メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

常陽銀行カードローン|返済遅れで取り立てがきた!どう対処するべきか?

常陽銀行のカードローンサービスであるキャッシュピットの返済が遅れると危険です。

規程の返済日に数日遅れる程度では問題は起こりませんが、いつまでも返済しないで放置していると取り立てを受けることになります。

この取り立て行為は、最終的に差し押さえまで発展することになるため、なるべく早く返済しましょう。

もし、すぐに返済する目処が立たず、返済が苦しいという人は国の借金救済手段を使いましょう。

弁護士に相談することで、この救済手段を取ることが出来ます。

返済が遅れることのリスク

遅延損害金の発生

返済に遅れると、遅延損害金という違約金を支払う義務を負います。

この遅延損害金は、下記の金利の年間分で、遅れた日数分を計算し直した金額を支払うことになります。
1万円以上100万円未満:18.0%
100万円以上500万円以内:15.0%

基本的に対した金額にはなりませんが、滞納が長期化すると通常の金利とは別に遅延損害金も乗っかるため、返済が2倍以上厳しくなります。

そもそもの金利よりも高い利率で違約金が掛かってしまうことを、認識しなければこの危険性に気づけ無いため、なるべく返済に遅れないようにしましょう。

職場に連絡が来る

常陽銀行のカードローンを滞納して、いつまでも返済せずに居ると、会社に担当者から連絡が来ることがあります。

基本的に会社に連絡が来る状態というのは、取り立ての督促電話を受けている状態が悪化したときです。

おそらく、この時点で毎日のように自宅の電話か自分の携帯電話に電話が掛かってきているのではないでしょうか。

この電話を無視し続けると、常陽銀行側は踏み倒しが行われることを疑います。

そのため、借入の契約時に提出した勤め先に連絡を行い、本人に返す意思があるかを確かめるわけです。

会社に電話が掛かってくる時は、担当者は常陽銀行とは名乗りませんし、返済の催促という目的は伝えません。

基本的に、個人名で連絡してきて、要件も個人的な内容という風に対応してくれます。

しかし、この対応は昔から使われている方法なので、会社の経理の人間などはこういった内容の電話は借金問題なんじゃないかとわかってしまいます。

そのため、職場に連絡が来る前に常陽銀行の取り立て電話の対応は行いましょう。

基本的に、連絡が繋がるかどうかが重要です。

家族にバレる

支払いができずに滞納をすると、督促電話が掛かってきます。

この電話の目的は、常陽銀行側も支払いができない理由を知り、相談に乗ろうとしています。

しかし、電話を無視し続けると、督促状が自宅に届くようになります。

この督促状は本人宛に送られますが、家族が見る可能性もあります。そのため、督促電話を無視すると借金が家族にばれやすくなります。

取り立てを無視すると裁判に

生活費や携帯代などの支払いで、銀行カードローンなどを利用する人は増えてきます。

さらに、借金の額も増えて支払いが遅れるといった人も増えています。

このような場合、いっそのこと借金返済を無視した方がよいと考える人がいますが、借金返済を無視していると、どのような危険があるのか解説していきます。

借金返済を無視すると、まずは常陽銀行から電話連絡やハガキなどで支払の催促状が自宅宛に届きます。

この通知も無視していると、封書(内容証明郵便)で借金の一括請求書(元金に遅延損害金利息が加算されている金額)が送られてきます。

ここには「支払期限までに支払がなければ、法的手段を執ります」と書かれていることが多いです。

これも無視していると、実際に、簡易裁判所や地方裁判所で裁判を起こされてしまいます。

裁判は、刑事裁判とは異なりますので債務者が逮捕されたり執行猶予つきなどの刑罰が課されることはありませんが、支払い命令などの判決が出てしまいます。

この点、住民票を異動せずに夜逃げをして借金返済を無視していれば裁判を起こされることもなく借金が時効になると思っている人がいます。

しかし、行方不明の人に対しても裁判を起こして時効を止めることは可能ですので、結局は借金から完全に逃れることは難しいのです。

裁判所に出廷

借金返済が出来ずに裁判を起こされた場合、指定日に裁判所に出頭することもなく、何の対応もせずに無視していると債権者側の請求が全面的に認められ、支払い命令の判決が出ます。

この場合には、借金残金の一括払いに遅延利息が加算された金額の支払い命令が出てしまいます。

そして、判決は当事者が判決書を受け取ってから2週間で確定します。

判決が確定すると、銀行などの債権者はこれにもとづいて債務者の財産を差し押さえることが出来る状態になります。

たとえば債務者の預貯金や生命保険、株式、職場での給料などがあれば、すべて差し押さえの対象になります。

このような状況になると、生活が成り立たなくなることもあります。

よって、借金返済が出来なくなった場合に無視していると大変危険ですので、裁判を起こされる前にきちんと対処することが大切です。

借金返済は無視せず債務整理する

借金返済が苦しい場合には、無視すると危険があることがわかりました。

借金合計額がかさんで借金返済が出来ない場合には、無視せずきちんと債務整理手続きを執ることが大切です。

債務整理には任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の手続きの種類があり、適切な手続きを執ればたいていの借金問題は解決出来ます。

債務整理手続きを執る場合には、弁護士や司法書士などの専門家に相談依頼するのが一般的なので、まずはインターネットで司法書士事務所を検索して弁護士の無料相談を受けましょう。

弁護士に相談をすると、借金問題でわからないことや、気になることを質問して回答やアドバイスをもらい、適切な手続きを教えてもらえます。

このことによって、債権者から裁判を起こされたり給料を差し押さえられるなどの危険を避けることが出来ます。

支払督促が届いたときの正しい対応方法

対応方法について解説をする前に、まずは支払督促がどのようなものかについて紹介をさせて頂きます。

支払督促とは、債権者である銀行やカードローン会社が、債務者であるあなたに借金を返してもらうために、簡易裁判所の書記官を通して支払を促す手続きのことです。

そして、督促状が送達された日から2週間以内に異議申立てをしなければ、債権者により仮執行がなされます。

あなたの元に届いた督促状にも、2週間以内に異議申立てをしないときには、仮執行の宣言をすると明記してあるはずです。

なお、仮執行の段階では何も起こりませんが、それを放置すると最終的には強制執行をされ、あなたの財産・資産は差し押さえられます。

つまり、もうすぐ強制執行を行いますという予告状だと考えください。

もちろん、簡易裁判所が発行しているものであすから、法的な力を持っている書状になります。

単なる脅しでは無いため、それが届いたときにはすぐに対応をしなくてはいけません。

では、どのような対応をするのかが正しいのかについてですが、それは簡易裁判所に対して異議申し立てを行うことです。

ただし、いきなり異議申し立てをしろと言われても、手続き方法も書類の書き方も全く分からないという方がほとんどかと思います。

そのため、異議申し立ての方法が分からない場合には、すぐに弁護士に相談をするようにしてください。

支払督促が届いたときに重要なのは、とにかく対応スピードです。

「借金の相談なんて、はずかしくて人に相談できない」と考えて、対応しなければ手遅れになります。

そのため、一人で悩んでいる時間があるなら、まずは弁護士に相談することが重要です。

弁護士なら、あなたの借金の状況を踏まえて、それを整理する方法もアドバイスしてくれます。

常陽銀行は本当に裁判を起こすのか

常陽銀行から法的手続きの予告書を受け取った方は、これまでにも、何度も督促・催告・請求を受けていると思います。

ここまでやってもダメなら、もう本気で裁判しかない、差し押さえしかない。

そういう判断になったことを示すのが、この法的手続きの予告書となります。

私たち一般人にとっては大変なことですが、金融商品を取り扱っている常陽銀行にとっては、借金問題は頻繁に起きており、裁判に訴えることはそれほど大きな事ではありません。

差し押さえ強制執行や、その申し立て、裁判等は常陽銀行にとっては通常業務のひとつとも言えます。

今すぐ専門家への相談が必要です。

法的手続きの予告書を受け取ったら、すぐに弁護士への相談が必要です。

「法的手続き = 裁判所への訴え」は、もう秒読み段階です。

法的手続きの予告書が届いた段階で、常陽銀行は既にいつでも訴えを起こせる準備が整っている状態です。

訴えられてからでは、間に合いません。

差し押さえに関する法的手続きは、裁判のスピード化が進んでいます。

書類提出だけで済む、支払督促といった方法もあります。

つまり、訴えられてから対応しよう、訴えられたら弁護士に相談しようと考えていると、対応が間に合いません。

裁判所に訴えられると、債務整理が非常に難しくなります。

借金を減額する債務整理は、裁判上の係争に発展してしまった後でも、不可能ではありません。

ただし、非常に難しくなるため、場合によっては弁護士・司法書士から依頼を断られてしまう恐れもあります。

常陽銀行の借金を債務整理するには

債務整理と言っても大きく分けて4つの方法があります。

それぞれには長所と短所がありますが、仮に常陽銀行1社の借金で払えず、それでも月々の収入がある程度あれば、任意整理が適している可能性が高いです。

自己破産も債務整理の一種ではありますが、常陽銀行だけや数社程度の借金ではあまりおすすめ出来る方法ではなく、その他の個人再生や特定調停についても任意整理に比べるとあまり利用されていません。

借金を任意整理で支払っていく

任意整理は自己破産とは異なり借金を無くすものではなく、あくまで返済計画を立て直して支払いを進めていくものとなります。

現在の常陽銀行の返済プランでは支払えない方が、債権者(常陽銀行)との示談交渉をして借金の減額をしてもらう手続きとなります。

現状の返済では苦しい方も、任意整理を行えば無理の無い返済を進めていけるようにもなります。

裁判手続きではない任意整理

任意整理は文字通り、債権者と債務者による任意での借金の整理となるため、強制力を持つものではありません。

債権者側が応じなければいつまで経っても解決とならず、その間も支払いの催促の連絡が来る場合もあるのです。

そのため、交渉力が問われる手続きであるとも言え、個人で行うよりも弁護士などの専門家に依頼をしておけば、スムーズに任意整理が進むようにもなるのです。

専門家に依頼をする

債務整理は全て自分ひとりで手続きを進めることももちろん出来ます。

しかし、任意整理などはいくら裁判手続きではないとは言え、常陽銀行側などの債権者との交渉もしなければならないので時間も手間も労力もかかります。

大変な労力をかけた挙句に合意に至らなければ、全て無駄になってしまうのです。

その点、弁護士などの借金の整理を専門としている方に依頼をすれば、弁護士費用こそかかってしまうものの、ヒアリングを経て全て手続きを確実に進めてくれます。

個人では対応の難しい案件であっても、弁護士ならスムーズに法的な知識を持って処理をしてくれるため、借金で悩んでいる方には心強い味方となってくれます。

常陽銀行からの連絡も無くなる

弁護士事務所に依頼をして債務整理を行うと、常陽銀行からの取り立ての電話や通知は来なくなります。

以後は弁護士の方へ支払いを進めていき、弁護士側が決められた返済プランに従って常陽銀行への入金を進めていくようになります。

債務整理を仮に任意整理で行ったとした場合には、初回の支払いまでは手続きの開始から少しの期間があるものですが、当然ながらその間も常陽銀行からの連絡はありません。

連絡をしてはいけないことになっていますし、弁護士側からも連絡をすること、入金をすることを控えるように言われることがほとんどです。

今までは毎月の返済に追われていた中で、僅かな期間ですが返済のことを考えずに済むのは精神的にも楽になり、任意整理がはじまった後はしっかりと支払いをしなければなりませんが、それまでの間は今後の返済のプランについてじっくりと考えてみるのも良いでしょう。

常陽銀行からの連絡もありませんし、他の業者から借りていた場合も同様です。

ただ、任意整理で決められた支払いのプランだけは必ず守るようにしましょう。

月々の金額は必ず弁護士へと払うようにし、遅れずに入金をしなければなりません。

あまりにも支払いが滞ってしまうと弁護士が手を引く場合もあり、そうなると今後の交渉については全て自分ひとりでやらなければならなくなります。

支払った弁護士費用も戻ってこないこともありますので、無駄となってしまう可能性があります。

債務整理の依頼をした時点で本人宛の連絡は来ませんので、取り立てに悩まされている人も安心です。

借金をする人に理解のある専門家

借金問題の手続きは複雑で、かつ専門知識がないとどの手続きをするべきか、判断できないことが多いです。

例えば自己破産しか無いと思った人が任意整理を行うことはよくあります。

実際、債務整理手続きの8割は任意整理が行われていると言われています。

今回紹介するみつ葉司法書士事務所は借金問題対応件数が2,400件以上あり、その中でどの手続きを選ぶべきか助言してくれます。

債務整理手続きを行うと、どうしても弁護士費用が掛かってしまいますが、みつ葉司法書士事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な司法書士事務所です。

さらに、手続きを開始する前の相談は無料で何度も受付けているので、自分で判断できなければ一度相談してみると良いでしょう。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル