「いつまで続くの…」借金地獄の苦しみから脱出できた人の口コミ

病気になってしまい収入がなく借金返済ができない

病気になる前は、土方の仕事で汗をかきながら、一生懸命仕事をしていました。

しかし、ある時病気になってしまい入院し、その間の収入が無くなってしまいました。

もともとの収入も少なく手取りは14万ほど、もちろん貯金など無く、大きな病気をしたことが無かったため「自分は大丈夫だろう」そう思って保険には入っておらず入院中の治療費は親の援助と、足りない分は借金してまかないました。

病気が理由の借金でも弁護士に、無料で相談ができる特設サイトに相談する。

弁護士法人サルート法律事務所

医者から長期の入院が必要と言われてしまい、入院中期間中の借金は100万を超えてしまい「借金これからどうやって返済すればいいんだろう・・・」そう考えながら過ごしました。自分の元々の収入では、100万円の借金は高額で、生活費を切り崩して毎月5万をなんとか捻出していけば2年で返せると思いつつ、これからの生活に不安を抱えたまま入院生活を終えました。
その後退院しなんとか職場に復帰することができましたが、手取り14万で生活費を切り崩して5万づつ返済、最初の1ヶ月はできましたが、2ヶ月目に友人の結婚式があり、礼服やご祝儀などで一気にお金が飛んでしまい滞納してしまいました。その後も付き合いなど元々断りたくない性格だったため、飲み会の誘いも断れず毎月の返済ができなくなる日が度々起こりました。

そんなときに、仕事で怪我をしてしまい、1ヶ月程入院をしてしまい新たに40万ほど消費者金融から借入をしてしまいました。

もともと借金をしていたせいか、中々審査に通らず、審査のゆるい消費者金融からお金を借りるしかありませんでした。

その後怪我も直りまた仕事に戻ったのですが、ある時ふと気がついたら、借金の返済に1年以上立っているのにもかかわらず、滞納による遅延損害金や利子がのって、最初に借りていた借金100万円から金額が減っていませんでした。
これまでの返済期間中、金融機関から何度か返済の催促電話も、はがきの通知も来ており、正直精神的につらい日々も少なくなりませんでした。

「いつまで借金地獄が続くんだ」

このときはっきり絶望感を感じました。

1年以上返し続けてるのにいつまでも借金は減らないし、自分の収入もそこまで大きく変わらない。

もしまた怪我や病気をしてしまったら、さらに借金が増えるんじゃないか?一生借金を返し続けなければいけないんじゃないか?

そうハッキリ不安と焦燥感に追い詰められていました。

この時の私は本当に余裕がなかったんだと思います。周りの人からも「最近大丈夫か?」と何度か声を掛けられました。

顔や態度に余裕がないのが出ていたようです。まさに借金地獄のまっただ中だったと思います。

そんなある日、職場の上司に誘われて飲み屋に行くことになり、その時酔っていたのと、精神的にも限界だったこともあり、今まで人に絶対言わなかった借金のことをポロッと漏らしてしまいました。

そうしたら、上司から「最近テレビとかでやってる弁護士に借金相談してみればどうか?口コミでも評判らしいぞ」と言われました。

弁護士に相談なんて、どう考えても大事で借金の相談するなんて考えても居ませんでした。

そもそも、弁護士に相談するだけでお金もかかるし、厳格な人に相談するなんて怖いという感情がありました。

しかし、ネットで借金相談のことや、弁護士の口コミを調べてみると相談は無料で、その後実際に依頼しても借金を減額した差額で払えばよく、後払い可でいま払わなくても良いということが分かりました、その後弁護士に相談した結果、借金の利息が0%になり、毎月3万ずつ、これから3年掛けてゆっくり払えば良いことになりました。

3万なら、無理せず何か急な出費があっても払える金額だったのでその後3年間返済し続け、なんとか完済できました。

完済した時、もう借金生活を繰り返さなくて良いのかと心の底からホッとしたのを覚えています。

1年以上返済続けても減らないあの借金地獄にはもう戻りたくありません。

あの時上司から弁護士に相談してみればと言われなければ、まだ借金返済に悩まされていたのではないかと思います。

100万以上の借金を債務整理するならの事務所

この体験談の用に100万以上の借金で債務整理するならサルート法律事務所をおすすめします。

サルート法律事務所の水野弁護士はアコムやアイフルなどの大手金融業者相手に、平均の2倍の減額を実現した実績ある凄腕弁護士です。

今回のように病気が原因で膨らんだ借金でも対応可能であり、100万以上の債務整理を得意としているため安心して任せられます。

その評判から債務整理の電話が毎日鳴り止まない程とのこと!

もし債務整理するなら迷わず相談することをおすすめします。

弁護士法人サルート法律事務所

このページの先頭へ