メニュー 0120-662-384 24時間365日 全国対応 相談無料

ジャパンネット銀行カードローン|キャッシングローンの滞納は危険!債務整理という解決手段

ジャパンネット銀行カードローンで、1度でも滞納してしまうと危険です。

恐らく、通常のカードローン商品を利用する人が多いかと思いますが、2ヶ月連続で滞納すると、カードが使えなくなります。

さらに、2ヶ月滞納の情報は他の金融機関にも共有されるため、今後お金を借りる必要がある時に借りれなくなる恐れがあります。

そのため、返済できずに滞納してしまうなら、直ぐに借金問題の専門窓口に相談しましょう。

遅延による違約金について

支払日に遅れてしまうと、契約上支払い遅延に対する違約金として遅延損害金を支払うことになります。

遅延損害金とは、借金の支払い遅れ分の中で、履行遅滞の決まりに基づく損害賠償金のことを指します。

この遅延損害金は、利息と同じく借りていた元本を元に、損害金額が計算されます。

そのため、組織によっては遅延利息と呼ばれることもあります。

銀行や消費者金融、クレジットカード会社によっては、遅延利息、延滞利息という名で呼ばれることもありますが、これらは全て遅延損害金のことを意味しています。

遅延損害金は、本来の利息とは全く別物であり、返済が遅れた場合は本来の利息と、遅延損害金の両方を支払わなければなりません。

遅延損害金の計算方法

遅延損害金は以下の計算式で決まります。

借入残高 × 遅延損害金利率 ÷ 365 × 延滞日数

遅延損害金利率は、法律で20%までと定められているため、その割合以上は掛かりません。

カードローンの種類によって、この利率は異なる傾向があり、消費者金融の場合は、上限の20%で遅延損害金を請求してくるところがほとんどです。

銀行の場合は、20%の範囲で遅延損害金利率を掛けているところが多いです。

実際に、どのくらいの金額を払わなければいけなくなるのかを解説すると、以下のようになります。

仮に、借入残高が30万円、金利が20%、延滞日数が30日だった場合、遅延損害金は30万円 × 14.6% ÷ 365 × 30 = 4,932円となります。

決して支払えない額ではないかと思いますが、問題はいくら遅延損害金を支払おうが、借入残高は1円も減らないということです。

何より重要なのは、遅延損害金は発生しないように行動することなのです。

ちなみに、100万円借りて1年滞納すると、利息とは別に20万円の借金が増えることになります。

利息と合わせると、消費者金融の場合は約38%も利息を払わなければいけません。

つまり、38万円余計に借金の返済をしなければいけないのです。

ここまでの説明で、遅延損害金がどれだけ負担になるかわかるかと思います。

カードローンの取り立て方法

遅延損害金は先ほど紹介したとおりの金利で掛かり続けます。

さらに、ジャパンネット銀行のような金融機関は、取り立て専門の業者と提携しており、滞納が長期化すると債権回収会社と言われる、国から認められた正式な借金回収業者に取り立てを依頼します。

彼らのような業者に債権が移ったとしても、金利が増えたり、遅延損害金の利率が増えるようなことはありません。

しかし、債権回収会社に債権が移ることで、取り立ての厳しさが増えます。

具体的には、裁判所に訴える可能性が増えるということです。

今の世の中で、一番確実に債権を回収する方法は、法律を味方にして借金を差し押さえを行うことです。

法律を味方にしてしまえば、必ず支払わなければいけなくなります。

普通の貸金業者は、裁判所に訴訟を起こすという手続きをするよりも、新たに顧客を増やすほうがビジネス上効率が良いため、あまり裁判沙汰にはしません。

しかし、債権回収会社は取り立て業務が専門で、貸付を行っているわけではありません。

そのため、裁判所に訴訟を起こす手続きを早い段階で行って、どんどん借金を強制的に回収していくほうが効率が良いわけです。

もし、借金が債権回収会社に移った場合は即座に対応して下さい。

この段階になると、遅延損害金が返済できないということを言っている場合ではなくなります。

借金問題の相談をするなら

借金問題を本気で解決したいなら、自力で解決することはおすすめしません。

いままで、返済できていない状態で苦しんでいたのに、さらに切り詰めて生活を何カ月も、何年も続けることは現実的ではないからです。

むしろ、しっかり返済するなら借金の総額を減らして月々の負担を軽減し、今まで通りの生活をしながら返済のプレッシャー無くコツコツと返していくことが理想的です。

こういったことができるように、国では債務整理という借金の救済措置を用意しています。

この手続きは、弁護士に相談することで行うことができます。

そのため、返すことができなくなった借金があれば、まず弁護士に相談に相談してください。

ローンの和解相談

ジャパンネット銀行と和解交渉をするなら、弁護士などの法律にかかわる資格を持っている専門家に相談することで、法的に和解の道を進むことができます。

しかし、1つ気をつけなければいけないことで、相談する弁護士が借金問題に強い弁護士かどうかが非常に重要になります。

債務整理手続きを依頼する弁護士の仕事は、離婚・相続・詐欺被害・事故示談・労働問題など分野があります。

医者に専門分野があるように、借金問題の相談をするなら債務整理が得意で、かつ解決実績が豊富な弁護士を選ぶ必要があります。

また、借金問題を専門に扱っている弁護士の中にも当たり外れがあり、当たりの弁護士は特に強い交渉力を持っています。

今回紹介するそうや法律事務所は、債務整理だけで年間4,000件以上という、多くの借金問題を解決している相談先で、交渉力については文句なしの実力を持っています。

また、借金問題に理解があり無料相談窓口を設けているため、わからないことがあれば無料で教えてくれます。

そうや法律事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な法律事務所なので安心して相談できます。

遅延損害金を発生させない

前述したとおり、遅延損害金をいくら支払っても借入残高は1円も減りません。

事前に様々な対策をして、遅延損害金を発生させないようにする必要があります。

口座振替サービスを利用しよう

借金の返済方法は「銀行振込」「口座振替」「ATM払い」などいくつかありますが、最も確実なのは口座振替です。

口座振替とはいわゆる自動引き落としサービスのことで、事前に設定しておくことにより毎月の支払分を自動的に口座から引き落としてもらうことができます。

口座振替用紙を提出することになるため、最初の手続きが少し面倒に感じるかもしれませんが、その後は楽できるので苦労の先払いだと思って手続きをしましょう。

ただし、口座振替サービスにはデメリットもあります。

口座振替では引き落とし日を金融機関に設定されることが多く、自分で返済日を決定することができません。

設定された支払日が給料日前だったりすると、口座残高を常に気にしなければならず、不自由な思いをすることもあるかもしれません。

家族に内緒で借金をしているなら

利用明細書は自宅へ郵送されてくるため、家族に内緒で借金を返済しているという人には不適切です。

債権者から送付されてくる利用明細の差出人は、一見しただけではわからないようになっています。

周りに知られたくない場合は他の方法を選んだほうが良いかもしれません。

返済期日通知サービスを利用

口座振替を利用しない場合は、毎月銀行やATMで振込手続きをする必要があります。

延滞の理由で最も多いのは返済日忘れです。

このようなミスを防ぐのに便利なのが、各金融機関が提供している返済期日通知サービスです。

事前に設定していおけば、返済期日の少し前に連絡がもらえるため支払い忘れを防ぐことができます。

例えば、会員用のウェブページで「ご返済日お知らせメール」を有効に設定すると、返済期日直前にメールが送られてきます。

ただし、金融機関によってはこうしたサービスが提供されていないこともあります。

利息だけでも支払っておく

元本も含めた返済は難しいけれど、利息だけなら支払えるという場合は、事前に業者に金融機関に連絡して話をつけておけば、利息だけでの返済が認められることが多いです。

利息だけでも払っておけば、遅延損害金は発生しません。

ただし、これはあくまで急場しのぎ的な対応にすぎません。

来月以降は元本も含めてしっかり返済するようにしましょう。

万が一返済が遅れてしまった場合

返済期日通りに返済が難しいときは、まず金融機関に連絡し支払いの延期か支払額の減額をお願いしましょう。

金融機関によっては、かなり柔軟に支払日を延期してもらえることが多いです。

ただし、それでも延滞を起こしていることには変わりないため、遅延損害金は取られます。

だったら連絡する意味なんか無いと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

誠実に連絡をしておけば、印象を良くすることができます。

そして来月以降はしっかりと元本も含めて返済していくようにしましょう。

それが難しいという場合は、債務整理を検討したほうが良いかもしれません。

遅延損害金の解決のメリット

借金の返済を遅延していると、遅延損害金の一括請求をされてしまいます。

多くの人は、請求された高額な支払いができないことが多いです。

実際に支払えない場合は、債権者から借金残金と遅延損害金の一括請求をされたら、弁護士に債務整理の相談をしましょう。

債務整理を利用すると、効果的に遅延損害金のカットや返済ができます。

任意整理なら遅延損害金もカット

債務整理の手続きのなかでも、任意整理を利用した場合について説明します。

任意整理とは、債権者と直接交渉をして、借金の返済額と返済方法を決め直して和解する手続きのことです。

借金を利息制限法に基づく引き直しをするので、制限利率を超過した取引があると借金を大幅に減額でき、債権者との合意後の将来利息はすべてカットされるなどのメリットがあります。

また、裁判所を介さないので手続きが簡便で、費用も自己破産などの他の債務整理よりも安いことが多いです。

任意整理では、弁護士が介入した後の遅延損害金や利息の支払いをすべてカットし、借金の残金を利息制限法に基づく引き直しをして、残った借金残金については将来利息をつけずに、元金のみを分割払いしていくことができます。

この利息は、弁護士が介入してから債権者との合意ができるまでに発生する利息のことで、将来利息とは、債権者との合意後、支払い完了までの間に発生する利息のことです。

任意整理をすると、これらの利息の支払い義務がなくなるという大きなメリットがあります。

しかも、任意整理をすると、借金残金の返済期間を延ばして、無理のない返済計画を立てることができます。

これによって、苦しくなった借金返済を楽にして、完済まで返済を継続していくことができます。

弁護士が介入した後は、債権者との合意ができるまでの間、債権者への支払いがストップします。

そのため、その間に債務者は、借金によって崩れてしまった生活を立て直すことも可能です。

よって、借金を滞納して借金残金と遅延損害金の一括請求をされた場合には、任意整理で解決するのが有効な解決方法になります。

債務整理を進めるなら弁護士が確実

弁護士に依頼をすれば、債権者は法律で交渉に応じなければいけないため、個人で交渉するよりも有利に手続きを進められます。

ただし、任意整理を行うにしても過払い金請求をするにしても、専門的な知識や債権者に対する交渉力が必要になり、個人の債務者が自分で取り組んで進めていくことは難しいと言えるでしょう。

そうや法律事務所は対応が早い

借金問題を解決しなければいけなくなったら、そうや法律事務所に相談することをおすすめします。

丁寧かつ迅速な対応をしてくれることも高評価のポイントになっています。

当サイトがおすすめするそうや法律事務所は債務整理に強い法律事務所で、年間の相談件数が4,000件以上もあります。

債務整理の交渉は、弁護士の腕によって減額できる幅や、返済期間の長さが変わります。

本当に腕のある弁護士なら、腕のない弁護士と比べて100万円以上も減額幅が変わると言われています。

そうや法律事務所の松木先生と町井先生なら、過去に多くの交渉をこなしており、難しい債務整理の交渉でも上手くまとめてくれます。

取立を即日で止めたいという方や、今受けている厳しい取り立てをどうにかしたいという方は、今すぐにでも相談するといいでしょう。

さらに、あなたの借金の状況と返済能力に応じた対応をしてくれるので、どの債務整理手続きをした方がいいのか無料で教えてくれます。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル