メニュー 0120-662-384 24時間365日 全国対応 相談無料

債務整理のデメリットを理解して手続きした人の口コミ

弁護士に相談してみたら別の手続きの方が良いということはよくあるらしいです。

その点を考慮した上で、自分に本当に合っている手続きを教えてくれるのがそうや法律事務所です。

もしデメリットが気になるという人がいたら、まずは最初に相談してみると良いでしょう。

債務整理前の借金総額

私が弁護士に債務整理の相談をした時の借金は400万(アコムから120万、モビットから180万、プロミスから120万、ノーローンから80万)。年齢は30歳の時で、当時の私の年収は280万で年収よりも多い借金を抱えていました。

ボーナスも無い仕事で、毎月の給料は23万。家賃や光熱費、通信費、食費で最低でも13万円ほど掛かりました。毎月の返済額は11万ほどで、想像以上に利息分の返済が辛く、結婚式のご祝儀などの急な出費がある月はまともに返済に回せず、何度も滞納を繰り返していました。
1年ほど返済を続けていたのですが、精神的に限界が来て体調を崩しがちになり、借金返済から逃げたくなり、色々な方法を探していたときに債務整理のことを知りました。

債務整理のデメリットについてひたすら調べた

当時の私は全く知識が無い状態でした。利息でなかなか減らない借金を抱え、ときには払えないで滞納しており、追いつめられながら日々過ごしていました。そんな状態なので、マジメに返済し続けるしか知らず、返済の裏ワザとか、時効とか、なんとか逃げられる方法ばかりさがしていました。

当時は怪しいと思いました。そもそもなんで合法なのかとかわかりませんでしたし、どんなデメリットが待っているのか口コミや体験談をひたすら調べていました。
その時の調べて分かったことは、債務整理には幾つか種類があり、デメリットもそれぞれ違いました。

任意整理 個人再生 自己破産
クレジットカードが使えない期間 1~5年 7~10年 7~10年
官報に掲載 無し 無し あり
裁判所の介入 無し あり あり

この他にも、幾つか口コミから任意整理以外は家族に知られることがわかりました。
これらのデメリットも踏まえたときに、自分の借金総額なら任意整理をしたほうが良いということが分かりました。手続きの基準は人にそれぞれですが、年収の3倍超えて無いなら任意整理を選択したほうが良いです。また、過払い金があれば、すべての手続で借金の減額も可能だったため、個人再生を選ぶ必要は無いことも多いらしいです。

債務整理のデメリットは意外と無い

私の場合は任意整理を選択しました。幾つかの口コミを見たところ、過半数の人が任意整理を行うらしいです。
弁護士費用は20万ほど掛かったのですが、利息含めた借金の総額よりも、任意整理をすることで減った総額と比べたら、70万ほどの減額になりました。さらに返済期間も伸びて、最終的に月の支払が11万 → 6万まで減りましたし、手続き開始までの6ヶ月間は借金の返済が一時的に止まるのでその間に多少の貯金を作れたのは大きかったです。弁護士費用も後払いで分割払いできたので、元手0円でできました。/p>

債務整理のメリット

1番のメリットは借金の恐怖から解放されたことです。法律が守ってくれるので消費者金融からの催促からの恐怖はなくなりました。
あと、これはちょっと特殊かもしれませんが、債務整理中に返済金額4万円が払えない時がありました。そのときに消費者金融に「任意整理中の◯◯ですが、今月支払えないので来月まで待ってもらえませんか?」と伝えた所、1000円だけでも入金してくれれば良いという返事がもらえました。

債務整理中に何度か返済が滞ると、もう破産しかなくなるらしいので、そうすると消費者金融も回収できない借金が増えるのが確定するので、避けようとしていたのかもしれません。
このように多少のピンチが訪れても融通が効きやすくなるので、普通に返済するのが苦しくなったら、別の手続きをしたほうが良いと思います。

債務整理の手続きで迷うなら口コミで評判の事務所

デメリットを理解していても、実際に弁護士に相談してみたら別の手続きの方が良いということはよくあるらしいです。その点を考慮した上で、自分に本当に合っている手続きを教えてくれるのがそうや法律事務所です。

そうや法律事務所の水野弁護士は債務整理専門で対応件数が4,000件以上、弁護士歴25年もあるので、過去の経験と実績から、一番良い手続きを教えてくれるので良いと評判です。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル