メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

フクホーで返済が遅れるとどうなるか?

フクホーで借入をした時に気をつけないといけないこと、それは返済です。

返済を気をつけないといけないのはどの業者から借り入れをした時も同じですが、フクホーのような中小の業者から借りた時も同じなのか、という疑問を持つ人は少なくないでしょう。

大手なら安心だけれども、フクホーなどの中小の業者だと、なんだか変なことに使われてしまうんじゃないかと思ってしまうわけです。

フクホーはまだまだ中小の業者でも有名だから安心かもしれませんが、それでも不安を覚えている人は少なくないでしょう。

ではフクホーのような中小の業者を利用するときにはどのような返済の部分で注意をした方がいいのでしょうか?

簡単にいえばフクホーも大手の銀行系カードローンも消費者金融も、やるべきことというのは変わらないと思って下さい。

しかし変わる部分としては中小の業者、フクホーもそうですけれども返済をしないという人への対応はかなり厳しいと思って下さい。

もちろん大手だったら返済をしない人には優しくして、別にそれは許されるといったようなものではありません。

特にフクホーは、その厳しさが強いのです。

借金の返済が遅れてしまい滞納してしまうようであれば、法律にかかわる弁護士・司法書士の資格を持っている専門家に相談することが最短の道です。

よく、ネットに1年で借金を解決する裏技のようなものを紹介しているサイトもありますが、基本的に法律上ありえない話です。

基本的に、借金問題を解消する最短の道は、なるべく早く専門家からの救済措置をとってもらい、確実に返済を終えることなのです。

そのため、どれだけ早く完済できるかということが重要に鳴ってきます。

そこで、借金問題に強い弁護士・司法書士に相談することで、借金の減額方法を知ることができ、必要であれば減額の手続きをしてもらうことで早期の完済が実現できるのです。

しかし、1つ気をつけなければいけないことがあります。

相談する弁護士・司法書士が借金問題に強いかどうかが非常に重要になります。

任意整理手続きを依頼する弁護士・司法書士の仕事は、離婚・相続・詐欺被害・事故示談・労働問題など分野があります。

医者に専門分野があるように、借金問題の相談をするなら任意整理が得意で、かつ解決実績が豊富な弁護士・司法書士を選ぶ必要があります。

また、借金問題を専門に扱っている弁護士・司法書士の中にも当たり外れがあり、当たりの弁護士・司法書士は特に強い交渉力を持っています。

当サイトがおすすめする「みつ葉司法書士事務所」は、2012年3月に創業し6年目を迎える司法書士法人です。東京・福岡・大阪の3拠点で、経験豊富な債務整理専属チームがフルサポートしています。「みつ葉司法書士事務所」なら、借金に強い専門家選びに失敗することは無いでしょう。

365日24時間、全国で対応しているため、いつでも相談することができます。無料で相談を受付けていますので、安心して相談できる良心的な事務所です。
また、会社や家族に知られたくないという方にもサポートをしてくれます。
気になる費用ですが、"分割払い" ができるため、手元にお金がなくても気軽に相談ができます。みつ葉司法書士事務所は、本当に必要な手続きを見極めてくれる良心的な司法書士事務所です。 もし借金問題に苦しんでいるなら、一人で悩ますに、まずは相談してみてください。きっと、あなたの借金の状況に合った、最善の解決方法を提案してくれるでしょう。

返済が遅れたことによる影響

フクホーのような消費者金融や、クレジットカードでブラックリストに登録されるのは、どれくらい支払いが遅れたらなるのかをか視閲します。

まず、消費者金融で借り入れた場合、カード利用の場合とそれぞれに審査の際に、信用情報機関に与信情報を確認します。

この人は何社からいくら借り入れて、残高がいくらで現在支払は遅れいないかなど、消費者金融に関しては、債務整理をした場合は借り入れ情報の横に32、破産の場合33と数字が掲載されます。

簡単な話借り入れ状況がわかるので、その状況を確認して判断しているわけです。

それで、どれくらい遅れたらいわゆるブラックリストになってしまうかということになりますが、基本的にはケースバイケースということになります。

1回でも遅れて2ヶ月以上支払がないという場合と6ヶ月連続遅れてはいるが、1週間以内に入金になった場合と、いろいろパターンがちがいますので、一概にいえませんが、現在1社でも支払い遅れているところがある場合でも貸付停止という規定になっている業者もあります。

もっとゆるいところも、まあ債務整理などの事故歴がなく、長期延滞した経歴がないのであれば、現在の延滞が解消すれば基本的には利用は可能かと思います。

そのため、長期延滞、債務整理や破産などの事故歴などがあれば、その情報が消えない限り、利用は難しくなるでしょう。

結局のところ、金融情報においてブラックリストというものはありません。

借入状況、経歴を確認する与信はありますが、それがブラックリストではないですから、借入がある人は全て情報が残るので、昔は破産情報がある人に融資する業者はたくさんいました。

現在のように貸付に対しての制限(年収の何%まで)などなかった頃は、多少事故歴があっても、勤務先や配偶者などの属性がいい場合などは貸していたようです。

現在はその条件もかなり厳しくなりまして、たとえば、借入出来ない場合のい理由として、与信上の問題(借入の限度超えている、事故歴、延滞歴など)の他に運転免許証の亡くした回数が多い人(3回以上)などの場合はよく断られてると思います。

いずれにしても、返済が遅れた場合の各社の対応は、会社によってかなりばらつきがあるということです。

フクホーの取り立て

フクホーからの取り立ては、基本的に電話を通して行われます。

「借入になられたお金の返済日が過ぎていますけど、いつ頃になったら返済して頂けますか?」といった感じでかけてきます。

「どうして支払いが遅れているのか」「いつ頃なら支払いできるのか」についての確認の電話ですから、暴力的な電話ではありませんし、一方的に「支払え!」という高圧的なことは、まず無いので心配する必要はありません。

多くはこのようなシンプルなやりとりとなっているため時間がない方も、取立て電話がかかってきたときは対応した方がよいでしょう。

最初の電話がかかってきたときに、真摯に応対して、今後の返済方法を交渉すれば、それ以上は電話はかかってきません。

しかし、電話に出なかったり、返済日がはっきりしない場合は、次の方法で取り立ての最速が起案す。

ハガキによる催促

電話で、返済日などがはっきり決まらない場合は、手紙で督促が来ます。

手紙は、当然、自宅に配達されるわけですから、もし家族に内緒に借り入れをしていた場合、この段階で知られてしまいます。

紙の督促には現在の借入残高や返済すべき金額、いつまでに入金しなくてはならないのか、といったことが記載されています。

この段階で、期日までに返済すれば、次の段階にはいきません。

連絡が付かなければ自宅に電話

自宅に来る電話の内容は、手紙に書いてある通りの内容と同じことですが、いつまでに、どのような方法で返済してもらえるか聞いてきます。

この場合は、自宅ですので、家族のだれが電話に出るかわかりません。同居する家族に、借り入れの状況が知られてしまうことになります。

また、もし契約時にご実家の電話番号を登録していると、実家に電話が掛かってくるようになります。

手紙や電話、などで督促をしても、具体的な返済計画や返済期日が提示されない場合は、直接自宅に担当者が訪問してくるということになります。

ただ、自宅が遠方で、借入金額がわずかで、交通費のほうが高くなってしまうような場合は、自宅訪問ではなくて、直接、内容証明付きの督促状が送付されてきて、そのままにしておきますと、少額訴訟でいきなり裁判所からの呼び出しということになる場合もあります。

自宅にきても、もちろん恐喝や暴力などはありませんが、担当者が目の前にやってくる、というのはそれなりのプレッシャーとなります。

ここでさらに返済に応じなければ次は裁判に発展しかねませんので、ややこしい話になってしまいますので、具体的な返済計画を提示したほうがいいと思います。

訴訟を起こされ法的処置が行われる

フクホーからの取り立てを、無視し続けると最終的には法的手段が行われます。

法的手段というのは、裁判所を通した差し押さえ命令と、資産の競売です。

差し押さえされると、禁止物件以外の財産を強制的に押えられて、競売で売却されてしまいます。

まずは給与の差押え

換金しなくてはいけない物件よりも、給与が、まず最初の差押え対象になります。

借金が無くなるまで毎月一定額を差押えられて、借金の返済に充当されることになるでしょう。

ちなみに差押えされる給料は、4分の1までの金額と決められています。

それを超える金額を差押えることはできません。

ただし、手取り給与が33万を超える場合は、超えた分が差押えの対象になります。

例えば、手取り給料が45万あるのであれば、45万円-33万円=12万円

手取り給与が45万円の場合、12万円が差押えの対象です。

難しければ財産の差し押さえに

失業中などの理由で、債務者に収入が無くなっている場合は、給与からは差し押さえが難しくなります。

その代わりに、保有財産が差押えの対象になる可能性があり、話し合いで解決しない場合は、裁判所を通して差し押さえが実行されるでしょう。

無担保ローンでも差し押さえされるのか

無担保ローンで融資を受けていても、返済が滞れば差押えされる可能性があります。

差押えされるケースとしては、貸金業者が裁判所をとおして差押え命令を出した時です。

この場合、裁判所の執行官が債務者の財産を差押えし、競売にかけることになります。

無担保ローンといっても、やはり遅れたらまずいということです。

競売にかけられる前に、こちらから貸金業者に連絡をとり、今後の返済の相談をした方がいいでしょう。

法的処置後の取立てはあるのか

競売で債務の弁済がおこなわれても、すべての債務を返しきれるとは限りません。

換金可能な資産が売却され、残債が残ってしまったら、その分の返済については話し合いをおこない、支払える金額での分割払いという話におさまると思います。

ちなみに、法的手段で債権を回収しにかかるのは最終手段です。

早い段階であれば、話し合いで返済プランを見直してもらえる場合もあります。一番ダメなのは、音信不通になってしまうことであり、返す意思を示さないことだと思います。

返済が遅れそうな時は早い段階で、こちらから連絡をして「いつまでに返す」という意思を示すことが大事です。

フクホーの取り立てを止める

フクホーのような消費者金融を相手にするには、ただ交渉力があるだけではいけません。

もし、あなたに高い交渉力があったとしても、裁判になると発言の一つ一つを法律に照らし合わされてしまうため、債権の取扱や貸金業法や利息制限法などの法律の知識を持っていないと危険です。

そのため、取り立てを止めるには、法律にかかわる弁護士・司法書士の資格を持っている専門家に相談する必要があります。

専門家に相談することで、ふく帆ーからの取り立てを法的に止めることができます。

しかし、1つ気をつけなければいけないことがあります。

相談をする専門家である弁護士・司法書士が、本当に借金問題に強い弁護士・司法書士かどうかが非常に重要になります。

なぜなら、借金問題の解決のための手続きを依頼する弁護士・司法書士の仕事には種類がいくつもあり、離婚・相続・詐欺被害・事故示談・労働問題などがあります。

医者に専門分野があるように、借金問題の相談をするなら時効の援用や債務整理などの借金問題が得意で、かつ解決実績が豊富な弁護士・司法書士を選ぶ必要があります。

また、借金問題を専門に扱っている弁護士・司法書士の中にも当たり外れがあり、当たりの弁護士・司法書士は特に強い交渉力を持っています。

当サイトがおすすめする「みつ葉司法書士事務所」は、2012年3月に創業し6年目を迎える司法書士法人です。東京・福岡・大阪の3拠点で、経験豊富な債務整理専属チームがフルサポートしています。「みつ葉司法書士事務所」なら、借金に強い専門家選びに失敗することは無いでしょう。

365日24時間、全国で対応しているため、いつでも相談することができます。無料で相談を受付けていますので、安心して相談できる良心的な事務所です。
また、会社や家族に知られたくないという方にもサポートをしてくれます。
気になる費用ですが、"分割払い" ができるため、手元にお金がなくても気軽に相談ができます。みつ葉司法書士事務所は、本当に必要な手続きを見極めてくれる良心的な司法書士事務所です。 もし借金問題に苦しんでいるなら、一人で悩ますに、まずは相談してみてください。きっと、あなたの借金の状況に合った、最善の解決方法を提案してくれるでしょう。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル