メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

債務整理の代理人の選び方とは?

債務整理手続きは、手続きが難解なので本人以外の専門家が代理人となって債務整理することが一般的と言われています。

一般的には弁護士や司法書士が代理人となる場合が多いですが、どのような代理人を選べば良いかもあわせて見ていきたいと思います。

借金問題に苦しんでいる人が身近にいると、本人の代理で債務整理の手続きなどをできないものか考える人はいると思います。

ですが、基本的には債務整理は代理で行うことができず、本人が動く必要があります。

債務整理のためには借入に関する情報がわかる書類を揃える必要がありますが、それらの情報は個人情報の中でも厳しく管理されるもので、金融機関は本人以外には教えてくれません。

なので、続きを進めることができず債務整理はできません。

債務整理の手続きは基本的には本人が動かないとどうにもなりません。

債務整理における代理人とは?

ただし、債務整理は弁護士や司法書士などを代理人として手続きをすることができます。

本人が、何から何まで手続きする必要はありません。

弁護士や司法書士と面談をして、債務整理の手続きを依頼することで、債務整理の手続きはすべて弁護士が代わりにやってくれます。

必要書類を揃える必要はありますが、債務整理の知識や手続きについて何も知らなくても借金を減らすことができます。

専門家に債務整理を依頼できるなら、家族や知人が本人の代わりに弁護士を探して依頼してあげれば本人が何もせず債務整理ができると考える人もいますが、それはできません。

まず、上述した通り債務整理をするには消費者金融の取引明細など、借金の状況がわかる書類が必要になります。

それらは本人でないと集めることができません。

また、弁護士は債務整理の依頼を受けるときに、債務者本人と面談をすることが義務付けられています。

弁護士側も電話やメールだけで依頼を受けることはありませんし、逆に依頼を受ける弁護士は法令遵守意識に欠けた悪徳弁護士の可能性もあります。

面談時や依頼ときには本人確認も必要となりますので、本人でないと債務整理を弁護士に依頼することはできません。

家族などの場合には、自分がなんとかしてあげようと考える人もいますが、債務整理は本人が少なからず行動をしないと手続きを進めていくのは難しいです。

また、報酬をもらって代理交渉をすることは違法行為ですし、金融機関も弁護士以外が交渉してきても相手にしてくれません。

債務整理で最も多い任意整理は業者と交渉する必要がありますので、弁護士への依頼が必須といえます。

債務整理に強い弁護士事務所を探す方法

このように債務整理の手続きを代理で行うことはできませんが、逆に言うと代理人となる弁護士探しをサポートすることはできます。

ご家族が苦しんでいるのであれば、弁護士を探して任せるまでが自分の仕事と考えて、債務整理に強い弁護士を一緒に探してあげることで債務者が借金問題を解決するサポートができます。

借金問題に強い弁護士事務所はネットで無料相談を受け付けているところも多いので、無料相談を受け付けている弁護士事務所にまずは債務者本人と相談に行かれるのが良いでしょう。

債務者本人以外が同席することは弁護士事務所も認めてくれるはずです。

債務整理で気をつけたい悪徳弁護士の見極め方

債務整理は、借金問題に苦しむ人を救う手段ですが、困っている人につけこむ人もいます。

債務整理を検討している人はこのような詐欺に引っかからないよう、よくある詐欺の手口と、高い弁護士費用を請求してくるような悪徳弁護士の見極め方などを紹介します。

着手金詐欺

債務整理でよく聞くトラブルに、着手金詐欺があります。

自己破産や、任意整理を弁護士に依頼する際、着手金という名目でお金を支払うことになります。

業務をしてもらう前に払うものなのですが、着手金を支払ったら弁護士が全然仕事をしてくれなかったということがあります。

弁護士の報酬には、大きく仕事を依頼するときに支払う着手金と、仕事が無事成功したときに支払う成功報酬の2種類があります。

着手金については、依頼が成功しなくても返ってくるものではありません。

成功報酬だけだと、依頼された弁護士は仕事が完了するまでかかった費用を自分で立て替える必要があります。

その間に、依頼者がいなくなってタダ働きになってしまう可能性もあるので、ゼロにはできません。

なので、着手金があること自体は問題ないのですが、着手金をもらうだけもらって大した仕事をしない弁護士がいてトラブルになります。

多重債務者を狙った詐欺

また手口は似ていますが、多重債務者を狙った詐欺もあります。

知り合いの弁護士を紹介すると言って、凄腕の弁護士だからすぐに解決すると甘い言葉で近寄ってきます。

すごい弁護士だから債権者と話をして、借金をチャラにしてくれると話す人もいます。

弁護士を自分が紹介してやると言ってきて、紹介の際に着手金や手数料という名目でお金をだまし取ろうとしてきます。

もちろん、渡したお金は返ってこずに連絡も取れなくなります。

連絡が取れてもそれはさらにお金を取ろうとしている時かもしれません。

借金をチャラにする手続きは自己破産の手続きですが、必ず裁判所への申し立てが必要になります。

債権者と交渉をして借金を減額できるのは任意整理ですが、過払い金がない限り借金をチャラにはできません。

2006年以降にお金を借りている人は、グレーゾーン金利も撤廃された後ですので、基本的に過払い金は発生しません。

そのため任意整理で借金をチャラにできることはまずありません。

また、そもそも任意整理は債権者との交渉になりますので、絶対にということはなく、交渉してみるまでどれくらい借金が減るかはわかりません。

さらに、弁護士や司法書士へ依頼する際に間に入って、債務者から報酬などを受け取ると、弁護士資格のない人が弁護士業務を行ったという非弁行為になり、弁護士法で禁止されています。

弁護士業務とは、訴訟の代理人となるだけでなく、示談交渉や斡旋なども含まれていますので、このような行為は非弁行為となります。

整理屋、事件屋、示談屋などと言われるような行為で、法律違反なので相手にしてはいけません。

債務整理を悪用する悪徳弁護士の見極め方

このように、悪徳弁護士や債務者を狙った人たちがいるため、多重債務の人は特に気をつけないといけません。

冷静に考えるとありえない手口なのですが、多重債務に苦しんでいる人は正常な判断をすることが難しく、つい甘い言葉に乗ってしまいます。

困っているときに近寄ってくる人には注意して、自分で相談する弁護士を探すのが良いでしょう。

街角法律相談所であれば、借金問題に強く無料相談を受け付けている弁護士を紹介してくれます。

無料相談なので、一度相談してみて信頼できなければ依頼しなければ良いだけですので、まずは相談されるのが良いでしょう。

街角法律相談所では、無料、匿名で借金がいくら減らせるか診断もしてくれますので、借金問題を本気で解決したい人はぜひ使ってほしいです。

向こうから寄ってくる弁護士は、悪徳である可能性を疑い排除して、自分で弁護士を探すことで悪徳弁護士に当たるリスクをかなり下げることができます。

本当に善意でアドバイスをくれた弁護士の人であればごめんなさいですが、現実問題としてそのようなことが起きる確率は知り合いでもない限りかなり低いですし、知り合いでも騙そうとしてきている可能性はあります。

向こうから寄ってくる弁護士は相手にしないというのが最もシンプルで効果的な悪徳弁護士の見極め方といえます。

弁護士との行き違いのケースもある

債務整理は専門分野ですので、色々と知識が必要になるため、弁護士の話をきちんと聞いていないと、認識に齟齬があり債務者からすると詐欺だと感じることもあります。

例えば任意整理は、将来の利息をカットして元本を3年から5年かけて返済していくものですが、リボ払いで最低返済額を返済していた人など、人によっては債務整理をした後の方が月の返済額は多くなったというケースもありえます。

債務整理をする人は、借金を減らしたいのはもちろん月々の返済も楽にしたいと考えている人は多いと思います。

そのような人が債務整理をして、逆に月の返済額が増えた場合は「だまされた」と感じることも多いようです。

また、弁護士への費用を合計すると債務整理前の借金の総額よりも債務整理後の借金+弁護士費用が多くなって、結果的に負担が増えたと感じる人もいます。

任意整理であれば利息をカットしており、債務整理前は返済中に利子が増えたり、きちんと返済ができるかもわからないので、債務整理のメリットがあるといえますが、もやもやとした気持ちになる人がいるようです。

このようなことがないように、弁護士には債務整理の手続きを依頼する前にきちんとシミュレーションをしてもらい、債務整理後に自分はどうなるのか、またどのような注意点やリスクがあるのかをきちんと説明してもらいましょう。

納得のいく説明をしてくれない弁護士であれば依頼しない方が良く、自分のことを納得させてくれる弁護士を探すようにしましょう。

債務整理に強い弁護士の中には、何度でも相談は無料という弁護士もいますし、初回のみ相談無料でも納得のいくまで説明してくれる弁護士は多くいます。

債務者と弁護士の間で認識の齟齬がないようにコミュニケーションはきちんと取って、不明点はないようにしてから債務整理の手続きを依頼するようにしたいですね。

債務整理における弁護士と司法書士の違い

弁護士はトラブルに対して法的なアドバイスをしつつ、代理人として交渉や手続きをしてくれる法律と裁判に関する専門家です。

一方で司法書士は不動産や会社の登記をすることが専門の業務で、一部法律相談や交渉の手続きができます。

債務整理においては、弁護士も司法書士も借金をした本人に代わって債権者との交渉や裁判所との手続きをする代理人の役割を果たします。

ただし、個別の債権額が140万円超となる場合には弁護士しか対応ができず、司法書士では対応が不可となっています。

個別の債権額が140万円以下の場合には弁護士、司法書士ともに法律相談や代理人としての交渉や訴訟などの対応をすることができます。

個別の債権額が140万円以下の場合の債務整理においても、司法書士は認定司法書士という限られた人のみ対応ができます。

また、個人再生、自己破産においての代理人の権限は司法書士にはありません。

このような状況から、債務整理のときには弁護士に依頼する人が多く、債務整理の案件を豊富に経験しているという意味でも弁護士の方が頼りになって相談するのに適しているといえます。

もちろん、事務所や担当者によって悪い弁護士やとても良い司法書士はいますが、確率論で言えば弁護士に依頼する方が確実といえます。

そのため、基本的には債務整理を検討する際には弁護士を探すのがおすすめです。

弁護士に頼むメリット

債務整理を弁護士に依頼することでいくつかのメリットがあります。

まず債権額や過払い金の額が140万円を超えても依頼することができるので、過払い金の金額や個別の債権者への借金が多い人でも安心して利用することができます。

また司法書士に過払い金返還請求を依頼する際、回収できる金額に制限ができることになりますが、弁護士には制限がありませんので、過払い金を取れる金額まできちんと返還することができます。

司法書士は地方裁判所の代理人になることができませんが、弁護士は代理人になることができます。

地方裁判所に提訴することで早めに和解に応じる場合があるため、早期の過払い金返還が期待できるというメリットもあります。

借金整理で代理人を立てる重要性

債務整理では借金の減額や帳消し、これまで支払った金利で過払いがあった場合には返金を要求されます。

ですが、交渉相手となる債権者(お金の貸し手)としては借金を踏みたおされるわけですから、気持ちの良いものではありません。

債務整理自体は法律上認められた手続きなので臆する必要はないのですが、債務者本人が交渉に臨むと、どうしてもお金を借りてる側という弱い立場になってしまい、負い目を感じてうまく交渉をすることができません。

それでも、借金の当事者であるお金の貸し手と借り手が話し合いをすることは、避けては通れない道ですので交渉する必要があります。

そこで代理人という本人以外の人を立てると交渉がスムーズに進むことになります。

また、債務整理は法律上の詳しい専門知識が必要となりますので、法律に詳しく代理人にもなれる弁護士に頼むのがベストです。

弁護士はすべての法律業務を扱うことができ、訴訟の代理人を務めることができますし、司法書士も認定司法書士となることで簡易訴訟の代理人となることができます。

どちらかといえば弁護士に頼む方がおすすめではありますが、まずは代理人を立てるということが最も重要で、借金を整理するための第一歩といえます。

自分の借金がどれだけ減額できるのか無料で聞くこともできます。まずはメール相談などの窓口を使ってみて、実際減るようであれば債務整理の手続きを検討するのが良いと思います。

無料で手軽に相談できる優良な相談先

みつ葉司法書士事務所は債務整理に強いと評判の司法書士事務所で、その評判の理由に無料で相談を受付ているという理由があります。

実績の根拠としても対応件数が2,400件以上あり、代表弁護士の島田先生は弁護士歴25年のベテランで交渉力がある弁護士です。

あなたの借金の状況に応じてどの債務整理手続きをした方がいいのか無料で教えてくれます。

実際に手続きをするとしても、借金問題の相談する人がお金を持っていないことは十分理解しているため、一番安く借金を解決する方法を教えてくれるでしょう。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル