メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

ゆうちょ銀行カードローン|ローンの滞納を解決する債務整理とは?

ゆうちょ銀行のカードローンで滞納してしまった場合、債務整理によって借金を減額してもらえる可能性があります。

利息や遅延損害金のカットや借り入れ元本の減額など、債務整理によって借金の負担を大幅に軽減することが可能です。

債務整理は、国の法律で定められた「債務者の権利」です。

現在、借金の返済が非常に難しいという状況の方は、検討してみる価値が大いにあります。

債務整理の手続きを行うなら、実績も経験も豊富で、借金で苦しむ人へ理解がある弁護士に依頼することをおすすめします。

当サイトでおすすめする、みつ葉司法書士事務所の島田先生は年間2,400件の相談を受けている、国内でも有数の借金問題を得意とした司法書士事務所です。

さらに無料の相談を受付けているので、その場で手続きしなくても無料で相談できる良心的な事務所なので安心して相談して下さい。

債務整理の一般的なメリット

郵便局が全国各地に多くあるため、ゆうちょ銀行のカードローンは非常に利用しやすいです。

そのため、借金返済ができずに困っている人はたくさんいますが、どのような人でも債務整理によって解決する方法に向いているわけではありません。

そこで、まずは債務整理の手続きをすることの一般的なメリットをご紹介します。

借金の原因が問題にならない

債務整理とは、債権者と直接話し合いをすることにより、借金の返済金額と返済方法(月々の返済金額や返済期間など)を決め直して合意する手続きのことです。

債務整理のメリットの1つ目として、借金の原因が問題にならないことが挙げられます。

例えば生活費不足が原因でも債務整理できますし、事業に失敗したケースや詐欺に遭って借金が増えたケース、病院治療費支払いのために借り入れたケースや浪費、ギャンブルによる借金のケースでも、どのような場合でも債務整理はできます。

この点、自己破産の場合には、免責不許可事由があるので、浪費やギャンブルなどが原因の場合には債務整理ができなくなる可能性があります。

周囲に秘密で手続できる

次に、債務整理は、家族や周囲の人に秘密で手続を進めやすいメリットがあります。

借金している人の場合、借金問題を家族にも秘密にしている人が多いですが、債務整理では裁判所も利用せず必要書類などもほとんどない私的な手続きであるため、周りに知られることなく手続を進めやすいのです。

対象にする債権者を選べる

さらに、債務整理の場合、手続きの対象にする債権者を選択できるメリットもあります。

債務整理をする場合、住宅ローンや車のローンなどがあるケースもありますし、保証人がついている借金があるケースもあります。

このような場合に車のローンを対象にして債務整理をすると車が無くなりますし、保証人がついている借金を対象に債務整理をすると保証人に借金の請求が来て保証人に迷惑をかけてしまいます。

ここで、債務整理の場合なら、これらの借金を対象から外してそれ以外の借金だけを整理することができます。

これによって、車や住宅を守ることができますし、保証人に迷惑をかけるおそれもなくなります。

この点、個人再生や自己破産を利用すると、すべての債権者を対象にしないといけないので、車を守ることもできませんし、保証人には必ず迷惑をかけることになってしまいます。

借金返済が楽になる

債務整理をすると、借金返済が楽になります。

利息制限法を超過した利率での取引があったら大幅に借金元本を減額してもらえますし、そのような取引がなくても債権者との合意後の将来利息の支払いをカットしてもらうことができるので、結果的に借金返済総額がかなり減額できます。

このように、債務整理には一般的にたくさんのメリットがあります。

債務整理は自分で行えるのか

債務整理は自分で行うことも可能です。

ただし、ゆうちょ銀行のような銀行との交渉は自力で成功させるのは難しいというのが実情です。

相手は一流の金融のプロです。弁護士や司法書士等専門家からの交渉依頼でない場合はそもそも受け付けない、という処理をされるケースもあります。

また、債務整理案件に慣れた債権者の顧問弁護士を相手に一般人が全うに戦うのは現実的ではありません。

債務整理は時間や手間のコストを考えると、専門家に依頼して代行をしてもらうのが賢明です。

また、結果費用はかかりますが取り戻せる金額も多くなるので結果、メリットの方が大きいといえます。

実際にほとんどの人が司法書士事務所に依頼した上で、債務整理を成功させています。

カードローンの債務整理の期間

ゆうちょ銀行カードローンの債務整理の手続きも、任意整理であれば、一般的な消費者金融と同じように1ヶ月~2ヶ月程度で終わるケースが大半です。

手続きも書類の準備ができれば、本人が行うことは1,2回の弁護士・司法書士との面談ぐらいです。

実際に、債権者であるゆうちょ銀行カードローンの担当者と顔をあわせることはまずありえません。

中には、債権者と会うのが怖い。と臆してしまう方もいますが安心して大丈夫です。

債務整理の方法

債務整理には

  • 将来発生するゆうちょ銀行カードローンへの利息や遅延損害金をカットしてもらう任意整理
  • 借金を返済可能な額まで減額できる個人再生
  • 借金の元金の減額や全額免除を行う自己破産

この3種類があります。

ゆうちょ銀行カードローンは、消費者金融で貸し出し上限金額も決まっているので、多くの方は任意整理を選択することになるでしょう。

個人再生と自己破産のどちらを選択するべきかは、多くの場合「持ち家があるかどうか」がキーポイントになります。

個人再生の場合は、持ち家を処分することなく、借金の残高を3分の1まで減らしてもらうことができるためです。

自己破産の場合は、持ち家は処分する必要がありますが、借金の全額を免除してもらえるという大きなメリットがあります。

ゆうちょ銀行のカードローンサービスだけの借金でしたら、話は比較的簡単なのですが、住宅ローンの支払いも困難な場合。

そして、他の金融機関やカーローンなど複数の借金を抱えてすべての支払いが困難になっている方は、一度借金の状況を把握する必要があるでしょう。

また、ゆうちょ銀行を相手に債務整理を行うといずれの場合も、「ブラックリスト」にのることになるため、新規のローンを受けることは難しくなります。

ゆうちょ銀行カードローン以外にアコムやプロミス、モビットなどの消費者金融からも、5年から7年間は新しい借り入れをする事はできなくなります。

専門家に相談で取り立てストップ

ゆうちょ銀行に限らずすべての債権者に該当することですが督促がなくなるという非常に大きなメリットもあります。

現在、毎日きびしい取り立ての電話や通知、督促を受けている人の場合、債務整理を専門家に依頼した瞬間ににこの取り立てが連絡がストップします。

借金の取り立てや督促で、うつ病や精神的にやられてしまう方も多いので、債務整理を行う上で大きなメリットとしてあげられます。

借金は債務整理で減らせる

ゆうちょ銀行カードローンからの借り入れは長年借りているのか、金額の大小に関わらず、債務整理を行う事で減額してもらえる可能性が高いです。

債務整理の手続きの中で、どの方法をとってゆうちょ銀行カードローンとの交渉を行うかは、専門家がメリットとデメリットをシュミレーションした上でアドバイスをくれます。

借金は悩んでいる間にも利息や遅延損害金が増え続けてしまいます。

一刻も早く弁護士や司法書士に相談をする事が重要です。

債務整理後の支払い方法

支払いについては、債務者がゆうちょ銀行カードローンの指定した銀行口座に毎月送金することになりますが、弁護士事務所や司法書士事務所によっては、返済代行サービスを行っているところもあります。

自分で返済すると返済漏れがあったり忘れてしまったりすることがあって心配な場合には、このようなサービスを利用するのも良いでしょう。

ただし、返済代行サービスを利用すると、それなりの手数料がかかってしまうことには注意が必要です。

債務整理の実費

債務整理をする場合、弁護士などの専門家に手続きを依頼するかどうかによって費用がかかります。まず、弁護士に依頼しなくてもかかる実費を見てみましょう。

債務整理を弁護士に依頼せず、債務者が自分で手続きをする場合には、ほとんど費用はかかりません。

この場合、ゆうちょ銀行との通信費用と合意書に貼り付ける印紙代くらいしかかからないので、数百円~数千円で済みます。

弁護士費用は弁護士による

弁護士や司法書士に手続きを依頼すると、着手金と成功報酬金がかかります。

着手金とは、事件を依頼した当初にかかる初期費用のことで、報酬金とは、事件が解決した場合にその解決内容に応じてかかる費用のことです。

弁護士や司法書士の費用の金額は、自由化されているので各事務所が個別に定めています。よって、どの事務所に依頼するかによって、かかる費用の内訳や金額が異なってきます。

ただし、債務整理を依頼する場合の相場の金額はありますので、以下でご紹介します。

債務整理の着手金

債務整理の着手金は、債権者1社について2万円~4万円程度です。

着手金については、無料にしている事務所もあります。

債務整理の報酬金

報酬金についても、かかる事務所とかからない事務所があり、債務整理の報酬金には、減額報酬金と基本報酬金があります。

減額報酬金とは、相手方業者と交渉することによって借金返済額を減額することができた場合に、その減額の度合いに応じてかかる費用のことです。

減額報酬金がかかる場合の相場は、減額できた金額のだいたい5%~10%程度です。

基本報酬金とは、債権者と合意ができたことそのものに対してかかる費用のことです。

基本報酬金がかかる場合の相場は、債権者1社について2万円程度です。

着手金が無料の事務所では報酬金が高めに設定されていることが多いので、必ずしも着手金無料だからと言って安い事務所だとは限りません。

着手金がかかっても、減額報酬金がかからない事務所の方が良心的な事務所であることが多いです。

カードローンの場合にも、かかる費用の相場は上記の一般的な債務整理の場合と同様です。大手消費者金融だからといって、余計に費用がかさむことはありません。

よって、ゆうちょ銀行のカードローンの債務整理をする場合には、いくつかの事務所で費用の内訳や金額を聞いてみて、なるべく安い事務所で手続きを依頼する方法がおすすめです。

債務整理すべき借金の目安

次に、借入額がいくらくらいあれば債務整理すべきかという問題があります。

ここでも債務整理の利息カット効果が関連します。債務整理では、将来利息のカットをしてもらえることが主なメリットなので、借金残額が余りに少ないとメリットが小さくなります。

例えば借金残金が10万円の場合、年率10%でも年にかかる利息は1万円ですし、毎月1万円ずつ返済していたら10ヶ月で返済できてしまいます。

カットできる利息はほとんどないですし、わざわざ債務整理しなくても、充分完済できるでしょう。

むしろ弁護士費用の方が高くなってしまいます。

このように、債務整理をする場合、最低でも借入金額が20万円くらいはないと、メリットはほとんどありません。

逆に、借入金額が高すぎると、債務整理では借金を整理仕切れなくなります。

債務整理の場合、利息制限法を超過した利率での取引がなければ借金を減額することができないので、あまりに多額の借金があると、分割払いでも返済仕切れなくなるからです。

無料で手軽に相談できる相談先

みつ葉司法書士事務所は債務整理に強いと評判の司法書士事務所で、その評判の理由に無料で相談を受付ているという理由があります。

実績の根拠としても対応件数が2,400件以上あり、代表弁護士の島田先生は弁護士歴25年のベテランで交渉力がある弁護士です。

あなたの借金の状況に応じてどの債務整理手続きをした方がいいのか無料で教えてくれます。

実際に手続きをするとしても、借金問題の相談する人がお金を持っていないことは十分理解しているため、一番安く借金を解決する方法を教えてくれるでしょう。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル