メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

キャネットから借りた借金問題を解決する債務整理とは

債務整理を依頼するとなると、気になるのは費用だと思います。

債務整理を弁護士に依頼すると、手続きや状況によって数十万円単位で費用がかかります。

しかし、そのような大金が手元になくても債務整理を弁護士に依頼することは可能です。

費用の分割払いに応じてくれる弁護士は多いですし、初期費用(着手金)を無料としている弁護士もいます。

また、実際に債務整理をした人たちの支払い方法を紹介すると、弁護士に債務整理を依頼すると、受任通知という通知を送ることで、取り立てが最大で6ヶ月とまることになります。

この期間は、返済する必要がないため、この期間で弁護士費用を分割で支払うことができます。

この方法で、債務整理を依頼した人は費用を問題なく払えています。

今回紹介するみつ葉司法書士事務所は、相談は無料の窓口を設けています。

実際に手続きに移行しても料金は後払いや分割払いも対応しているため、その場でお金を持っていなくてもまず借金を無くすことに親身になって対応してくれます。

みつ葉司法書士事務所の無料相談窓口はこちら。

キャネットの返済が厳しくなる人は多い

キャネットのような消費者金融は、大手消費者金融と違って金利が少し高めに設定されているため、どうしても返済が難しくなる人が多いです。

キャネットからお金を借りる人は、大抵が大手消費者金融から既に借りていて、2社目以降の借入先として利用います。

そのため、2者以上から借りている多重債務状態という人が多いです。

滞納してはいけないという危機感や、借りすぎて上限に達してしまったため、別の会社から借りざる得ないという状態になってしまいます。

その結果、返済能力を超えた金額を借りてしまうのです。

そして、気がつけば借金が膨らんでしまい、何らかの理由で返済が厳しくなったときに、キャネットでも滞納してしまうことなってしまいます。

当然のことですが、借りたお金は返すのが基本です。

しかし、払えないものはどうしようもないと思います。

こんなときに、どうしたら良いのかを紹介します。

キャネットの返済は債務整理を検討

まず一番やってはいけないのは、借金を放置することです。

借金を返済しないで放置していると、利息や遅延に対する損害金が加わったり、自宅や会社に督促が入ったり、最終的には差し押さえがあります。

そうなると、生活もままならない状況になるので、放置するのは最も避けるべきなのです。

しかし、対応する術がないような状態なら、借金問題の救済手段として用意されている、債務整理という制度を利用することをおすすめします。

債務整理は、大手消費者金融やカード会社相手に行われることが多いですが、キャネットからの借金でも債務整理をすることができます。

そのため、キャネットの返済が苦しくなってどうしようもないという人は、債務整理を検討しましょう。

債務整理にはいくつかの手続きがあり、借金の状況や、債務者の希望によって内容が変わってきます。

また、債務整理は手続きが煩雑なため、素人が手続きするのは極めて難しく、専門家を通して行われるのが一般的です。

そのため、早い段階で債務整理が得意な専門家に相談して、後は新しい生活について考えていくのが幸せだと思います。

まずは、債務整理の経験が豊富な司法書士事務所に相談しましょう。

債務整理の半分以上は任意整理

平成23年度の債務整理が行われた統計の調査では、

  • 自己破産:100,510人
  • 特定調停:11,351人
  • 個人再生:4,262人
  • 任意整理:不明

となっており、任意整理の数は不明となっています。

任意整理は債務整理手続きの中でも、裁判所を通さず、弁護士と債権者の間で交渉を行い、借金問題を終わらせられる唯一の手段です。

その為、1年でどれ位の人が任意整理を行っているのか、統計を取ることはできないため、具体的な数字は不明となっています。

任意整理は、裁判所などの公的機関を介さない、言ってみれば私的な手続きです。

債務者が、直接消費者金融などの債権者と、話し合いをして借金および利息の減額や返済方法などを決める事もできます。

この手続は、弁護士と債権者の間で内密に行えるので、誰にも知られずに手続きが行われます。

そういったプライバシーの保護の観点も含めて正確な数がわからないと言われています。

自己破産の数が10万人の場合、任意整理をした人数は10倍以上はいるのではないかと言われています。

しかし任意整理は借金を減らす事はできても、完全になくす事はできません。

長期の間、消費者金融会社の法外な利息を払い続けた場合、過払い金請求をして借金がゼロになる事はあるようですが、現在ではそのようなケースは減ってきており期待はできません。

キャネットも、今では正規規定内の金利で運営しています。

しかし、それでも任意整理を行うことで、支払うはずだった借金の総額の20~30%借金が減ったという人が多い様です。

任意整理は、債務整理手続きの中でも比較的費用が安く、簡単にできます。

キャネットで任意整理するメリット

キャネットで任意整理することにより、毎月の返済が楽になるというメリットがあります

ここで、弁護士を通じて手続きをすることで生まれるメリットを紹介しましょう。

任意整理は、裁判所を通さないで弁護士と債権者との話し合いで交渉する手続きです。

そのため、法律の制限を受けません。

例えば、自己破産は浪費で借金した場合は裁判所からの許可がおりず破産できません。

しかし、任意整理であればそもそもの法律の決まりの外の話なので、借金の原因を問われることはありません。

また、債務整理をしたことを官報に掲載されることもないため、自分から話さなければ借金をしたことを誰かに知られることはありません。

他にも任意整理は、手続きする借入先を選択できるというメリットがあります。

他の債務整理手続きは、基本的に全ての債権が対象になります。

そのため、任意整理以外の手続きでは、金融機関に対する借金も、身内や友人に借りたお金も同じ扱いで債務整理が進みます。

しかし、任意整理の場合は借り入れ先を選択できるので、金融機関の借金は任意整理しても、身内や友人から借りたお金はそのまま返済するということが可能です。

任意整理の一番のメリットは、借金を減額できる可能性があったり、利息をカットできたり月々の返済額が減額されるということです。

周りに知られないように借金を解決するには、弁護士へ任意整理の依頼をしましょう。

任意整理したほうが良いケース

キャネットで任意整理をしたほうがいいケースを紹介します。

代表的な例としては、借入期間や借入額、返済状況に関係なく、キャネットの月々の返済ができなくなったときです。

しかし、返済状況によってが債務整理の結果に影響することはあります。

例えば、1回も返済をしない状況で債務整理を申し出た場合は、スムーズに手続きが進むのはかなり難しいです。

そもそも、借金を返す気がないと見なされてしまうからです。

この例以外ならば、月々の返済ができないときは任意整理をしたほうが良いです。

任意整理の流れ

弁護士へ手続き依頼後に、キャネットに受任通知と債権届・取引開示請求を送付します。

こちらの書類が到着したときに直接の取り立て行為が止まります。

キャネット側は、債権届・取引開示請求を受け取ると、債権届と取引履歴を弁護士に送付します。

弁護士は、こちらの取引履歴を利息制限法利率に引き直し計算をして、債務額の確定をします。

利息制限法利率に引き直したときに、過払い金が発生していた場合は、キャネットからお金が戻ってきます。

もし、返済残高が残っていたとしても、利息をカットした金額を分割で支払う和解案をキャネットに提示します。

そして、キャネットがその和解案に応じると、任意整理が完了します。

任意整理の手続きは個人でも可能ですが、手続きが難しいだけでなく、法的知識のある専門家でないと債権者が手続きに応じてくれないことが多いです。

そのため、任意整理の手続きは専門家へ依頼して、スムーズかつ有利に進めてもらうのが良いでしょう。

任意整理の費用

キャネットの任意整理にかかる費用は、弁護士への報酬と通信費くらいで済みます。

弁護士費用は、事務所によって違いますので依頼前に確認してください。

債務整理の相手金融機関の違いで費用が変わるケースはほとんどありませんが、債務整理の内容が任意整理から法的整理に変わることなどにより、費用が変わる事はあります。

どれくらい借金が減らせるのか

任意整理で気になる点として、実際どれくらい借金が減らせるのかということです。

ここでは、キャネットとの交渉でどの様な和解になるのか解説していきます。

キャネットで任意整理をした場合、他の大手消費者金融同様、和解の基本となる部分はほとんど決まっています。

和解の支払い総額は、利息制限法に引き直した残元金がベースになります。

その後、未払い利息や損害金の計算をします。

この金額は交渉の範囲になります。

残元金と未払い利息・損害金の総額を計算し、このときに将来利息は全額カットすることができます。

そして、上記の借金総額の返済回数を決めます。

基本的に3~5年以内(分割回数としては36~60回)になります。

例として、利息制限法で計算した金額が35万円、未払い利息・損害金が1万円の場合、支払総額は36万円となります。

この36万円を36回で分割すると、毎月1万円を3年間払って完済するというのが一般的な和解案となります。

任意整理におけるキャネットの対応

基本的に任意整理の場合、どこの金融機関でも同じ対応になります。

正直、キャネットを含め金融機関はどこでも早く回収をしたいというのが本音なので、和解案が提示されると直ぐに同意します。

なぜなら、弁護士・司法書士が介入している間、直接取り立てをすることができないため、和解案を飲まないといつまでも回収ができません。

尚、弁護士が提示する任意整理の和解案は裁判所で提示される和解案とほぼ同じため、わざわざ提訴してくることはあり得ません。

キャネットの借金の相談先

本当に借金に悩んでいるときは、なかなか周りに相談できず一人で悩んでいる人がかなり多いと思います。

専門家に相談したいけど、費用が心配という人もいます。

ここでは、専門家に相談するメリットについてくわしく解説していきます。

専門家に依頼する効果

任意整理は、債務者本人が行うことができますが、いざ自分でやろうとしても個人では出来ないことが多いです。

本人が行った場合、債権者側は交渉に応じる必要が無いため、連絡しても取り合ってもらえない事が多いです。

そこで、弁護士や司法書士に依頼することをおすすめします。

弁護士や司法書士に依頼をすると、債権者側は対応を行わなければいけない義務が生じます。

さらに、手続きはすべて弁護士・司法書士で行ってくれるため、交渉もスムーズに進みます。

ただし、司法書士に依頼した場合、もし裁判手続きになると、簡易裁判所管轄の代理権しか持っていません。

債権額が140万円を超える場合、交渉がスムーズに行かなくなるため、最初から弁護士に依頼すると良いです。

弁護士の無料相談を利用する

弁護士に依頼するときに、弁護士費用が気になる人が大半だと思います。

しかし、基本的にお金が無いから債務整理をするのであって、依頼者にお金が無いことは、弁護士が一番よく知っています。

まずは、無料相談を利用しましょう。

相談だけなら何度でも無料というのが多くありますので、依頼する前に費用の件などくわしく相談してください。

費用についても、法テラスなどで借りる方法や、分割支払い等、いろいろ対応方法があるため、気軽に相談できます。

また、現在の返済状況を分かる範囲で伝えるだけで、具体的な対応方法を提案してもらえるため、具体的な依頼ができます。

当サイトでは、みつ葉司法書士事務所に相談することをおすすめしています。

みつ葉司法書士事務所の島田先生は弁護士歴25年、年間相談件数2,400件という実績を持つ、借金問題の解決に慣れた弁護士なので、弁護士選びで失敗するといったことは無いでしょう。

島田先生への無料相談窓口はこちら。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル