メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

債務整理をすれば借金生活から抜け出せます

借りた分で生活するという「自転車操業」という言葉は雑誌やテレビなどで使われることがあるため一度は聞いたことがあると思います。

しかし、使い慣れない言葉なので自転車操業という言葉がどういう状況をさしているのか、具体的に知らないという人も多いかと思います。

なので、借金返済で自分が自転車操業の状態になっても気づかない人が多くいるのです。

もし、いまも自転車操業が続いているなら弁護士に相談することおすすめします。

弁護士に相談すると国が定めた救済措置を受けることができるので、確実に返済できるように借金を整理してくれます。

当サイトがおすすめするみつ葉司法書士事務所は債務整理に強い司法書士事務所で、年間の相談件数が2,400件以上もあります。

あなたの借金の状況に応じて、どの債務整理手続きをした方がいいのか無料で相談にのってくれます。

一番安く借金を解決する方法を教えてくれるでしょう。

借金の自転車操業とは

借金問題における自転車操業とはどういう状態でしょうか。

たとえば、消費者金融などから借り入れをした場合、当然返済しなければいけません。

そして当然ですが返済するためにまとまったお金を準備する必要があります。

自転車操業状態に陥っている人は、まとまったお金を準備することができませんので、他のカードローン会社から借金の返済のためにお金を借ります。

借金したお金で借金を返済するという構造が、ペダルを踏んで前に進んでいないと倒れる自転車の動きに似ているため、自転車操業と言われています。

借金の多重債務状態

自転車操業に陥っている人が返済期日を守るためには、他の金融機関で借金をしなければいけません。

借金をすればまた返済することを要求され、また他の金融機関で借金をしてしまいます。

終わりのない借金が繰り返されていくと多重債務状態になってしまいます。

多重債務とは

カードローン会社、銀行、消費者金融など複数社から借り入れを行い、借りた金額を全額返済することができない状態です。

特に、説明していた自転車操業の状態であれば多重債務者で間違いないでしょう。

多重債務者とは、クレジットカード会社や消費者金融などから計画性のない借り入れを行い、返済することができない状態になっている人のことをさします。

多重債務の原因

多重債務になってしまう原因で考えられることとして、利用している金融機関の利息が高い可能性があります。

金融に関する知識がないと、サラ金や闇金などに貸金業法を無視した高額な利息を支払っている人もいるでしょう。

また、本来であれば返済は終わっているはずの借金も、気付かずに返済を繰り返していたという話も聞きます。

貸金業法によって定められている金利で運営している消費者金融からお金を借りた場合でも、借入金額が大きい場合は自分の想像以上に利息の金額が大きくなります。

自転車操業状態の多重債務者の多くは、この状態に気付かずいつまでたっても返済が終わりません。

利息が毎月の返済額の中でも規模感が大きくなれば、完済までの期間が伸びてしまいます。

自転車操業は冷静な判断ができなくなる

自転車操業が続くと、毎月どうやってやり過ごすかにばかり思考がいってしまいます。

債権者からも、ハガキや電話によって何度も取り立て行為が行われている状態なので、精神的な余裕を保つのは難しいです。

こうなってしまうと、正しい金銭感覚の判断基準が崩れてしまい、どういう判断をした方がいいのか自分でもわからなくなります。

借金を周囲に知られることがないように、返済のために借り入れを行ったとしても借金増えていくだけです。

もし保証人がいるのであれば、相手に大きな迷惑をかけてしまう可能性もあります。

そもそも、カードローン会社と契約した際に保証人がいるというのであれば、早い段階で相談しておく必要があります。

あなたが返済できないとなると、保証人が支払う必要があるからです。

このような状態になると、あなただけの問題ではありません。

どうすれば迷惑がかからないかということを考えてその場しのぎではなく、根本的な問題を解決する行動しなければいけません。

返済できていれば良いわけではない

自転車操業を行っている人には、支払日に間に合わなくても最終的にその月の返済金額を支払えていれば良いと言う考え方の人が多いです。

しかし、この考え方では近いうちに支払いを継続できなくなります。

なぜ継続できなくなるのかというと、金融機関の制度として遅延損害金というものがあるからです。

金融機関というのは金融サービスを提供している以上、決められた期日までに返済がなければ損害が発生してしまうことになります。

金融機関で発生してしまった損害金に対して損害請求をする際に、請求するお金を遅延損害金と言います。

遅延損害金は、法律上支払わないといけないお金と定められているので避けることはできません。

遅延損害金は、一定の利率が存在して請求が行われますので遅延利息とも言われています。

この遅延利息は支払い期日を守らない場合に支払う利息なので、本来の利息をイメージしているのであれば区別して考える必要があります。

遅延損害金が発生する結果、債務者の借金は非常に大きくなってしまいます。

自転車操業の解決策

もし自転車操業が続いているなら弁護士に相談することおすすめします。

弁護士に相談すると国が定めた救済措置を受けることができるので、確実に返済できるように借金を整理してくれます。

当サイトがおすすめするみつ葉司法書士事務所は債務整理に強い司法書士事務所で、年間の相談件数が2,400件以上もあります。

あなたの借金の状況に応じて、どの債務整理手続きをした方がいいのか無料で相談にのってくれます。

一番安く借金を解決する方法を教えてくれるでしょう。

自転車操業の最後は闇金へ

消費者金融の返済を別の消費者金融から借りるということを繰り返していると、利息が積み重なり徐々に返済できなくなり滞納することになります。

そうなってしまうと、もう闇金業者しか残っていないのです。

そこまでいくと債務整理だけの話ではなくなってしまうのでその前に手を打たなければいけません。

自転車操業の状態でも債務整理はできる

もし、あなたがすでに自転車操業に陥っていたとします。

そうなってしまっていても債務整理はできます。

ただし債務整理が成立するまでは当然債権者からの取り立てはあります。

整理対象の業者が多ければ多いほど困難も増えます。

多重債務者に対しては支払いが遅れた時の取り立ても激しいものになるでしょう。

なのでなるべく早い段階で債務整理を決意しましょう。

債務整理をどの専門家に頼む

債務整理を専門家に頼むとしたら「弁護士」「司法書士」「行政書士」に依頼するのが一般的です。

もちろんどの専門家も債務整理の実績はあるでしょう。

しかし、業社や裁判所との交渉に関してはそれぞれ特徴があるので注意しましょう。

ます、行政書士は依頼人の代理人になることはできません。

業社との交渉や裁判所への申し立ては基本的に依頼者本人がやることになります。

本人が申立人になる「本人訴訟」を円滑に進めるサポートをしてくれるとお考えください。

弁護士は基本的に依頼者の代理人として業社や裁判所と交渉にあたってくれます。

法務大臣から認定を受けた司法書士も依頼人に変わって業社との交渉や申し立て手続くをしてくれます。

ただし、司法書士に関しては簡易裁判所までがその範囲として認められています。

個人再生や自己破産は地方裁判所への申し立てとなるので、認定司法書士でも代理人にはなれないのです。

また1社当たり140万円以上の過払い金の請求も地方裁判所への申し立てなので注意です。

自分の借金状況にあった専門家を選ぶことで負担が少なく債務整理を行えます。

どの専門家に債務整理を依頼しても費用はかかります。

費用に不安がある場合は法テラスの選択もできます。

相談はどの専門家も無料で受け付けていることがほとんどです。

ますは早期相談をして今後なにをするべきなのかアドバイスをもらうことが借金ゼロへの近道です。

自転車操業が崩れて滞納が続くと訴えられる

貸金業者から借金をして支払いを放置し続けていると、借り入れ先から督促状が届き一括請求の強制執行が行われます。

というのも、借り入れを行う際に分割払いもできるという契約がされているのに無視し続けていることになっているからです。

貸金業者も返済期日までに支払いを行う人は、分割での支払いを認めています。

しかし、支払い期日までに返済しない場合は契約時の約束を守る必要がなくなります。

こうなると、カードローン会社としては早めに全額回収して損害を最小限に抑えたいと考えるため、一括請求が行われます。

計画性のない借り入れ金額を1回ですべて支払ってしまうというのは、非常に厳しいかもしれませんが、1度滞納しただけではこのような状況にはなりません。

一般的な話となってしまいますが、3ヶ月滞納すると借金の一括請求を実施されてしまう可能性がありますので、滞納には気をつけてください。

裁判が実施される

借り入れ先の貸金業者から一括請求され、それでも督促を無視すると裁判なってしまいます。

借金に関する請求通知書を見れば、「もし入金することができなければ、裁判を強制執行します。」という記載があります。

この記載があったからといって、すぐ裁判になるというわけではありませんし防ぐ方法もあります。

しかし半数以上の割合が裁判になっていますので、支払いを行わないということは裁判になると考えた方が良いです。

裁判所に出頭する命令が来る

督促を無視して放置していると、自宅に訴状と口頭弁論への呼び出し状が届きます。

呼び出し状には「口頭弁論が開かれますので、指定された期日に出頭してください。」という内容の記述があります。

借金を放置する人の多くは金融の知識が無く、いままで督促を放置し慣れている場合が多いため、裁判所からの連絡も無視してしまうことが多いです。

この裁判に出席しないということは、債権者の意見がすべて認められることになります。

つまり裁判所からの通知を無視したということは、自分がすべて悪かったことを認めるということになります。

裁判所に出頭した債権者は自分の主張をすべて述べたあと、全面的に内容が承諾されることになります。

そして遅延損害金の支払いや残った借金の一括返済を実行するよう裁判所から命令が下されます。

こうなると、法的な強制力が働くため無視しても給料の差し押さえが起きたり、最悪の場合自己破産をしなければいけなくなります。

実は、国もこういった状態になることを防ぐために、任意整理という借金の救済方法を用意しています。

自転車操業解消の切り札になる任意整理とは

任意整理とは裁判所を介入させることなく、債権者と交渉することです。

債務整理の中でも手続きには、自己破産や個人再生などもありますが、任意整理が最も実施しやすい借金の整理方法と言われています。

簡単に説明すると、債権者との間に弁護士が介入し、借金を全額返済できる金額に直したり、今後利息分を0にして残った借金のみを支払うようにする手続きです。

任意整理を行うと、3年~5年あれば完全に返済をすることができるでしょう。

任意整理では、クレジットカード会社や銀行カードローン会社や消費者金融会社など、借りた先の種類が問われることはありません。

法律をしっかり守りながら運営されている金融機関であれば、どこでも任意整理の対象となります。

任意整理は自転車操業を止められるのか

債務整理方法として、任意整理を実施すればハガキや電話の取り立てが止まります。

取り立てのせいで、まともな生活ができていないという人もいるでしょう。

債務整理を実施した人には、督促を直接行ってはいけないという法律があるため督促は原則で止まります。

さらに、任意整理を実施すると手続き中の3~6ヶ月は、返済する必要がなくなります。

この期間は、計画性のない借り入れを行う人が再建を行うための大切な時間となっています。

自転車操業になっている人の多くは、収入や支出を見直すことがなかったから計画性のない借り入れを行ってしまったのでしょう。

毎月2万円のお金を返済するために使えれば、年間で24万円の支払いが可能です。

任意整理中は、毎月の返済金額が手続き前よりも減るため、確実に返済を進めていくことができます。

任意整理は弁護士に仕事を依頼すれば、借り入れ先の貸金業者と上手に交渉してくれます。

条件の提示の仕方によっては、借金の金額を減額してもらえる可能性があります。

なので債務整理経験が豊富な、ベテランの弁護士に仕事を依頼しておく方が良いです。

任意整理手続きをおすすめできる司法書士事務所

今回紹介する島田先生は弁護士歴25年、年間相談件数2,400件という実績を持つ実力ある弁護士です。

さらに、借金問題の相談を今まで多く受付けていたため他の弁護士よりも貸金業者への交渉は上手です。

自転車操業が続くような借金の状態でも、問題なく解決してくれるでしょう。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル