務整理を行うためには、まずは弁護士に相談することから始まります。

弁護士への相談は、ネットで検索することで相談先を見つけることができます。

最近では、無料で相談できるところが増えてきており、そういったところは借金問題に精通している弁護士が在籍しています。

当サイトでは、借金問題を専門的に扱っている弁護士に相談することをすすめています。

このときに借金問題を専門にしていない弁護士に相談してしまうと、手続きも長引いて追加費用を余計に取られる可能性もあります。

場合によっては手続きに失敗して、途中までの手続きの手数料だけ取られることもあります。

そのため、弁護士を選ぶときは借金問題を得意とする弁護士を探して、相談することをおすすめします。

債務整理の種類と選び方

債務整理は以下の3つの手続きがあります。

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

任意整理

任意整理は、弁護士が貸金業者と直接交渉して、任意整理後に掛かる利息と遅延損害金を免除してもらい、返済期間を伸ばして毎月の返済金額を減らす手続きです。

任意整理をした結果、過払い金が発生していたことが判明することがあります。

その場合、過払い金請求により払い過ぎていたお金を取り戻すことができます。

他の手続きと違い、裁判所を通さずに貸金業者と交渉を行うのが特徴です。

自己破産

自己破産とは、債務整理の手続きのひとつで、財産がないために支払ができないことを裁判所に認めてもらうことにより、借金の支払義務が免除されます。

住宅や車などの高価な財産は手放さなければなりませんが、今後の収入は生活費に充てることができます。

また、戸籍に残ったり、会社(就職)に支障があったりということはなく、家族が保証人になっていない限り、家族にも影響が出ることはありません。

自己破産は「人生の終わり」ではありません。

借金の心配をなくし、これからの人生を前向きに進んでいただきたいと思います。

個人再生

個人再生とは、借金が返済困難であることを裁判所に認めてもらい、減額された借金を3年~5年かけて分割で返済していく手続きです。

借金の額が5000万円以下の場合は、最低返済額が最大10分の1まで減額される(住宅ローンは除かれます)可能性があります。

個人再生の特徴としては、住宅などの財産を維持したまま整理をすることができ、特定の職業に就けないといった資格制限などを受けることもないことが挙げられます。

一番多く利用されるのは任意整理

保証人を立てている借金が合った場合、任意整理以外の債務整理手続きをすると、保証人に借金の返済義務が生じます。

その場合、任意整理は保証人がついている借金を避けて整理することができます。

個人再生や、自己破産はすべての借金を整理する手続きなので、保証人に迷惑をかけたくない場合は任意整理の手続きが選ばれます。

また、任意整理は借金の理由が問われないため、娯楽費のなどの浪費が原因の借金でも手続きすることができます。

任意整理は、弁護士と債権者の間で行われる手続きなので、借金の理由は問われません。

借金をする人の多くは、浪費が理由で借金が返せなくなる人が多いです。

そのため、借金の理由が問われず、交渉が通りやすい任意整理の手続きが最も頻繁に利用されます。

債務整理を行うべきタイミング

借金と言っても、地道に返済し続けていれば返せる借金もあります。

さらに、債務整理を行うと弁護士費用も掛かるので、借金の金額によっては債務整理を行うことで、余計なお金が掛かることもあります。

そこで、損しないように債務整理をした方が良い状況について解説します。

給料の3分の1を返済に使っている

もし給料の3分の1以上を返済に使っているなら、いますぐ債務整理をした方が良いです。

借金を滞納して給料が差し押さえられた場合、給料の4分の1が差し押さえられます。

この基準は生活に必要な必要最低限のお金を残すために作られた基準で、この基準を超えた返済をしている場合かなり生活が圧迫されている危険な状態です。

そのため、もし返済金額が収入の3分の1を超えている場合は、あなた身の安全を守るために債務整理を行って下さい。

3ヶ月以上滞納している

債務整理をすると信用情報機関にブラックリストとして登録されてしまい、クレジットカードが使えなくなります。

しかし、このブラックリストに載る条件の1つに、3ヶ月以上滞納が続いた人はブラックリストに載るというルールがあります。

もし、滞納が3ヶ月以上続いているようなら既にブラックリストに載っているため、債務整理をして借金を減額させたほうが支払う金額も減るのでおすすめします。

今回紹介した2つの状態に陥っている人は、すでに生活が苦しい状態で、時間が立つに連れて借金の総額が増えていってしまう人たちです。

どれか1つにでも当てはまっているなら、早急に債務整理をすることを検討してください。

今の収支で返済できなければ

自分の収支状況を把握してみて、もし借金の返済までが長すぎると思ったり、とても支払い続けることが難しいということがわかったら。

債務整理の手続を行って借金の負担を減らしましょう。

今回紹介するサルート法律事務所は無料の相談窓口を設けており、気軽に相談できる法律事務所です。

さらに、借金問題の対応件数が2万件以上あり、代表弁護士の水野先生は弁護士歴40年のベテランで交渉力がある弁護士です。

あなたの借金の状況に応じて任意整理、個人再生、自己破産、どの手続きを行えばいいのか無料で相談にのってくれます。

一番安く借金を解決する方法を教えてくれるでしょう。

弁護士法人サルート法律事務所

このページの先頭へ