メニュー 0120-662-384 24時間365日 全国対応 相談無料

京都銀行カードローン|延滞が理由でハガキが来ても払えない人の対処法とは?債務整理の体験談

京都銀行からの借金が払えないで、いま毎月の返済に困っている状況なら、債務整理という法律を利用することで借金の負担を減らせることが出来ます。

債務整理は、借金が現実的に返済不可能だとされる人たちを救済する法律です。

そのため、借金問題が苦しくなったら、利用することをおすすめします。

債務整理の手続きは、法律の専門家である弁護士に依頼することで利用することができます。

もし、利用する気がなくても借金問題の解決が得意な法律事務所なら、借金問題解決のための無料相談を行ってくれます。

当サイトがおすすめする、そうや法律事務所は借金問題に強く、年間の相談件数が4,000件以上の実績があります。

受付後の、手続きも丁寧で、上手く交渉してくれます。

実力ある交渉経験が豊富な弁護士に依頼すれば、借金問題もすぐに解決します。

さらに、取り立てを即日で止めてくれるので「厳しい取立をどうにかしたい」という方は、今すぐにでも相談するといいでしょう。

債務整理のメリット

京都銀行からの借金を債務整理すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

以下では、債務整理の一般的なメリットを紹介します。

任意整理の一般的なメリット

京都銀行からの借金返済が苦しくなっている人はたくさんいますが、どのような人でも債務整理によって解決するわけではなく、状況に応じた手続きが行われます。

債務整理の中でも、借金問題の解決には任意整理という手続きが用いられることが多いです。

そこで、まずは任意整理の手続きをすることの一般的なメリットをご紹介します。

借金の原因が問題にならない

任意整理とは、債権者と直接話し合いをすることにより、借金の返済金額と返済方法(月々の返済金額や返済期間など)を決め直して合意する手続きのことです。

任意整理のメリットの1つ目として、借金の原因が問題にならないことが挙げられます。

例えば生活費不足が原因でも任意整理できますし、事業に失敗したケースや詐欺に遭って借金が増えたケース、病院治療費支払いのために借り入れたケースや浪費、ギャンブルによる借金のケースでも、どのような場合でも任意整理はできます。

他の手続きは、借金の理由によっては出来ないものもあります。

周囲に秘密で手続出来る

次に、任意整理は、家族や周囲の人に秘密で手続きを進めやすいメリットがあります。

借金している人の場合、借金問題を家族にも秘密にしている人が多いですが、任意整理では裁判所も利用せず必要書類などもほとんどない私的な手続きであるため、周りに知られることなく手続を進めやすいのです。

対象にする債権者を選べる

さらに、任意整理の場合、手続きの対象にする債権者を選択出来るメリットもあります。

債務整理をする場合、住宅ローンや車のローンなどがあるケースもありますし、保証人がついている借金があるケースもあります。

このような場合に車のローンを対象にして債務整理をすると車が無くなりますし、保証人がついている借金を対象に債務整理をすると保証人に借金の請求が来て保証人に迷惑をかけてしまいます。

ここで、任意整理の場合なら、これらの借金を対象から外してそれ以外の借金だけを整理することができます。

これによって、車や住宅を守ることができますし、保証人に迷惑をかけるおそれもなくなります。

この点、個人再生や自己破産という別の手続きを利用すると、すべての債権者を対象にしないといけないので、車を守ることもできませんし、保証人には必ず迷惑をかけることになってしまいます。

借金返済が楽になる

任意整理をすると、借金返済が楽になります。

利息制限法を超過した利率での取引があったら大幅に借金元本を減額してもらえますし、そのような取引がなくても債権者との合意後の将来利息の支払いをカットしてもらうことができるので、結果的に借金返済総額がかなり減額できます。

このように、任意整理には一般的にたくさんのメリットがあります。

任意整理したほうがいい場合

次に、具体的に京都銀行からの借金を任意整理した方が良いのはどのようなケースなのか、見てみましょう。

まず、任意整理によってメリットを得るには、どのくらいの借入期間が必要かという問題があります。

任意整理の場合、利息制限法を超過した取引がない場合には、将来利息をカット出来ることが主なメリットです。

そこで、ある程度借金残高が残っている状態でないと、任意整理のメリットを感じにくいです。

たとえば、借入期間が長期になっていて、ほとんど自力で返済を終えてしまっている状態なら、任意整理するメリットは少ないです。

よって、任意整理をするなら、まだ多くは返済をしていない早めの段階で手続きをする方がおすすめです。

任意整理すべき借入額

次に、借入額がいくらくらいあれば任意整理すべきかという問題があります。

ここでも、任意整理の利息カット効果が関連します。

任意整理では、将来利息のカットをしてもらえることが主なメリットなので、借金残額が余りに少ないとメリットが小さくなります。

例えば借金残金が10万円の場合、年率10%でも年にかかる利息は1万円ですし、毎月1万円ずつ返済していたら10ヶ月で返済出来てしまいます。

カットできる利息はほぼない状態で、わざわざ任意整理しなくても、充分完済出来るでしょう。むしろ弁護士費用の方が高くなってしまいます。

このように、任意整理をする場合、最低でも借入金額が20万円くらいはないと、メリットはほとんどありません。

逆に、借入金額が高すぎると、任意整理では借金を整理仕切れなくなります。

任意整理の場合、利息制限法を超過した利率での取引がなければ借金を減額することができないので、あまりに多額の借金があると、分割払いでも返済し切れなくなるからです。

返済状況はあまり問題にならない

さらに、借金の返済状況によって影響を受けるのかという問題もあります。

任意整理をする場合、借金を返済してきている必要があるのか、長期延滞している場合などに手続きができるのかなどです。

これについては、ほとんど心配する必要はありません。

もちろん滞納無しにきちんと返済を継続してきた人でも任意整理はできますし、長期滞納で京都銀行からの督促を無視し続けてきた人であっても、任意整理の話し合いに応じてもらって手続きすることは可能です。

京都銀行は対応も良いので、今まで無視していたからと言って話し合いにも応じてもらえなくなるという心配はありません。

ただし、先にも言いましたが、一回も返済していない場合には問題があります。

京都銀行を初めとして、一般的に任意整理をする場合には、最低でも1回は返済をしている必要があります。

任意整理の体験談

借金のきっかけ

夫の給料も安く、子供も生まれたばかりで、生活費が足りないときに、クレジットカードでショッピングをしたりキャッシングをしたりしていました。

毎月5万円くらいの請求がきましたが、リボや分割を利用することもなく(そういう返済方法があることを知りませんでした。)

毎月きっちり支払っていたので、気づけば利用限度額がどんどん上がっていました。

しかし、だんだん払えなくなり、リボ払いにすることで楽になったと思えたのです。

普段使うことのなかったカードまで使用して返済にあてていました。

そんなとき、京都銀行から電話がきたのです。「あなたになら、50万まで融資します」と言われました。

もともと独身の時に30万円借り入れして、もう完済していました。京都銀行のカードを持っていたことはすっかり忘れていましたが、一度完済した実績があったからか、簡単に50万借り入れできました。

気づいたときには、借りては返済してを繰り返して毎月10万近く返済にあてる生活をしていました。

こんな状態が長く続くわけがありません。

だんだんと、精神的に辛くなっていきました。

そんな時に、弁護士に相談することで借金の負担が軽くなるということを知りました。

債務整理を依頼する

債務整理をして、京都銀行からは昔返済していたときの利息分で過払い金が戻り、京都銀行への返済はなくなりました。

月々全部で4万円の支払いをすることなり、極端に楽になったわけではありませんでしたが、先が見えない借金と違い、しっかりと目標を立てることができました。

それと、自分の目を覚ます良いきっかけになりました。

返済中はやはり生活に困ったりして、大変なときもありました。

どこでもいいからお金を貸してほしいと思う時もありました。でも、もう少しで返済も終わるんだと言い聞かせて我慢しました。

そこで借りてしまったら、また同じだと思い、先のことを考えるように努力しました。

そう思えるようになったのも、借金で苦労して、債務整理をしたからだと思います。

これから債務整理を考える方へ

債務整理は、いいことばかりではありません。

私は家族に内緒で借金をし債務整理をしました。

もう借り入れはできないし、自己破産するべきか任意整理にするかはその弁護士と相談して決めますが、自分だけの収入ではなく家族内での生活状況なども踏まえ相談したほうが良いと思います。

任意整理の場合5年で返済計画を立てますが、中には3年で返済と言ってくる会社もあります。

和解書を交わしてしまうと、もうそこからは自己責任で確実に返済しなければ一括返済されてしまいますので、返済を最優先にしなくてはいけません。

でも本当に生活が苦しくなってくると「どうにかしてお金を手に入れたい」と思うようになりますが、また借金をしたら同じことの繰り返しなので、強い意志を持って完済しましょう。

繰り返さないためには、債務整理をするときは覚悟を持って手続きをしたほうがいいと思います。

手続きにかかる期間と流れ

この体験談のように、京都銀行を相手に任意整理をしたい場合、債務者が自分で手続を進めるのは難しいので、通常は弁護士などの専門家に相談して手続きを依頼することになります。

そこで、まずは債務整理を取り扱っている弁護士に、借金の相談に行く必要があります。

専門家に借金の相談をする場合には、無料相談を利用すると良いですが、その際以下のような書類が必要になります。

  • 身分証明書
  • 契約書
  • 振込証
  • ローンカード
  • 督促書、内容証明郵便
  • 債権譲渡通知書
  • 裁判関係の訴状や判決書などの書類
  • 差し押さえ関係の書類

弁護士などに相談をする場合、身分確認が行われるのが普通なので、身分証明書が1つ必要です。

また、京都銀行との契約書や京都銀行に対する入金の際の振込証、利用していたローンカードなどがあったら持参しましょう。

京都銀行への借金返済を滞納して督促書が届いていたり、内容証明郵便で一括請求が来ていたりする場合には、それらの書類も持参します。

京都銀行がアビリオ債権会社などの債権回収業者に債権譲渡している場合には、その際の債権譲渡通知書も必要です。

さらに、京都銀行やアビリオ債権会社などから裁判を起こされている場合には、訴状や裁判の判決書などの裁判関係の書類も持参しましょう。

給料や預貯金などの差し押さえが起こっている場合には、それらの差し押さえ関係の書類が必要です。

これらのうち、どのようなケースでも必要なのは身分証明書です。それ以外のものについては、あれば持参する形になります。

もし何も無くても、最低限「京都銀行を利用している。いつ頃からいくらくらいの借金があって、月々いくらくらい返済していて、最終返済日はいつ頃か」程度の情報があれば、任意整理の手続きはできます。

他の消費者金融などからの借金もある場合には、簡単に債権者や借金残額などについてまとめた債権者一覧表を作成していくと良いでしょう。

弁護士が京都銀行と交渉する

借金の相談に行って任意整理を弁護士に依頼したら、弁護士が任意整理の手続きを進めてくれます。

まずは、弁護士が京都銀行に対して、弁護士が介入したということを知らせる受任通知を送ります。

受任通知を送ると、京都銀行は債務者に直接連絡をすることができなくなるので、この時点で京都銀行からの督促は止まり、京都銀行への返済も不要になります。

そして、弁護士は京都銀行から取引履歴を取り寄せて、これを利息制限法に引き直し計算します。

このとき、利息制限法を超過した利率での取引があると、借金の元本が大きく減額できます。

利息制限法を超過した取引がない場合には、借金の残高はそのままになります。

このようにして借金残額を確定したら、それをもとに今後の返済計画を立てます。

そして、作成した返済計画案を京都銀行に送り、意見を聞きます。

京都銀行もそれで良いと言うことであれば合意が成立します。

了承できないと言うことであれば、さらに話し合いを続けます。

最終的に両者が合意出来れば事件は解決して任意整理は終結し、その後支払いが開始します。

借金問題の専門家に依頼するメリット

任意整理は債務整理手続きの中でも、比較的簡単な手続きなので、債務者が自分で手続きすることも可能で、実際に自分で任意整理の話し合いをする人もいます。

しかし、京都銀行からの借金を任意整理するなら、弁護士などの専門家に依頼すべきです。

交渉がスムーズに進む

弁護士に依頼すると、任意整理の交渉がスムーズに進みます。

債務者は素人なので法律的な知識も無いので、借金している本人なのでどうしても債権者より立場が弱くなってしまいます。

自分で対処していると、京都銀行主導で話が進んでしまい、債務者にとって不利な条件を押しつけられてしまうことも多いです。

また、債務者は手続きや交渉に慣れていないので、いちいち手続きに時間がかかってしまいます。

このように、債務者が自分で手続きしていると、任意整理に時間もかかる上に結果も不利な内容になります。

この点、弁護士などに手続きを依頼したら、作業や交渉に手間取ることもなくスムーズに話を進めてくれます。

さらに、法的な知識を使って交渉を有利にすすめ、債務者にとってより利益の多い内容で和解をしてくれます。

このように、弁護士に手続きを依頼すると、交渉がスムーズに進むメリットがあります。

依頼者の手間が省ける

次に、弁護士に依頼すると、依頼者は手間が省けてとても楽になるメリットもあります。

任意整理では、京都銀行から取引履歴を取り寄せたり、それを利息制限法に引き直し計算したり、返済計画案を作成して京都銀行に送ったり、その後交渉をしたりなどたくさんの作業が必要です。

債務者が自分で対応する場合、これらの面倒な作業をすべて自分一人でしないといけないので、大変な手間になります。

ふだん忙しくしている人などは、対応ができないことも多いです。

ここで、弁護士に手続きを依頼したら、これらの面倒な作業や交渉の手続きはすべて弁護士がしてくれるので、依頼者はほとんど何もする必要がありません。

任意整理では、必要書類もほとんどないので、書類集めすらしなくて良いのです。

借金の減額率が上がる

さらに、債務整理に強い弁護士に任意整理を依頼すると、借金の減額率が上がるメリットもあります。

京都銀行からの借金を任意整理をする場合、利息制限法を超過した利率での取引があったらその分借金を減額出来ますし、それがなくても経過利息や将来利息をカットすることができます。

債務整理に強い手続きに慣れた弁護士に交渉してもらったら、将来利息はもちろんのこと、経過利息も大きくカットしてもらえて借金の返済総額が抑えられます。

これに対して、債務者が自分で対応していたら、京都銀行は将来利息のカットに応じてくれないこともありますし、経過利息についてはほとんどカットされません。

このように、弁護士に依頼すると、借金をより大きく減額できるので、任意整理をする場合には実績の高い弁護士を探して依頼すべきなのです。

無料で手軽に相談できる優良な相談先

そうや法律事務所は債務整理に強いと評判の法律事務所で、その評判の理由に無料で相談を受付ているという理由があります。

実績の根拠としても対応件数が4,000件以上あり、交渉力がある弁護士が在籍しています。

あなたの借金の状況に応じて、どの債務整理手続きをした方がいいのか無料で教えてくれます。

実際に手続きをするとしても、借金問題の相談する人がお金を持っていないことは十分理解しているため、一番安く借金を解決する方法を教えてくれるでしょう。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル