メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

債務整理を今すぐ行いたいなら

借金が多くなりすぎてしまった方は、自分で悶々とするより、専門家の相談をしたほうがいいでしょう。

借金に関する専門家といえば、弁護士や司法書士といった方々です。

最近では、弁護士や司法書士の方はサービスがよくなっております。

かつては、こういった弁護士や司法書士に相談をするだけでお金をとられる、そういったケースがありました。

しかし、相談内容が借金に苦しんでいることに関することなのでお金を取ることもできません。

そこで、弁護士や司法書士の事務所では、無料相談を受け付けております。

当サイトがおすすめするみつ葉司法書士事務所は債務整理に強い司法書士事務所で、年間の相談件数が2,400件以上もあります。

その中には、今すぐ借金問題を解決しないとまずいと言って悩み抜いた末に相談してくる方も多くいます。

みつ葉司法書士事務所の代表弁護士である島田先生は弁護士歴25年のベテランで、こういった相談に慣れており、借金問題をきれいに片付けることで評判の弁護士です。

受付後の、手続きも丁寧かつ迅速で難しい相手でも驚くほどあっさりと交渉してくれます。

このように実力ある島田先生なら豊富な交渉経験があるため難しい債務整理の交渉でも素早くまとめてくれます。

さらにみつ葉司法書士事務所の相談窓口では相談後、取立を即日で止めてくれるので「厳しい取立をどうにかしたい!」という方は、今すぐにでも相談するといいでしょう

どういうことを相談できるのか?

無料相談で相談できる内容というのは、実に様々な方法です。

そもそも、自己破産だけが解決方法なのかということも、相談できます。

自己破産の前には、債務整理という利息の帳消し措置や、あるいは借金の借り換えによって利息の支払いを減らすという解決方法も見えてきます。

また、自己破産にはどのような手続きが必要となり、どれくらいの費用がかかるのかというのも相談することができます。

こういった相談内容というのは、もちろん弁護士事務所や司法書士事務所に来訪して相談をすることもできます。

しかし、近くにそういった事務所がないという場合には、電話やメールから無料で相談をすることもできるので、安心してください。

借金の取り立ては即日止まるのか?

債務者から依頼を受けた代理人は、「依頼者(債務者)が弁護士に債務整理を依頼しました」という代理人として仕事受けた旨の受任通知を金融業者(債権者)に文章を送ります。

貸金業法では、金融業者の取立て行為について、「弁護士・司法書士に債務整理を依頼しその旨の通知をうけているのに、それを無視して返済をするよう迫る取立てること」が禁止されています。

ですので、その通知を業者が受け取ってからは、業者は、債務者本人に直接請求することはできなくなります。

原則として弁護士は、依頼を受けたその日もしくは翌営業日に、各債権者に対して受任通知を発送することになっていますので、債権者に受任通知が到達・処理され次第、債権者からの取り立て・連絡は止まります。

郵送の場合は、今日弁護士に頼んだから今日から取立てが止まる訳ではありませんが、少なくとも受任通知が到達した時点で、取立てはストップするようになります。

中にはFAXで、債権者に受任通知を知らせる弁護士もいるようですので、この場合は即日に取立てがストップすることもあります。

ただし、FAXだと、他の文書に押されたものを切り貼りしたり偽造したり、押印部分に細工することも可能なので信憑性に欠けるとして、万が一の場合を考え、あくまで郵送の方法を取っている司法書士事務所も多くあります。この辺は、弁護士の考え次第になります。

債権者の宛先は、各支店でもいいのですが、弁護士の多くは、一般的には本店ないし本店と同一の取扱いになっている部署に送るのが通常です。

債務者本人の住所や生年月日と、どの会社と取引があったかだけ伝えることによって、一般的な金融業者であれば、支店名や金額、取引時期等が不明でも、とりあえず、受任通知を出してもらうことが可能です。

「受任通知」にある「取引履歴の提出の請求」は、債務の内容について開示を求められたときは協力すべき旨が金融庁事務ガイドラインによって定められて、
開示に応じなければならないことになっています。

ですので、これまで支払った領収証などを全部取っておいてないような場合でも、弁護士に取引履歴の開示ということで、これまでの返済を知ることができます。

これまで幾度となく請求を受けて来た債務者にとっては、弁護士の債務整理を依頼したことによって、債権者からの請求が止むことは、ある意味1番最初に受けられる恩恵とも言えるべきものとも言えます。

みつ葉司法書士事務所は対応が早い

丁寧かつ迅速な対応をしてくれることも高評価のポイントになっています。

当サイトがおすすめするみつ葉司法書士事務所は債務整理に強い司法書士事務所で、年間の相談件数が2,400件以上もあります。

債務整理の期間は弁護士の腕によって決まります。

島田先生なら豊富な交渉経験があるため難しい債務整理の交渉でも素早くまとめてくれます。

さらにみつ葉司法書士事務所の相談窓口では相談後、取立を即日で止めてくれるので「厳しい取立をどうにかしたい!」という方は、今すぐにでも相談するといいでしょう

任意整理とは?任意整理の内容と具体的な進め方

任意整理とは、自己破産ではない債務整理の方法の一つです。

任意整理では、借金の利息を法定金利内で計算し直して、借金そのものも(特に利息の部分)を、かなり軽減した和解契約をして返済していく方法になります。

そのときに自分の財産の内で整理する項目を選べるため、任意整理と言われています。

自宅だけは手放したくない、クルマだけは手放したくない、思いでの品だけは手放したくない、といった要求に対応することができる債務整理の中の一つの方法です。

債務整理というと、どうしてもまず自己破産を頭に思い浮かべる人も多いですが、実際には債務整理の方法には、4種類ほど方法があります。

借金を一人で解決できなくなったときは、債務整理する方法がありますが、自分に合った債務整理の方法を選択することが重要です。

しかし、債務整理は法律問題を多く絡むため、初めての方には難しいので、弁護士や司法書士の先生と、相談しながら進めることが大切になってきます。

自己破産と任意整理の違い

自己破産は、すべての資産を借金ゼロになる代わりに、自分の資産も全て無くなるという大きなデメリットがあります。

任意整理でしたら、借金はまったくゼロにはなりませんが、かなり軽減されますので無理なく返していくこともできるようになります。

特に利息分に関しては、任意整理で無くすことが可能になります。

任意整理の返済の期間に関しては、事務所にもよりますが約5年を目安に返済していくことになります。

なかには月々の返済額を減らすために、10年の返済期間で調整してくれる顧客思いの事務所もあります。

任意整理の場合は、同時に過払い金返還請求についても行うことが多いです。

この過払い金返還請求によって、これまで払い過ぎていた金利分が返ってくることがあります。

そのため、それを借金返済に当てたり、弁護士などの費用に当てたりすることもできます。

過払い金返還請求で対象となる金額が多かった場合には、借金自体も支払ってしまえる可能性もあります。

弁護士や司法書士にかかる費用に関しては、着手金などの初期費用が必要ないところもありますし、かかった費用を分割返済してくれる事務所もあります。

債務整理を行いたいが持ち金が無いという場合には、基本報酬だけで動いてくれるような善良な事務所を探してみると良いです。

ただその時も、事務所にかかる費用だけで決めるのでは無く、実績と信用もしっかり確認願います。

自己破産を弁護士に頼んだときの初期費用は?

自己破産は裁判所を通して、すべての債務を免責してもらう手続きです。

自己破産申請は、管轄する地方裁判所に必要書類を提出することが必要です。

支払い不能であると裁判所に判断されると、破産手続開始決定が下され、

免責不許可事由に該当しないと判断されると、免責許可の決定が下されます。

裁判所を通す手続きだけに、本人で行うには困難です。

弁護士に頼むことが多いですが、気になるのはどれだけの費用が掛かるかです。

報酬は弁護士によってもまちまちですが、およその相場は20万円から40万円です。

その他にも初期費用として相談料や着手金があります。

しかし債務に関するご相談は無料の弁護士事務所がほとんどなので、相談料については気にすることは無いです。

着手金は0円の弁護士事務所も多いです。

そういった弁護士事務所なら、初期費用を気にせずに依頼することができます。

弁護士への報酬20万円から40万円を支払するのは、借金問題で困っている方には負担が大きいです。

弁護士事務所によっては、分割払いに応じてくれるところがあります。

初期費用や弁護士報酬を気にするより、まずは本人の借金解決に専念する方が良いです。

即日キャッシングでその場をしのぐのも一つの手ですがまずは、弁護士に無料相談して借金問題の根本解決を始めてみてはいかがでしょうか?

あと自己破産は、それまでの借金を一切無くすことはできますが、自分の財産も無くなってしまう債務整理の中でも最終手段です。

実際、自己破産を選択しなくても任意整理、個人再生で問題が解決した事例も多いです。

この辺りは法律問題が強く、法律の素人では難しい点が多いのも事実です。

債務整理の問題は、実績の多い専門家に相談するのが費用的にも時間的にも良いです。

債務整理を行うメリットとデメリットは?

債務整理を行う方は、まずは債務整理のメリットとデメリットをしっかり確認しましょう。

できるだけ債務整理を行う際には、法律に詳しい専門家に相談する事が大切です。

自分でできるだけ債務に関するデータを収集すること、特に自分が今まで、いくら借入していくら返済したのかをしっかりまとめることが必要です。

債務整理のメリット

できるだけ返済にかかる負担をなくすこと、また返済ができなくなってしまった方には、利息を止めることができるのが債務整理です。

そのため債務整理を行うことができるようになれば、今までに借入した金融機関からの利息を支払わなくても良くなったりします。

逆に今まで高い利息を払い続けて返済していた方は、利息制限法が改正されていますので、払い過ぎてしまっていた利息を返還してもらえる過払い金返還請求の相談もできます。

債務整理は、金融機関と契約した際の利息が高い方や、支払いができなくなってしまった方にとっても対応可能な施策です。

債務整理のデメリット

デメリットとしては、他の会社からの借り入れができなくなってしまうブラックリストにしばらく入ること、またクレジットカードや、そのほかの金融機関からの借り入れができなくなってしまうことです。

しかし債務整理が完了した時点で、新しい人生がスタートできるので、債務整理を行い、今までの自分の借入をしっかり認識して債務整理を行いましょう。

政務整理は、借金で困っている方にとってはデメリットよりもメリットの方が多く、利用者にとっては、無駄な利息を支払わずに済みますので早期の返済に有利です。

過払い金返還請求を弁護士に頼むときの選び方

過払い金返還請求とは利息制限法の上限である15%~20%以上で貸金業者などから借りていた場合、その上限を超える利息については返還される手続のことです。

以前はグレーゾーン金利と言われていた利息制限法を超え、かつ出資法の上限である29.2%を超えない金利で貸金業者などが貸付していました。

そのため28%や29%と言った高金利で借りていた方がいます。

しかし2010年6月に改正貸金業法が施行されてからは、利息制限法を超える金利は違法になりました。

2010年6月以前の2009年頃までは、グレーゾーン金利で貸付していた貸金業者などが多かったです。

過払い金の返還請求には時効があります!

過払い金の時効は、10年しか無いので、早目に手続開始されたほうが良いです。

弁護士や司法書士に依頼されると、過払い金返還請求の手続きを代わりに進めてくれるので、法律関係が分からない方でも安心です。

しかし弁護士によっては貸金業者などが破綻する前に早く和解した方が良いと全額取り戻すのに積極的になってくれない事務所があります。

悪質な事務所になると、過払い金の返還を受けたのに依頼者に渡さずに着服される恐れもあります。

きちんと信頼性が高い弁護士や司法書士事務所を選ぶことが大切です。

過払い金請求の手続きで信頼できる司法書士事務所

もし過払い金請求の手続きを行うなら弁護士に相談することおすすめします。

当サイトがおすすめするみつ葉司法書士事務所は債務整理に強い司法書士事務所で、年間の相談件数が2,400件以上もあります。

いままでの解決実績の中には過払い金請求の対応も豊富にあるため、過去のあなたの借金の状況や、支払履歴をもとに消費者金融などの貸金業者が誤魔化すことができないような、厳密な交渉を行ってくれるでしょう。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル