メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

クレディア|借金の取り立てが来た!返済できないという人のための対処法

消費者金融クレディアは、静岡に本社を置く消費者金融です。

クレディアは現在、新規の貸付けをおこなっておらず、既存顧客からの回収のみをおこなっています。

そのため、過去にクレディアから借金をして返済できていない人がこの記事を見ているのかと思います。

そして恐らく、クレディアの支払日に間に合わないで滞納してしまっている人でしょう。

ここで、クレディアで滞納した場合どのような事になるのかを説明していきます。

クレディアからの借金の返済が厳しく、どうしても支払いが難しい場合は、法律にかかわる資格を持っている専門家に相談することで、借金の負担を合法的に減らすことができます。

今回紹介するみつ葉司法書士事務所は、借金問題だけで年間2,400件以上の相談を受ける、業界でもトップクラスの借金問題の相談先で、交渉力については文句なしの実力を持っています。

また、借金問題に理解があり無料相談窓口を設けているため、わからないことがあれば無料で教えてくれます。

みつ葉司法書士事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な司法書士事務所なので安心して相談できます。

クレディアの返済で気をつける点

クレディア含めて、すべての貸金業者から借り入れをしたら気をつけないといけないこと、それは返済です。

当たり前のことを言っているようですが、クレディアの場合は何が違うかを説明します。

クレディアは、誰もが聞いたことがあるような大手消費者金融とは違います。

そのため、ブランドイメージに傷がつくことを嫌う会社とは、そもそも違うということを覚えておいてください。

そもそも、CMなどをやっている大手消費者金融は、銀行が親会社についていたり、関連会社に名前が載っています。

大手消費者金融の場合は、不祥事は銀行側のブランドにも影響してしまうので、かなり慎重に物事を進めなければいけません。

しかし、クレディアの場合は違います。

営業年数自体は長いですが、あくまで中堅消費者金融という立ち位置で、親会社に迷惑をかけるということは無い規模の会社です。

そのため、例えば電話が掛かってきたときの対応が大手消費者金融と比べると雑だったり、応対の反応が悪い時があります。

その結果、必要以上に強い言葉で対応されたり、冷淡な対応をされることもあります。

電話連絡について

クレディアでは、契約した当初と、支払いの取り立て以外での連絡はめったに行われません。

そのため、最初の契約以降クレディアから電話連絡がきたら、それはなにかしら支払いで問題が起きていると思ってください。

そもそも、クレディアから電話連絡が来ない様にしっかりと返済していけばよいですが、そうはいかない事態も起きるかと思います。

そこで、ここではクレディアから電話連絡が来てしまった後の対処と、なぜ電話連絡が来るようになってしまったかを説明していきます。

クレディアから取り立てが来る理由

クレディアからの取り立ては、主に電話での取り立てが主に行われます。

借りたお金は自分で返済するのが筋であり、延滞をすれば取り立てを受けることになります。

数日や1週間程度の滞納なら、クレディアのような貸金業者も支払い忘れと認識して、一時的に待ってくれることが多いですが、滞納が数週間も続くとそうはいきません。

滞納が数カ月続く場合、金融機関によってはローンの追加融資機能をストップされます。

この追加融資は、クレディア以外の金融機関にも適用されます。

そのため、別の会社のカードローンで返済を誤魔化そうとしても、他社で借り入れすることができなくなり、他の会社から借りて目の前の借金を誤魔化すといったことはできなくなります。

消費者金融などの、貸金機能を持つ正規の会社は、支払の履歴や滞納状況を常に共有しています。

そのため、どこかで必ず滞納をしている人ということが知られてしまうのです

自宅へ連絡がくる

自宅の固定電話の情報を契約時に登録していると、2~3週間滞納をすると、必ず連絡が入ると考えてよいでしょう。

この期間の滞納となると、数日程度の滞納の場合よりも口調はやや厳しいものとなります。

電話の担当者によっては高圧的な態度で取り立てしてくるときもあります。

当然ながら延滞期間が長くなるほど、取り立ては厳しくなると考えてよいでしょう。

また、電話をしているときのこちら側の態度しだいでもクレディアからの対応は変わります。

もし、電話に出てもいつ返済するかについてお茶を濁す発言を続けると、当たり前ですがクレディア側からの信用を失います。

お金を借りることは信用力を提供することであり、延滞とは約束を破ってしまうことです。

多くの金融機関は延滞に関して厳しく、1日の延滞でもすぐに電話を入れてくるところもあります。

クレディアの場合、あまりの態度が悪いようであれば、自宅への訪問も行うことがあります。

基本的には電話口で踏み倒す気があることを伝えなければ、こういったことは起こりませんので、電話が掛かってきたら必ず対応してください。

滞納による生活への影響

滞納することで、利息もどんどん発生していきます。

利息の仕組みには複利というものがあり、利息が付く金額は借りたときの元本に利息が付くのではなく、元本に利息や遅延損害金などの延滞違約金が加算された金額に対して利息が付きます。

そのため、長い期間滞納すればするほど雪だるま式に借金が増えていくのです。

借金は早く完済するのが得策と言われています。

滞納してしまうと、滞納した日数分は日割りで遅延損害金がついてしまいます。

滞納が続くと信用情報に傷がつく

滞納3カ月続くと、個人信用情報機関に金融事故を起こした人として登録されます。

この事故情報の登録を、金融ブラックリストに載ったといわれます。

事故情報に名前が載ってしまうと、最低でも5年間は絶対に名前が残ります。

信用情報機関に事故情報を消してほしいと頼んでも、この記録は5年間残り続けます。

この5年というのは、あくまで滞納を解消してから5年です。

そのため、滞納してから5年ではなく、完済してから5年間は消えないと思ってください。

ブラックになるとカードが使えない

債務整理をすると、自己破産の場合は5年~10年という長期間、各信用情報機関(CIC情報やJICC情報)に事故情報が登録されます。

その期間中は、基本的にどのカード会社に申込みをしても、審査は通らないと考えて良いでしょう。

債務整理をすると、金融事故を起こしたことになり、事故情報が登録されるので、新しいカードは作れなくなります。

このような内容から総合して考えても、金融事故を起こしてブラック履歴を持ち、カード解約という状態に陥ってしまった人が使えるカードは世間一般には存在しません。

各カード会社では「信用できない人には、利用してもらいたくない」と考えています。

そのため、カードが作れなくなった人でも利用できるというようないい加減なカードの勧誘に気をつけてください。

そういった勧誘をする業者は闇金の可能性が高いです。

信用情報を調べるならCICを確認

まず、自分のカード履歴(事故情報)を確認したいのであれば、株式会社シー・アイ・シーの照会で十分です。

なぜなら、日本には割賦販売法や貸金業法という法律があり個人信用情報機関の照会を義務付けている関係上、カード会社がCICの会員ではないということがありえないからです。

従って、信用情報の開示情報を請求すれば、異動情報(延滞情報)を確認することができます。

CICだけでは情報が不十分

キャッシングで借金を作った場合は場合は、貸金業法の指定信用情報機関が、株式会社日本信用情報機構(JICC)とCICとなります。

そのため、JICCの情報開示も必要となる場合もあります。

CICやJICC、後述の全国銀行信用情報センターもCRINといいます。

このJICCに繋がる約70%程度が、消費者金融会社です。

消費者金融会社のおよそ80%がJICCと繋がっているので、一般的なキャッシング機能を持つ会社は加入しています。

利用できない間の対応策

カードが更新できない場合はどうしたらいいのでしょうか。

ここで、カードが利用できない間の対策についてと、信用情報回復までについて説明していきます。

信用情報が回復するのを待つ

まず、時間が解決するのを待つことです。

債務整理で傷ついた信用情報は一定の期間が経過すれば回復するので、再びクレジットカードを持てるようになります。

事故情報の保存期間

事故情報は、任意整理で5年間、特定調停で5~7年間、個人再生や自己破産では10年間保存されます。

この期間は新しいカードを申し込んでも審査を通過できません。

また、保存期間の起点となる日は債務整理の種類や信用情報機関によって異なります。

最新の信用情報を開示する

事故情報の保存期間が終わったかどうかは、各信用情報機関に情報開示請求をして確かめることができます。

請求できるのは原則本人で、インターネットや郵送などで受け付けています。

住宅ローンはいつ組めるか

住宅ローンについても、信用情報機関に事故情報があると審査はまず通らなくなります。

住宅ローンは、個人が利用するローンの中でも特に金額が大きくなるローンです。

数千万円のローンを組む人も多く、そのためローン審査をする金融機関も慎重になり、厳しく審査されることになります。

事故情報がなくても落ちる可能性はありますが、住宅ローン申込の前にはきちんと自分の事故情報が消えているか情報開示請求などを行って確認して申込するのが良いでしょう。

また、カード同様に、社内のブラックリストに載っている人はまず審査に通りませんので、整理対象とした金融機関で住宅ローンを組むことはできません。

銀行系カードローンを整理すると、大手の銀行が利用できなくなってしまうので注意が必要です。

借入はいつできるか

キャッシングやカードローンについても、基本的には事故情報が登録されているとまず審査に通りません。

そのため、債務整理をしてか5年から10年はキャッシング、カードローンは利用できないと考えたほうが良いでしょう。

そもそも、債務整理はキャッシングやカードローンの利用が元になっていることも多いので、同じ過ちを繰り返さないようにキャッシング、カードローンの利用は控えるのが賢明といえます。

クレジットカードや住宅ローンと同様に、キャッシングやカードローンでも整理対象とした業者からはいくら時が経過しても借りることはできません。

債務整理による生活の影響

債務整理をして借金を完済してもすぐに普段通りの生活が約束されるわけではありません。

債務整理をすることで出る影響として、クレジットカードを作れなかったり、ローンを組めなくなったりしますが、その期間は手続きによって異なります。

また借金の滞納をしていると、借金の完済から5年後にブラック解除されるので、滞納の有無で大きな違いがあります。

どうせ債務整理をするなら、滞納をしていない状態で手続きした方がデメリットが少ないので、早めに専門家へ相談することが重要になります。

借金問題に強い弁護士事務所の中には、無料相談を受け付けている事務所もありますので、まずは無料相談をしてみましょう。

債務整理でおすすめの司法書士事務所

債務整理の手続きを行うなら、実績も経験も豊富で、借金で苦しむ人へ理解がある弁護士に依頼することをおすすめします。

当サイトでおすすめするみつ葉司法書士事務所の島田先生は年間2,400件の相談を受けている国内でも有数の借金問題を得意とした弁護士です。

同じように借金問題が得意な司法書士事務所は多くありますが、そういったところは大手事務所と言っても良い規模感で、手続きが事務的な場合が多く、経験の少ない若手弁護士に対応される可能性があります。

その点みつ葉司法書士事務所は個人事務所なので間違いのないサポートを受けられます。

さらに無料の相談を受付けているので、その場で手続きしなくても無料で相談できる良心的な事務所なので安心して相談してください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル