メニュー 0120-662-384 24時間365日 全国対応 相談無料

【リボ地獄】リボ払いの借金地獄から解放されました

まさかクレジットカードのリボ払いで借金地獄になるとは思いませんでした。

学生時代にリボ払いで、毎月一定の金額を返済すれば大丈夫と聞いてから、ショッピングはリボ払いを利用していました。

当時の私はそれが借金だと気づいていませんでした。

自分のクレジットカードだったので親にも相談せずに買い物をしていました。

そのうち借金の危険性に気づかずにキャッシング枠に手を出してしまい借金地獄を味わうことになりました。

後で聞いた話ですが、クレジットカードの支払い方法をリボ払いにしてしまえば、そのときにお金が無い場合でも、定額の支払いで済ませられます。

お金を使っていることは分かっていますが、財布の現金は減らないため、金銭管理が苦手な人は想像以上に簡単に借金地獄に落ちやすいんだそうです。

リボ払いの減額に強い弁護士に無料で相談ができる特設サイトはこちら。

リボ地獄で借金が200万まで膨らみました

私はこのリボ払いの借金地獄で350万の借金を抱えました。

いつの間にか金銭感覚が麻痺して、キャッシング枠がをまだ使える貯金の残額と区別がつかなくなっていました。

毎月、使える額がリセットされる度にホッとしている自分が居るんです。

冷静な今から見ると、かなり異常な考え方なんですが、金が無くて焦ることの多かった当ときはこの異常事態に気づけ無いんですよね。

しかも当ときはリボ払いと分割払いの区別もついておらず、分割払いの別名のことなのかな?とか自分で勝手に解釈してました。

当時私は26歳で、金融に関する知識なんてからっきしでした。当時使っていた楽天カードで、生活費が足りないときに少額だけ借りるなどで利用してました。

消費者金融や闇金から借りるわけじゃないからなのか、最初からあまり借金をしている感覚はありませんでした。

他の人の借金返済ブログや借金地獄ブログを見ても、同じように借金をしている感覚無しで借金地獄に足を踏み入れている人の話は結構ありますし、ヤフー知恵袋みたいな質問サイトでもよく見かけます。

リボ払いは分割払いよりも金利が高く、手数料大きく、結局支払いは定額なので、一回した後もまたリボ払いで決算しやすくなるんです。

私のような金銭管理の甘い人間には、悪い意味でドンビシャで当てハマっていました。

リボ地獄で苦しむ日々

元々は、小さい頃から借金だけはするなと両親から強く言われていたので、借金をすること自体には抵抗はありました。リボ払い=借金という認識が無く、別物だと勘違いしていました。

特に請求書を見ても、毎月の返済金額が思ったよりも安かったため、多額の借金をしている気にはならず、なんだかんだで飲み会やパチンコなどの娯楽にお金を使っていました。

そして、生活費が心持たないときは追加で借りることもあったのでした。

カードローンって、返済ができていると限度額がアップして、最初は30万円までだったのが、50万、100万という風に限度額が上がっていくんですよね。

金銭感覚がおかしくなっていた私は、限度額が増えたことに危機感なんて無く、むしろ更にお金が使える枠が増えたとホッとしていました。

自分が借金地獄に陥っているとも知らずに。。。

そんな日々を2年、こんな私でもある日請求書を見て気づきます。借金の総額がもう手に負えないぐらいまで膨れていることに。

リボ払いで月々の返済が軽いことは分かっていても、リボ払いの利息は膨らんで、返済額も気づかぬうちに上がっています。

このときには借金300万を超えており、自分の手に終えないくらいの金額になっていました。

リボ払いの借金地獄を終わらせた対処法

借金に厳しい両親になんて相談できません。

自分一人で借金問題を抱えては悩み、段々と返済を滞納し、最後は弁護士に相談して債務整理しました。

最終的な借金は350万円、当時の年収を上回っていました。

こんな状態になってしまったときはもう自力返済は難しくなるため債務整理することが一番良いそうです。

毎月の返済額も気がついたら6万を超えおり、安月給の私では生活が困窮していました。

借金の理由がショッピングや娯楽費が原因だったので、両親に助けてなんて言うに言えません。

それでも現実は優しくありません。逃げても必ず何処かで借金を思い出して苦しむ毎日が続きます。

そんな毎日が嫌になり、なんとか返済を終わらせたいと思い。口コミで評判の弁護士がいる法律事務所にお願いしました。

相談してから2日で取り立ての電話がストップしました。さらに利息カットで月々の返済額も抑えてもらいました。

返済期間は5年となりましたが、利息がなくなった分は返済に回せるので、着実に返済していくができました。

任意整理中は贅沢ができずに、厳しい日もありましたし、急な出費で月の返済が遅れそうになる時もありました。

ただ、そんなときはその月返済できそうにない旨を金融機関に伝えたら当月の返済金額は少なめで良いと言ってくれます。

それでなんとか凌ぐことができるのです。

5年は長かったですが、もし利息が止まらなかったらさらに3年はリボ払いの借金地獄に苦しんでいたかもしれないと言われていました。

リボ払いの借金で悩んでいる方へおすすめの事務所

この体験談のようにリボ払いで借金返済を続けている方は、そうや法律事務所に相談するのをおすすめします。

リボ払いとなると、相手先は大手クレジットカード会社を相手にすることが殆どだと思います。

相手が大手だと、その分お金も持っているので債務整理対策に専門家を雇っていることがありえます。

そうなると、知識よりも交渉力が重要になり、特に債務整理手続きの経験が鍵となります。

その点、そうや法律事務所の水野弁護士は債務整理専門で対応件数が4,000件以上、弁護士歴25年の大ベテランです。

普通の人なら債務整理は人生に1度あるか無いかですが、松木先生と町井先生は既に4,000件以上も交渉を行っています。

どんな業者でも、最良の条件で交渉してくれるので安心して任せることができるでしょう。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル