メニュー 0120-662-384 24時間365日 全国対応 相談無料

債務整理とはどのような方法があるのか?

債務整理とは、簡単に言ってしまうと文字通り債務を整理する法的手続きとなります。

つまり債務整理では、あなたが抱えている借金を減額したりチャラにしたりすることができるのです。

債務整理の手続きは、基本的には弁護士や司法書士を通じて行うようになります。

自分でやろうと思えばできないこともありません。

ただ、手続きはかなり複雑になってくるので債務整理に詳しい人ほどおすすめしていません。

また、債務整理は4つの種類に分かれます。

ここでは、それぞれの方法について簡単に分かりやすく説明をしていきます。

いますぐ債務整理の手続きをしたいなら、そうや法律事務所に相談することをおすすめします。

今回紹介するそうや法律事務所は債務整理に強い法律事務所で対応件数が4,000件以上あり、代表弁護士の松木先生と町井先生は弁護士歴25年のベテランで交渉力がある弁護士です。

さらに即日対応も受け付けているため、あなたの借金の状況に応じてどの債務整理手続きをした方がいいのか無料で相談にのってくれます。

一番最適な借金を解決する方法を教えてくれるでしょう。

債務整理の種類

前述しましたが債務整理には、「任意整理・特定調停・個人再生・自己破産」の4つの種類があります。

これらのどの手続を取るかによって特徴が違うため、紹介していきます。

任意整理

任意整理とは、債務者(借金を抱えた人)が弁護士や司法書士を通じて、特定の債権者(消費者金融などお金を貸しているところ)に対して交渉を行ないながら借金を圧縮していく手続きです。

他の債務整理の手続きと違って、唯一裁判所を通さずに行えるという点が任意整理の大きな特徴の一つです。

任意整理では、以下のことを行ないます。

  • 取引履歴を債権者から取り寄せる
  • 引き直し計算を行い、払い過ぎた利息を確認
  • 将来利息をカットする
  • 最終的に和解した内容に基づき残債を3~5年で返済していく

任意整理は債務整理の中でも比較的、借金(債務)の少ない人が行なう傾向があります。

また、裁判所を通さない分、手続きもやりやすいため、債務整理の中では任意整理を選ぶ人が一番多くなっています。

特定調停

特定調停は、簡易裁判所を通じて、特定の債権者と交渉を行い、借金の減額や返済条件の緩和を行っていく手続きです。

形式的には任意整理と似ていますが裁判所を通じて行うという点が大きく違います。

また、特定調停では弁護士や司法書士を通さず簡易裁判所が選任した調停委員が仲介を行うようになります。

特定調停の大きなメリットは、費用を安く済ますことができるという点です。

掛かってくる費用は申立手数料や印紙代ぐらいとなり、一つの債権者あたり1,000円程度とかなり格安となっています。

ただ、その一方で特定調停は、自分で裁判所に通ったり、書類を準備したりしなければならないので手続きがかなり大変です。

調停委員が債務整理に詳しいとは限らないため、有利に交渉を進められる保証はありません。

もし過払い金が発生していた場合は、別途過払い金請求訴訟を起こす必要があります。

このように、デメリットがいろいろあります。

実際、特定調停を利用する人の数は年々減少している傾向もあり、当サイトでも特定調停はおすすめしていません。

個人再生

個人再生とは、裁判所を通じて債務を減額していく手続きです。

減額できる借金の額は金額にもよりますが、例えば借金が500万円~1500万円の場合は、個人再生を通じて借金の金額を5分の1まで減らすことも可能です。

そして、残債を3~5年で返済していくような流れになります。

自己破産のように借金をチャラにできるという訳にはいきませんが、任意整理よりも減らせる借金の額は大きいです。

そのような意味で、個人再生は任意整理と自己破産の中間的な位置にあるとも言えます。

また、個人再生では、原則としてすべての債務が整理の対象となりますが、住宅ローンだけは住宅資金特別条項を利用することによって、整理の対象から外すことができます。

大切な自宅を残したまま、借金を整理することができるという点が、個人再生の最も大きな特徴の一つです。

自己破産

自己破産は、裁判所を通じて、全ての債務を免除してもらう手続きです。

税金の滞納分だけは例外となりますが、裁判所に認めてもらえれば、借金を一気にゼロにできるので、そういった意味では最も強力な債務整理の手続きだということができます。

ただ、その一方で、自己破産を行うと、

  • 現金は99万円までしか保有することができない
  • 現金以外の財産は20万円を超えると処分しなければならない

などの制約を受けるようになります。

ですから、自己破産をする場合は、弁護士などとよく相談しながらどのようなデメリットがあるか、よく認識した上で手続きを行っていく必要があります。

あなたにとってベストな債務整理を行なっていくためには?

ここでは、債務整理の具体的な種類について解説をしていきました。

ただ、あなたにとって、どのタイプの債務整理が良いか、すぐには分からない場合もあります。

また、いきなり近くの弁護士事務所や司法書士事務所へ相談するというのもかなり敷居が高いと感じる方も多いでしょう。

ですから、そういった場合は、あなたの借金が具体的にどれぐらい減らせるか簡単にシミュレーションできたり、債務整理に強い弁護士や司法書士などに匿名で無料相談ができたりするサービスを利用すると便利です。

多重債務になったしまったりするなど、借金の金額が多くなると誰にも相談できず一人で悩んでいる方が多いというのも実情です。

そういった場合でも、今はネットで簡単に法律の専門家に相談することができますので気軽に利用してみて下さい。

借金苦の相談先を選ぶポイント

生活苦や借金苦になった場合の相談先として、法テラスなどの公的機関があります。

無料で相談ができるという点ではありがたいですし、収入が低い方は弁護士費用を立て替えてくれるケースもあります。

ただ、こういった公的機関に相談した場合は、弁護士や司法書士を紹介してくれるまで意外に時間が掛かります。

それに公的機関では相談をする曜日や時間帯、あるいは回数が限られているケースが多いです。

ですから、いざ相談をしようしても、なかなか話が進まずズルズル時間が流れてしまうことも結構あるのです。

借金苦は放っておくと、どんどん悪化していく可能性が高いですし、借金苦のストレスでうつになってしまう方もいらっしゃいます。

ですから、一日でも早く生活苦から脱出するためにも、法律の専門家に直接相談できるサービスを選ぶことが効率よく借金苦や生活苦から脱出するためのポイントとなってきます。

実際、弁護士や司法書士は守秘義務があるので、内緒で手続きを進めることも可能ですし、債務整理の依頼を行なえば、すぐに取り立てをストップしてもらえるというメリットもあります。

それによって、借金苦からのストレスをあっと言う間に解消することもできるのです。

債務整理の体験談

債務整理で、借金の返済ができたリアルな体験談をお話しします。

借金をしようと思ってたわけではないのに、日々のストレスがきっかけで気が付いたら多額の借金に追われてしまいました。

ストレス発散のつもりが借金生活

仕事が残業ばかりでそのストレスからか「買い物」「美容」で発散し、カード3枚をとにかく収支に見合わず使用限度額まで使い切ってしまいました。

次第に給料より支払額が勝り、その返済のためにカードでキャッシングをする事になっていました。

キャッシングして別のカードの支払いをして、支払いをしたカードからまたキャッシングをする繰り返していました。

いわるゆる多重債務者になっていましたです。

当ときはこの危険な状況が、私自身分かっていませんでした。

今思えば、精神状態がマヒしていたんだなと思います。

当ときは「これで何とかなってる」と本気で思っていましたが、勿論そんな事では解決せずキャッシングをしても返済が回らない状態に。

親は父親の借金が理由で離婚していて母親のみで、娘がそんな父親と同じ様になってしまったら、どれだけ苦しむかと考えるととても言えず一人で抱えてしまいました。

このときに、勇気をだして相談していたらもっと早く解決できたかもしれません。

借金を返済するために、バイトをしようか、水商売しようかと本気で、バカみたいな事を毎日死にたくなる思いで考えました。

そのときは必死でしたのできっかけは覚えていませんが、借金を返済する方法があることをネットで知り相談しに行きました。

債務整理を知ってから

毎日毎晩借金の事で頭がいっぱいで生きていける自信がなかった事が嘘のように、相談に行ってからは気持ちが楽になって、普通に生きていける喜びが訪れました。

本当に、毎日お金をどうやって返済しよう。

今残っている残高のことばかり考えていたので本当に辛かったんです。

返済の兆しが見えたのと、弁護士の方から返済をする方法があることを伺って、解放される日がくるって心が本当に落ち着きました。

数年ブラックでカードも作れず、ローンも組めないリスクがあることも現実です。

周りに親にも分からずに可能な金額をしっかり返して行ける人生の再生が可能なことは、言い方は誤りがあるかもしれませんが、幸せを取り戻した気分でした。

債務整理をする前は「カードが作れないのは困るな」って思ってましたが、今はそうは思わなくなりました。

一定期間カードが作れないリスクは考え方によっては、健全で嫌でも今手元にある資金でやりくりする事を学べ癖つけられました。

だから、むしろ良いことだと今は思います。

お金で失敗した事は事実で、またカードを持つと使いすぎないかと今はまだ少し怖いですが、過去の精神的苦労を思い出すと怖くてできないでしょうね。

頭からお金の事が離れないって、あり得ない程の精神的ストレスでした。

債務整理は絶望から救われるのは確実ですし、やり直せるきっかけがありますので悩んでる方には1日でも早く人生の再生のためにおすすめしたいです。

私も一人で悩んでしまった期間があるのでもっと早くしとけばよかったと思ってます。

相談したら本当に借金苦から脱出できるの?

借金苦の方の中には、誰かに相談をしても、「そんなに世の中は甘くはないし、実際に貧乏な生活から脱出するのは難しいのでは」と感じる方もいらっしゃいます。

もちろん、借金苦から脱出するには、これからがんばっていこうとする強い決心が最終的には必要となってきます。

ただ、いくら強い心を持っても借金苦の状態に一度ハマってしまうと、高い金利による利息で借金が借金を呼ぶ状態となってしまいます。

なかなか本人の意志だけでは問題を解決するのが難しくなってしまうという現状があります。

そんな時、弁護士や司法書士に借金問題の相談をすれば合法的なやり方で一気に借金を減らし、新しい人生のスタートラインに立つきっかけをつかむことができます。

また、人によっては自己破産しか選択肢がない場合もありますが、債務の状況によっては任意整理や個人再生などもっと負担の軽い手続きで借金苦から脱出できる可能性もあります。

まずは、一歩を踏み出してみることが借金苦から抜け出すための大きな一歩になることを信じて、気軽に相談してみて下さい。

債務整理に強い弁護士へ相談するなら

弁護士には、離婚・相続・詐欺被害・事故示談・労働問題など分野があり、借金問題の相談をするなら債務整理が得意で解決実績が豊富な弁護士を選ぶ必要があります。

今回紹介するそうや法律事務所は、債務整理だけで年間4,000件以上の相談を受ける業界でもトップクラスの借金問題の相談先です。

また、借金問題に理解があり無料相談窓口を設けているため、わからないことがあれば無料で教えてくれます。

そうや法律事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な法律事務所なので安心して相談できます。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル