メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

セゾン|車ローンを滞納した!信用情報への影響と対処について

車を購入する方の6割以上はローンを組んで購入しているといわれていますが、このローンを滞納してはいけません。

実は車のローンは、クレジットカードの審査には関係しており、滞納することでカードが使えなくなる可能性があります。

もし、すでに車のローンを3ヶ月以上滞納している人は気をつけてください。

そのまま放置すると裁判所に訴えられてしまう恐れがあります。

もし、滞納が続くようであれば弁護士に相談しましょう。

弁護士なら、ローンの負担を減らす手続きを行えます。

目次

ローンの返済を滞納すると履歴が残る

クレディセゾンなどのカード会社は、クレジットカードの他にも車用の自動車ロ-ンや住宅ローン商品を持っています。

そのクレジットカードの利用履歴、住宅ローンと自動車ローンを利用した個人情報は「個人信用情報機関」という機関に全て利用履歴が残ります。

個人信用情報機関の記録は5年間保存され、クレジットカード会社や銀行などの金融機関は保存された信用情報を自由に照会することができます。

返済の滞納が2か月間続くと、滞納したという情報「金融事故情報(異動情報)」が個人信用情報機関に記録されます。

金融事故情報は一度でも記録されてしまうと5年間残ってしまい金融機関とクレジットカード会社に遅延や滞納が伝わってしまうので、もし滞納してもすぐに支払うようにしましょう。

滞納情報はローン審査に影響

個人信用情報機関に金融事故情報が残ると、クレジットカード会社や金融機関から滞納と延滞の情報を見られることになり、各種審査に通りにくくなります。

滞納が原因で審査に通らなくなってしまった場合、金融事故情報が消えるのは返済がすべて終わってから5年間待つしかありません。

一度でも滞納したら、必ずしも審査に通らなくなるわけではありませんが、返済が遅れた履歴がある方にクレジットカードを発行したり、ローンを組んだりするのはリスクがあり、クレジットカード審査とローン審査でかなりマイナスポイントになります。

クレジットカード審査との関係

  • ローンを組んでいるけれど、クレジットカードの申し込みは可能か
  • クレジットカードでキャッシングを利用しているけれど、住宅ローンも組みたい

などのように、自動車ローンや住宅ローン、クレジットカードを同時に利用したいという状況があります。

具体的にどのような借入をしているときに、クレジットカード会社、消費者金融、保証会社の審査に影響がでるのか説明します。

住宅・自動車ローン審査中にカードは作れるか

住宅ローンや自動車ローンの審査中にクレジットカードの新規申し込みをした場合、クレジットカード審査に影響はほとんどありません、

そのため、クレジットカードは作ることができます。

クレジットカード会社が審査を行う上で、現在審査中のローン返済額などはわかりませんので、申込者の年収や勤務年数、カード利用履歴を見て判断します。

また、ローンの保証人、連帯保証人になっているからクレジットカード審査やローン審査、保証会社の審査に通らないということはありません。

新たにローン契約する場合などには保証人であることが考慮されて審査が行われますが、実際に借金をしているというわけでもないので、金融機関の判断にはほとんど影響しません。

返済中にカード審査は通るか<\h3>

住宅ローンや自動車ローンの返済中に新しくクレジットカードを申し込んだ場合、審査にほとんど影響がないと言って良いでしょう。

ローンを滞納していたり、ローンの支払いが高額で返済ができないと判断されたりしなければ問題ありません。

クレジットカード会社は利用者数を増やすため、返済能力があると判断すれば可能な限りカード発行したいと考えています。

上記で説明している通り、ローンの返済に支障がなければ、クレジットカード審査に通りにくくなるということはありません。

キャッシング返済中にローンは組めるか

クレジットカードのキャッシングを利用して借入があるときには、借入額次第でローン審査に影響がでると言えます。

クレジットカードのキャッシングはいわゆる借金なので、借金をしている人がローンを組んだら、消費者金融や銀行としては返済されるか不安だと思います。

ただし、キャッシングを利用するとローンを組めないというわけではなく、安定した収入があり、ローンの返済が問題ないと判断されればもちろん審査には通ります。

クレジットカードはカードごとにキャッシング枠の利用限度額が決まっていて、クレジットカードを複数枚持っている場合はそれぞれのカードの利用限度額を足した金額が今キャッシング(借入)できる金額ということになります。

今まで借金をしたことがなくても、いつでもキャッシング枠の金額分は借金ができるということになので、キャッシング枠の合計金額が高額になるとローン審査にあまり良い影響は与えません。

困ったら弁護士に相談

もう返済できずどうしようもない、そんな状況になってしまったら一度弁護士に相談することをおすすめします。

今回紹介するみつ葉司法書士事務所は借金の滞納問題も含め、借金問題で国内でも屈指の実力を誇る司法書士事務所です。

その実力の裏付けに、年間で2万件以上の借金問題の相談を受けており、多くの人の借金問題を解決してきています。

口コミでも評判がよく、事務所への電話相談は常に鳴り止まない状況です。

やはり、相談するなら経験豊富な弁護士に相談した方がいいです。

みつ葉司法書士事務所は、借金問題に理解がある司法書士事務所で、相談する人がお金を持っていないことも重々承知しているため、他の弁護士事務所と違い相談料を無料にしています。

無料相談の中で、きっとあなたに合った一番の解決法を提示してくれます。

他の事務所では断れるような滞納が原因の相談でも、解決策を教えてくれるでしょう。

セゾンの取り立て

セゾンで滞納をした場合、自宅にセゾンの担当者が訪問し、取り立てを行う場合があります。

しかし、セゾン側からすると直接訪問するという方法は、人件費がかかってしまうので、最近ではよほど借金の金額が多くない限りは行われません。

基本的には、ハガキと電話での取り立てがメインで、滞納期間が3ヶ月目に入ることで、法的な取り立て手段に移行します。

3ヶ月以上滞納をした場合、自宅あてに簡易裁判所から支払督促状が届きます。

これが届いたことが、セゾン側が法的手段を取った合図となります。

先ほど説明したように、この状態を止めるとなると、弁護士を通す必要があるため、迷わず弁護士に相談しましょう。

取り立てを無視してはいけない

セゾンの取り立ては、専用の部署の人間か、取り立て専門の業者である債権回収会社という業者に委託します。

基本的に貸金業法によって私たちは保護されているため、強引な取り立て行為を行う会社は法的に罰せられます。

そのため、取り立て方法は督促状のハガキが送られてくるか、電話による取り立てが主です。

ごく稀に自宅訪問もありますが、ほとんど行われることはありません。

だからと言って安心してはいけません。

もし、専門の業者に委託されて、そのことに気付かず取り立てを受け続けてしまうと、訴えられる可能性があります。

訴えられる基準は、3ヶ月以上連絡ができない状態が続いた滞納です。

そうならないために、可能な限り返済をしていきましょう。

返済放置せずに債務整理

どうしても返済できない場合には、債務整理という手段もあります。

債務整理というのは、借金を減らしたり、0円にすることで、借金の負担を減らすことができる方法で「任意整理」「特定調停」「個人民事再生」「自己破産」の4つの手続きがあります。

実際の手続きは、弁護士や司法書士といったプロに任せるのが一般的です。

債務整理の手続きを取り扱っている弁護士は、無料相談を行っているところが多いので、まずは費用がかからない、無料相談窓口を頼ることをおすすめします。

債務整理の種類

債務整理には、様々な手続きがあります。

ここでは、各手続きについて簡単に説明していきたいと思います。

任意整理

任意整理は、話し合いにより借金を整理する方法です。

借金の総額が少ない場合に行われることが多く、債務整理手続きの中でも、最も多く利用される手続きと言われています。

連帯保証人がいる場合や、借手と貸手の双方に友人関係など、何らかの事情がある場合や、自己破産で免責が得られない場合は、この方法を取られることが多いです。

特定調停

特定調停の申立てができるのは、特定債務者です。

特定債務者とは、借金が原因で、経済的に破産する恐れのある人のことです。

特定調停は、あくまで双方の話し合いによる特例の調停なので、合意が取れなければ問題解決ができません。

一定の返済をすることが前提となり、まったく返済の目処が立たないという場合は、話し合いで和解できる見込みはないので、この方法はとれません。

個人再生

個人再生には、自営業者や個人事業主が行う「小規模個人再生」と、サラリーマンなど勤め先がある人が行う「給与所得者等再生」の2つの種類があり、それぞれで申立てのできる要件が定められています。

再生計画案を提出して、裁判所から認可されれば、最大で借金を5分の1まで減らすことができ、計画案のとおり返済することで、減らした分の借金は免除されます。

ただし、将来の収入が見込めない人や、借金総額が5000万円を超える人などは、この手続きを行うことができません。

自己破産

定職についておらず、支払不能の状況にある人が、破産宣告を受けて破産者になり、その後の手続きで免責を受け、借金を免除してもらう手続きが自己破産です。

「差押え禁止財産」以外の財産は失うことになり、免責後は借金はないが財産もない、という状態からの再出発となります。

債務整理の専門家に相談

借金問題の手続きは複雑で、かつ専門知識がないと、どの手続きをすべきか判断できないことが多いです。

例えば、自己破産しか無いと思った人が、任意整理を行うことはよくあります。

実際、債務整理手続きの8割は、任意整理だと言われています。

今回紹介するみつ葉司法書士事務所は、借金問題対応件数が2,400件以上あり、その中でどの手続きを選ぶべきか助言してくれます。

債務整理手続きを行うと、どうしても弁護士費用が掛かってしまいますが、みつ葉司法書士事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な司法書士事務所です。

さらに、手続きを開始する前の相談は無料で何度も受付けているので、自分で判断できなければ一度相談してみると良いでしょう。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル