メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

借金があるのに妊娠した場合の対処法!

借金があるのに妊娠してしまい返済の目処が立たないという女性は多くいます

妊娠してしまうと、出産や育児のお金がかかってしまうのに、妊娠して働けなくなってしまったら借金返済はどうしていけばよいのでしょうか。

しかも、こういった方の多くはパートナーの男性に秘密で借金をしている人も多く居ます。

そこで今回は妊娠して働けなくなって収入がなくなり、借金の返済ができなくなったときの方法を紹介します。

結論から言うと、借金問題を解決するには、債務整理という手続きが有効です。

債務整理は国が認めた法的な手続きで返済額を減らしたり利息をカットすることができます。

妊婦さんに有効な債務整理手続きには、自己破産と任意整理があります。

この借金救済措置を利用するなら、みつ葉司法書士事務所に相談することをおすすめします。

みつ葉司法書士事務所の島田先生は年間2,400件もの借金相談を受けており、借金があるのに妊娠してしまった状況の相談も多く受けています。

豊富な経験から、必ずあなたにあった借金問題の解決策を教えてくれるでしょう。

みつ葉司法書士事務所の島田先生への無料相談窓口はこちら。

両親や祖父母から資金援助を受ける

妊娠によって借金返済ができないときに不安になってしまうことの理由は、「旦那に借金を知られたくない」という理由が上げられます。

こういった時の場合、一番多く利用される解決策としては両親や祖父母を頼って助けてもらうといった方法がよく行われます。

そのままお金を援助してくれたり、子供が大きくなった後に働いて返すなり、相談して合意がとれれば一時的に借金問題から開放されます。

この方法が、パートナーに借金があったことを知られずに解決できる最も多く使われている方法です。

借金を作ってしまった理由は聞かれるので、正直に話しましょう。

自分自身が大きく反省しなければならないことがあるものの、不安を抱えることが無い状態で出産を迎えられます。

また、借⾦をおまとめローンで⼀本化して、月々の返済額を減らしていく方法を取ることもできます。

しかし、この場合は妊娠していることでおまとめローンの審査が通らない場合があるので、両親の名義で組まなければいけません。

自己破産の場合

借金返済の余地がない場合は、自己破産の手続きを行う方が多いです。

ただし、自己破産をすると、10年以内はローンを組んだりキャッシングをすることができなくなってしまいます10年以上経過しないとクレジットカードや住宅ローンが組めなくなってしまうということです。

生活保護を受け、それを元に生活している方もいらっしゃいますが「産まれた子供のための学費や新居を用意したい」と考えている方は、安易に自己破産を選ばず、どのような生活スタイルで子供を育てていくのか、冷静にプランを立ててみましょう。

債務整理は個人対貸金業者の手続きなので、家族に影響を及ぼすことはありません。

「将来、生まれてくる子どもが奨学金を組めない」ということはありませんのでご安心ください。

任意整理の場合

現在の収入や預金を使い、一定期間内(約3~5年)で借金を返済する余地があれば任意整理を選ぶことができます。

任意整理は裁判所に出向く必要がないので、妊婦の方にとっては負担が少なく済みます。

貸金業者との交渉次第では、今後の利息やすでに付加されてしまっている遅延損害金を無くすこともできます。

また、貸金業者との取引期間が5年以上の場合、過払い金が発生している場合があり今ある借金をゼロにして、逆にお金を取り戻せるケースもあります。

ただし、任意整理は自己破産同様、ブラックリスト(信用情報機関)には載りますのでキャッシングやローンが約5年程度できなくなります。

家族への影響について

債務整理の手続き(任意整理・自己破産・個人再生)を行った場合の家族への影響について説明します。

  • 「子供にだけは影響がでないようにして欲しい」
  • 「両親に迷惑がかからないかが心配」
  • 「主人のカードに影響を出すわけにはいかない」

初めて行うものなので想像もつかず、不安かもしれません。

しかし、結論からいって『債務整理で家族に影響が出ることはない』ということです。

債務整理をしてもカード名義人以外影響はありません。

  • 「債務整理をすると夫のカードまで使えなくなってしまうということはないですか?」
  • 「自己破産をして子供の将来に影響はないですか?」
  • 「債務整理して両親や兄弟に請求がいきませんか?」

など、家族への影響を不安に思っている方も多く居ますが問題ありません。

債務整理をしてもペナルティを受けるのは、手続きをする本人だけです。

そして、そのペナルティとは信用情報に一時的に傷がつきブラックリストになるというものです。

しかし、ブラックリストの期間は5~7年カードを作ったりローンを組めなくなったりするだけで、それ以上の社会的な影響もありません。

もちろん、家族の誰かがブラックリストになるということはありません。

債務整理が家族に与える影響は少ない

実は債務整理を行っても家族の日常生活が制限されたり不利益を受けることは、あまり多くありません。

もともと、債務整理は借金で苦しんでいる人を救済して、経済的に立ち直らせるために作られた手続きだからです。

まずは家族への影響が少ないことについて見ていきましょう。

自宅や家財道具をすべて奪われるわけではない

家族への影響を考えるとき、まず気になるのは暮らしの基盤となる自宅や家財道具ではないでしょうか。

債務整理のうち特に財産への関わりが大きいのが自己破産ですが、債務整理をしたからといって財産を根こそぎ取り上げられるわけではありません。

自宅に住み続けることはできる?

自己破産の場合、賃貸アパート住まいの人は退去を迫られるという話を聞いたことがあるかもしれませんが、それは昔の話です。

以前の民法では家主は借主の破産を理由に契約解除できるとされていましたが、現在その規定は削除されています。

今後も家賃をきちんと支払えるなら入居を継続することができます。持ち家の場合も、売却までは住み続けることが可能です。

持ち家を手放したくない人は、任意整理もしくは個人再生を検討しましょう。

家財道具が全部没収される?

自己破産すると何もかも失い、まともな生活はできないと思い込んでいませんか?

自己破産しても、家財道具や家電製品等の暮らしに最低限必要なものは差し押さえが禁止されているため手元に残すことができるのです。

テレビやパソコンも、あまり高価なものでなければ手放す必要はありません。

子供にも支障はない

子供が進学・就職や結婚といったライフイベントを控えている中で、親が過去に債務整理をしたことがマイナスなるかと心配なかたも居ると思います。

しかしそんな心配は一切不要です。

子供の進学や就職には何の影響もない

の進学は、入学試験の結果などお子さん個人の実力で判断されるものです。

学校側が受験生の家庭の債務整理の履歴まで調べることはありません。

また就職についても、官民・業種を問わず自由に職業を選ぶことができます。

子どもが結婚をするときも問題なし

お子さんの結婚にも、影響が出ることはありません。

本人のものでさえ戸籍や住民票には債務整理に関する記録が残ることはないので、結婚相手にも自分から言わない限りわからないでしょう。

家族の信用情報にも影響はしない

配偶者や18歳以上の子どもがいる場合は、家族がクレジットカードやローンの申し込みをするときにも影響が出ないか気になるかと思います。

債務整理をした場合の家族の信用情報との関連を正しく理解しておきましょう。

信用情報の仕組みとは?

クレジットカード会社・金融機関・ローン会社などは、新規申し込みがあった際に信用情報機関が管理する信用情報を照会の上審査しています。

債務整理を行った本人については、信用情報機関に事故情報が数年間記録・保存されます。これが、いわゆる「ブラックリストに載る」という状態です。

家族の信用情報まで傷がつくことはない

信用情報は個人単位で作られていて、戸籍や住民票のように世帯のまとまりで扱われることはありません。

このため、家族の誰か一人の信用情報に事故情報が記録されても、他の家族の信用情報に傷がつくことにはならないのです。

債務整理を考えている人へおすすめできる司法書士事務所

みつ葉司法書士事務所の島田先生は、年間2,400件もの借金相談を受けており、妊婦さんの相談も多く受けています。

その中でも特徴的なのが相談していく中でしなくて自分の状況に合わせた対応方法や、安く済む手続きを教えてくれるほど相談者に親身に対応してくれます。

みつ葉司法書士事務所の島田先生への無料相談窓口はこちら。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル