メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

エポスカードで滞納したときの対処法

エポスカードのキャッシング枠や、ショッピングローンで借金をしてしまい、支払日に間に合わずに滞納してしまう人は多いようです。

よくあるケースで聞くのが、引き落とし口座が給与振り込み口座と別なので、うっかり支払日から遅れてしまい滞納してしまう人もいます。

この時、エポスカードで滞納しても、支払いは後で大丈夫だと思ってませんか?

実は、滞納はかなりのリスクがあり、利息が付くだけではありません。

気がついたら、あなたの信用情報は傷だらけになり、ブラックリストに載ってカードが強制解約されたり、他のクレジットカードでキャッシングしようと思っても借りれなくなります。

こうなってしまうと、車や住宅などを購入するときにローンを組むことが出来なくなります。

さらに、滞納をそのままにしていると、エポスカードの本社から一括請求がされる可能性があります。

もし、既に滞納していて、一括請求の督促状が来ているという人がいたら決して放置してはいけません。

エポスカードに訴えられる可能性があります。

一括請求が来たタイミングで支払うことができない場合、すぐに弁護士・司法書士に相談して下さい。

弁護士・司法書士なら、分割で支払う手続きを行えます。

もし、エポスカードが原因で借金地獄になった人は、すぐに弁護士・司法書士に相談してみてください。

リボ払いは、消費者金融からお金を借りるのと変わらない金利で設定しているため、借金地獄に苦しむ人もいます。

しかし、その金利をゼロにするための救済手続きを弁護士・司法書士は知っています。

当サイトがおすすめする「みつ葉司法書士事務所」は、2012年3月に創業し6年目を迎える司法書士法人です。東京・福岡・大阪の3拠点で、経験豊富な債務整理専属チームがフルサポートしています。「みつ葉司法書士事務所」なら、借金に強い専門家選びに失敗することは無いでしょう。

365日24時間、全国で対応しているため、いつでも相談することができます。無料で相談を受付けていますので、安心して相談できる良心的な事務所です。
また、会社や家族に知られたくないという方にもサポートをしてくれます。
気になる費用ですが、"分割払い" ができるため、手元にお金がなくても気軽に相談ができます。みつ葉司法書士事務所は、本当に必要な手続きを見極めてくれる良心的な司法書士事務所です。 もし借金問題に苦しんでいるなら、一人で悩ますに、まずは相談してみてください。きっと、あなたの借金の状況に合った、最善の解決方法を提案してくれるでしょう。

エポスカードは危険なカードなのか

エポスカードは丸井グループのクレジットカードで、ショッピングがきっかけで多くの方が利用しているカードです。

大型百貨店で買い物する人やレストランなどで、会員の特典が付き、休みの日に買い物が好きな人にとって非常に便利なカードです。

しかし、この特典があるから便利と思って安易に使いすぎると、借金が溜まっていきます。

エポスカード側が危険というよりも、クレジットカードの便利さに負けて使いすぎてしまうことが危険なのです。

支払いが遅れて滞納すると

エポスカードは使いやすいクレジットカードですが、滞納してしまうとそのまま取り返しがつかなくなります。

引き落とし日は27日で「もしかすると、払えないかもしれない」と思っている人ほど危険です。

そう感じている人は、どのようなリスクがあるのかを説明するので、よく読んでください。

カードは使いすぎに注意

エポスカードは、買い物でその場で現金を支払わないくてもよいため、ついつい多めにモノを買ってしまうこともあります。

特に、リボ払いに手を出すと借金していることに気づきません。

エポスカードに限らず、クレジットカード全般のリスクが内包されているのです。

実は、クレジットカードで買い物をすると、平均して20%の消費額が増加することが統計的に明らかになっています。

強い意志を持っていないと簡単に買いすぎてしまい、ポイントを意識するあまり、使いすぎてしまう人も少なくありません。

エポスカードのリボ払い

先ほどもリボ払いについて触れましたが、リボ払いは油断すると借金地獄にハマってしまうことがあるのです。

エポスカードの金利は、12.60%~15.00%となっています。

この金利は、クレジットカード業界の平均的な金利なので、決して高いわけではありません。

リボ払いとは、借金の残額を考慮せず、毎月の返済額を定額にして返済していくプランです。

一度に大きな返済をしなくていいのですが、定額で設定していた金額が少ないと、利息分の返済でだいぶとられてしまうため、借金の総額なかなか減らないという欠点があります。

エポスカードで払えないでいると

エポスカードはあくまでもクレジットカードです。

あなたの信用を基にして、ショッピングをしてできたポイントが様々なサービスに交換できるという、システムを取っているだけです。

期限がくれば、返済するものは返済しないといけません。

その返済義務を履行できない場合は、それ相応の社会的ペナルティも発生します。

当然、通常の利息にプラスして、1日でも支払いが遅れると延滞利息まで加算されてきます。

催促の対応の仕方について

支払いができずに滞納した場合、エポスカードから催促の電話が掛かってきても出ないのは一番やってはいけないことです。

この催促の電話は、最初は携帯電話に掛かってくる事が多いです。

しかし、携帯電話に出ないことが続いた場合、自宅の固定電話に掛かってきます。

電話に出ないからと言って、エポスカードが催促を諦める事はもちろんありません。

催促の電話については、カード会員に連絡が付くまで繰り返し電話を掛けてくるため、掛かってきた催促の電話には必ず出るようにしましょう。

すぐに電話に出られない場合でも、こちらから折り返すようにし、エポスカードに連絡するようにしましょう。

余計な言い訳はせず、次の支払日の約束をすることが大切です。

また、約束した支払日には、必ず支払うように注意して下さい。

給与差し押さえまで進んでいく

エポスカードが滞納して払えなくなると、まずは催促してきます。

ハガキ、電話であくまでも常識的な対応で臨んできます。

暴力団が取り立てに押しかけて職場に来たり、夜中に自宅に押しかけるようなことは、貸金業法で規制されているので安心して下さい。

滞納してからの具体的な流れは、次のようになります。

支払い遅れから督促への流れ

  1. 再引落の案内が届く
  2. 電話で支払いの督促
  3. 連絡がつくまで督促電話が続く
  4. 強制解約
  5. 一括請求
  6. 訴訟

早期解決できるかどうかは、1~3の催促されているうちに、支払いができるかどうかです。

ここで督促を止めることができれば、それ以上のダメージはありません。

もちろん、決してエポスカードからの連絡を無視し続けてはいけません。

4~6になってしまうと、信用情報に傷が付いてしまいます。

3ヶ月経過でブラックに

1日でも支払いが遅れると「滞納」という扱いになります。

この状態から更に悪化する時の条件は、3ヶ月連続で支払いができなかった状態のことです。

では、なぜブラックかと言いますと、あなたのこの情報が信用情報機関で「ブラックリスト」に入ります。

エポスカードの最初の返済遅れから、返済しないまま3ヶ月が経過した時点で、訴訟として法的な手続きが取られます。

一括返済を言い渡されますが、それができない場合は給与の中から一定額を返済していくことにになります。

もちろん、通常の金利プラス遅延損害金が上乗せされた額ですが、全額返し終わるまで続きます。

これだけでもかなり厳しい状況ですが、すべて返済し終えて5年間は、生活面でかなりの制限が出てきます。

それでは具体的な制限を見ていきます。

ブラックになって困ること

  • 給与の中から毎月差し押さえ(一括払いができない場合)
  • 各種ローンが組めない(住宅ローン、自動車ローン、カードローンなど)
  • クレジットカード契約ができない
  • 携帯電話の機種変更も分割払いができずに10万円以上の一括払いということも
  • 賃貸住宅の契約で保証会社を保証人にする場合に審査落ち
  • 厳しい職場の場合は知られると出世に響く上に退職干渉も

ブラックになると、ローン関係はすべて取引はできません。もちろん、新たなクレジットカードは作れません。

エポスカードは丸井グループですので、ルミネカードなども使えないことは覚悟しておいてください。

そして、意外かもしれませんが、スマートフォンの機種変更でも月賦が組めませんので、10万円前後もする機種本体を一括払いしなくてはいけません。

滞納すると住みたい家が選べない

エポスカードの滞納で引越しにも支障が出てきます。

現在の賃貸不動産は保証会社をつける取引が主流となっています。

仮にあなたが入居したい物件の保証会社がエポスカードであれば、そこは諦めなければいけないのです。

もちろん、その信用情報は回っているので、保証会社を通す賃貸住宅には住めない可能性が十分にあります。

まだ間に合うなら、エポスカードへの返済方法を考えてみましょう。

延滞となる以前に1日でも遅れるとペナルティはありますが、まだ3ヶ月返済に遅れる延滞の段階にはいたっていないというのであれば、解決策を考えてみましょう。

債務整理の体験談

エポスカードの借金が原因で債務整理という国の救済手続きを行った人の体験談を紹介します。

滞納のきっかけ

数年前に今の住まいに引越しをする際に、必要になった諸々の費用をエポスカードからキャッシングしました。

引越し当初の予定では、友人とルームシェアして家賃を折半して払っていく予定でした。

そして、その折半の家賃を返済に回しエポスカードからの借金を完済する予定だったのです。

しかし、ルームシェアをしてわずか数ヶ月で些細なことで友人と言い合いになり、ルームシェアを解消することになりました。

部屋を借りている名義は私になっていたので、友人に出て行ってもらうことになったのですが、困ったのはエポスカードへの借金の返済です。

元々、私の収入では借金の返済を続けながら今の部屋に住み続けるのは無理があります。

そのため、ルームシェアを解消すると借金を返済することができないのです。

しかし、その事実に気付いたときには、ルームシェアを解消した後でした。

その結果、当然お金は足りなくなり、借金の返済を続けることができなくなって気付けば何ヶ月も借金を滞納していました。

一括請求通知に債務整理を決意

借金が返済できないので、連日届く督促状も無視していました。

無視してると、数ヶ月も経つと督促状は送られてこないようになり、その時私は借金から解放されたのだと思ってしまいました。

当たり前ですが、無視していたからといって借金が無くなる訳がありません。

督促状が届かなくなってから約2年後ある日突然、いつもと違う郵便物が私の元に届きました。

それは、借金の一括請求通知でした。それを貰ったときは、ただもうパニックでした。

一括返済なんてできる訳がありませんし、どうしたら良いのかも分かりません。そして、困惑した私は司法書士さんに助けを求めることにしたのです。

司法書士に相談に行ったときには、私のエポスカードからの借金は68万円になっていました。

何故こうなってしまったのか司法書士さんに聞いた所、借金を滞納している間にも、借金には利息と遅延損害金が加算されていき、滞納している期間が長くなればなる程、借金は大きくなっていくということを教えてもらいました。

そして任意整理をすれば借金を一括返済しなくても分割払いにできるし、将来の利息も減らせるので、返済が難しいのなら任意整理した方が良いと言われました。

借金を一括返済することは無理ですし、将来の利息を払わなくて良くなり分割払いにできるなら良いなと私は思い、司法書士さんに任意整理をお願いしました。

その結果、任意整理が上手くいき将来の利息をカットして借金の分割払いも認められました。これからは月々1.3万円返済すれば良くなりました。本当に任意整理して良かったです。

債務整理について

債務整理とは、借金の減額や利息の免除ができる手続きのことです。

テレビCMや広告で目にするような、「自己破産」や「過払い金請求」なども債務整理の手続きの中の1つに含まれます。

手続きには3種類あり、負債者の借金状況や返済能力に応じてどの手続きを行うか選択できます。

  • 任意整理・・・利息分の支払いを0にして返済総額を減らしたり、返済期限を伸ばす手続きです。
  • 個人再生(民事再生)・・・裁判所の認可が降りれば、借金を支払い可能な金額まで減らすことができます。
  • 自己破産・・・裁判所の認可、返済不可能な状態が認められた場合、全ての借金を帳消しにできます。

任意整理についてメリット

借金救済の手続きする9割の人は任意整理を行うと言われています。

任意整理の他に、自己破産や個人再生など、債務整理の方法がありますが、これらの制度と比較して、任意整理には以下のメリットがあります。

任意整理は、裁判外の「和解」です。

任意整理は、弁護士・司法書士と消費者金融の間で交渉することができるので、誰にも借金をしていることが知られないで返済しきることができます。

かわりに、自己破産や個人再生は裁判所を利用する手続きなので、誰にも知られずに借金を返すことは難しいと言われています。

さらに自己破産は「官報」に名前が乗ります。官報を個人で定期的にチェックする人はまずいないため、周りの人に知られることはありませんが記録には残り続けます。

これに対して、任意整理の場合は、官報に氏名が掲載されることはありません。

また、自己破産では財産の処分をしなくてはならず、職業制限もあるのですが、任意整理にはそのようなことはありません。

任意整理をするデメリット

任意整理をすると、信用情報機関に事故情報として記録されるため、新たにクレジットカードを作ったり、キャッシングをしたりすることができなくなります。

信用情報機関は民間の機関で全国で5社あり、信販会社やサラ金の会社はこれらに加盟し、顧客の情報を登録します。

そして、一社で返済が滞ればその情報が記録され、他の金融業者にもわかるしくみとなっているのです。

これにより、任意整理をした場合には、他の会社でクレジットカード作成やキャッシングをしようと思っても、契約ができなくなります。

その期間は最短で5年、長くても7年です。

借金をした金融業者がどの信用情報機関から情報を得ているかによってこの期間に差ができます。

ただ、考えようによっては、借金グセがある場合に新たに借りることができないのは逆にメリットにもなります。

借金問題は弁護士・司法書士に相談

借金問題を弁護士・司法書士に相談する場合には、債務整理に特化した弁護士・司法書士を選ぶことが重要なポイントです。

債務整理や過払い金請求を専門に行っている弁護士・司法書士であれば、借金問題に慣れているため交渉力には期待できます。

そのためには、弁護士・司法書士事務所のホームページを見て、借金問題に慣れている弁護士・司法書士が在籍しているかを確認しましょう。

そして、ホームページ上において、任意整理、過払い金請求、自己破産などの借金問題における債務整理を専門に取り扱っているかどうかをチェックしましょう。

借金問題は、滞納し始めてから早ければ早いほど、残高の減額や無理のない分割返済に応じて貰える可能性なども高くなるといわれています。

借金問題で悩んだり困ったりしている人は、なるべく早めに弁護士・司法書士に相談してみてはいかがでしょうか。

エポスカードの支払いが厳しくなったら

エポスカードからの借金を返済したい方は、借金問題に強い弁護士・司法書士事務所に相談するのをおすすめします。

当サイトがおすすめする「みつ葉司法書士事務所」は、2012年3月に創業し6年目を迎える司法書士法人です。東京・福岡・大阪の3拠点で、経験豊富な債務整理専属チームがフルサポートしています。「みつ葉司法書士事務所」なら、借金に強い専門家選びに失敗することは無いでしょう。

365日24時間、全国で対応しているため、いつでも相談することができます。無料で相談を受付けていますので、安心して相談できる良心的な事務所です。
また、会社や家族に知られたくないという方にもサポートをしてくれます。
気になる費用ですが、"分割払い" ができるため、手元にお金がなくても気軽に相談ができます。みつ葉司法書士事務所は、本当に必要な手続きを見極めてくれる良心的な司法書士事務所です。 もし借金問題に苦しんでいるなら、一人で悩ますに、まずは相談してみてください。きっと、あなたの借金の状況に合った、最善の解決方法を提案してくれるでしょう。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル