メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

自己破産を選択すべき時はどんな時?

自己破産とは、膨れ上がった借金を返済する能力がない状態のときに行われる手続きです。

もし、100万円の借金を返せないからといって自己破産を選ぶというのはやめてください。

というのも、借金の返済は毎月の返済額を払わなくても、月々決まった給料をもらっているなら、少額でも返済していけば返せる可能性があります。

もし、その仕組みがわからない、消費者金融と相談しにくいなどがあったら司法書士事務所に相談してみると良いでしょう。

司法書士事務所は借金の無料相談をおこなっているので質問だけでも受け入れてくれます。

あなたの収入や借りている相手によっても対応が変わってきますから、一人で悩まずに相談することです。

相談するのはお金の問題を解決するプロですから最適なアドバイスを貰えるでしょう。

自分がどう動けば良いかわからなくて不安な方は、みつ葉司法書士事務所の島田先生へ相談することをおすすめします。

みつ葉司法書士事務所は無料相談窓口を設けているため、判断できないときは相談すれば教えてくれます。

みつ葉司法書士事務所の無料相談窓口はこちら。

自己破産の前に状況確認

借金問題で重要なことは、収入に対してあまりにも大きな金額を借りていて返済する目処が立たなくなってしまった時です。

具体的な例で言うと複数の借入先がある多重債務の状態になってしまった、という時などが該当します。

例えば、これでもなんとか支払う目処がたっている場合、実家に済んでいて支出が少ないならなんとかなるかもしれません。

まずは自分の状態を改めて見直して、本当に破産しないで済むかどうかを確かめることが重要です。

債務整理の決断と自己破産の選択

いま、支払日に返済が間に合わず3ヶ月以上滞納しているのならば、債務整理手続きを考えても良いです。

この状態が続くのは最悪差し押さえなどの危険があります。

もし今月は払えたとしても急激に収入が増えないかぎりまた同じことの繰り返しになってしまうでしょう。

そして、上記のように収入に対して債務の金額が大きすぎるのであれば、自己破産を選んだほうが良い場合があります。

破産という言葉のイメージもあり、なかなか踏み切れない人も多い自己破産ですが、これも考え方によっては破産の方が現実的なケースが多いのです。

自己破産せずに任意整理で借金を減らし、返済を続けていこうと考えた時、ギリギリの生活を続けながら数年間は返済を続けることになります。

それより、自己破産により現時点で債務をゼロにして、わずかでも貯蓄など少しでも経済的な余力を持っていたほうが安心という考え方です。

これは、自己破産にしても任意整理にしても債務整理をすれば向こう数年間はクレジットやローンの利用ができないので、もしも急にまとまった金額の出費があったときに備えるという意味が大きいです。

債務整理で自己破産を選ぶ時

債務整理には債権者と一緒に今後の返済計画について話し合う調停や、裁判所が債務管財人となりこれまでの借金を整理していく任意整理といった方法があります。

いずれの方法も利息を支払う、支払わないという違いはあれど最終的には借金を返済する事になります。

しかし債務整理の中で唯一借金を全額棒引きにする手段が自己破産です。

ただ自己破産は、債務整理のプロセスの中での最終形の名称であり、この自己破産を行うには手順を踏まなくてはなりません。

自己破産すべきときは思い切って決断

どうして債務整理手続きの中で自己破産が究極の選択と言わるのかを、これから詳しく説明していきたいと思います。

一つ言える事は破産することで、これまで続いていた多重債務から完全に解放されます。

例えるなら人生のリセットに匹敵するくらいの大きな変化が待っています。

最後の手段といえる自己破産

債務整理の手段の中での自己破産は少し特殊です。

特殊というより救済不能な債権という認識が正しいかもしれません。

わかりやすく説明すると例えば年収300万円の人が600万円の借金を作ったとして、その借金をどれくらいの期間で完済できるでしょうか。

そもそも完済可能かというと、可能性は非常に低く限りなくゼロに近いのが現状です。

これを返済リスクと言いますがこの返済リスクが高い人は借入可能額も低く、あらゆる貸金業者から申し込みをしたとしても、返済は極めて厳しくなることが予測されるため、本来は貸し出しできません。

つまり返ってこない可能性が高いので貸したくても貸せないのです。

そういった状況の債務ですから、既に返済不可能なくらい巨額の債務になっていますから、この時点で何らかの整理が必要です。

しかもその整理も返済方法についての相談というより、破産に向けた資産償却に関する話になってきます。

このステージに来ると自己破産になります。

自己破産とは絶対返済不可能なくらいにまで膨れ上がった借金を整理する際に使う手段であり、その基準に達するまで破産の申し出はできません。

自己破産を選ぶときはこんなとき

また破産宣告をしたとしても判定する裁判所が破産を却下する事もあります。

なので、必ずしも事故破産は誰でもができる方法ではありません。

債務整理の中でも返済を目指した方法というより、焦げ付いや借金の債権処理に近いです。

自己破産は財産や職業の制限など、そのリスクは大きく条件金額も大きいのでその審査に通った人のみが適用できます。

自己破産者は融資を受けられるのか

金融機関が審査を行うときに利用する信用情報会社には、自己破産者になったことが5~10年は残り、クレジットカードなどが使えません。

信用情報会社に名前が載ることをブラックリストといいますが、ここに名前が載ると金融商品の審査に通りにくくなってしまいます。

自己破産者になって、返済の必要がなくなっても、社会的な信用がなくなってしまいます。

7年が法律で定められた期間ですが、それ以後も審査のハードルは上がるでしょう。

闇金でなければ、自己破産者に融資をするような金融機関は存在しないようです。

高い利息で借り入れをさせる闇金融しか自己破産者の融資はしてくれないといえるでしょう。

将来、自動車や住宅の購入のためにローンを組みたいと思っても、自己破産者であればできません。

自己破産者になるのは最後の手段として、融資の返済ができないかを優先して考慮する必要があるでしょう。

自治体の相談窓口で、返済手段を相談するというやり方もあります。

一度でも自己破産者になったことがある人は、同じことを二度起こさないように注意することです。

家族や親しい友人、連帯保証人があれば、それらの人などを巻き込んで自己破産者になっているということを肝に銘じましょう。

安易に融資を受けて自己破産者にならないようにすることがなにより大切です。

闇金の融資に注意

自己破産者の場合、再びローンを組むときには闇金融を利用してしまうケースが多いと言われています。

その理由は、闇金融は破産者の名前を確認しているからです。

破産者の名前は、国の出す官報に載ります。

なので、そこをチェックすればどんな人が破産者になったかがわかります。

破産者に対して融資の案内を電話で行ったり、ダイレクトメールを送ってきたりします。

しかし、日常的に官報に目を通している人はまずいませんので、そのことが知られる危険は一般的にほぼありません。

闇金業者にとって破産者は格好のターゲットなので毎日のようにチェックしているといっても過言では無いでしょう。

クレジットカードも持てず、キャッシングも利用できず、それでいて現在返済中のローンが何もないのが破産者という人たちです。

金利面で厳しくても、破産者でも融資が可能という話は、お金を借りたい破産者にはいい話です。

闇金融からすれば、破産者はとてもいい客なのです。自己破産を経験した人は、その直前までは月10万の返済をしていたりもするものです。

破産者になった直後であれば、返済しなければならない借金額はゼロです。

改めて融資を受けるように誘導できさえすれば返済の確実性は高いと見込むこともできます。

闇金融から借りるかどうかという問題以前に、破産者になったならば新たなローンは利用してはいけません。

絶対に闇金の融資には関わらないという強い意思を持つことが破産者にとって大事なことなのです。

債務整理の相談するならおすすめの弁護士

もし借金の滞納が続くようなら、弁護士に債務整理の相談することをおすすめします。

どうしても支払えない借金は債務整理をして減額しましょう。

みつ葉司法書士事務所なら無料相談を受付けており、借金問題に強い弁護士が在籍しているため交渉もスムーズです。

他の事務所では断れるような滞納が原因の相談でも解決策を教えてくれるでしょう。

みつ葉司法書士事務所への無料相談はこちら。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル