メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

借金問題は弁護士に相談して債務整理した方が良いのか?

毎月借金の返済をしているんですが、いつ終わらなるかわからなくてもう辛い。こういった借金問題を抱えた人は年々増えています。

10年ほど前に過払い金問題があり、借金問題は多少緩和されたように見えましたが、不景気の煽りを受けて今でも多くの人が借金に苦しむ生活を送っています。

借金をしている多くの方は、根はマジメな人が多く「借りたなら返さないと」という人も多く居ます。

しかし、実際の借金問題はそう甘くはありません。

借金問題は払えなくなってからの対処では解決が難しくなるのも多く、早めに適切に手を打っていればより良い解決方法をとれることが多いです。

借金問題で弁護士に相談する場合、借金問題に強い弁護士に依頼しなければ、余計な弁護士費用が掛かる場合があります。

なので、債務整理の解決実績が豊富で、かつ経験豊富な弁護士を選ぶ必要があります。

今回紹介するみつ葉司法書士事務所は、債務整理だけで年間2,400件以上の相談を受ける業界でもトップクラスの借金問題の相談先です。

また、借金問題に理解があり無料相談窓口を設けているため、わからないことがあれば無料で教えてくれます。

みつ葉司法書士事務所の無料相談窓口はこちら。

債務整理した方がいい借金状態

もちろん、債務整理を行うと弁護士費用が掛かります。

借金をしている状態で更に弁護士費用を払うなんて考えられませんよね。

しかし、債務整理手続きを行うと借金の総額が減るので、その減額分が弁護士費用を上回ればその分得になります。

この減額分を上回る基準となるのが借金100万円以上と言われています。

弁護士費用は司法書士事務所によって異なりますが、100万円以上借金を抱えているのなら債務整理をした方がいいです。

債務整理の相談できない可能性がある人

債務整理をしないほうが良い場合もあります。

ここではもしくは債務整理できない人もいます。

そこで、管理人が弁護士事務所に確認して債務整理を受けられない主な理由を確認してみました。

  • 100万円未満の借金の相談
  • 借金をして2ヵ月以内の相談
  • 既に他事務所に依頼中の人の相談
  • 個人間の借金問題の相談
  • 本人以外からの借金相談

上記に該当する方は、特別な理由がない限り債務整理手続きができません。

但し、どうしても返済できない状態でしたら、債務整理手続きの一つである自己破産の手続きなら行うこともできるので。

詳細を知りたければ相談してみて下さい。

借金は弁護士に相談して債務整理を

借金問題を抱えている方は、弁護士に相談することで国の保護のもとで借金を減らせることができます。

弁護士は債務整理という法手続きによって債権者と交渉を行い、借金の返済額を引き下げてくれます。

しかも借金の理由は問わず無料で相談を受けており、実際の相談の多くは浪費による生活苦だったり、ギャンブルなどが大半です。

相談者の多くは後ろめたさで相談できない人も多いらしいのですが、実際の相談理由の大半はそういった内容なので、気後れしなくても良いです。

そこで今回は、借金問題で弁護士への依頼、もしくは相談を検討されている方に知っておいてほしい知識とアドバイスをご紹介していこうと思います。

借金問題でどうしようもできない状況になっている方は、弁護士を味方につけることも考えてみてください。

借金問題を依頼する際の弁護士と司法書士との違い

借金問題は法務大臣による認定を受けた認定司法書士にも依頼することができます。

しかし、司法書士は弁護士と違い制限があります。それらを踏まえてどちらに依頼するかを決めてください。

費用面で見れば司法書士が安い

まず、弁護士に依頼した時の費用と比較すれば、司法書士が安くなります。

ただ、費用だけで見てしまうと、下記の制限によって十分な結果にならないことも考えられます。

司法書士は代理人になれない

司法書士の主な業務は必要書類の作成代行です。

なので、直接債権者と交渉したり(書類作成による交渉のサポートは可)、裁判所に代理人として立つことはできません。

仮に債権者との話し合いがまとまらず訴訟問題などになった場合には、結局弁護士に依頼しなくてはならない事態にもなりかねません。

そうなると司法書士の費用に加えて弁護士費用を別途払わなければいけなくなります。

司法書士は140万円以上の案件は受けられない

司法書士は140万円未満の経済的利益がある場合には関与することができません。

経済的利益とは、上記の借金解決方法(債務整理)を行なった結果に借金額が減った分です。

ですので、多額の借金・過払い金がある方には、そもそも司法書士が関与できないのです。

借金で債務整理手続きを弁護士に依頼するメリット・デメリット

それでは、借金問題を弁護士に依頼しようと考えられている方は、どのようなメリット・デメリットがあるのかも気になるところでしょう。

こちらでは、借金問題を弁護士に依頼するメリット・デメリットをお伝えします。

弁護士依頼のメリット

法的な解決方法を提案してくれる

一般個人の方だけでは、借金問題に対してどのように解決していいのか分からず状況が悪くなることが考えられます。

他からまた借金を作り、どんどん借金と金利が増えていったり、差し押さえや競売、取り立てなどの事態にも陥りかねません。

債務整理を得意とする弁護士は、法的な専門家なので、適した借金返済方法を提示してくれます。

今現在借金を抱えておられて、今の収入だけでは借金返済が難しい方は、少なくとも弁護士への無料相談だけでもすることをおすすめします。

債権者との交渉もうまくいきやすい

任意整理や過払い金請求は、直接債権者と交渉することとなります。

この場合、債務者本人と弁護士、どちらからの提案に相手が応じてくれる可能性が高いのかは想像がつくでしょう。

また、弁護士は法的根拠をもってして交渉を行なってくれますので、減額したお金は真っ当なものです。

消費者金融や闇金からの借り入れによる一時的なまやかしのお金や、FXや株などの失敗リスクのあるお金ではないので、その後の生活も立て直しにかかることが安易になるでしょう。

面倒な書類作成を行なってくれる

特に裁判所を介する自己破産や個人再生は、書類の作成等が面倒です。

個人で行なうと手間と期間がかかり、結果的に挫折してしまうこともあります。

早く解決させてその後の生活を立て直しておいたほうが良かったという結果にもなり得ます。

「お金がないのだから自分でできる分は自分でやろう」という考え方は大切です。

しかし、場合によっては難しいことは専門家に任せて自分ができる事をしていったほうが良いです。

弁護士依頼のデメリット

費用がかかってしまう

借金問題を弁護士に依頼するデメリットと言えば、「費用がかかる」これに尽きるかと思います。

そもそもお金が無い状況を解決させようとしているのに、弁護士費用でさらにお金がかかってしまえば元も子もありませんね。

しかし、借金の減額分を弁護士費用が下回れば結果的にプラスですし、すぐに費用を払えない方に対して、分割払いや成果報酬(減額分の何%など)といった方法を取っている弁護士も多くいます。

借金問題で債務整理の依頼をした場合の費用

借金問題を弁護士に依頼する際にとても重要になってくる弁護士費用に関してこちらで解説していきます。

まず、一般的な弁護士費用の内容を解説し、解決方法ごとの費用相場をご紹介します。

弁護士への相談料

弁護士への相談は費用がかかるところも多くなっています。

一般的に30分~1時間で5,000~10,000円が相場となっていますので、相談前に確認しましょう。

また、相談料を無料にしている弁護士もいますので、無料相談をうまく利用してみて下さい。

着手金とは

着手金とは、弁護士に依頼すると決めたときに発生する金額です。着手金は、結果が望むものになってもならなくても支払うこととなりますので、しっかり吟味して弁護士を選んだうえで依頼を決定させましょう。

こちらも、弁護士や案件によっては着手金を貰わずに、後述する成果報酬のみで依頼を受けてくれる場合もありますので、依頼の際の料金形態は要確認です。

実費

実費は、依頼後にかかった、書類作成料、交通費、裁判費用などになります。

実費は着手金に含まれていたり、そもそももらっていない弁護士もいますので、こちらも依頼する前にしっかりと確認してください。

報酬金

報酬金とは、債務整理で減額した、もしくは回収した金額によって発生します。

借金問題はお金の問題となりますので、成果の金額の何%としている弁護士が多くなっています。

着手金を支払っていても別途成果報酬が発生したり、成果報酬だけが費用の弁護士もいます。

依頼前に料金形態の確認や、実際に支払うとなれば具体的にいくらになり、どのようにして払うのかをイメージしておきましょう。

柔軟な支払い方法を取っている弁護士もいる

このように弁護士費用は高いことが現実としてあります。

案件内容や借金額などで変わってきますが、合計して大体20~50万円程度が弁護士費用の相場となります。

「お金が無いのにそのような金額支払えるわけがない」と思うことは自然なことです。

借金を減らすために弁護士に依頼して、弁護士費用を払うために再び借金してしまっても意味がありません。

そこで、分割払いや後払いにも対応している弁護士もいます。

費用の支払い方法もしっかりと考えるようにしましょう。

自己破産での弁護士費用相場

自己破産での弁護士費用の相場は30~60万円程度です。

自己破産の場合、財産の差し押さえが発生するため財産の査定に弁護士が関わること、裁判所で何度も答弁が多なわれることを含めると、どうしても他の手続きよりも高額になってしまいます。

個人再生での弁護士費用相場

個人再生での弁護士費用の相場は30~50万円程度です。

また、個人再生を弁護士に頼らずに、自分で行うこともできます。

しかし、「個人再生委員」への報酬が25万円程度かかる場合があるので、初めから弁護士に依頼するほうが賢明かと思います。

任意整理・過払い金請求での弁護士費用相場

任意整理や過払い金請求の弁護士費用相場は、借入先の数や、成功報酬での金額で左右されることが多いので一概に言えません。

おおよその金額になってしまいますが、10~20万程度かかってしまうと思って下さい。

費用の設定は事務所ごとで違うので、しっかり確認しておきましょう。

借金問題は借金問題を得意とする弁護士へ

まず、弁護士と言っても様々な人がいます。

離婚問題、相続問題、労働問題、刑事事件などそれぞれに弁護士の得意分野があるのです。

仮に弁護士に知り合いがいても、その方が借金問題を得意としていなければ、望む結果にならないこともあります。

今回紹介するみつ葉司法書士事務所は、借金問題だけで年間2,400件以上の相談を受ける業界でもトップクラスの借金問題の相談先です。

また、借金問題に理解があるため、無料相談窓口を設けており、わからないことがあれば無料で教えてくれます。

みつ葉司法書士事務所の無料相談窓口はこちら。

30代男性の債務整理体験談

学生時代の借金癖がきっかけ

大学生のときに学生ローンの利用がきっかけでした

地元を離れ、一人暮らしの生活はとても新鮮で楽しいものでした。

親からの仕送りもありましたが、やはりそれだけでは厳しいので、バイトしながら学生生活を送っていました。

そんな生活を送るのに欠かせないのが、友達との旅行や飲み会など。

バイトも頑張ってはいたのですが、大学の単位を落とすほどにはできず、やはり限界というものがあり、学生ローンを利用してしまいました。

思えば、一緒にそういったことをして過ごしていた友達は、実家通いでお金がかからない生活をしていたり、また自分と同じように地方から出てきていても実家が裕福でたっぷりとお小遣いを貰えていてそういう人たちに合わせるには自分は無理があったと思います。

大学卒業後も残る借金癖で多重債務に

楽しかった大学生活も終わり、就職して社会人になりましたが学生時代にすっかりと借金癖がついていました。

少しでも生活費が足りなかったりすると借り入れをしてしまったり、また欲しいものがあるとクレジットカードで購入することが頻繁にありました。

毎月の支払いもリボ払いにしていることで、自分の収入に見合わない借入額になっていきました。

完全にリボ払いで借金地獄に落ちいり、気づいたときにはそういって使った借金の月々の返済額が実に15万円になってしまっていました。

これではたとえ節約をしたとしても、生活はとても苦しいです。

しかも、自分は節約することがとても苦手で、時間が経てば時間がたつほど新たな借り入れをしてしまい、ますます事態は悪化するばかりでした。

結婚を意識した事で任意整理するきっかけになりました

そんな状態だった自分が借金を整理しようと思い始めたきっかけは彼女との結婚を意識した時でした。

それまで、彼女には借金のことは隠していたのですが、あるとき彼女に借金を知られてしまい問い詰められました。

こんな借金癖のある人とはとてもこのまま付
き合っていけないと言われ、自分としては彼女と結婚したいと思っていたので、反省して借金は片付けるから、完済し終わったら結婚して欲しいと申し込みました。

長期間は待てないという彼女の言葉を胸に、藁にもすがる思いで弁護士に借金の無料相談をしにいき、任意整理をすすめられました。

任意整理のデメリットとしては、信用情報に傷が付くことで5年ほどローンを組んだりできないこと。

説明を受けましたが、だからこそ結婚前に任意整理の手続きを済ませておくことで、将来的に住宅ローンを組む事ができるようになると考えました。

それまでに減額して頂いた事で現金での生活を徹底し、仕事に励むことで、マイホーム購入の為の資金も貯めようと誓ったのです。

おかげで毎月の支払いは5万円に下がり、4年で無事に完済することができました。

債務整理に強い弁護士へ相談するなら

弁護士には、離婚・相続・詐欺被害・事故示談・労働問題など分野があり、借金問題の相談をするなら債務整理が得意で解決実績が豊富な弁護士を選ぶ必要があります。

今回紹介するみつ葉司法書士事務所は、債務整理だけで年間2,400件以上の相談を受ける業界でもトップクラスの借金問題の相談先です。

また、借金問題に理解があり無料相談窓口を設けているため、わからないことがあれば無料で教えてくれます。

みつ葉司法書士事務所の無料相談窓口はこちら。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル